専業主婦がキャッシング利用するには?ポイントを紹介

公開日:

毎月の住宅ローンや学資ローン、生活費に交際費とお金のかかる事ばかりです。

ご主人の収入だけで生活をしている専業主婦の方の中には、自分で自由に使えるお金が無く、毎月のやりくりに苦心している方も居るのでは?

しかも、知り合いや親族などの冠婚葬祭など、急な出費が有ると毎月ギリギリの中からねん出しなければならず、かなり困ってしまいますよね。

そんな時、「一時的にお金が借りられると助かるのに」と考える方も少なくないでしょう。

今回は、キャッシングを利用したいと考えている専業主婦の方に、その利用方法などをご紹介します。

急な出費時の対処法-今日中にお金を用意する方法まとめ

専業主婦がキャッシング利用する方法は2つ

一般的に、キャッシングローンなどの場合、例えパートやアルバイトであっても毎月安定した収入があれば、利用することが出来ます。

その為、主婦や学生でも20歳以上で収入があれば、CMでお馴染みのアコムやアイフルなどの消費者金融を利用することも出来るのです。

ですが、「専業主婦」はパートやアルバイトすらしておらず、収入がありません。その為、消費者金融でお金を借りることが出来ません。

では、なぜ消費者金融でお金を借りることが難しいのでしょうか?また、どうすれば専業主婦の方でもお金を借りることが出来るのでしょうか?

専業主婦でも即日借り入れできる?来店不要で申し込めるおすすめカードローン!

配偶者貸付を使って消費者金融から借り入れる

消費者金融では、貸金業法の改正によって「総量規制」が導入されているので、低額所得の方や未収入の方への貸し付けが厳しく規制されています。

「総量規制」というのは、個人の借入金額がその年収の1/3までに制限し、無理な借り入れをしないよう規制をしているものなのです。

消費者金融は「貸金業」ですので、当然「貸金業法」の規制を受けます。その為、「総量規制」を導入して低所得者や無収入の方への貸し付けを制限しているのです。

では、収入のない専業主婦は消費者金融では全く借りることが出来ないのでしょうか?

1つだけ方法があります。それが「配偶者貸付」という制度なのです。

「配偶者貸付」とは、配偶者の方と借り入れを希望する専業主婦との収入を合算し、夫婦2人分の借入金額が夫婦2人分の年収の1/3以内の場合、配偶者の同意を得られれば貸し付けが出来るとするものです。

つまり、無収入の専業主婦が消費者金融でお金を借りる場合には、ご主人の同意が必要で、「同意書」と2人の婚姻関係を証明する「住民票の写し」などの書類を提出する必要があるのです。

この「同意書」は、「連帯保証人」を同意する書類ではありませんので、借りた本人である専業主婦が返済不能になったからと言ってご主人がその返済を肩代わりしなければならないということではありません。

ですが、専業主婦で収入が無いのであれば、実質的に返済するのはご主人のお給料からということですので、連帯保証人と同じようなことですね。

また、ご主人に内緒でお金を借りたいと思った場合には、残念ながら消費者金融は利用できないということです。

銀行カードローンを利用する

収入のない専業主婦でも、銀行のカードローンなら借りることが出来ます。その場合、20歳以上である事と、ご主人に安定した収入がある事が条件となっています。

しかし、消費者金融のようにご主人の同意は特に必要が無く、内緒で借りることも出来てしまいます。

多くの銀行では、カードローンの申し込みは全てネットで出来てしまいます。また、本人確認書類もネットを介して提出すればOKですし、一部の銀行を除いてご主人の会社へ在籍確認の電話が入ることもありません。連絡先を自分の携帯電話にすれば、ご主人に内緒で融資を受けることが出来てしまうのです。

銀行系のカードローンの多くは、消費者金融に比べて金利が低く、また毎月の返済も借入金額に依りますが、1万円以下から出来るので、生活費から捻出することも出来てしまうのです。

ご主人に内緒で、こっそりお金を借りたいのなら、断然銀行系のカードローンです。

【最新】2017年から専業主婦は銀行カードローンを使えない?

