おすすめ借入先ランキング!金利と融資スピードのどちらを重視する?

公開日:

交際費や冠婚葬祭費など、いきなりの出費は困りますよね。そんな時に思い浮かぶのが、恐らく消費者金融や銀行カードローンなどの利用を考えるでしょう。

ですが、消費者金融と銀行のカードローンや低額ローン、どいらを選べば良いのでしょうか?

そんな悩みを解消すべく、選ぶ基準についてご説明しましょう。

借入とは?ローンとどこが違う?

自由な用途で借り入れるならカードローンがおすすめ!

消費者金融のカードローンも銀行カードローンも、事業目的以外であれば何に使ってもその用途については問われることがありません。

その為、足りない生活費に充てても、急な冠婚葬祭などに使っても、どこからも文句が出ることはないのです。

借入限度額については、申込者の年収と借入残高によって違いがありますが、一時的に少額を借りたいならやはり、便利なカードローンでしょう。

カードローンの審査基準と審査に落ちる人の特徴を徹底解説!

無担保で少額から借りられる少額ローン

カードローンは、審査がありその審査結果によって借りられるかどうか、限度額がいくらになるのかが決定します。

審査は、一般的に融資を行っている金融機関だけでなく、その金融機関が契約している保証会社が行います。

カードローンが無担保で融資を受けられるのは、この保証会社が保証人代わりになってくれるからなのです。

保証会社が、審査を行った結果、保証できると判断されればカードローンを利用できるのです。

幅広い用途で利用できるのが魅力

カードローンの良いところは、銀行などにある少額の目的別ローンや住宅ローンの様に、使用目的が決められていないという点です。

一応、事業目的での借り入れを断っている銀行や消費者金融が殆どですが、それ以外であれば何に使っても問題はありません。

その為、先ほど上げた様に生活費の足しにしたり、光熱費や家賃などの支払いに使ったり、中には旅行に使う方も居るようです。

借入先を選ぶ基準は主に2つ

これまでにご紹介してきた通り、低額から借りられるということ、何に使っても問題が無いということなどから、カードローンはおススメなのですが、実は消費者金融と銀行で大きく違う点があります。

それは、金利と審査時間です。

大手都市銀行のカードローンの多くは、金利が低い分審査が厳しく、即日借りることは出来ません。

対して消費者金融などの場合は、即日融資OKというところが殆どですが、その分金利が高く設定されています。

①金利が低く返済がお得

大手銀行やメガバンク、都市銀行と言われているような銀行のカードローンの場合には、低金利で借りることが出来ます。

その代り、審査が厳しく中には非正規雇用では借りられない銀行もあります。

低金利に設定して誰でも申し込めるようにしている反面、審査を厳しくすることで確実に返済できる方にのみ融資できるようにしているのです。

銀行などの場合、融資によって利益を得られます。

お金を借りると返済をするときに利息分を余分に支払いますよね。この利息分が銀行の利益となります。

つまり、低金利に設定するということはその分の利益が低くなってしまうということなのです。

それでも低金利としているのは、その分多くの方に利用してほしいという思いがあるからなのです。

また、多くの大手銀行などの場合には、グループ傘下に消費者金融を抱え、この消費者金融に個人向けカードローンの事業を任せています。

親会社でもある銀行では、企業融資に力を入れて利益を得ていますので、その親会社の資金を背景に個人向けカードローン事業を行えるということから、低金利でも問題が無いのです。

