自動契約機で申し込むメリット・デメリット

公開日:

キャッシングをご利用の方なら、一度はお世話になっているかもしれない自動契約機。対面での申込・審査の必要がなく、一人で融資までリードしてくれるので大変便利なシステムです。しかし、この自動契約機にはメリットしかないのでしょうか?キャッシングユーザーの人も、これから消費者金融を利用しようと考えている人も、今一度自動契約機について学びましょう。

自動契約機で行う申込・審査

自動契約機のあるところだと、誰もいない中で一人、気楽に申込の手続きなどができます。自動契約機でキャッシングやカードローンの申込と審査を行う場合、どんな流れになるのでしょうか?以下に見ていきましょう。

申込み

まず、自動契約機の前に立ち、パネル画面を見て操作します。そして画面上に記入項目欄が表示されるので、性別、年齢、家族構成、職業、雇用形態、勤続年数、大まかな年収、借入目的などの必要事項を入力していきます。他に借入がある場合は、その件数や金額などを入力することになるでしょう。

次に、本人であることが確認できる書類(免許証やパスポートなど)を読み込みます。また、業者によってはオペレーターの質問に答えるかたちで、仕事や年収、申し込んだ理由などを聞かれます。機械が相手だからといって嘘の申告はせず、正直に伝えましょう。

すべての申込手続きが完了したら、審査に移ります。

審査

実は、契約機で受付けをしている間に、審査は始まっているのです。自動契約機の向こうでは、入力された情報をもとに過去の利用歴などを調査します。ここで滞納や、債務整理の履歴があった場合は、すぐに照合されるシステムとなっていますので、嘘の申告をしてもバレてしまうのです。

返済能力や、過去の借入情報にも問題なく、貸付けOKとなれば、在籍確認のための電話を勤務先の会社にかけます。勤め先を虚偽申告してもすぐにバレてしまうので、全ての情報は正直に申告するようにしましょう。

消費者金融の審査については、下の記事で詳細に紹介しています。気になる方はぜひ一度ご確認ください。

消費者金融の審査に落ちた理由とは?審査に通る方法を解説

自動契約機のメリット

今では、アコム、プロミス、モビットなど、多くの消費者金融が導入している自動契約機。このすぐれたシステムには以下のメリットがあります。

即日融資が可能

即日審査・即日融資可能」こんなうたい文句が消費者金融の広告には表示されています。消費者金融が申し込んだその日のうちに審査を完了し、現金の引き出しまで可能にしているのは、自動契約機があるおかげということができるでしょう。この機械があれば、申込と審査を同時にできてしまうので、「最短30分」などの信じられないスピードで融資を受けられるのです。審査をパスすれば、その場でカードが発行されて、近くのコンビニで引き出せる。これを実現するには自動契約機は必須といえるでしょう。

対面せずに気楽に作業できる

「キャッシングは何となく気まずい…」そんな後ろめたさを抱えている人は結構多いでしょう。家族や会社の同僚に知られたくないばかりか、プロミスやモビットの窓口お姉さんともできるなら顔を合わせたくない、というデリケートな方も中にはいます。そんな人でも、周囲に誰もいない自動契約機であれば、気軽にお金の貸し借りができ、変に自分を責めたりする必要もありません。

ただし、その空間には誰もいないとはいえ、モニター画面にはその模様が映し出され、業者の人間が監視していることは確かです。誰にも見られていないわけではありませんが、それでも直接会っていろいろ聞かれるよりは、気楽に申込も審査もできるというものではないでしょうか。

自動契約機のデメリット

自動契約機は便利で使い勝手のいいシステムですが、マイナスな点が全くないわけではありません。無人という環境ならではの落とし穴も隠れているので、注意が必要です。

在籍確認のとき、会社にいない

審査の最後に行われる在籍確認ですが、自動契約機で即日融資を希望する場合、本人が会社にいないときに電話が入ってしまいます。在籍確認の電話は避けられないとはいえ、電話をかけるときはなるべく自分が会社にいるときに入電してほしいと思うのが正直な気持ちでしょう。

