無職でも借りれる審査なしカードローンはある?

公開日:

急にまとまったお金が必要になったときなどに役立つカードローン。

しかし、カードローンの利用には審査が必要なことがほとんどです。特に現在失職中で無職の方の場合、カードローンの審査に通らない可能性が高くなります。

しかし、無職の方でもカードローンの審査に通るケースが全くないわけではありません。

ある条件にあてはまる方であれば、無職の場合でもカードローンの審査に通り、お金が借りられる場合があります。

ただし、審査なしでお金を借りられるという業者の中には、非常に高い金利の所もあるので注意が必要です。

そこで今回は、無職の方でもカードローンの審査に通る3つのケースや、無職の状態でお金を借りる際に注意したいポイントについて解説します。

無職が即日融資を受けるにはどうすれば良い?収入0でもお金を借りる方法

審査なしで借りれる正規のカードローンはない

安心してお金が借りられる正規のカードローンの中では、審査なしで借りられるところはまずありません。

カードローン業者は、貸したお金が返ってくるかどうかをしっかりと確認するため、利用にあたっては必ず審査を行います。

審査なしでお金を借りられると宣伝する業者もありますが、その場合は注意が必要になります。

そのため、安全にお金を借り、計画的に返済していきたい場合には、正規のカードローンの審査に通った上で借り入れることが大切です。

お金に困っているときは焦ってしまい、つい審査なしで手早くお金が借りられるところはないか探してしまうことでしょう。

しかし、焦って間違った判断をしてしまうと、借りたお金を返せない状態になってしまいますのでご注意ください。

自己破産者を減らすためにも審査は不可欠

借りたお金が返せない状態になってしまった場合、最終的には自己破産手続きをせざるを得ない状態になることも少なくありません。

カードローンの事業者はあくまでも、貸したお金が利息分まで含めて返ってきて初めてビジネスが成り立ちます。

そのため、十分な返済能力のない人にまでお金を貸してしまった場合、カードローン業者自体がビジネスを続けられなくなってしまうのです。

そのため、正規のカードローン業者であれば必ず審査をして、返済能力の有無を確認することが必要不可欠となっています。

自己破産した人は、借金の支払い義務が法的に免除され、いったん借金がゼロの状態にリセットされます。

そのため、カードローンの事業者がお金を貸し付けていた人に自己破産されてしまうと、貸したお金を回収する方法がなくなってしまうのです。

このような状態を防ぐため、審査では借り入れを希望する人の職業や収入の状況、身元といった情報がチェックされます。

審査の結果、返済能力に応じた借り入れ限度額が設定され、その範囲内でお金を借りることができるという仕組みです。

審査なしのヤミ金は法外な金利の高さで貸し付けてくる

審査がある正規のカードローン業者とは別に、審査なしでお金を貸し付けるかわりに法外な金利を取る「ヤミ金」と呼ばれる業者も存在します。

ヤミ金は金融業者としての正式な申請を出していない違法な業者です。

無職の方や、ほかの金融機関でブラックリストになってしまっている人にも、審査なしでお金を貸す場合が多いです。

しかし、ヤミ金の金利は非常に高く、10日で1割や、10日で5割といったという法外な設定になっています。

さらに、返済できなかった場合の取り立て方法も、違法なことが多いです。

自宅だけでなく職場などにも何度も繰り返し電話をしたり、自宅まで直接取り立てに来て脅しをかけたりすることも少なくありません。

ヤミ金業者は、正式な許可なくお金を貸していること自体がそもそも違法のため、金利の高さや取り立て方法についても違法なものとなっています。

また、極端に悪質なヤミ金の場合、複数のヤミ金業者同士が裏で手を組んで、1つのヤミ金でお金が返せなくなった利用者に対して別のヤミ金がわざとお金を貸すような場合もあります。

さらに、返済予定日にわざと連絡が取れない状態にして、強制的に利息を上乗せさせるといった手口もあるため、注意が必要です。

このような状態になってしまうと、完済はほぼ不可能になります。そのため、審査なしで不当な金利で貸し付けるヤミ金業者には注意しましょう。

即日融資対応の安全な闇金(ヤミ金)はどこ?口コミ・評判まとめ【即日融資の窓口に注意!】

無職がカードローン審査に通るのはほぼ不可能

無職の人が正規のカードローン審査に通ることは可能でしょうか?

