カードローンの返済に困ったらどこに相談すればいい?

公開日:

カードローン返済の相談はどこがいい?

「カードローンが返済できなくて困っている・・・どこに相談すればいいの?」
「いきなり弁護士に相談したりするのってアリなの?」
「相談にお金をかけたくないんだけど、無料で対応してくれる相談先ってないの?」

この記事では、こういった疑問に答えます。
カードローンでお金を借りすぎてしまって、返済に苦しんでいる方はいませんか。計画的に使えば非常に便利なカードローンも、ついつい借りすぎてしまって、返済がおいつかなくなってしまう方も多いですよね。

しかし、カードローンが返せないからといって、1人で悩んでいても、何も始まりません。大切なのは、一度誰かに相談してみることです。相談することで、改めて冷静に状況を把握することが出来たり、実は簡単に解決できたりすることも非常に多いのです。

そこで今回は。カードローンの返済に困ったら、どこに相談すればいいのか、弁護士への相談や無料で対応してくれる相談先についてご紹介していきます。

カードローンの返済に困った債権者へ相談しよう

まず初めに、カードローンの返済に困った場合は、お金を借りている先の債務者、つまりカード会社に連絡を入れることが非常に重要です。どうしてカードローン会社への連絡が重要なのかというと、カードローン会社からの催促を無視していると、どんどん事態が悪化していってしまうからです。

どこか別のところに相談するにしても、しないにしても有効な手立ては、状況が悪くなるごとに減っていってしまいます。そうすることで、場合によっては利息分だけの返済を認めることが出来たり、延長してもらうことが出来たりと、一時的に悪化を止めることができる可能性も十分にあるのです。

早めに相談すれば評価を落とさずに済む

早めに相談するとどんなことがいいかというと、評価を落とさずに済むということです。

あなたがカードローン会社で、貸付けたお金が返って来なくて、ずっと催促しているとしましょう。催促しているにも関わらず、相手から全く連絡が来なかったりしたらどうでしょうか。この人は返済する意欲がないと判断して、評価を大きく落とすことになるのではないでしょうか。

そうならないためにも、約定日までの返済をすることが難しくなってしまった場合には、まずカードローン会社に連絡することが重要です。

返済の猶予をもらえるケースもある

どうしても返済をすることが出来ない場合は、返済の猶予をもらうことができるケースもあります。貸付ける方も、100%間に合わないといっている人に、絶対に返せという権利はないはずです。

借り手が自己破産などの債務整理を行なって、借金の免除や減額が実現されてしまうと大きな損失にもつながるので、その段階で元本の確保を図らなくてはならないからです。

相談に必ず応じているというわけでもないですが、返済を引き延ばしてくれたりするケースもあるので、引き延ばしたら返済をすることが可能である場合には、返済の猶予をもらえるようにしましょう。

取り立て・催促を後回しにしてくれる

また、これまで催促や取り立てをうけていた方であれば、こういったことを後回しにしてくれることがあります。連絡せずに、ずっと催促を無視していると、余計に催促の電話がかかってくることになって、家族や勤務先にも電話がかかってきてしまいます。

先にあらかじめ連絡しておけば、向こうとしても、返せないということがわかっているので、返済期間を引き延ばしてくれたり、取り立てや催促も後回しにしてくれたりすることがあります。

そういったことにならないためにも、催促の電話を無視せずに、しっかりとあらかじめ連絡をしておくということが非常に重要です。

困った時にいきなり弁護士へ相談するのは危険?

カードローン会社にも連絡して、それでもどうにもならなかった場合、ますます焦ってしまいますよね。カードローンの支払いに追われてしまって、自分ではどうしようもなくなってしまった時、相談しようと思い立つのは間違いなく弁護士という職業を思い浮かべるかと思います。

しかし、実は、弁護士にいきなり相談しにいくのは、あまり得策ではないと言われています。ここでは、いきなり弁護士に相談すると、どんなことが起こってしまうのかについてご紹介します。

費用が高い割に解決できないことも多い

弁護士というのは、あくまでも自分の力では、本当にどうすることもできなくなった時に相談するべきです。基本的に、弁護士という職業は、法律のプロとして仕事をしています。そのため、法的手段を軸にして、利用者の救済を図っているのです。

そのため、本当にどうしようもなくなった時以外は、取り合ってくれなかったり、相談しても高いお金だけ取られてしまって、あまり状況が変わらないことも多いのです。

弁護士の相談費用は、だいたい、個人の場合で、10〜15万円という風に言われています。相談はあくまで相談に過ぎないので、実質的な解決につながる可能性は非常に低いです。

