カードローン審査のブラックリストって何?載ったらどうなるの?

公開日:

カードローン審査のブラックリストとは?

カードローン審査のブラックリストって何?載ったらどうなるの?

「消費者金融のカードローンの審査に申請しているのに落ち続けている・・・何が原因なんだろう」

「もしかしたら、金融機関側のブラックリストに載ってしまっているのかも・・・」

こんな悩みを抱えている方はいませんか。カードローンを使ってキャッシングをする人の中には、何度審査を申し込み続けても、審査に通らないという方が意外と大勢います。

しかし、審査に通らなかった理由は、決して運が悪かったからではありません。

何度も落とされてしまうのには、はっきりとした原因が必ずあるのです。

年収が低すぎたり、他社からの借り入れ額が多すぎたりなど、審査に落ちてしまうのには様々な原因が考えられます。

その中でも「信用情報がブラックリストに入っている」ということが理由で、落ちてしまっていることがよくあるのです。

もしあなたが、審査に毎回落ち続けているのであれば、一旦審査の申し込みをやめて自分の信用情報をチェックしてみることが必要かもしれません。

今回は、カードローン審査のブラックリストとはなんなのか、また載ってしまった場合はどんなことが起こってしまうのかについてご紹介していきます。

本当はカードローンにブラックリストはない?

「ブラックリスト」と聞くと、あなたはどんなことを思い浮かべますか?返済を滞納している人がリストとして書かれていて、記録されているのを想像する方が多いのではないでしょうか。

しかし、実はカードローンに実際に「ブラックリスト」と呼ばれるリストのようなものは存在しないんです!

では一体どんなものをブラックリストと呼んでいるのでしょうか。実際に見ていきましょう!

ブラックとは信用情報に金融事故情報が登録された状態を指す

明確な名前のリストが存在するわけではなく、これまでカードローンだったりクレジットカードを利用することで、返済が滞っていないか記録している「個人情報信用機関」に延滞情報だったり、金融事故情報が残っている状態のことを「ブラックリスト」と呼んでいるにすぎないのです。

そもそも、まず信用情報とは、利用者のクレジット歴のことを指しています。

信用情報とは、自分が今どの金融機関からどのくらいお金を借りているか、毎月返済できているか、過去に返済などはしていないか、クレジットカードの利用状況はどんなものかなど、個人の「信用」に関する情報が多数登録されているデータベースのことです。

例えば、あなたが住宅ローンを組んでいたとすると、ローンの金額や、毎月ちゃんと支払いが出来ているかについて、すべて個人信用情報機関に記録されています。

そのため、あなたが新たに借り入れをする際に審査されるとき、必ずこういった情報は金融機関側に確認されるのです。

信用情報は、消費者金融、銀行、クレジットカード会社などの金融機関が協力して共通のデータベースを作ることによって、借り入れ者が借り入れを踏み倒したりするのを防ぐことに務めているのです。

信用情報期間は3つある

信用情報機関は国が指定した3つの機関が存在しています。

それぞれ信用情報機関ごとに、情報を登録する金融機関の種類が異なっているので、是非とも信用情報機関について覚えておいてください。

  • CIC(シーアイシー)・・・消費者金融・クレジットカード会社・スマホ本体分割払い
  • JICC(日本信用情報機構)・・・消費者金融・クレジットカード会社・スマホ本体分割払い
  • JIBA(全国銀行個人信用情報センター)・・・銀行や信用金庫

個人的に、消費者金融などでお金を借りる場合には、CIC(シーアイシー)か、JICC(日本信用情報機構)に情報が登録され、銀行のカードローンや住宅ローンを利用すると、JBAに情報が登録されることになっています。

どの信用情報機関に登録されているのか覚えておくと、後々お得なことが非常に多いので、是非ともどの金融機関が何の情報を持っているのかについてあらかじめ知っておくと良いでしょう。

ブラック扱いになる金融事故

「金融事故」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

金融事故とは、借り入れているお金を長期に渡って延滞していたり、借金の踏み倒しなどの、金融機関が絡んでいるトラブルのことを指しています。

ここでは、主にブラック扱いになる金融事故には一体どんなものがあるのかについてご紹介していきます。

スマホ料金やカードローン・クレジットカードの延滞

スマホの料金だったりカードローンやクレジットカードなどを延滞していたりすると、ブラック情報として登録されてしまいます。

これは、どんな料金の延滞にも当てはまるもので、ビデオレンタルをする場合でも同様です。

しかし、スマホ料金だったり、クレジットカードローンやカードの延滞といっても2、3日遅れたところでさすがに長期延滞として記録されることはありません。

延滞の場合は、主に「61日〜3ヶ月以上の延滞」という風に定められていて、この期間に満たない場合は、延滞として信用情報に傷がつくことはありません。

ただ、この期間を過ぎると、どんなことがあっても信用情報に傷をつけてしまうことにつながるので気をつけてくださいね!