また、金利が低いということは、返済に時間がかかってしまう場合、金利の高い融資に比べれば利息が少なくて済むというメリットもあるのです。

審査が厳しく、即日融資を受けられることはありませんが、低金利なら返済のことも考えると、お得なのです。

地方銀行のカードローンの中には、消費者金融並みの金利を設定しているところもあります。

このような地方銀行の場合、大手銀行では融資をしていないような低額所得者やパート・アルバイト、年金生活者にも融資をしてくれます。

この様に金利の高い銀行カードローンですが、残念ながら審査には時間をかけていますので、即日融資を受けられることはありません。

②即日融資ですぐ借りれる

今すぐお金が必要なら、消費者金融がおススメです。テレビCMなどでも、「即日融資可能」とうたっており、実際1時間以内に審査が終了して借りることが出来るのです。

但し、その分金利が高く設定されていますので、長期間借りると利息が高くなるというデメリットがあります。

中には、「30日間無利息」という制度を取っている消費者金融もあり、借りてから30日以内に返済すれば、利息は付きません。

本当に少額だけを一時的に借りたいというなら、お得と言えます。

ですが、全額返済できないのなら、やはり利息分が付いてしまいますので、銀行カードローンから見るとお得とは言えません。

今直ぐ借りたい、お金が必要というなら、消費者金融です。どちらで借りるかを決めるのは、どのような状況でお金が必要かによって変わってきます。

因みに、低金利の銀行カードローンでは断られる可能性の高いパート・アルバイトでも、安定収入があるなら利用できる消費者金融もあります。

即日融資で審査激甘の中小サラ金業者をピックアップ!

低金利のおすすめ借入先ランキング

ここからは、低金利で借りられるカードローンをご紹介します。カードローンの申し込みに悩んでいるなら、是非ご参考下さい。

低金利の銀行カードローン比較ランキング!借り換え・おまとめにおすすめ!

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

年利(金利) 1.8%~14.6%
利用限度額 10万円~500万円
利用可能ATM
  • 三菱UFJ銀行
  • セブン銀行ATM、
  • ローソンATM
  • イーネットATM
返済額 1000円/月~
申込可能 満20歳以上65歳未満で国内に居住する、安定した収入がある
保証会社 アコム株式会社

メガバンクの1つでもある三菱UFJ銀行のカードローンです。阿部寛さんのテレビCMなどでご存知の方も居るかと思います。

三菱銀行UFJ銀行のATMコーナーなどに、無人の申し込み機「テレビ窓口」が設置されています。

この「テレビ窓口」を使って申し込んだ場合、審査に問題が無ければ即日カードを発行してもらえます。

但し、融資自体はカード発行の翌日となりますので、注意が必要です。

三菱UFJ銀行の口座を持っている場合、口座残高不足で引き落としがされない時のために、自動で融資をしてくれるタイプのカードローンもあります。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査基準と流れ・ポイント

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

年利(金利) 4.0%~14.5%
利用限度額 10万円~800万円
利用可能ATM
  • 三井住友銀行
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • イーネットATM
  • ゆうちょATM
返済額 2,000円/月~
申込可能 満20歳以上満69歳未満、安定した収入がある
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

メガバンクの1つでもある三井住友銀行のカードローンです。

基本的には、他の銀行カードローンと同じで、ネットから申し込みが出来ますし、口座を持っていなくても申し込みが出来ます。

ただ、借入が出来る方の年齢が69歳までと高齢の方への融資もしている点が特徴的です。

また、返済日と返済方法も選べますので、ご自身の給料日などに合わせて返済日を設定できます。

返済日は、5日、15日、25日、月末から選択でき、返済方法もATMでの入金、ネットバンキングから振込、口座から自動引き落としを選択できます。

自動引き落としなら、返済日を忘れることがありませんので、安心です。

また、審査は銀行カードローンの中でも早い方で、最短で、本人確認書類を提出した翌営業日には審査結果が出ます。

三井住友銀行カードローンの審査の流れ・金利・返済方法・口コミを解説

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

年利(金利) 1.9%~14.6%
利用限度額 10万円~1,000万円
利用可能ATM
  • 横浜銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • イーネット銀行ATM
  • ローソンATM
  • 提携している銀号・信用金庫等のATM
返済方法 指定口座からの自動引き落とし
返済額 2,000円/月~
申込可能 満20歳以上満69歳未満、安定した収入がある(パート・アルバイト可、年金可)
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

