カードローンの返済はいつから始まる?初回返済日を確認しよう

公開日:

カードローンの返済はいつから?

「カードローンで借り入れをしたんだけど、いつから返済は始まるの?」

「初回返済日はどうやって決まっているの?」

「カードローンの返済期限は変更できる?」

この記事では、こういった疑問に答えていきます。

カードローンを返済したことがある方は、返済などについて詳しく知っているかもしれませんが、カードローンで初めて借り入れをした方は、いつから返済が始まるのか、また、カードローンの期限は変更できるのかなどについて全く知識がないので分からないですよね。

カードローンの利用では、返済日についてしっかり把握しておくことが重要です。

返済日を間違えてしまうと、遅延や滞納にもつながり、ペナルティとして、遅延損害金を払わなくてはならなくなってしまうことも十分にあります。

そこでこの記事では、カードローン審査をしたい方に向けて、カードローンの返済はいつから始まるのか、また、初回返済日はいったいいつなのかについてご紹介していきます。

初回返済日はイレギュラーなことも多い

初回返済日は非常にイレギュラーなことも非常に多いです。

通常決まった日に返済していくようになっています。1ヶ月に1回は約定日を設けていますが、初回の返済は借り入れを行なった日によって設定されることがあるので、注意が必要です。

初回返済とは、1回目の借り入れの後にすぐに行う最初の返済のことです。

カードローンの返済約定日は業者や銀行などの金融機関ごとに決められて、毎月10日の返済であれば、月の11日から翌月の10までの30日間を1つの返済期間として区切られています。

返済期間まで残りわずかの時は翌々月に払うのが基本

ただ、初回返済日については借り入れ利用の日によって、翌々月に支払うというケースが基本的です。

初回返済までの期間は、1回目の借り入れのタイミングによって異なります。

カードローン融資の初心者の方には分からないかもしれませんが、タイミングによってその月に払わなければいけないのか、翌月になるのか違ってくるのです。

例えば、毎月の返済約定日が30日として設定されていたとして、あなたが29日に借り入れをしたとしましょう。

すると、約定日に従うと、もう1日後には返済がスタートしてしまうことになります。

これだと、あまりにも急なので、給料日前でまだお金が手元になかったりする場合は、いきなり遅延してしまうことになってしまいますよね。

これは利用者の側にとっても、カードローン業者にとっても徳であるとは言えませんよね。

こういった事態を避けるために、初回の返済は、借り入れから返済日まで日数が明らかに足りない場合、翌々月の約定日を初回返済の期日としています。

初回返済の期日は、各カードローン業者によって規定が設けられているのですが、仮に「借り入れ日を含めて直近の返済日まで20日以内の場合は、翌月の約定日を初回の返済日とする」という規定があったとします。

すると、その前月の25日に借り入れを行うと、翌々月の10日支払いとなるのですが、19日借り入れであれば、20日を超えるので、1回目の返済は翌々月の10日ということになります。

カードローンの返済がいつから始まるのかは、初回のタイミングが大きなポイントであると言われていて、初回返済のことも念頭に入れて借り入れをスタートさせた方がいいかもしれません。

初回返済日はどう決まる?実際の事例を紹介

初回の返済日はどのように決まるのかについてですが、各社によって大きく違いがあることが多いです。

ここでは、大手消費者金融機関の「プロミス」、大手銀行のカードローンの「みずほ銀行」「イオン銀行」の返済日についてご紹介していきます。

プロミスの初回返済日

プロミス

では、まずプロミスの初回返済日からみていきます。

プロミスでは、返済日を「5日」「15日」「25日」「末日」の中から自分で選ぶことができる返済期日プランを取っているので、このうちどの期日に返済しても問題ありません。