前項で、専業主婦でも銀行カードローンなら、本人の証明書類とご主人の安定した収入が有れば借りられるとご説明しました。

ですが、実は2017年から多くの銀行で専業主婦への貸し付けを規制するようになってきており、これまでの様に簡単に借りられなくなっているのです。

お金に困った女性におすすめ!審査の甘いレディースローン!

年収3分の1以下の貸付を9割の銀行が自主規制

先程、消費者金融が「貸金業法」による「総量規制」によって貸付の上限が規制されているとご説明しました。

この「貸金業法」は、銀行には関係が無く、また銀行が行っている融資・カードローンなどもこの「貸金業法」によって規制されることはありません。

その為「総量規制」も本来なら銀行には関係が無いのですが、2017年ころから一部の銀行が自主規制として導入しているのです。

それにより、無収入の専業主婦への貸付にも制限がかかり、銀行カードローンを利用できなくなっているのです。

2018年から銀行カードローン審査がより厳しくなった

2018年から、カードローンなどの貸し付けを行う場合、その申し込みの審査に「警視庁データベースへの照会」が義務付けられ、反社会勢力への融資が出来ないよう審査が厳しくなっているのです。

その為、即日審査終了としていた銀行でも、昨今、「即日融資OK」と言ったうたい文句を外している銀行が増えているのです。

「警視庁のデータベース」への紹介は、早ければ即日で終了するのですが、中には数週間かかってしまうこともあり、その為審査に時間がかかるようになっているのです。

しかも、この警視庁への紹介だけでなく、「総量規制」もありますので、申告内容に虚偽が無いかなど、より厳しく審査するようになっているのです。

スルガ銀行の不祥事で今後より厳しくなる?

2018年、テレビのワイドショーでも多く取り上げられているので、覚えている方も多いと思いますが、静岡県にある地方銀行の1つ「スルガ銀行」の不祥事がありました。

その最たるものが「かぼちゃの馬車」というシェアハウスなどの投資用不動産への資金を必要とした、多くの会社員への不正融資です。

この「かぼちゃの馬車」では、シェアハウスのオーナーを募り、オーナーに代わってその建物を建てて借り上げ、賃料を支払うという「サブリース」という方式を取っていました。

このシェアハウスは木造住宅で、本来の建築費よりも高い金額をオーナー側に請求していました。その為、多くのオーナーは銀行から高額融資を受ける必要があり、その多くが審査の緩い地方銀行での融資を希望したのです。

特に、スルガ銀行では、融資基準を満たさないケースの場合には銀行口座を改ざんしたり、収入を改ざんしたりと、不正に融資が受けられるように、書類の改ざんを行っていたのです。

これにより、年収が低く預金残高もない様な一般の会社員でも、その年収の10倍以上の融資を受けられたのです。

投資用不動産からの収入が得られれば、高額の借金を背負ったとしても返済することは出来たでしょう。ですが、残念ながら「かぼちゃの馬車」は乱立したこともあり、部屋を借りる方が無く賃料が入ってこない為、返済が出来ない状況に陥ったのです。

更に、2018年4月にこの「かぼちゃの馬車」を運営していた「スマートデイズ」という会社が東京地裁に民事再生法の適用を申請し、認められたことで5月に倒産。

会社員オーナーは、借り手のないシェアハウスと多額の借金を抱えて途方に暮れるという状況になったのです。

スルガ銀行のこの不正融資は、「スマートデイズ」が会社員オーナーたちに賃料を払えないと通告したことが発端で、世間に知れ渡る事となり、多くの新聞やテレビニュースでも取り上げられる結果となったのです。

この様に、スルガ銀行で起こった不正融資が元となって、今後銀行での融資における審査はより厳しくなっていくと予想されます。

その為、収入のない専業主婦や、高齢者、低所得者などへの融資が厳しく規制され、中には融資資格がないと判断される可能性もあるのです。

専業主婦がキャッシング利用する際は配偶者貸付を利用しよう!