横浜銀行のカードローンは、三井住友銀行と同じSMBCコンシューマーファイナンスを保証会社としています。その為、審査基準はほぼ三井住友銀行と同じです。

但し、こちらは学生でなければパート・アルバイトでも利用することが出来ますし、また年金受給者でも利用することが出来ます。

返済方法が指定口座からの引き落としとなっていることもあり、横浜銀行の口座を持っていることが申込条件となっています。

ATMからでも返済は可能なのですが、毎月の決まった返済については口座引き落としのみとなっているので注意が必要です。

また、居住地にも限定があり、横浜銀行の本店が所在している神奈川県と、東京都内全地域、群馬県の一部地域のみが対象となっています。

それ以外に住んでいる方は、利用することが出来ません。

ご紹介した他の2行とは、この点でも違いがあります。

ただ、利用できる方が限られているこのカードローンをご紹介したのは、銀行カードローンでありながら、審査結果が出たその日の内に借り入れが出来るからなのです。

多くの銀行カードローンでは、審査結果が出た翌日から融資開始となりますので、その分早く借りることが出来るというメリットがあります。

横浜銀行カードローン審査の流れ【金利・返済・申し込み条件】

即日融資ができるおすすめ借入先ランキング

ここからは、即日融資が出来る、テレビCMでもお馴染みの大手消費者金融をご紹介します。

最近の消費者金融の多くは、大手銀行、メガバンクなどの傘下に入り、グループ企業の1つとして銀行のカードローン事業を受け持っていますので、昔の様な怖いイメージはありません。

プロミス

プロミス

年利(金利) 4.5%~17.8%
利用限度額 ~500万円
利用可能ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • プロミスATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • イーネットATM
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
申込可能 20歳以上69歳以下、安定した収入がある方(パート・アルバイト可)

プロミスは、新規の場合には30日間無利息で利用できる、三井住友銀行グループの消費者金融です。

スマホをカード代わりとして使えますので、カードローンと言いながらカードが送られてくることがない、カードレスのカードローンです。借入も返済も、ネットで手続きが出来てしまいますし、当然申し込みもネットで簡単に出来てしまいます。

セブン銀行ATMも利用できますので、スマホアプリを使って返済も借入も可能です。

審査は最短30分で回答が出ます。その後ネットで振り込み手続きを行えば、その日の内に指定口座に振り込んでもらえます。急いでいるときにはとても便利ですよね。

但し、申し込み時間、申し込む曜日によって即日が難しいこともありますし、申込者の信用情報によっては、審査に時間がかかることがあります。

また、主婦、学生など一般的に銀行カードローンでは断られてしまうような方でも、20歳以上69歳以下で、尚且つパート・アルバイトなどによる安定した収入が有れば、利用することが出来ます。

プロミスでお金を借りるまでの流れ!審査・金利・返済

アコム

年利(金利) 3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
利用可能ATM
  • アコムATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • イーネットATM
返済方式 定率リボルビング方式
申込可能 満20歳以上満69歳未満、安定した収入がある

アコムは、三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融です。

初回利用であれば、プロミス同様30日間無利息で借りることが出来ます。但し、この30日間無利息の起算日に、消費者金融ごとに違いがありますので、必ず確認をしておきましょう。

アコムも、最短30分で審査回答が出ますし、即日振込で借り入れが可能です。インターネットからの申し込みの場合には、後日カードを郵送してもらえます。

自動契約機「むじんくん」を使って申し込みをする場合には、その場でカードを発行してもらえます。「むじんくん」の営業時間は22:00 までですので、仕事帰りにも立ち寄ることが出来ます。

その場でカード発行、即日融資なら、当日お金が必要という場合にも助かります。

返済は、提携しているコンビニATMやアコムのATM、窓口から行えますし、ネットバンキングを利用しているなら、ネットバンクを介して返済することも出来ます。返済日に旅行や出張などで海外にいたとしても、返済が出来てしまいます。

また、返済日前日、返済日当日にメールで返済日をお知らせしてくれますので、忘れることもありません。

アコムのカードローン【審査・金利・返済・口コミ】

アイフル

アイフル

年利(金利) 3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
利用可能ATM
  • アイフルATM
  • セブン銀ATM
  • ローソンATM
  • イーネットATM
  • イオン銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • 西日本シティ銀行ATM
  • 親和銀行ATM
  • 福岡銀行ATM
  • 熊本銀行ATM
返済方式 借入残高スライド元利定額リボルビング
申込可能 満20歳以上満69歳未満、安定した収入がある

「愛は、あるんか?」でお馴染みのアイフルは、ご紹介した他の消費者金融同様に、初めての利用なら30日間無利息で利用が出来るカードローンです。

ネット申し込みなら審査は最短30分、申し込み時間と申込曜日によって即日融資も可能です。

利用できるATMも、アイフルATM、コンビニATMのほか、提携銀行のATMも利用できますので、返済借入共に便利に使うことが出来ます。

勿論、ネットでの手続きによって銀行振り込みも可能ですし、指定口座からの自動引き落としで返済することも可能ですので、返済忘れがありません。

アイフルの審査基準は?口コミ・評判と審査に落ちた時の対処法を解説

カードローンは事業目的の借入ができないので注意

カードローンの利点の1つに、利用目的が自由という点があります。ですが、唯一事業目的にのみ利用することが出来ません。

その一番の理由が税金です。

ここまでにご紹介したカードローンや、銀行カードローン、消費者金融のカードローンとも、利用規約などに「事業資金NG」としているところが多く、その為契約は個人名で行っています。

