フリーローンとは?

最近では消費者金融でも銀行カードローンでもカードローンが主流となっていますが、それとは別にフリーローンという融資があるというのをご存知でしょうか。
フリーローンはカードローンとは違い、一度お金を借りると追加で借り入れすることが出来ません。
それだけ聞くと、カードローンと比べてデメリットのように感じる方も多いとは思いますが、確実な完済を目指すのであればフリーローンの方がおすすめという時もあります。
そこで、このページではカードローンとフリーローンの違いについて徹底解説いたします!


フリーローンは追加借り入れできません!

フリーローンの特徴といえば、上記のように一度お金を借りると追加で借り入れが出来ないという点にあります。
たとえば、カードローンであれば、最初に借り入れ限度額を設定して、毎月の約定返済さえ行なっていれば、限度額の範囲内で何度も融資を受けることができます。
しかし、フリーローンでは、一度お金を借り入れてから返済を続けたとしても、追加で融資を受けることができず、どうしてもお金が必要となれば新たに契約を結ぶ必要があります。
このように、フリーローンとカードローンには大きな違いがあるので、利用する前に自分が希望する融資のプランを練っておくことが重要なのです。

カードローンとは返済方法も違う!

フリーローンとカードローンでは返済方法も違うのでご注意ください。
フリーローンではたとえば50万円を借りた際には、回数を決めて分割して返済を行なっていくことになります。
しかし、カードローンでは返済最低額である約定返済を行うだけで、その月の返済は終わったと見做されるようになっているのです。
一見するとカードローンの方が返済は楽なように思えますが、このようなリボ払いでは利息だけを支払って元金が全然減らないということになりかねないのでご注意ください。


フリーローンはどんな人におすすめ?

フリーローンがおすすめなのは確実に完済したいと考えている方です。
カードローンは上記のように何度もお金を借り入れ出来るので困ったときには便利ですが、簡単さ故に必要以上にお金を借りてしまうという恐れがあります。
実際にカードローンを軽い気持ちで利用して債務整理まで追い込まれたという方は多くいるので、利用する際には相当な強い気持ちが必要といえるでしょう。
一方、フリーローンでは追加での借り入れが出来ないので、最初に決めた融資額から借金が膨らんでいくことがありません。
そのため、堅実にコツコツと完済に向けて返済を続けることができます。
車などの高額な買い物など、目的がしっかりと決まっている際の融資ではフリーローンがおすすめといえるでしょう。

カードローンは自由にお金を使いたい人用!

カードローンは自由にお金を使いたいという方におすすめです。
一時的に収入が少なくなってしまった場合や、海外旅行などでパーッとお金を使いたいという人には、限度額内であれば何度でも借り入れが出来るカードローンがおすすめでしょう。
また、毎月の最低返済額もかなり抑えられているので、生活が苦しいという方にも一時的な対策としてカードローンはおすすめです。


フリーローンの審査は通りやすいって本当?

フリーローンの審査はカードローンと比べて通りやすいと言われています。
なぜならば、カードローンと比べてフリーローンの方がリスクは少ないからです。
フリーローンは追加での借り入れがないので殆どの方が完済出来ているのに対し、カードローンはなかなか元金を減らすことができず、債務整理を行うといった顧客も多いのです。
消費者金融や銀行カードローンにとって一番恐れているのが借金を回収出来ないということ
そのため、破産や債務整理をする確率が低いフリーローンの方が積極的に融資は行われているのです。
また、フリーローン以外にも、最近では教育ローンなど目的が定まっている融資が多く用意されています。
そのため、確実に融資を受けたいと考えている方は、こういった目的別ローンを探してみるというのもありかもしれません。

カードローンの審査は厳しくなっている?

近年各メディアでも取り上げられているカードローンですが、だんだんと審査が厳しくなってきているというのはご存知でしょうか。
特に銀行カードローンでは、即日融資などのサービスを充実させているかたわらで、だんだんと消費者に対する融資の知識も蓄積してきているので、審査基準もだんだんと厳しくなってきているようです。


今回紹介したフリーローンやカードローンの他にも、近年のキャッシング業界では多くのサービスが展開されています。
そのため、業者からお金を借りようと考えた際には、消費者金融や銀行が展開するサービスの中から、自分に合うものをじっくりと検討することが必要なのです。
また、カードローンなどを利用した際には、くれぐれも借り過ぎないように注意することをおすすめします。