カードローン審査は派遣社員でも通る!審査通過のカギは在籍確認

公開日:

カードローン審査は派遣社員でも通る!審査通過のカギは在籍確認

「月末に急にお金が必要になったのにお金がない!派遣社員でもお金を借りることはできる?」

社会人になるとお金が急に必要になるシーンが多くなってきますよね。それが友達の結婚式だったり、カードの返済だったりと様々ですが、お金が必要になる機会は歳を追うごとに増えてきます。

そんな中で、正社員ではない、非正規雇用の派遣社員の方からよく疑問視されているのが、「派遣社員でもカードローンでお金を借りることは可能?」という疑問点です。カードローンを1度も借りたことのない派遣社員の方は、お金が借りることができるかどうか不安に思っている方も多いかと思います。

この記事では、そういった派遣社員の方の疑問に答えるために、派遣社員でもカードローンの審査は通るのかについて詳しく解説していきます。

「派遣社員NG」を明記しているカードローンはない

まず、「派遣社員はカードローンに通ることができるかどうか」という疑問について答えていきます。結論から言うと、派遣社員でもカードローンの審査に通ることは可能です。

基本的に、消費者金融のカードローンでは、「派遣社員NG」と明確に示しているところはありませんし、アルバイトでも学生でも貸し出しをしているところはとても多いです。

確かに、派遣社員の場合は、正社員よりも安定していないイメージがあるので、収入が不安定であると判断されるのではないかと考えてしまいがちですよね。しかし、実は「安定した収入」があれば基本的にどこでもお金を借りることは可能なのです。

安定収入があれば派遣でも審査に通る可能性は高い

安定収入があれば、派遣でも十分審査に通ることは可能です。これを裏付けるために、いかに各カードローン会社の申し込み条件を並べてみました。

上記の表を見てもらえると分かるように、どのカードローン会社も「派遣社員」や「アルバイト」「学生」などを貸し出し対象から外しているところは無く、安定した収入があれば基本的には貸し出しをすることが可能であることを明記しているのです。

実際に審査に通って、普通に借り入れをしている方もいますし、アルバイトの方でも学生の方でも安定した収入があれば、十分にお金を借りることが可能なのです。

月収最高額よりも毎月一定以上の収入があるほうが良い

派遣社員の方に気をつけてほしいのは、借り入れをする場合は、「1月にたくさん稼ぐよりも、収入を安定させることを優先する」ということです。

先ほどから再三言っているように、金融機関として求めているのは、相手に貸し出した金額を返済するだけの返済能力です。つまり、安定して月々収入が入ってきている人が望ましいのです。

派遣社員の方で、特にエンジニアなどの技術職の方だと、一気に稼ぐことも可能なので、収入にバラツキがでてきてしまいますよね。最悪のケースが、前の月は50万円ほど稼いだけど、今月は0円になってしまった。というケースです。

このケースだと、「収入がない月があるということは、この人はもしかしたら、この仕事があまり続かない人なのかもしれない・・・返済能力に欠けている!」と思われてしまうのです。そうなると、審査に通ることが非常に難しくなってしまうので、多少、月によってバラツキがあっても構わないので、絶対に収入がない月を作らないように心がけてください。

毎月いくら貯金しているかを保証会社は知らない

また、毎月いくら貯金をしているのかまで保証会社は見ないので、基本的に収入だけしか見ません。例えば、現在返済する余裕がなくても、収入だけ安定していれば、お金を借りることも十分に可能なのです。

ただ、他で借り入れがあったり、返済を滞納していたりする場合は、話が別です。そういう場合は、借り入れ審査をする場合に非常に不利になってしまうので、こういった滞納金だったり、他での借り入れが返済し終わっていない方は、是非とも事前に返済を終えておくことをオススメします。

派遣に登録していても収入0なら無職と同じく審査に落ちる

しかし、逆に言うと、たとえ派遣に登録していたとしても収入が0であれば無職と同様の扱いになるので、審査には間違いなく通りません。あくまで、貸し出す側が見ているのは、そのひと自身に収入があるのかどうかについてなので、審査において、収入が無いというのは非常にマイナスポイントになってしまいます。

派遣に登録していても、働いていない場合は、無職と同等の扱いになってしまうので、審査に落ちる前に、何ヶ月か働いて、収入を安定させてから仕事をするようにしてみてくださいね。

派遣社員はどうしても正社員・公務員より審査に通りにくい

ただそうは言っても、正社員の方や公務員の方に比べると、だいぶ審査には通りにくいことは間違いありません。正社員や公務員の方は、そこに勤務しているというだけで、お金が継続的に入ってくるように出来ています。

