学生がキャッシング利用するにはどうすればいい?審査で見られるポイント

公開日:

学生でも、一時的にまとまったお金が必要となることがあります。

アルバイトをしていたとしても、体調を崩したり、学校の試験期間などが重なったりと、アルバイトのシフトに入れないこともあるでしょう。その様な時には、一時的に収入が減ってしまいます。

また、親からの仕送りを貰っていたとしても、十分な額ではない場合、足りない分をアルバイトで補いますよね。でも、先ほど説明した通り、働けない日が続くと、生活費が足りなくなってしまいます。

学生は、学年が進むにつれて、専門書の購入を余儀なくされることもあります。専門書の中には、数万円するものもあり、アルバイト生活をしている学生にとってはかなりの高額とも言えます。

また、将来の就職に向けて資格取得や語学習得などのために、大学とは別に専門学校へ通うこともあり、その入学金や授業料なども必要となります。

この様に、まじめな学生ほど、実は結構お金が必要で、時として誰かからお金を借りたいという状況になってしまうのです。

今回は、このような学生が銀行や消費者金融などのキャッシングを利用できるのかどうか、利用するためにはどうすれば良いのかなど、ご説明していきます。

カードローンの審査基準と審査に落ちる人の特徴を徹底解説!これを読めばカードローン審査のすべてが分かる!

学生でもキャッシングに申し込める

大手銀行、メガバンクなどのキャッシング条件を見ると、学生や主婦への貸し付けを断っている所が殆どです。また、パート・アルバイト収入で生計を立てている方も、キャッシングの利用を断っています。

お金を借りるなら、出来れば低金利なところの方が良いですよね。ですが、金利が低いキャッシングサービスは、条件が厳しくなるのです。

銀行の利益は、このキャッシングなどの貸し付けによって得られる利息です。金利が低いということは、利息分も少なくなり、利益が上がり辛いという銀行側のデメリットがあります。

パート・アルバイトなどの場合、所得が低いだけでなく体調不良などによって働かない日が続くと、そのまま収入に大きく影響してきます。収入が無ければ返済が出来ず、返済が滞ったり、返済がストップしたりと、銀行側にとって良いことがありません。

低金利によって利益が上がらない上に、返済に問題が出そうな方に対して貸し付けを行っても、リスクの方が高くデメリットしかありません。

以上の事から、大手銀行や、メガバンクなど、低金利を設定しているキャッシングサービスを学生が利用することは出来ないのです。

では、学生が利用できるキャッシングサービスはあるのでしょうか?

大手消費者金融や地方銀行などのキャッシングサービスは、学生や主婦でも、パート・アルバイトによる安定した収入が有れば、利用できるとしています。

もし、どうしてもお金が必要でキャッシングサービスを利用するなら、金利は多少高くなりますが、消費者金融や地方銀行などを検討するのも1つの方法です。

審査の甘いキャッシング業者ランキングTOP5!即日融資可能!

未成年の学生は申し込めないので注意

同じ学生でも、20歳未満はキャッシングを利用することが出来ません。

学生にも貸し付けてくれる大手消費者金融や地方銀行の利用条件を見ても、はっきりと「満20歳以上」と書かれています。

なぜ、未成年者はお金を借りることが出来ないのでしょうか?

実は、「貸金業法」など、金融サービスを規制する法律の中に「未成年者には貸し付けてはいけない」という条文はないのです。その為、法律上は20歳未満でもお金を借りることは出来るのです。

それでも、大手消費者金融や地方銀行など、多くの金融機関で自主規制しているのは、民法が関係しています。

民法上、未成年者は親の同意なしにはどのような契約も結ぶことは出来ません。

例えば、未成年者Aが親に内緒で金融機関Bと契約を結んだとします。ですが、民法ではこれを禁止していますので、後からこの契約は無効だとAがBに対し、訴えを起こした場合、Bはこの契約を無効とせざるを得ないのです。

また、親の同意なしにAがBと契約した場合、この親から契約無効を訴えられても、Bは契約無効を承諾しなければならないのです。
貸す側である金融機関としては、未成年者との契約にはデメリットしかなく、その為、利用者の年齢制限を「満20歳以上」としているのです。

但し、未成年でもすでに結婚している場合には、民法上「成年」と認められていますので、婚姻を証明できれば、親の同意なしに契約を結ぶことも出来ます。この条件が、大手消費者金融や地方銀行に当てはまるかどうかは、各金融機関に問い合わせる必要はありますが。

親の同意があれば借りられるところもある

民法上では、親の同意が有れば未成年者でも契約を結ぶことが出来ます。その為、消費者金融の中には、親の同意書があれば未成年者にも貸付を行っているところもあります。

但し、この様な消費者金融の場合は、中小の消費者金融です。中には、違法スレスレの金利を設定している、所謂闇金と呼ばれるようなところもあり、安易に利用することはおススメできません。

