カードローンは無担保・保証人なしで借りれる便利なローン!

公開日:

カードローンは無担保・保証人なしで借りれる便利なローン!

「カードローンを申し込むときは、担保や連帯保証人はいるの?いらないの?」

お金を借りる時には、誰でもそうだと思いますが、バレずにこっそりと借りたいものですよね。カードローンは、いつでもどこでも簡単にお金を借りることができるので、急にお金が必要になった時に非常に使い勝手がいいのです。

しかし、もし担保や保証人が必要であったりしたら、1人で契約することができないので、必ず誰かにバレてしまいますよね。

初めて借りる方は、「担保や保証人を要求されたらどうしよう・・・」と不安に思ってしまいがちです。実は、個人向け融資のカードローンは担保なし・保証人なしで借りることができるんです!

わざわざ、家族や友人に「お金を借りたいから保証人になって!」と言う必要もないですし、担保も一切不要なので、本当にいつでもどこでも借りることが可能です。しかし、一体どうして無担保・保証人無しでお金を借りることができるのでしょうか。この記事では具体的にその理由を解説していきます。

カードローンが無担保・保証人なしで借りることができる理由とは?

通常お金を借りる時には、何かしらの担保や保証人が必要とされますよね。そうでなければ、貸し手側からすると、お金を貸しているのに、返してくれる保証というものが一切ないからです。

担保や保証人というのは、いわば「人質」のようなもので、お金を返すことができないのであれば、何かしらその価値と同等かそれ以上のものを頂くぞ!という信頼の代わりになるものです。

では、具体的にどういった理由で、カードローンは無担保・保証人無しでお金を貸しているのでしょうか。2つほど主な理由を見ておきましょう。

収入や信用情報を見て返済できると思った人にだけ貸している

カードローンが無担保である理由としては、収入や信用情報を見て返済できると思った人にだけ貸しているということが理由としてあります。カードローンでは、まず借り入れをする時に、収入だったり信用情報を見て、返済能力があるかどうかしっかり審査を行ってからお金を貸すような仕組みになっています。

収入や信用情報のみを判断材料として使っているために、逆に返済することが出来ないと感じた時には貸し出しを行わないので、このような点が無担保・保証人無しで返済を行うようにしてください。

借入額が低めなので返済がしやすい

また、カードローンの場合は、借り入れ金額が低めであることも、借りる時に無担保・保証人無しでお金を借りることが可能である重要な理由です。

通常、住宅ローンだったり、開業資金の融資を受ける時には、借りる金額が、1,000万円から場合によっては億単位にまで膨れ上がることもあります。一方で、カードローンで借り入れをする際には、借り入れ金額はどんなに多くても50〜100万円ほどなので、そういった金額のローンと比べて非常に返済しやすいローンであることが分かります。

借り入れ金額が低ければ、もし万が一全く返してくれなくても、そこまで重大ではないですし、むしろ保証人や担保を必要とすることによって、契約者数が減ってしまうのであれば、設置しない方が事業的にもプラスに働きますよね。

無担保・保証人なしのカードローンにはデメリットもある

そんな無担保・保証人なしのカードローンですが、しっかりとデメリットも存在します。無担保・保証人がいないということは、その分だけ自分に対するリスクが大きくなるということなんです。

返済できない時は責任が全て一人にかかる

無担保・保証人なしのカードローンのデメリットとしては、返済できない時に、責任が全て1人にかかってしまうということです。返済できない時に責任がのしかかる理由としては、当然ですが無担保で保証人がいないからです。

通常の住宅や、融資資金などの場合は、担保があったり、保証人がいたりするので、返済できない場合は、担保にしていたものを売ったり、保証人に肩代わりしてもらったりする形になるのですが、カードローンでこういった返済ができない場合は、全て1人にかかってしまいます。

つまり、全ての返済金額が1人に集中してしまうとなると、払い終わるまでは、一生その金融業者に追われるということになります。本当に返済能力が無い場合は、これらの借金を踏み倒して債務整理をしなければならないですし、そうなると信用情報に傷がついてしまい、2度と金融機関からお金を借りることが出来なくなったりしてしまうのです。

申込者の属性が低いと審査にそもそも通らない

2つ目の理由としては、申し込み者の属性が低すぎると、そもそも借りる以前に審査に通ることが出来なくなります。担保が有るローンであれば、例え申込者の収入が低かったとしても、担保自体に価値があれば、よっぽど申込者の収入が低くない限りは、お金を貸してくれることが多いです。

ただ、先ほども説明したように無担保・保証人無しのローンの場合、審査で重視しているポイントは、あくまで「申込者に返済能力が有るかどうか」についてのみなので、申込者の属性については、有担保・保証人有りのローンと比べても非常に厳しく審査を行っています。

こういった理由から、無担保・保証人無しの場合は、審査自体が厳しく、審査に通りにくいというデメリットも存在するのです。

無担保カードローンと担保付ローン・借りるならどっちがおすすめ?

ここまで無担保カードローンと担保有りのローンについて、それぞれどういったメリットやデメリットがあるのかについてご紹介してきました。しかし、「実際借りるなら担保有りと無しどっちのカードローンを組んだら良いの!」と迷ってしまう方が多いのではないでしょうか。

実際のところ、無担保のカードローンと、担保付のローンを借りるのならどっちが良いのでしょうか。ここでは、おすすめのタイプの人別に、どんな人にどっちがおすすめなのかについて詳しく解説していきます!

