返済について

キャッシングやカードローンを選ぶ際には返済にも注意しなくてはいけません。
特に、初めて融資を受けるという方は、ついつい金利や特典だけを見て業者を選んでしまいがちですが、お金を借りるというのはお金を返すのと必ずセットなので、返済も業者選びのうえで重要なポイントなのです。
特に、日中は仕事が忙しいといった方は、ATM以外の返済方法を多様に揃えている業者がおすすめといえるでしょう。


返済の基礎知識について

キャッシングやカードローンの返済には二つの種類があるのをご存知でしょうか。
一つは約定返済といわれるもので、毎月決まった日に一定額の返済を行うことを指します。
約定返済は主にリボ払いでの返済時に用いられる言葉で、約定返済を支払うことでその月の返済を終わらせることができます。
しかし、約定返済で定められている最低返済額は、利息が膨らんでいかない額を設定されているだけなので、約定返済だけを行なっていたのでは中々元金を減らしていくことは出来ません。
そのため、約定返済以外のもう一つの返済方法が重要となるのです。

カードローンでは積極的に随時返済を!

カードローンの債務を早期に返済するためには、上記の約定返済を支払うときに上乗せして支払うことも重要ですが、積極的に随時返済をしていくというのも大切なことです。
随時返済とは言葉の通り約定返済以外で返済を行うことを指しており、利息が発生する前に返済を行うことで元金を効率よく減らしていくことができます。
そのため、カードローンでは随時返済を積極的に行うことが重要なのです!


消費者金融の特徴とはどんなものがある?

消費者金融の返済方法の特徴といえば、色々な種類の中から選ぶことが出来るという点でしょう。
全国のコンビニや銀行ATMと提携しているので、全国各地どこにいても自分の好きなタイミングで返済を行うことができます。
また、消費者金融の中にはネットバンキングに対応しているところも多く、インターネット上で簡単に返済を終わらせることも可能となっています。
もちろん、銀行口座からの自動引き落としにも対応しているので、いちいち支払いに向かう面倒も省くことが出来て助かります。

銀行カードローンも最近では便利に!

これまで申込方法や返済方法では消費者金融に分があると言われていましたが、最近の銀行カードローンは利便性でも高い評価を得るようになりました。
たとえば、ネットバンキングを利用したインターネット融資も積極的に行なっており、引き落とし時に残高が足りないといった際の自動融資サービスなど、銀行ではないと出来ないサービスにも積極的に取り組むようになりました。
このように消費者金融と銀行は独自性をもったサービスの向上に取り組んでおり、状況に合わせて使い分けることが出来るようになっているのです。


返済の遅延を続けるとどうなるのか

キャッシングやカードローンで融資を受けた際には返済が絶対ですが、支払いを行わなかった場合にはどうなるのでしょうか。
ヤクザ映画などで見る違法な取り立てを想像する方も多いとは思いますが、正規の貸金業者であればそういったことはないのでご安心ください。
返済が行われない、つまり不良債権であると判断された場合には、各業者の保証会社へと債権は引き渡されることになります。
最近では、銀行の不良債権は消費者金融に。消費者金融の不良債権は保証会社へと引き渡されるようになっています。
しかし、保証会社といっても特に取り立ての手段が変わるわけではありません。
法律で決められた範囲内で電話や郵送によって取り立てが行われるだけです。
だからといって、無視をしていいというわけではありません。
不良債権を買い取った業者としては、債務を回収しなくてはただ損をするだけになってしまいます。
そのため、法的手段も辞さないといった業者もあり、裁判沙汰へと発展してしまう可能性もかなり大きくなってしまいます。
また、返済の遅延を繰り返していたのではブラックリストに登録されてしまい、5年間以上信用情報を対象にした審査には通らなくなってしまいます。
現代社会でクレジットやローンを利用出来なくなるのは大きなデメリットなので、返済は必ず行うように日頃から注意しておくといいでしょう。

困ったときには債務整理を検討しよう!

返済が難しくなってしまった際には債務整理を検討しなければなりません。
債務整理とは業者や裁判所と交渉することによって金利や利息を引き下げることで、債務整理や自己破産など債務の軽減の程度によって種類が分かれています。
近年では将来分の利息をカットする任意整理は一番行われているようで、債務整理の中でも一番デメリットが少ないというのが人気の理由のようです。
とはいっても、5年程度ブラックリストに登録されるといったデメリットももちろんあるので、お金を借りる際には債務整理を行わずに済むよう注意しておかなくてはなりません。