今後、益々カードローンの審査は厳しくなっていきます。そうなると、銀行カードローンでも専業主婦への貸し付けを行わなくなる可能性も出てくるのです。

既に、大手銀行を中心に、収入のない専業主婦への貸し付けを行っていない銀行も増えてきていますし、現在貸し付けを行っている銀行でも、今後は判りません。

確実に融資を受けたいと考えるなら、ご主人の同意を得て配偶者貸付を利用するのが、一番簡単に借りられます。

配偶者貸付の利用条件

配偶者貸付とは、先程も少し触れましたが、申込者本人の収入と配偶者との収入を合算し、その収入額の1/3以下の貸し付けを行うというものです。

この場合、既にご主人の方にカードローンなどの借り入れがあると、その残高に応じて借入上限額が変わります。但し、年収を超える住宅ローンなどは、この年収の1/3という「総量規制」には含まれません。

ですが住宅ローン以外で、ご主人がカードローンを使用している場合には、カードローンの申し込みが出来ない可能性もあります。

また、配偶者貸付は配偶者の同意なしには、申し込みが出来ません。その為、ご主人の同意が必ず必要となります。

つまり、配偶者貸付を利用すると、ご主人に内緒でお金を借りることが出来なくなってしまうのです。

配偶者貸付を受けるために必要な提出書類

配偶者貸付を受けるためには、何度もご説明している通り、配偶者の同意書が必要となります。この同意書の書式などは、銀行や消費者金融によって違いがあります。

次に、申込者ご本人の収入証明書(収入が有れば)と配偶者の収入証明書が必要となります。

収入証明書として認められるものは、以下の通りです。

  •  給与所得の源泉徴収票
  •  給与明細書
  • 所得税の確定申告書
  •  納税通知書
  •  年金証書
  • 年金通知書

提出方法は、銀行や消費者金融によって違いがありますが、A4コピーを郵送または、写真にとってアップロードするなどの方法で提出します。

給与明細書などの場合には、直近3か月分を提出する必要がある場合も。細かい規定は、銀行・消費者金融によって違いがありますので、必ず申し込み時に確認をしましょう。

もう一つ提出書類で忘れてはいけないのが、「婚姻関係証明書類」です。お二人の氏名・住所・生年月日・続柄が判る「住民票の写し」などを提出します。この「住民票の写し」も、3か月以内に発行されたものを準備します。

配偶者貸付をおこなっているキャッシング業者

テレビCMなどでお馴染みの大手消費者金融では、実は配偶者貸付を行っていません。その理由として、審査のためのコストがかかりすぎるという点があります。

先程もご紹介した通り、申込者本人の収入が無い以上、配偶者の収入と配偶者の信用調査、配偶者の在籍確認などを行う必要があります。

勿論、信用調査については申込者本人も行いますので、通常の2倍の手間とコストがかかってしまいます。つまり、確実に返済できるかどうかが判らない無収入の専業主婦に、例え高金利であっても貸し付けを行うメリットが無いのです。

ですが、中小の消費者金融であれば、配偶者貸付を行っています。その理由の1つとして、利用者が少ないということが挙げられます。

大手の消費者金融や銀行カードローンなどで断られた方が、最終的に頼るのが中小の消費者金融です。多くの場合、審査基準が大手消費者金融に比べて緩いという点があり、その為最後の砦として利用されるのです。

この様な中小の消費者金融であれば、多少コストがかかったとしても利益を得られる可能性があれば、配偶者貸付を使って専業主婦にも貸付を行っているのです。

【重要】配偶者貸付は夫の同意なしには利用できない

配偶者貸付は、必ず配偶者の同意が必要となります。貸し付け条件の1つに「配偶者に安定した収入がある事」と書かれています。その為、配偶者の収入証明書を提出する櫃等があるのです。また、配偶者の勤務先企業への在籍確認を行うこともあります。

ご主人に内緒で申し込みをしても、在籍確認をされればばれてしまう可能性もあります。また、同意書へのサインも必要となりますので、内緒で申し込むことは出来ません。

この同意は、連帯保証人となるという意味ではありませんし、返済義務はあくまでも申込者である専業主婦で、夫ではありません。

その為、同意書にサインをしたからと言って夫に不利益が被ることはありません。あるとすれば、専業主婦である妻の借入額によって、自分がカードローンを申込できなくなる可能性があるという程度です。

また、婚姻関係が解消されたときに、同意を解消したいと金融業者に申し出ることも出来ます。

ここで説明した内容は、金融業者のホームページなどの配偶者貸付を説明するページに書かれています。ご主人に不利になることは殆どありませんので、説得することは出来るのではないでしょうか?