初回返済日に関しては、借り入れ日と、返済日の選択によって異なってきます。借り入れごとに返済期日が細かく変化するので、注意しましょう。

借り入れたタイミングと、返済期日によって、「同月」「翌月」「翌々月」など変化していきます。3パターンあるので、注意して返済期日をしっかり確認しておきましょう。

プロミスでお金を借りるまでの流れ!審査・金利・返済

みずほ銀行カードローンの初回返済日

みずほ銀行カードローンのトップページ

みずほ銀行カードローンの返済日は毎月10日と決まっています。

返済用のみずほ銀行講座から自動引き落とし方式で返済していくので、口座にお金を入れておけば特に何をしなくても完済することが可能です。

肝心な初回返済日ですが、当月の約定返済日に借り入れ残高がある場合は、その翌月の約定返済日からカードローンの返済が始まります。

例えば、9月9日に借り入れをしたとして、翌日の9月10日の時点で借り入れ残高がある場合は、その翌月の10月10日が初回返済日になります。

逆に、9月11日以降に借り入れをした場合は、9月10日の時点では借り入れ残高がないとしうことなので、その翌々月の11月10日が初回返済日となります。

つまり、11日以降に借り入れをした場合は、基本的に翌々月に返済することになりますが、11日以前に借り入れをした場合は、翌月の返済になります。

みずほ銀行カードローンの詳細ページ

イオン銀行カードローンの初回返済日

イオン銀行カードローン

イオン銀行のカードローンの返済日は、毎月7日が約定返済日として定められています。イオン銀行では、「借り入れ日以降最初に到来する7日から約定返済が始まります」と記載されています。

例えば、6日に初めてカードローンの借り入れをした時は、翌日の7日に毎月の返済額の引き落としを開始します。つまり、イオン銀行の場合は、「翌々月」に返済するシステムがなく、単純に借り入れをした日から、1番最初の7日に返済をすることが可能です。

また、毎月の返済を遅延してしまうと、遅延を返済するまで追加で借り入れをすることができないので、注意が必要です。

イオン銀行カードローンのメリット・デメリット【審査・返済・口コミ】

返済日は毎月〇日と決まっている?

返済日に関しては、先述した通り、毎月のいつが返済日なのかについては多くの金融機関で異なります。

基本的に消費者金融は、何日かのうちのなかから選ぶことができるシステムを採用していて、どの金融機関もそれぞれ機関ごとに異なります。

返済日は業者によってバラバラ

返済日は基本的に業者によって完全にバラバラです。消費者金融や信販会社、銀行、信用金庫などによって決められています。毎月10日、20日など業者や銀行ごとに全く様々で、土日祝日と重なると、翌週の月曜日にずれ込む可能性も十分にあります。

返済日は決められているのですが、返済が間に合わない!というときは、必ず金融機関に連絡を入れるようにしましょう。通常、毎月の約定返済日に返済が間に合わない場合、遅延損害金を取られてしまうことが多いです。

期日を遅れて返済してしまうと、遅延損害金を請求されるケースもあります。事情があってどうしても、返済が約定日までに間に合わないときは、なるべく早く担当窓口に電話して連絡相談することをお勧めします。

約定返済日に間に合わない場合、ほぼ必ずと言っていいほど、金融業者から催促の連絡が来てしまいます。返済日は決まっているので、この時点で支払うことができない側が悪いのは明らかなのですが、この時に催促を無視して、連絡をしないと非常に悪い影響をあなた自身が被ることになります。

返済に遅れている時に、連絡をしないと、返済の意思がないと思われてしまい、余計に催促の連絡が来ます。そこで、お金を払うことができないのであれば、正直に支払うことができないという旨を伝えましょう。

誠意を持って正直に伝えておくこと、遅延損害金を回避してくれたり、返済を翌月に回してくれたりするので、是非とも正直に伝えておきましょう。

土日祝日と重なれば翌営業日まで返済日が延びる

返済日が、土日祝日と重なれば、翌営業日まで伸びることがあります。どの金融機関でお金を借りる場合も、だいたい、これらの休日は返済日には該当しないということの記載があります。

土日祝日と重なれば、翌日営業日まで返済日が伸びるので、そういう月があるときは、余裕を持って返済することができるので、あらかじめ確認しておきましょう。

毎月の約定返済はいつから反映される?

毎月の約定返済はいつから反映されるかについてここまで、初回約定日をベースにご紹介してきました。基本的に、初回約定返済日を軸に反映され始めるのですが、そうでないところもあります。今回は、大手消費者金融のアコムの場合を例にとって考えてみました。

アコムは返済期日の15日以内に支払う必要がある

実は、アコムは返済期日の15日以内に返済金額を支払う必要があります。
アコムでは、契約内容によって、返済期日が異なりますが、毎月の返済期日を、選ぶことも可能です。

また返済期間も、毎月指定日の返済の場合と、35日ごとの場合に分かれています。
毎月指定期日の場合は、自分で指定した期日の15日前まで返済を済ませなければなりません。

例えば、毎月末日を返済期日として指定したとします。すると、9月1日に借り入れをした場合は、9月15日以降、9月30日までに返済をすると、その月の返済期日となるようになっています。

また、9月1日〜15日までの間に返済をしてしまうと、前月の追加返済料金として換算されてしまうので、気をつけましょう。

カードローンの返済日は途中で変更できる?