そのため、「収入が安定しているかどうか」に関しては審査をする必要すらないので、派遣社員の方に比べて圧倒的に有利です。しかも、大抵の場合、派遣社員の方より収入が多いので、返済能力については、よっぽどの借入金を要求してきたり、過去に信用情報に傷があったりしない限りは基本的に落とされる心配はないのです。

ネックになるのは雇用の不安定さ・福利厚生が充実していない

派遣社員の方が、正社員・公務員の方と比べて不利になるポイントとしては、雇用形態が不安定であるということです。福利厚生が充実していないともしも何かあった時に、返済金額が残っていたら、そのひとが借りている金額を返済することが出来ないため、貸し手としては、不安要素です。

この点、正社員の方は、福利厚生もしっかりしていて、雇用も安定しているので、貸し手としてはとても安心できますよね。福利厚生についても派遣社員のネックであるポイントの1つです。

派遣切りで収入がストップする可能性もある

「派遣切り」という言葉が、2008年のリーマンショック以降流行りましたよね。派遣社員は、経営者からしても簡単に切りやすい存在ですし、とても状況が厳しい時には真っ先に切られる存在でもあります。

派遣社員でお金を借りていたとすると、派遣切りに遭った時には、収入がストップしてしまう可能性も十分にあります。派遣切りで切られてしまうと、その時点で収入がなくなってしまうので、果たして返済能力がその時にまだ残っているかどうかは微妙なところです。

ただ、そうは言っても、あくまでこれらは不安材料の1つにすぎません。だからといって、派遣社員の方が審査に受からないということではないので、安心してください。

派遣がカードローン審査を受ける際は在籍確認が重要

派遣がカードローン審査を受ける際は、在籍確認が重要になります。在籍確認とは、カードローンを借りるときの審査の過程で行われる、審査の1つです。

借り入れ者が申請する際に申請した勤務先に嘘の記載がないかどうか確かめるために、勤務先に金融機関側から電話をして本当にその人が在籍しているのかどうか確認しています。

この在籍確認が派遣社員の方の審査が通るか通らないか非常に重要なキーポイントにもなるのです。ここでは、派遣社員の方が在籍確認をする際の内容についてご紹介していきます。

在籍確認の電話は派遣先ではなく派遣元に来る

派遣社員の方は、一定の期間ごとに職場が変わっていくので、在籍確認をされるときは、大元の派遣会社に連絡が行くのか、また派遣先に連絡が行くのかわからないですよね。

実は、派遣社員の方が在籍確認をする時にどちらに電話がかかってくるのかについてはあきらかで、この場合、派遣元に連絡がいきます。これはどこのカードローンを利用してもほとんどどこも同じように派遣元に連絡するようになっています。

そのため、借り入れの申請をする際に「勤務先」の項目に自分が勤めている企業を書かなければならない欄があるかと思いますが、この時は必ず派遣先ではなく派遣元を記載しておくようにしましょう。

電話による確認がNGなら事前に相談しておく

在籍確認は派遣社員に限らず、どの借り入れ者であっても基本的に避けては通れない審査方法です。誰でも勤務先に自分が消費者金融からお金を借りていることがバレてしまうのは嫌ですよね。

特に派遣社員の方であれば、派遣元に電話がいくので、自分が実際に働いていない職場に電話がかかってくることになるので、派遣元に説明を求められたりするのではないかと非常に不安なことも多いかもしれません。

こういった場合は、相談すれば電話の代わりに給与明細を出して在籍確認を回避することも可能です。ただ、相談したからといって100%電話が来ないわけではないので、その辺りはあらかじめ理解しておいてください。

審査なしのカードローンはどこ?審査なしで融資を受ける方法をご紹介

派遣でもカードローン審査に通るコツ

ここまでで、派遣社員がカードローンに通らないことはないにしろ、正社員や公務員の方と比べると審査には通りにくくなってしまうということは理科して頂けたかと思います。

では、そんな不安要素がたくさんある派遣社員の方は、どのようにしたらカードローン審査に通りやすくすることが可能なのでしょうか。通りやすくするコツをしっかりと抑えておきましょう。

希望限度額は必要最低限まで引き下げる

まず最初のコツとしては、希望限度額を必要最低限まで引き下げることが重要です。カードローン の申し込みは、あなたが限度額を希望した上で申し込みをするものが非常に多いです。

もし多額のお金がすぐに必要ない場合は、最初は少額でも申し込むことをお勧めしています。

なぜ限度額を最低限まで下げると審査に通りやすくなるのかというと、年収に対して借りすぎているという印象を与えないからです。年収に対して借りすぎている借り入れ者は、返済能力が足りているかどうか疑われてしまいます。