入力ミスしてしまうと虚偽報告に

自動契約機に限った話ではありませんが、審査で嘘を申告すると後々面倒なことになってしまいます。都合の悪い情報を隠したり、審査を有利にするために数字をごまかしたりしても、すぐにバレてしまいます。消費者金融もプロですので、そのへんは抜かりなく審査を行います。嘘偽り、隠蔽は絶対通用しないと肝に銘じる必要があるでしょう。

しかし、その意図はなくとも、勘違いによる誤入力や打ち間違いなどが起きないとも限りません。自動契約機で、誰もいない中、一人で入力作業するとなると、心の隙が生じてうっかりミスなども起きやすくなります。本人にそのつもりがなくても誤入力してしまえば、結果的に虚偽の申告をして審査を切り抜けようとしたと見なされ、審査に落ちてしまうことも予想されるでしょう。こうした不注意による事故も起きないとも限らないのが自動契約機の注意すべきところですね。

嘘の申告をして審査に落ちれば、信用情報機関に掲載され、その後のキャッシングの利用が困難となってしまいます。自動契約機での入力ミスにはくれぐれも気をつけてください。

自動契約機のメリット・デメリットを掴んだうえで利用を

カードローンやキャッシングの利用が普及するにつれ、自動契約機も急増し、今では全国にその機械が数千機あるといわれます。どこに住んでいても利用できる便利な契約機械ですが、一つのミスでその後のキャッシングに大きな影響を与えることもなくはありません。自動契約機を利用の際は、焦らず慌てず、丁寧に操作するよう注意してくださいね。

銀行カードローンにも自動契約機がある?

一昔前までは消費者金融しか自動契約機はありませんでしたが、最近では銀行カードローンでも自動契約機を設置する業者が増えています。

たとえば「バンクイック」を運営する三菱東京UFJ銀行では、「テレビ窓口」と呼ばれる自動契約機を全国に設置しており、その場で申し込み・審査・契約・カード発行ができるようになっています。

近年銀行カードローンの人気が高まっているのは、金利が低いだけでなく、こうしたサービス面の向上も大きいものと思われます。

自動契約機のあるおすすめカードローン

ここからは自動契約機から申し込みができるおすすめのカードローンを紹介していきます。その場でカード発行ができるので、急いで現金が必要な方におすすめです。

プロミス

プロミス

プロミスでは全国に1000台以上の自動契約機を設置しています。約30分ですべての手続きを終わらせることができ、その場で現金を引き出すこともできます。自動契約機の営業時間は基本的に9:00~22:00ですが、店舗によって異なる場合もあるので、申し込み前に確認しておきましょう。

アイフル

アイフル

アイフルの自動契約機「てまいらず」では、申し込みの際に機械を一切操作する必要がありません。備え付けの電話でオペレーターの質問に答えていくだけで、手軽に申し込みを終わらせることができます。初めてのキャッシングで手続きが不安という方におすすめの自動契約機です。

アコム

アコム

消費者金融で最も早く自動契約機を導入したのが「アコム」です。アコムの「むじんくん」では、ガイダンスの指示に従ってタッチパネルを操作するだけで簡単に申し込むことができます。また備え付けの電話でいつでもオペレーターに相談することができるので、機械操作が苦手な方でも安心です。

新生銀行カードローン「レイク」

新生銀行カードローンレイク

新生銀行カードローン「レイク」では、申し込みからカード発行まで50分程度で終わらせることができます。平日・土日は8:45~24:00まで受け付けているので、仕事帰りでもすぐに融資を受けることができます。また日曜日や祝日でも22:00まで申し込みを受け付けているので、もしもの時にも安心です。

ノーローン

ノーローン

ノーローンは新生銀行カードローン「レイク」の自動契約機からも申し込み可能です。完済するたびに1週間無利息になるなど、他社にはないユニークなサービスも行っており、少額キャッシングを小まめに利用する方にはおすすめです。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱東京UFJ銀行カードローンでは、自動契約機「テレビ窓口」を全国に設置しています。テレビCMなどでも大々的に宣伝しているので、名前を聞いたことがある方も多いでしょう。大手消費者金融と同様に、申し込みから最短40分でカード発行を行っており、備え付けのATMから即座に借り入れできます。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行でも、全国に自動契約機を設置しています。グループ傘下であるプロミスのノウハウを用いているため、審査スピードも非常に早いのが特徴です。またプロミスの申し込みも可能なので、あなたに適したカードローンをその場で選ぶこともできます。