会社の給料日が変わったりすると、返済日も変更したくなるのが自然ですよね。返済日の変更が可能かどうかについてですが、変更できるローンも結構あるのです。

こればかりは、本当にローン次第になりますが、手続き後にすぐに反映をすることができるローンもあります。返済日を一時的に延長するのではなくて、返済日そのものを変更することは可能なのでしょうか。

まずは変更可能か問い合わせてみよう

返済日を変更したい!と思ったのであれば、まず、変更可能かどうか、あなたが借り入れをしている会社はどこなのか問い合わせてみましょう。

ただ、借りているお金を延滞している場合は、返済期日も変更することを断ることが多いようなので、変更する場合は、しっかり返済期日までお金を返しておきましょう。

また、取引状況によっては、返済期日を変更してくれないところもあるので、しっかり確認しておきましょう。

プロミスには4つの変更方法がある

プロミスには、以下の4つの変更方法があります。変更を考えている方は、以下のいづれかの方法で、プロミスの窓口に連絡してみましょう。

  • 自動契約機から申込
  • 店頭で申込
  • 郵送で申込
  • ットの会員サービスから申込

プロミスの場合は、返済日が、5日、15日、25日、末日のいずれかを選ぶことが可能です。変更がいつ反映されるのかは、利用者の取引状況次第なので、気をつけましょう。

繰上げ返済(随時返済)・一括返済を上手く活用しよう!

返済を延滞しないためには、計画的に返済をしていく必要があります。返済をする際には、二種類あって「約定返済」「随時返済」の2種類があります。

約定返済は、約定返済期日までに最低返済金額を返済し続ける返済方法のことです。これは一般的な返済方法ですよね。しかし、お金にもっと余裕があるときは、多めに払って返済を早く終えたいですよね。

そんな方のために用意されているのが、随時返済です。随時返済の場合は、好きな時に、好きな金額を返済することができて、返済することによって、返済期間が短くなりますし、利息を減らすことができます。

追加で返済することで利息が大幅に減る

随時返済の最大のメリットは、何よりも利息が大幅に減るということです。
通常は、約定返済日に必要なお金を返済しているだけだと、返済期限日までで返済計画が組まれているので、その完済する時まで、利息がかかり続けます。

しかし、随時返済をすることによって、一気に元金を減らすことが可能です。こうすることで、本来払わなくてはいけない分の利息を、払わなくて済むことになります。

返済をしていて、利息に悩まされている方は、追加に返済することで大幅に利息が減るので、是非とも積極的に追加で返済してみるようにしてください。

返済が利用可能枠に反映されるまでに要する時間は?

しっかり返済を終えた方の中には、「返済が済んだからすぐに借り入れするぞ!」と、すぐに借り入れをしようと考えている方も多いですよね。

返済が済んだら、すぐにキャッシングを利用することができればいいのですが、基本的にキャッシング業者の事情によって、それをすることが出来ないということもあります。

返済が利用可能枠に反映されるためには、キャッシング業者が返済確認を行う必要があるのですが、その確認はおよそ数日ほどかかってしまうため、口座振替で返済しても、金融機関が支払い完了の通知をして、初めて返済を確認し、利用枠に反映されることになっています。

また、タイミングが悪くキャッシング業者の休業日が重なってしまう時は、週明けの月曜日にならないと必要な事務処理手続きをすることが出来ないので、反映時間よりも長くかかってしまう可能性があることも考えましょう。

通常キャッシング業者が返済を確認して利用可能枠に反映されるまでに、1週間ほど見なければならない可能性がありますが、何らかのトラブルが原因で確認できないケースも十分にあります。

お金を借りたい事情があるにせよ、返済の確認作業に時間を要してしまうということを考慮して、時間に余裕を持って借り入れの計画を立てられるようにしましょう。

初回から返済を延滞するのだけは避けよう!

いかがだったでしょうか。今回は、カードローンの返済はいつから反映されるのかについてごご紹介してきました。カードローンで借りているお金を返済するときは、初回の返済日を間違えないことが重要です。

初回の返済日を間違えてしまうと、いつから返済するのかどうかが分からなくて、初回から返済を延滞してしまうということにも繋がってしまいます。初回から返済を滞納してしまうと、最初からお金を借りる金融機関の印象が悪くなってしまうので、絶対やめましょう。

返済日も初回返済日も、借り入れ先の金融機関によって全く違ってきます。あなたが利用している金融機関は、いつなのかどうかしっかり把握した上で、計画的に返済を進めていけるようにしましょう。