但し、利用目的によっては反対されることもありますし、借入金額によってはけんかになってしまうかもしれません。説得する際には十分に注意が必要です。

内緒でキャッシングしたい主婦におすすめのサービス「質屋」

ご主人に内緒でお金を借りたいのなら、「質屋」にブランド物などを預けることでお金を借りるという方法があります。

「質屋」は昔からあり、現在の様にカードローンや消費者金融が一般的になる前、多くの方が利用していました。

消費者金融やカードローンなどと違って、お金を借りる方の審査がありません。また、限度額もありません。しかも、借りたお金をいつまでに返さなければならないといった返済期限もないのです。

但し、「質流れ期限」というのがあり、お金を借りてから満3か月以内に質利息(質料)を含んだ金額を返済できなければ、そのまま他の方に売られてしまいます。

つまり、預けたものを担保にお金を貸してくれるのが「質屋」なのです。

その為、返済の取り立て屋催促の電話がかかってくることもありませんし、収入のない専業主婦でも安心して利用することが出来るのです。しかも、ご主人にばれる心配もありません。

お金がないなら質屋を使え!即日現金を受け取る方法

ブランド物のバックなどを担保にキャッシングできる!

「質屋」は、お手持ちのブランド物や貴金属、電化製品、パソコン、スマホなど、お金になりそうなものであれば、その場でその商品の査定を行い、その商品に見合ったお金を貸してくれるのです。

査定はその場で行ってもらえますし、即日お金を借りることが出来ます。

【質屋に預けられるもの】

  •  ブランド物のバッグ、財布、洋服 など
  •  高級腕時計
  •  貴金属(0.1g~)
  •  宝石(0.2ct~)
  • ブランド物のアクセサリー
  • パソコン、スマホ、タブレット
  •  電化製品
  • カメラ(一眼レフでもコンパクトでもOK)
  •  電動工具
  •  楽器
  • 記念金貨や記念切手など
  • ゴルフクラブ
  •  自転車
  • 絵画
  • 釣り具

昔の彼氏から貰って、タンスの肥やしになっているものや、独身時代に自分へのご褒美として買ったアクセサリーなど、いらないものを預けましょう。

中には、査定してもお金を貸してもらえないものもあるかもしれませんが、ここにリストアップしたようなもので不用品が有れば、査定してもらいましょう。

期間内に完済したら担保の品物も手元に戻ってくる

質屋では、利用者から商品を預かりその商品を担保にお金を貸してくれます。返済の催促はありませんが、先ほども説明した通り「質流れ期限」というものがあり、その期限を超えると預けた商品は質流れで他の方に売られてしまいます。

もし、手放したくない物を担保として預けてしまったのなら、質流れとなる前に、利子を含めた返済額を満額返済しましょう。

金利がカードローンの10倍近く高いのが難点

質屋の場合、実は金利が高いというデメリットがあります。年利で見ればよく判りますが、概ね100%です。

借り入れる金額によってその金利は変わりますが、低額の場合は年利100%、月利でも8%前後と高めの設定となっているのです。

その代り、返済できなければ預かっている商品をそのまま質流れとして、売ることが出来ます。つまり、高い金額を貸し付けても、預かっている担保をそれ以上の金額で売れますので、質屋としては損はないのです。

昔から質屋を利用している方はその金利の高さも、質流れになるということも十分に理解していますので、最初から受戻を考えておらず、返済をするつもりもなく借りるのです。

もし、質屋を利用するなら、手放しても惜しくはないと思うものを担保にすることをおススメします。

キャッシング利用の前に収入を作ることを検討しよう

質屋に預けられるようなものもなく、かといってご主人に内緒でお金を借りることも難しいなら、収入を得る方法を考えましょう。

多くの消費者金融、銀行カードローンでは、パート・アルバイトであっても安定した収入が有ればその収入に応じた金額を借りることが出来るのです。

自分に収入が有れば、配偶者貸付を利用する必要もなく、ご主人に内緒でキャッシングができるようになります。

即金で1万円~5万円・5万円以上のお金を作る方法