家族に内緒で借りたいなら保証人なしのカードローンがおすすめ

家族に内緒で借りたい方は、保証人無しの一般的なカードローンで借りるのがおすすめです。誰でもそうですが、自分が消費者金融のカードローンからお金を借りているなどと家族にバレたくはないですよね。

担保・保証人有りのローンを組む場合は、当然そういった契約に関する書類は郵送で送られてくるために、郵送物をあなた以外の他の誰かに見られてしまった時に、あなたがどこかからお金を借りているということがバレてしまいます。

その点、担保・保証人無しの消費者金融のカードローンは、そういった書類を全てWebで完結させることができるので、輸送物などが自宅に一切届くことなくお金を借りることができるので非常に便利です。

そのため、こういった理由から家族に消費者金融からお金を借りる際には、なるべく担保無し・保証人無しのカードローンを選んだ方が審査に通りやすく、家族にもバレにくいために非常におすすめです。

生活費などの少額をこまめに借りたい人にもカードローンがおすすめ

また、生活費などの少額をこまめに借りたい方は、カードローンをおすすめすることが出来ます。担保・保証人有りの融資は、なんども言っているように、住宅や開業などの大きな金額を借りる時に利用することが非常に多いです。

大きな金額を借りる時用に作られているため、当然審査をする際にも基準が若干厳しくなりますが、小さい金額を借りるだけのカードローンであれば、比較的簡単に審査に通ることができるので、生活費などの少額の料金を借りたい方には非常におすすめです。

特に、こういったちょっとしたお金であればあるほど、すぐにお金が欲しい時が多いので、急にお金を借りたいときが多いですよね。そんな時に審査に長く時間がかかってしまうのは、不本意ですし、すぐに借りたい人からすると意味がないですよね。

そのため、ちょっとしたお金が欲しくて、すぐに借りたいのであれば、100%消費者金融のカードローンを借りることをおすすめしたいです。

特定の目的のためにまとまった額を借りたいなら担保付ローンがおすすめ

特定の目的のためにまとまった額を借りたいのであれば、担保有りのローンの方がおすすめです。一般的に、まとまった金額(例えば1,000万円〜1億単位の金額)を用意するには担保有りのローンの方が絶対におすすめです。

なぜなら、こういった大きな金額を消費者金融で支払ってしまうと、金利が高すぎてお金が返せなくなってしまう可能性が十分にあるのです。カードローンの金利は通常3.0%〜18.0%(借り入れ金額によって異なる)くらいが一般的ですが、担保ローンの場合は大体1%〜3%台が主流であるため、担保ローンと比べてどれほど、消費者金融のカードローンの金利が高額であるか分かりますよね。

そのため、住宅の購入であったり、開業資金のための融資を受けたりする場合は、必ず担保付きのローンでお金を借りるようにしておきましょう。

無担保・保証人なしでも高額を借りれるフリーローン

大きなまとまった金額を借りるときは、銀行からお金を借りることが多いということは先ほど説明しました。消費者金融のカードローンで借り入れをする場合は、無担保・保証人無しで借りることができて、「使用用途」は何に使ってもその人の自由なので、自由に使うことができるというところが大きなポイントです。

しかし、こういった担保付きのローンを購入する時には必ず「使用用途」を明らかにしなければなりません。当たり前ですが、1000万円〜1億ほどのお金を借り入れるにも関わらず、使用用途を知らされないままお金を貸すのは、貸し手としても、非常に不安が大きいので、使用用途の設定は必要不可欠です。

ただ、銀行のローンには、担保・保証人付きのローンしかないのかと言われるとそういうことではありません。銀行には、その他にも無担保・保証人無しでも高額なお金を借りることができる「フリーローン」というローンが存在するのです。

カードローンと違って最初に全額融資を受ける仕組み

カードローンというのは通常、決められた融資額の中であれば、何度でも借り入れをすることが可能です。しかし、フリーローンの場合は、一度借り入れをすると、その後追加で借り入れをしたりすることは、借り入れ金額を全て返さないと借りることができないようになっています。

具体的に例を挙げて考えてみましょう。例えばもし融資の上限が100万円だったとしましょう。普通のカードローンであれば、最初に20万円借りたとしても、その後に100万円までであれば、何度でも新たに借り入れを行うことが可能です。

しかし、フリーローンの場合は、最初に20万円を借りてしまったら、その後借りた20万円分を払い終えるまで、次の借り入れを行うことができないのです。この点が、他のローンとフリーローンの違いです。

またフリーローンは、金利が消費者金融のカードローンと比べて非常に低いということです。フリーローンは、あくまでも銀行が運営しているローンなので、金利自体は非常に良心的です。消費者金融と比べても半分の金利で借りることが可能なので、複数回の借り入れが出来ない代わりに、低い金利で借り入れをすることが可能です。

用途は自由だが事前に申告が必要

フリーローンは、その名の通り使用用途が幅広いローンです。銀行のローンであるにも関わらず、使用用途が幅広いので、基本的にどんな使用用途であっても借り入れを行うことが可能です。

ただ、用途こそ自由ですが、事前に申告を行う必要はあります。先ほどフリーローンは1度借りたらその金額を返し終わるまで新しく借り入れをすることはできないことに触れました。つまり1回の借り入れ毎に毎回毎回申し込まなくてはならないということです。

これは、フリーローンの一回の借り入れに対して、1つの使用用途でしかお金を借りることができないということ決まりがあるからです。

フリーだから、何にでも何回でも使って良いわけではなく、借り入れの用途毎に1回しかお金を借りることができないので、この点は勘違いしないようにしてください。

無担保・保証人なしは必ずしもメリットではないので注意しよう

今回は、無担保・保証人なしで借りれるローンはあるのかについてや、担保ありのものと比べてどんなことが違うのかについてご紹介してきました。どちらのローンもそれぞれメリット・デメリットが存在します。

「無担保・保守人無しのローンの方が借りやすいし、良いに決まってる!」と短絡的に考えて借り入れを行うのではなく、自分が何のためにそれを利用するのか、使用用途を考えて借り入れをすることを心がけましょう。