ただでさえ、支払いができなくて困っているのに、さらに10万円単位でお金を払わないと相談できないというのは、少々コストがかかり過ぎてしまいますよね。

なぜ返済に困っているか分析する必要がある

また、弁護士に相談する場合は、なぜ返済に困っているのかを分析する必要があります。
なんども言いますが、あくまで弁護士の方は法律的に物事を対処するのが仕事です。もしあなたが単純に、お金を借り過ぎてしまって、計画にお金を返せなくなってしまった、または、そのお金をギャンブルなどに使っていたとなると、弁護士の方からしても非常に困ってしまいます。

返済にどうして困っているのか分からない方は、弁護士に相談する際に、必ず自分がなぜ困っているのかについて分析する必要があるので、気をつけましょう。

無料で対応してくれるおすすめの相談先

弁護士に相談する前に、おすすめしたいのが、無料の相談窓口です。
無料の相談窓口であれば、困った時には、一度相談をしてみることで、何か的確な助言を得ることができる可能性が非常に高いです。

最悪の場合は、債務整理や自己破産などをすることももちろん可能なのですが、そういった手段をとってしまうと大きなデメリットがいくつもあります。

そうならないためにも、まずは、無料で相談してくれる窓口で、相談をしてみるようにしましょう。
あなた自身がどうにもならないと思っている問題でも、実は、どうにかなる方法があるかもしれません。

JCCO

まず、借金の問題で困ったら1番最初に相談してほしい協会が、JCCO(日本クレジットカウンセリング協会)です。クレジットという名前ですが、実はカードローンの相談に関しても受けてつけていて、親身になって相談に乗ってくれます。

JCCOは公益の財団法人であって、弁護士費用などの利益を目的とはしていません。「債務整理をしない」という選択肢を予め視野に入れつつ話をしてくれるので、相談者にとってベストな返済方法をアドバイスしてくれます。

中でもJOCCの1番のメリットは、任意整理まで無料で行なってくれるというポイントです。

任意整理とは、簡単にいうと、貸金業者と交渉して債務額の全体を減らしたり、月々の返済額を減らしたりすることで、現在の支払いよりも負担を軽くすることができる手続きのことです。

通常、自己破産や個人再生の場合は、裁判所を通して手続きをしますが、任意整理の場合は、業者と和解交渉をすることで利息制限法の利率で計算し直した負債額について、貸金業者と利息のカットや分割回数について交渉することで、今後の返済計画を話合いで進めていきます。

普通は、弁護士に任意整理を依頼すると数万円から数十万円くらいの費用が発生してしまいます。先ほど、相談のところで10〜15万円と述べましたが、間違いなくそれ以上に高いです。

この金額を自分で負担するとなると、さらに借金をしなくてはなりません。その分が無料になると思うと非常にお得ですよね。

任意整理を行う場合は、JOCCが直接提携している弁護士が担当してくれるので、とても安心してお願いすることができます。ただ、しっかり会って話すことができる相談所が全国に13箇所しかないので、注意しましょう。

法テラス

法テラスもJCCOと同様に、利益目的の機関ではありません。法的な情報やサービスを提供することを理念としている独立行政法人なので、相談料金は基本的に無料です。

JCCOとは違って、任意整理を無料でやってくれたりすることは無いですが、法テラスも国によって運営されている独立法人であるため、非常に信頼性が高いということが言えます。

基本的に相談をするのは、無料です。それに加えて、JCCOのメリットとしては、法テラスを通じて弁護士に債務整理を依頼することによって、弁護士費用も減額されるようになっています。

また、JCCOとは違って、法テラスの事務所は全国に存在します。JCCOの無い地域に住んでいる方もすぐ近くの人詳しい人と会って直接話がしたいという方にも非常におすすめです。

全国銀行協会

全国銀行協会は、銀行の健全な発展を通じて、経済の成長に貢献することを目的として作られている協会で、消費者保護へのとりくみや、経済活動に不可欠なインフラ運営などの多岐にわたっています。

銀行協会では、銀行のカードローンの返済で悩んでしまった方が相談するための相談窓口があります。

基本的に相談は上で紹介した、JCCOや法テラスでも問題無いのですが、銀行のカードローンの対応に問題がある時、協会にしっかりと意見を出すのも1つの手です。

銀行のカードローンで、何か問題があると感じている方は是非とも連絡してみましょう。

日本貸金協会

日本貸金業協会は、貸金業を営んでいる消費者金融業者だったり、事業者金融業者、クレジットカード会社などを対象とする業界団体、かつ唯一の自主規制団体のことです。

この協会では、先ほどの銀行協会と同様に、消費者とカードローン会社の間に積極的に解消してくれます。カードローン会社としても自分たちが属している団体からの指示に対しては絶対的に従わなくてはなりません。