必要最低限まで引き下げると、そういった疑問に思われてしまう要素を減らすことができるので、是非とも必要最低限に希望限度額を引き下げるようにしてください。

審査は確実に通った後に増額申請するのがおすすめ

最初から、審査で多額を申請してしまうと通りにくいため、まずは最小金額で申請しておくとメリットが大きいです。その最初の審査が確実に通った後に、増額を申請することは、マイナスの評価には繋がらないので、まず審査に通った後に増額申請をするのがお勧めです。

社会保険証・組合保険証のほうが国民健康保険証より審査で有利

福利厚生がしっかりしていない派遣社員だと、ほとんどの方が国民健康保険に入っているかと思います。ただ、実は、どの保険に入っているのかというのも審査の際に見られていると言われていて、社会保険証・組合保険証の方が、国民健康保険証より審査において有利なのです。

派遣社員の方で借り入れを考えている方は、自分の保険証が国民健康保険でないかどうか確認してみてください。もし国民健康保険であるようであれば、社会保険証・組合保険証の方が有利なので、そちらに乗り換えることも検討してみてください。

派遣元に登録している年数(勤続年数)が長いほど審査に有利

また、派遣先に登録している年数についても審査に有利かどうかに関係してきます。これは具体的にどういう効果があるのでしょうか。実は勤続年数と審査の通りやすさが見事に関係していると言われています。

勤続年数が長いということは、仕事をしている期間が長いということです。つまり、安定した収入を何年も得ることができている人という位置づけになるので、とても信用できる貸し手であると判断することができます。

通常派遣社員の方は、派遣会社に登録して、派遣元から、常駐先の企業に派遣されるという形態ですよね。そのため、「派遣会社に登録している期間=勤続年数」ということになりますよね。

よって、派遣社員の方は派遣会社に登録している期間が長ければ長いほど、審査の際に信用されるということに繋がります。派遣社員であっても派遣会社に登録して、まだ3ヶ月くらいだと、審査の際にあまり信用してもらえません。

派遣社員の方で、お金を借りたい人は、最低でも3ヶ月以上は勤めた後、審査の申請を行うようにしてください。

4社以上への同時申し込みは避けよう

これは派遣社員の方でなくとも言えることですが、4社以上一気に借り入れを申請したりすると、審査に非常に不利に働きます。金融機関では審査の際に、個人信用情報機関に問い合わせをすることによって、借り入れをする人の信用情報がどんなであるか見ています。

この時に信用情報には申し込み内容も共有されているため、一度に申し込みすぎてしまうと、申し込みすぎではないかと判断されてしまい、お金を借りることができなくなってしまいます。

申し込みの履歴が残るのがおよそ3〜6ヶ月間ほどであると言われていて、その履歴が残る期間内に複数社に申し込みを行ってしまうと、同様の理由で通りにくくなってしまいます。

きちんと審査に通るためには、一度に複数のカードローンに申し込むのではなく、1社1社審査をしてもらってから、新たに審査を申請していくと、とても審査に通りやすくなるのです。

誤字脱字など細かいミスに気をつける

カードローンの中でも、意外に多いのが誤字脱字など、記入ミスによるものです。わざとでなくても、虚偽の申し込みを行ったと判断されてしまい。審査に落とされてしまうケースは十分に考えられます。

こういったことを防ぐためには、申し込み内容をしっかりと事前に確認して、細かいミスをなくすことも審査に通りやすくなる1つのポイントであると言えます。

また計算ミスを装って、借り入れ金額を少なめに書いたりするのも信用情報を調べられると一発で審査の時にバレてしまうので、正確に自分の情報を書くことを意識しましょう。

派遣社員がカードローン審査に通るためには審査対策が重要

今回は、派遣社員でもカードローンの審査をすることは可能であるかどうかについて中心に解説していきました。派遣社員の方がカードローン審査に通るためには審査対策が非常に重要であるということについてはお分かり頂けたのではないでしょうか。

ただ、審査の際に先ほど説明した、通りやすくなるコツはありますが、上記のことを実行しなかったからといって、審査に絶対受からなくなってしますかと言われれば、そんなことはありません。

覚えておいて欲しいことは、基本的に何か特別なことが起こらない限り、派遣社員の方でも安定した収入さえあれば、十分に審査に通ることは可能であるということです。

派遣社員でこれから借り入れを申請しようと考えている方は、本記事で紹介したことに注意して、審査に臨んでみてくださいね!