未成年でそれでもまとまったお金が必要なら、親に相談をするか、学生用クレジットカードのキャッシング枠を使うことを考えましょう。但し、クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠では、その利用額の返済は別々ですので、十分に注意が必要です。

また、親名義にクレジットカードの場合、親にキャッシングを利用したことがばれてしまいます。

アルバイト代などの安定収入があることが前提

大手消費者金融や地方銀行では、学生でもアルバイトによる収入が有ればキャッシングサービスを利用できるとしています。

この収入も、一時的なものではなく、継続して得られる収入を意味していますので、注意が必要です。

貸す側としては、安定して返済が出来るということが重要ですので、低所得であっても収入があるということが貸し付けの条件となるのです。

アルバイトでも審査OKなおすすめ消費者金融!バイト・フリーターの審査対策

親からの仕送りは収入に含まれない

親からの仕送りは、「収入」とはみなされません。

親からの仕送りは、贈与の一部であり、申込者自身が働いて稼いだお金ではないので、その収入を公的な書類で証明することが出来ません。

貸金業法でも、第13条で「返済能力の調査」の1つとして、源泉徴収票など内閣府令で定めるものの提出・提供を受けなければならないとしており、また、これらの調査情報を内閣府令で定めるところにより記録の作成と保存をしなければならないとあります。

つまり、公的書類で安定した収入を証明できない「仕送り」は、収入として認められませんし、もし認めてしまったら、貸金業法に違反していることになります。

どうしてもキャッシングサービスなどを利用しなければならない場合には、給与明細書などで収入を証明できるアルバイトをしていることが、最低条件となるのです。

【重要】学生のキャッシング審査は社会人より厳しい

学生の場合、キャッシングサービスを利用するのに、正社員で働いている社会人よりも、条件も審査も厳しく、実は中々借りられないという現状があります。

例えば、留学したい、語学などの専門学校に通いたいと思っても、まとまったお金を簡単に借りることが出来ません。何故なのでしょうか?

経済力が低いので高額融資を受けにくい

学生の場合、その収入は親からの仕送りと、アルバイトに限定されます。特に、キャッシングサービスを利用する場合に申告できるのは、アルバイト収入だけとなります。

一般的に、アルバイト収入は、高収入にはなりにくく、返済能力という点でどうしても不利になってしまいます。その為、高額融資を受けにくくなるのです。

例えばあなたが、ホストやホステスなどと言った、頑張れば高額な報酬を受けられるようなアルバイトをしており、実際に月額数十万というアルバイト料を稼いでいたとしましょう。このような場合、キャッシングを利用する必要もなく、アルバイトに精を出すことでしょう。

多くの場合、キャッシングを利用したいと考える学生がしているアルバイトは、時給1,000円未満のコンビニや飲食店などのスタッフです。1日8時間20日働いたとしても、16万円にしかなりません。

学業との掛け持ちとなれば、当然、10万円未満の収入が一般的です。つまり、低所得者と判断され、返済能力が低いとして、高額融資を断られてしまうのです。

奨学金を借りていると審査に落ちやすくなるケースも

昨今、不景気が続いたこともあり、親の収入も安定していなかったり、親自身が低所得者だったりと、大学の費用を親の収入で賄うことも難しい家庭が増えています。その為、奨学金を利用する学生も増えているようです。

しかし、この奨学金利用がキャッシング審査でネックとなる可能性があるのです。

2018年1月以降、貸金業法が改正され総量規制というものが導入されています。これは、債務者の年収の1/3以上を貸し付けてはいけないという規制で、他に債務がある場合、その債務残高に応じて貸付額が変わるというものです。

つまり、既に「奨学金」という借金を背負っていますので、アルバイト収入の1/3を超えているという判断から、キャッシング利用を断られてしまうのです。

親の信用情報を審査項目に取り入れているところもある

学生がキャッシングサービスを利用する場合、例え20歳を過ぎた成人でも、身分が学生ですのでまだ親の管理下にあると判断されることが多く、一部の金融機関では申込者本人だけでなく親の信用調査も同時に行っていることがあります。

例えば、親が多重債務者でこれ以上の借り入れが難しい状況にあるときに、子である申込者にお金を借りさせるということも、全くないわけではありません。このような場合、常態的に借り入れを続ける可能性が高く、キャッシングサービス申込者である子も、多重債務者となってしまうかもしれません。

