事業者ローンとは?

公開日:

ビジネスマン、お金

事業者ローンとは、その名の通り事業者向けのローンです。会社を経営していると、突然資金が必要になることや高額を用意しなければならないこともあります。そんなときは審査スピードが早い事業者ローンがおすすめです。利用者も利用目的も異なれば、もちろん審査の内容や見られるポイントも一般のキャッシングの審査とは異なります。今回はあまりなじみのない事業者ローンについてご紹介します。


事業者ローンについて

誰のため?

事業者ローンとは、中小企業や個人事業者向けのためのローンです。銀行以外にも信販会社や消費者金融も事業者ローンを扱っています。

どんな時に使う?

事業者ローンは事業性のある目的に対してのみ利用可能です。ビジネスチャンスの到来、または不測の事態で緊急にお金が必要になったときに短期間で借り入れできます。


事業者ローンのメリット・デメリット

事業者ローンは普通のローンと異なり、事業目的で借り入れを行います。以下のメリット・デメリットで特徴を把握しましょう。

事業者ローンのメリット

  • 審査・融資スピードが早い
  • 審査通過率が高い
  • 総量規制対象外
  • 担保や保証人の必要がない
審査のスピードと通過率

事業者ローンは取引先からの急な支払いや従業員の人件費など必要に迫られる場面でも素早い対応を行います。会社の存続に関わる緊急事態ではできるだけ早く審査に通り融資されるに越したことはありませんよね。事業者ローンなら緊急事態でも対応できるスピードを兼ね備えています。「銀行カードローンでは審査に通りそうもない」という方も対応できるように審査通過率を高めに設定しています。

総量規制対象外

事業者ローンは総量規制対象外です。消費者金融は通常総量規制の対象で年収の3分の1を利用限度額として定めています。しかし事業資金として借り入れる場合は、例外として総量規制の対象外となっているのです。年収に関係なく借り入れできるのは嬉しい特徴ですね。

担保・保証人は必要ない

事業者ローンの特徴のひとつとして担保・保証人が必要ないことが挙げられます。銀行や消費者金融の通常の借り入れでは第3者連帯保証人が必要になりますが、事業者ローンは会社自体が保証になるため保証人も担保も不必要となっています。

事業者ローンのデメリット

続いて事業者ローンのデメリットをご紹介します。

  • 金利が高い
  • 悪徳業者が紛れている
  • 限度額が低い
金利が高い

担保が必要ないため、その分金利も高く設定されています。事業資金として高額を借り入れる方が多いと思いますが、必要最低限を心がけ、短期間で返済できるよう計画を立てましょう。

悪徳業者が紛れている

「3か月後には返済するので保証料として30万円請求する」、「10万円支払えば条件の良い業者を紹介する」といった悪徳業者が世の中に存在します。更に銀行や消費者金融の審査に通らなかったことに漬けこみ、違法な金利でキャッシングを行う業者もあります。緊急事態であっても、審査・融資スピードだけを見るのではなく金利をしっかり確認してください。

限度額が低い

通常の銀行融資と比較すると、利用限度額は低いです。事業資金目的であればある程度高額を借り入れたいと考えている方も多いと思います。そういった点で考えると審査・融資時間はかかりますが、銀行カードローンで借り入れることをおすすめします。


事業者ローンの審査のポイント

事業者ローンの審査に通るには以下のポイントが挙げられます。

  • 会社の業歴
  • 事業計画/資金計画
  • 保証人
  • 決算書
  • 利益計画
  • 会社の将来性と申し込み者の人柄

それぞれ確認してみましょう。

会社の業歴

会社の業歴は安定性を表します。最低でも2年はないと安定した企業として見なされません。

事業計画/資金計画

事業計画書は会社の理念と自社の強みを強くアピールできるよう作成しましょう。それを踏まえた上で略歴・事業内容について詳しく書いてください。主な仕入れ先や販売先を書き、資金計画と返済計画の細かな数字の記入ミスにも気を付けてください。また、長期利益計画と短期利益計画もしっかり計算できたら事業計画書と資金計画書の完成です。

保証人

300万円~500万円の少額借り入れであれば保証人は不要ですが、1000万円以上の高額の場合は保証人を付けると審査通過率がグッと上がります。ノンバンクの消費者金融であれば保証人がつけずに借り入れ可能な場合もあります。少額融資でノンバンクからの借り入れであれば無利息サービスがつくこともあるので、金利が高い事業者ローンで借りる方にとってはお得に借りることができます。

決算書

審査では決算書のどのような点がチェックされるのかを事前に把握しましょう。よく見られるポイントは以下の通りです。事業者にとって赤字はマイナス評価に繋がり、審査に通らなくなる可能性がグッと上がります。しかし、副業でで定期的な収入がある場合は審査に通ることもあるため、忘れずに申告しましょう。

  • 確実に返済可能か?
  • 財務状況が良好か?
  • 返済方法は?
  • 返済の原資はどこから用意するのか?
  • 希望額は適切か?
  • 保証人は返済能力のある人か?

利益計画

「資本の合計が資本金を上回るか」、「黒字に転じるのか」がチェックされます。企業の資金は換金性のある財産かどうかも確認し、全てに問題がなければ安全な会社として見なされ審査に有利に働きます。また、安全な会社は融資額のみならず、金利の面でもプラスに働きます。

会社の将来性と申し込み者の人柄

会社の将来性を見て、長い期間で考えた際でもきちんと返済できるのかを判断します。それ以外に申し込み者、つまり事業者であるあなたの人柄も審査します。会社に問題がないからと言って確実に審査に通るわけではないのです。事業者ローンの審査では、会社のことはもちろんですが、それと同じくらいご自身のことも気にかけ申し込みを行いましょう。