CICとJICCでは延滞の基準が異なる

ただ気をつけておいてほしいのは、CICとJICCでは延滞の基準が異なるということです。

それぞれの機関では、延滞の基準について以下のように定めているので確認しておきましょう。

  • JICC 3ヶ月以上
  • CIC 61日以上〜3ヶ月以上

JICCのほうはっきりと、「3ヶ月以上」と定められているのですが、CICは「61日以上〜3ヶ月以上」と若干延滞として定められている期間が非常に曖昧です。

どちらに登録されるのかは、上に記載した通りなので、あらかじめしっかりと確認しておくようにしましょう。

代位弁済

代位弁済とは、簡単に言うと「キャッシング(カードローン)などを利用し、万一返済ができなくなってしまった時に、保証会社が、金融機関に弁済を肩代わりすることで、債権が弁済者に移行する」ことを指しています。

金融機関は融資を行う際に必ず、融資を受ける人に対して保証人を立てるように求めることがあります。

一般的に、住宅ローンなどの担保ありのローンは、信用力のある人を保証人として立てることが融資の条件になっていることが多いです。

保証人は、融資を受けた本人が何らかの理由をにより返済不能に陥った時には、債務者に代わって返済を行います。

カードローンの場合は、手軽に利用できるように、保証人不要として規定されていることがほとんどです。

保証会社を付ける場合、融資を行う会社は保証会社に一定の保証料を支払う代わりに、返済を保証してもらうことになっています。

強制解約

強制解約とは、カードローンや携帯料金の長期間の滞納を続けた結果、強制的に運営元の企業から、全額の支払いと解約を求められてしまうことを指しています。

この場合は、必ず個人の信用情報機関に情報が記載されてしまうので気をつけましょう。

消費者金融のカードローンの場合は、強制解約になってしまう1つ目の目安として、「61日以上経過」した場合を指しています。

強制解約の原因の1つと考えられている「長期延滞」とは、返済日から「61日以上」が経過しても支払いを行なっていない状態のことを指しています。

長期延滞してしまった場合返済事故としてブラックリスト入りしていまうため、その後他の金融機関で審査に申し込んでもすべて落とされてしまうようにできています。

また、金融機関から送られてくる催促の電話や、メールを無視し続けた場合は、さらに印象が悪化するために、延滞の期間が61日未満でも、強制的に解約されてしまう可能性があるのです。

金融機関からの印象が悪くなっていまうので、必ず例えお金が払えなかったとしても、催促の電話やメールには対応するようにしておきましょう。

債務整理

債務整理とは、簡単に言うと「倒産」、「自己破産」などを広義の意味で表したものになります。

借金を減額したり、支払いに猶予を持たせたりすることによって、借金のある生活から解放されるための手続きのことです。

債務整理の手続きには、「過払い請求」、「任意整理」、「民事再生」、「事故破産」の4つの手続きが存在しますが、基本的にはこれらすべてを「債務整理」と呼んでいます。

債務整理は、金融事故情報の中でも最も深刻に扱われてしまう事故の1つで、これをしてしまうと、おそらくもうどこからもお金を借りることが出来なくなってしまいます。

どうしても借金が返せないと言う場合は、仕方がないですが、それ以外の場合は、非常に慎重に債務整理をするかどうかの判断をするようにしましょう。

ブラック状態になるとカードローン審査に通らない

ここまでで、金融機関でいう「ブラックリストに載る」というのはどういったことなのか理解して頂けたのではないでしょうか。

ブラック状態になるとカードローン審査に通ることは、それ以降ほぼ「不可能」な状態になってしまいます。

ブラックリストに載ってしまうということは、完全に「返済能力がない」ということを露呈しているということに他ならないため、審査をする際にもほとんど対象にすら入らなくなってしまいます。

借り入れを継続的にしていこうと考えている方は、是非とも計画的な返済をするということを念頭に置いて返済していくようにしていきましょう。

ブラック状態か調べるにはどうすればいい?

ブラック状態になっていると、審査に通らないことは分かっていても、自分が実際にブラック状態なのかどうか分からない方もいますよね。

確認できないと、自分がブラックな状態にあるのかどうかわからないので、「次申し込めば審査に通るかも!」と考えて、ブラック状態にあるにも関わらず、応募し続けてしまうケースも十分に考えられます。

では、ブラック状態かどうかを確認するためには、具体的にどんなことをしたらいいのでしょうか。実際に見てみましょう!