この様な例は、ごくごく一部の事で、一般的に考えればありえないことかもしれませんが、全くないとは言い切れない事例でもあるのです。

学生でも在籍確認は必要

キャッシングサービスの申込者が学生であっても、審査の1つとして在籍確認は必ず行われます。その1つの理由として、収入を証明する書類の正誤確認、虚偽確認があります。

中には、現在無職にも拘らず、以前の勤め先を申込書に記載し、申し込みを行う例もあります。このような場合、虚偽記載、虚偽申告となります。

低額融資の申し込みの場合、一部金融機関には収入を証明する書類の提出を義務付けていないことがあり、在籍確認を行わなければ虚偽を見破ることが出来ません。

また、給与明細書などを偽造するということもないわけではありませんので、在籍確認を行うのです。

在籍確認なしでカードローン・キャッシングを即日借入する方法

基本的にはバイト先に電話連絡が来る

学生がキャッシングサービスを利用する際に申告する収入とその職業は、アルバイトですので、当然勤務先にはアルバイト先が書かれています。

在籍確認は、収入を証明するための調査の一環ですので、学生の在籍する学校ではなく、アルバイト先に電話をかけます。

電話の代わりに書類提出で在籍確認することもある

アルバイト先に電話をかけて欲しくないという場合、書類提出によって在籍確認を行う方法もあります。

社員証や保険証など、勤務先企業名が判るもののコピーなどを提出すればいいのです。ですが、アルバイトの場合、社員証などが発行されることはなく、当然社会保険にも加入させてもらえませんよね。

そうした場合には、勤務先名の入った給与明細などが在籍証明書類の代わりとなります。

昨今、在籍確認の電話をかけたとしても、取り次いでもらえないこともあり、書類による在籍確認を導入している金融機関も増えていますので、申し込み時に相談してみると良いでしょう。

但し、書類による在籍確認を行ったとしても、100%電話による在籍確認を行わないということではありませんので、注意が必要です。

学生がキャッシングできる限度額はいくら?

さて、ここまでのご説明で、学生がキャッシング利用するにはかなりハードルが高そうだということがお判り頂けたでしょうか?

では、このような厳しい条件の中、学生はいくらまでなら借りることが出来るでしょうか?

消費者金融の限度額はどうやって決まる?限度額を引き上げる審査対策

限度額は30万円以下になることが多い

例えば、アルバイトで月10万円の収入があったとして、年間で約120万円となります。総量規制から貸付はその年収の1/3までとなりますので、120万円の1/3は40万円となります。

ですが、収入源がアルバイトである事、低所得であることなどから、年収の1/3を満額貸し付けることはまずありません。

今現在、月収10万円あったとしても、アルバイトである以上固定給ではありませんので、10万円未満となる可能性も大いにあり得るのです。

このようなリスクのある申込者に対して、総量規制の満額を貸し付けたとしても、返済しきれるかどうかという懸念が残ります。

これらの事から、収入を鑑みて30万円未満となるのが一般的です。

家賃負担があると限度額が低くなりがち

キャッシングサービスの申し込みでは、住宅事情を記入する欄があります。アパートなどに住んでおり、毎月の家賃支出がある場合、更に限度額は低くなります。

これは、光熱費や通信費など以外の固定給であり、その金額によっては生活費を圧迫している恐れがある支出と判断されてしまいます。

このような場合、返済が滞るリスクを考えて、貸付限度額を引き下げる傾向にあります。

学生がキャッシング利用しても希望に沿えないことが多い

学生は、アルバイトによる収入しかなく、低所得者と判断されてしまいます。低所得者の場合、その返済能力が疑われ、キャッシング利用を断られてしまうケースが多分にあります。

また、低所得者の場合、高額融資を受けられないこともあり、留学費用や語学専門学校の費用など、高額な融資を希望したとしても、その希望には添えないことが多いのです。

では、何故低所得者の場合には、高額融資を受けられないのでしょうか?

多くのキャッシングサービスでは、クレジットカードのリボルビング返済の様に、毎月「1万円返済」とすることが出来ません。借入残高に応じた返済額が決められます。

借り入れ条件や商品説明などを良く見てもらうと分かる通り、実は契約期間が決められており、最後にキャッシングを利用してから何年、返済何回と書かれています。つまり、高額な融資を受ければ受けるほど、毎月の返済額はその分高くなってしまうのです。

例えば、10万円未満の借入なら、毎月の返済額は数千円でOKというところもありますが、10万円を超えるとそれに応じて返済額も高くなるという仕組みです。

つまり、アルバイト収入しかない学生の場合、例えば希望する高額融資を受けられたとしても、その後の返済にかなり苦労することになってしまうのです。

アコムの返済シミュレーションを使って調べてみました。

【返済条件】
借入金額 100万円
年利 7.7%
毎月返済額 2万円

この様な条件の場合、返済回数は61回となります。つまり5年と1か月です。大学を卒業した後も返済し続けることになります。
また、別の条件でシミュレーションをしてみました。

借入金額と年利は同じで、返済回数を大学在学中の2年間24回とすると、毎月45,000円ほどの返済額となります。

アコムのカードローン【審査・金利・返済・口コミ】

この様に、所得が低い方への高額融資は、債務者本人の負担となり、自己破産の原因となってしまう可能性があり、貸金業法でも多重債務や過剰貸付について厳しく禁止しています。

以上の事からも分かる通り、アルバイト収入しかない学生がキャッシングを利用しても、希望に添える額を借り入れることが出来ない可能性の方が高いのです。