結論から言うと、職に付いていない状態でカードローンの審査に通るのはほぼ不可能です。後程ご紹介する特殊なケースを除いては、無職でカードローンの審査に通ることはできないと考えてください。

なぜ、無職の人はカードローンの審査に通ることができないのでしょうか?その理由として、次のようなものが挙げられます。

収入0だと返済ができないので金融機関にとってはリスク

無職の人の場合、毎月定期的に入ってくる給料がないため、収入がない月もあるでしょう。

もし、収入が長い期間0だった場合、その人の持っているお金は減っていく一方です。

そのため、貸したお金を返済できる可能性も限りなく低くなっていきます。

また、お金がない状態では生活ができないため、改めてきちんと職に就くこと自体も難しくなっていきます。

つまり、現在無職の状態にもかかわらずお金を借りる必要があるという場合には、その時点で借りたお金を返済できる見込みがないのと同じです。

このように、無職の人だと収入が0の場合に返済できないことから、お金を貸し付けるカードローン業者側にとっても大きなリスクとなります。

お金を貸した人が確実に借金を返済し、きちんと利息を支払ってくれることを確認するため、カードローンの審査時には職業の有無をチェックするのです。

返済ができなくなり困るのは利用者自身

カードローン業者は、お金を貸し付けた利用者から利息まで含めて返済してもらえないとビジネスが成り立ちませんので、厳しく審査を行います。

しかし、返済ができなくなって困るのはカードローン業者だけではなく、利用者自身も同じです。

借りたお金を返せなくなり、返済できる見込みが立たないとなると、最終的には自己破産して借金の支払い義務をリセットするしか方法がなくなります。

せめて職があって、少額でも着実に借金を返していけるなら良いでしょう。しかし、無職の状態でお金が返せなくなった場合、求職活動や日常生活自体ができなくなってしまう危険性があるのです。

やむを得ず自己破産となった場合、自己破産をしたという情報について、国が発行する機関誌に住所氏名とともに記載されてしまいます。

また、借り入れについてもブラックリストへと登録され、5年間から10年間近くは二度と正規のカードローン業者を利用することができません。

また、自己破産をすると、一定期間就けない職業が出てくるため、警備員などの職に就くのが難しくなります。

このような困った状態にならないようにするため、カードローンで借り入れをする際は、正規の審査をきちんとパスできる状態で申し込むようにしましょう。

無職でもカードローン審査に通る3つのケース

ここまで、無職の場合には正規のカードローン業者の審査に通るのが難しいということについて解説してきました。

ただし、以下の3つのケースに限っては、無職の状態でもカードローンの審査に通る場合があります。

カードローンを利用してお金を借り入れる場合は、できる限り自力で計画的に返済ができることが望ましいです。

しかし、状況によってはやむを得ず、緊急でまとまったお金が必要になるといったこともあるでしょう。

そのような場合、もし無職でも以下の条件のどれかに当てはまっているなら、カードローン審査に通るかもしれません。

どうしてもすぐにお金が必要な場合、次のようなケースに該当しているかどうかを確認してみてください。

配偶者に収入がある専業主婦(主夫)は審査通過の可能性あり

もしあなたが無職であっても、配偶者がいて、自分が専業主婦(または専業主夫)という立場の場合には審査に通過する可能性があります。

カードローンの審査で職業の有無をチェックするのは、あくまでも返済能力があるかどうかを確認する目的です。

そのため、あなた自身が特定の会社に勤めていない状態であっても、配偶者に収入がある場合には返済能力があるとみなされることがあります。

専業主婦または専業主夫の場合、配偶者が会社勤めをして働きに出ている間、家事全般を家庭内で行うことになりますので、配偶者の収入の一部を分け与えてもらう形になっているケースが多いです。

そのため、配偶者の収入が毎月定期的に安定してある場合であれば、専業主婦(夫)側にも安定した収入があるとみなされ、審査に通ることも少なくありません。

ただし、すべてのカードローン業者でこのパターンで審査が通るとは限らないので注意してください。

あくまでも、無職でも審査に通る可能性が0ではない特殊ケースとして参考にしていただければ幸いです。

専業主婦でも借りれる審査の甘いカードローン!夫に内緒で借入可能

退職した年金受給者も一応「収入あり」と見なされる

もし現在職に就いていない状態でも、あなたが退職した年金受給者である場合にはカードローンの審査に通ることがあります。

この場合、職業という見方では「無職」に該当しますが、毎月一定の金額を年金という形で受給していることから「収入あり」とみなされるからです。

もし、退職後に急にお金が必要な場面があったときには、年金の受給を待たずに早めにまとまったお金を用意したいこともあるでしょう。

そういう時には、無職であっても、退職した年金受給者であることを伝えることでカードローンの審査に通るかもしれません。

実際には、各カードローン業者によって審査基準が異なるため一概には言えませんが、もしあなたが年金受給者で、まとまったお金が必要になった場合には審査に申し込んでみることをおすすめします。

年金受給者でも消費者金融からお金を借りることはできる?審査には通る?