そのため、消費者金融などの対応に問題がある場合は、報告してみると何か解決出来ることがあるかもしれません。

弁護士ドットコム

弁護士ドットコムとは、日本で最大級の法律相談ポータルサイトのことです。

弁護士ドットコムは弁護士に無料で相談できるみんなの法律相談や、地域や分野などから弁護士や法律事務所を探すことが弁護士検索などの、法律トラブルの解決のサポートをしてくれるコンテンツを多数用意しています。

ここでは、匿名で質問することができて、質問に対して、公認の弁護士が答えてくれる掲示板のような仕組みになっています。

弁護士ドットコムのメリットは、ネット上で相談するため、いつでもどこでも利用することが可能であるという点です。忙しくてなかなか相談や電話などの訪問が難しいという方にもとてもありがたいですよね。

また、他の方の質問だったり、回答も見ることが出来るようになるので、それ自体見てみるのも参考になるかもしれません。

最後に頼れるのはやはり弁護士?その理由は?

無料の相談窓口などでも相談して、それでも解決しなかった場合は、やはり最終手段として弁護士に頼るしかありません。

もはや法的な手段に出るしか無くなってしまった場合は、迷わず弁護士に相談した方が、以外とあっさり解決することもあります。

ここでは、最終手段として弁護士に相談する際のメリットについてご紹介していきます。

問題解決に一直線で対応してくれる

まず、問題解決に一直線で対応してくれるというポイントです。借金が膨れ上がってしまって、どうしようもない時に、問題解決をするためには、法律的に解決する以外にありません。

弁護士の方は、法律のプロなので、あなたの借金問題を法的な視点から、しっかりと解決してくれます。また、任せてしまえばあなたは特に何もする必要がないので、とても簡単に解決することが可能です。

債務整理で一気に返済から解放される

借金を抱えてしまうと、精神的に圧迫されてしまうために、メンタル面での負担が非常に大きく、1人で抱えているだけでは、一向に解決することができないケースが非常に多いのも確かです。

基本的に、借り入れ者に返済する能力が残っていない場合は、債務整理をするしか方法が無くなってしまいます。デメリットとしては、債務整理をすると金融事故として、あなたの信用情報に傷がついてしまうため、その点は覚悟しなくてはなりません。

ただ、債務整理をすると一気にこれまでの返済の不安から解放されることができます。金融事故が記録されてしまうことよりも、借金が消えた方がメリットが大きいのであれば、迷わず債務整理をするべきです。

何年も借金に悩んでいるのであれば、是非とも弁護士に相談して、債務整理をしてもらうのも1つの手段です。

債務整理以外の解決方法は?

現在カードローンの支払いで悩んでいる方は、「もう債務整理以外ないのでは?」と思ってしまっている方が多いと思います。しかし、債務整理をしてしまうのは本当に最終手段として使うべきです。

では、債務整理以外で解決する方法はあるのでしょうか。ここでは、債務整理以外の解決方法についてご紹介していきます。

収入を増やして支出を減らす

これは、借金を返す時の当たり前のですが、収入を増やして支出を減らすということが非常に重要です。まず、収入が足りないのであれば、アルバイトや副業を始めるなどして、とにかく収入を増やす方法を検討しましょう。

収入を増やすことが出来たら、次は、家賃や携帯料金、高熱費など毎月の固定費で削れないところがないかどうか考えて、減らせる支出があったら減らしていきましょう。

おまとめローンで借金をまとめる

おまとめローンとは、銀行が行なっているサービスの1つで、複数の会社から借り入れをしている人の借金をまとめることができるサービスのことです。

まとめてたとしても、払えなければ意味がありませんが、借金を一本化することによって、月々の利息を一本化することができ、非常に楽になるため、もし複数の借金で悩んでいる方は、おまとめローンに申し込んでみることをお勧めします。

返済の相談先は手順を踏んで選ぼう

いかがだったでしょうか。今回は、カードローンの返済に困ったら、どんなところに相談するべきかについてご紹介してきました。

返済の相談をする時は、まず、無料の相談窓口に相談します。相談した上で、全く解決する見込みが無いようであれば、真っ先に弁護士に相談するようにしましょう。

ただ、あくまで弁護士は最終手段です。

なるべく法律という手段に頼ることなく、カードローンの返済問題が解決するのであれば、その方法を取るようにしましょう。債務整理をしてしまうと、その先どこからも「お金を借りる」ということが出来なくなってしまうので、十分考慮することが重要です。

またカードローンの返済については、こちらの記事も参考にしてください。

カードローン返済の仕組みを分かりやすく解説!上手に返してリスクを回避

カードローンの返済期間を要チェック!期限までに返せないとどうなる?