3つの信用情報機関の窓口に問い合わせる

方法としては、信用情報機関の窓口に問い合わせるということくらいしかありません。

窓口に問い合わせることで簡単に確認することが可能です。

信用情報機関に問い合わせる時には、「情報開示」を求めます。

開示請求をするための方法は、インターネット・郵送・窓口といくつか存在するのですが、インターネットで開示請求する方法が1番おすすめできます。

インターネット請求の場合は1時間ほどで情報を開示することが可能ですが、それ以外の方法を選択してしまうと、1週間〜10日ほどかかってしまいます。

そのため、開示請求をする際は、かならずインターネットから請求するようにしましょう。

インターネットで情報開示する手順としては、以下のような手順になります。

  1.  インターネットでの利用環境を確認する
  2.  受付番号を取得する
  3.  受付番号を入力する
  4.  開示報告書を入手する

手順は、たったの4ステップと非常に簡単で誰でもできるので、自分がブラック状態なのかどうか知りたい方は是非とも、申し込んでみては如何がでしょうか。

ブラックでも借りれる審査なしカードローンはない!

「じゃあブラックの状態でも借りれるカードローンはないの?」と言う疑問を抱くかたもいるかと思います。

しかし、残念ながらブラックの状態でも借りることのできる審査なしカードローンはありません。

もし、あなたがブラックであってお金を貸してくれる金融機関があるのであれば、それは、正規の金融機関ではなく闇金です。

闇金は、金融業者が必ず守らなくてはならない貸金業法に乗っ取っておらず、高利率で、多額のお金を貸し出しています。

闇金から借りるのは危険!質屋を利用するのがおすすめ

闇金は多くの場合、暴力団などの組織とつながっているケースが大半なので、万が一返済ができないときは、映画などでよく見るであろう「取り立て」の方が、あなたのお家に取り立てにくることもあるでしょう。

「そうはいっても、急にお金が必要だし・・・」と不安になっている方は、お金が借りれないからといって闇金に頼るのではなく、まず質屋に売れるものがないか自分の身の回りのものを調べてみましょう。

もしかしたらあなたの周りのものを売れば、十分にあなたがほしい分だけのお金を集めることができるかもしれません。

そのため、闇金に走りそうになったら、まず自分の身の回りのものを調べておきましょう。

審査なしのカードローンはどこ?審査なしで融資を受ける方法をご紹介

ブラック状態を改善するにはどうすればいい?

ブラックになってしまった方が、借り入れをする際にどれだけ不利なのかについては、分かって頂けたのではないでしょうか。

しかし、すでにブラックになってしまっている人の中には、「どうしてもお金を借りたいんだけど、何かブラックの状態を改善する方法はないの?」と考える方も多いでしょう。

ここでは、ブラック状態を改善するにはどんなことをすればいいのかについてご紹介していきます。

ブラック状態をすぐに改善する裏ワザはない

残念ながら、ブラック状態をすぐに改善するための裏ワザのようなものは存在しません。

ブラック状態というのは、どんなことをしても今すぐに消せるものではないですし、例え信用情報機関に訴えかけても、これまでの分を全部支払っても改善することはないのです。

ただ、ブラック状態を改善するためのただ1つの方法は存在します。

それは、金融事故の情報が、信用情報機関から消えるのを待つということです。

金融事故情報が消えるまで時間を空ける

金融事故情報は、信用情報機関にもよりますが、一定の期間で抹消されるようになっています。

そのため、一度ブラックリストに入っていたら、2度とお金を借りることが出来ない訳でもないのです。

以下は、なブラック情報と記録の保持期限を備えておきます。それぞれ自分がどこで借りたいのかを考えてみてください。

  • 長期の延滞・・・1年(JICC)、5年間(CIC、JBA)
  • 任意整理・・・5年間
  • 個人再生・・・5年間
  • 自己破産・・・5年間、10年間(JBA)
  • 強制解約・・・5年間
  • 代位弁済・・・5年間

このように大半のブラック情報に関しては、5年ほど経過すると消えていくことになっているのです。

ブラック情報がある人は大体5年ほど借りれるのを待つようにしましょう。

カードローン審査を受ける際は信用情報の確認をしよう

カードローンの審査を受ける前には、必ず信用情報の確認をしましょう。

確認を行っておくことで、あらかじめ自分がブラックなのか、それともブラックではないのかについて理解しておくことが可能ですし、もしブラックだった場合に無駄に申請してしまったりすることを防ぐことが可能です。

こういった面倒を無くすためにも、カードローンの審査を受ける際には、事前に自分が金融事故を起こしていないかどうかについてあらかじめ考えておくことが重要です。