不労所得者も審査に通るが大部分が株やネット収入だと不利

無職でもカードローンの審査に通る可能性がある3つめのケースとして、不労所得を得ているパターンが挙げられます。

特定の職に就いていなくても、何かしらの形で収入が発生し続けているような人であれば、返済能力があるとみなされてカードローンの審査に通ることがあるのです。

ただし、不労所得のうちの大部分が株やネット収入によるものだと、審査で不利になることが多いです。

その理由は、株やネット収入は当たり外れが大きく、現在うまくいっている状態がそのまま続くとは限らないためです。

カードローン業者は安定して返済できる能力があるかどうかをチェックしますので、不労所得があっても不安定なものとみなした場合には審査に通らないことがあります。

反対に、不動産による収入や山林所得などによって生計を立てている人の場合であれば、無職であっても安定的に収益を得ているとしてカードローンの審査に通ることが多いです。

【注意】親からの仕送りは収入と見なされない

ここまで、カードローン業者による審査では安定した収入があるかどうかがチェックされるということをご紹介しました。

そこで1点注意しておきたいのが、親からの仕送りは収入とはみなされないことです。

定期的にお金が入ってきているという点では、働いて得ている給与所得と変わらないようにも思えますが、親からの仕送りは親の経済状況の変化によって急にストップするなど不安定なものとみなされます。

また、仕送りの収入が高かったとしても、仕送りを受け取っている本人の社会的な信用とは無関係なため、本人の返済能力とはみなされない場合が多いのです。

カードローンの審査に申し込む際、現在の収入状況や年収について必ず質問されます。この時、親からの仕送りの金額は収入とはみなされないのでご注意ください。

カードローン審査に通るには申込み時点で収入があることが前提

カードローンの審査に申し込もうかどうか迷っているときは、今すぐにでもお金が欲しいケースが多いでしょう。

しかし、カードローンの審査を通過し、無事借り入れを受けられる状態になるためには、申し込み時点で収入があることが前提となります。

自分の中では収入の見込みが立っていると思っていても、カードローンの審査でははじかれてしまう場合も多いです。

特に、次のようなパターンでは、審査に通らないことがほとんどなので注意しましょう。

銀行カードローンは限度額が年収の何%だったら審査に通る?

「大企業に内定」というステータスも審査では意味がない

もし、あなたが来年度から大企業に勤めることが確定していたとしても、カードローンの審査時には現在の収入を基準にチェックされるので、意味がありません。

大企業に内定を受けていても、最悪の場合内定が取り消しになるケースも考え、カードローン業者は厳しく審査を行います。

もし、現時点で収入がない場合や無職の場合は、内定が決まっていたとしてもカードローンの審査には通らないと思った方が良いでしょう。

もしどうしてもまとまったお金が必要であれば、実際に内定が出ている企業に就職が確定し、働き始めて給与が入ってから申し込むことをおすすめします。

それ以前の段階で、内定が出ているからといって審査に申し込んでも断られることがほとんどですので、注意してください。

直近2ヶ月以内の収入を証明できることが審査では重要

これまで見てきた通り、カードローンの審査では現在実際に得ている収入がいくらなのかが重要視されます。

特に、直近2ヶ月以内の収入を証明できることが審査では重要です。

そのため、審査が行われる際には最低でも直近2ヶ月分の給与明細書などを見せる必要があります。

最近ではスマートフォンのアプリを使って写真データとして送付すれば審査してもらえるカードローン業者も増えていきました。

また、各カードローン業者のATMの近くにテレビ電話コーナーがあって、そこで収入が証明できる書類データを提出するような場合もあります。

いずれにせよ、直近2ヶ月の収入を客観的に証明できる書類として、給与明細などの証拠資料が必要になってきますので、注意してください。

もし何らかの事情で直近の給与明細が用意できない場合には、少なくとも2ヶ月分は給与の支払いと給与明細の受け取りを待ってから審査に申し込むことをおすすめします。

まずは借入より収入を作ることを考えよう!

今回は、無職の方がカードローンの審査に通る方法があるかどうかについてご紹介しました。

基本的に、正規のカードローン業者の場合、無職の人は借り入れができない可能性が高いです。

例外的なケースとして、自分が専業主婦または専業主夫で配偶者に一定の収入がある場合や、退職後の年金を受給している場合などがあります。

ただし、それ以外の場合は無職の状態でカードローンの審査に通るのはほぼ不可能です。

審査なしでもお金を貸すことをうたっている業者は、正規ではない悪質な業者である危険性もあるので、注意しましょう。

カードローンできちんと借り入れを受けたい場合、すくなくとも直近2ヶ月以内の収入が証明できる必要があります。

まとまったお金が急に必要になって焦る前に、カードローンの利用審査にしっかり備えておきましょう。

お金を借りる方法まとめ-安全なお金の借り方【完全版】