個人で借りたお金を、自分の事業に利用したとしても特に問題はないように思いがちですが、個人宛の融資となりますので、経費として認められません。その為、課税対象となってしまうのです。

また、利用規約にある通り、事業資金として利用することは禁止されていますので、バレたら契約違反として強制解約となり、一括返還ということに。

これらのリスクを冒してまで事業資金として使用するメリットはありません。

法人・個人事業主はビジネスローンと使おう

事業資金が足りず、お金を借りたいと考えているなら、ビジネスローンを利用することをおススメします。

ビジネスローンは、銀行などが個人事業主や法人向けに行っている定額融資の事です。

一般的な事業融資に比べ、審査がそれほど厳しくなく、事業計画書などの提出も必要がありません。無担保で借りられます。

連帯保証人欄には、事業主や代表取締役の名前さえあれば第三者の保証人は必要がありません。

但し、銀行によっては業歴が2年以上で決算書類などの提出が出来ること、債務超過が無いこと、税金の未納が無いことなどの条件が付きます。

融資金額は、低額とはいえ事業資金ですので、500万円~5,000万円と個人向けカードローンに比べ高額です。

その分金利も低く設定されていますので、やはり個人向けカードローンを利用するよりもメリットがあります。

赤字でも融資を受けられるおすすめビジネスローン「ビジネクスト」

「ビジネクスト」は、アイフルが行っているビジネスローンです。といっても、ホームページなどではその関係性が書かれているわけではありません。

ビジネクスト株式会社の所在地や経営者もアイフルとは違っています。ですが、CMキャラクターが同じ方なのです。

あまり聞いたことが無い金融企業ではありますが、アイフルの関連企業で有れば、その名前ならCMでも有名ですので安心ですよね。

ご紹介するのは、安心できる企業だからというだけでなく、赤字決算でも融資してもらえる可能性があるからなのです。

決算内容だけを見るのではなく、現在の商売の状況を見た上で、融資するかどうかを判断してもらえますし、融資額も売上額以上になる可能性も秘めています。

その様なビジネスローンは、銀行系ではありえません。そういった意味でも消費者金融系でもあるビジネクストをご紹介するのです。

年利(金利) 8.0%~18.0%
利用限度額 1万円~1,000万円
利用可能ATM
  • アイフルATM
  • セブン銀ATM
  • 東京スター銀行ATM(借入のみ)
契約時締結費用 印紙代

個人事業主の場合には、無担保無保証で融資が可能です。法人の場合には、無担保ではありますが、代表者が連帯保証人になる必要があります。
また、ネットで申し込みが出来ますし、申込自体は3分程度で終了します。最短即日融資も可能ですので、急いでお金が必要な場合にも助かります。

ビジネクストのローンには、カードローンとビジネスローンがあり、これまでにご紹介した内容はカードローンについてです。

ビジネクストにはビジネスローンもあり、基本的な商品内容はカードローンと同じです。違いは、返済期間と回数です。

ビジネスローンはカードローンとは違い、必要になる度に借り入れるのではなく、限度額を一括で借り入れます。その為、カードローンの様に元金定率リボルビング方式での返済ではなく、毎月定額を決められた期限までに返済していく方法となります。

一括で大きな額を借り入れるのか、必要な時に必要な分だけを借り入れるのかによって、カードローンを選ぶのかビジネスローンを選ぶのかが違ってきます。

ビジネクストは即日融資できる?最短で融資を受ける流れ・コツ

審査に不利な個人事業主にも積極的に貸付

多くの銀行では、個人事業主に対しての融資の場合、その審査が厳しい事や返済の目途などを考慮して、融資自体を渋る傾向にあります。

個人事業主OKとしている銀行でも、審査で落ちてしまうこともあります。

ビジネクストでは、個人事業主への融資を積極的に行っていますので、相談する価値はあります。銀行に融資を断られた経験があるなら、ビジネクストを利用してみては如何でしょうか。

赤字でも将来性があれば審査に通る

先程も少し説明をしましたが、決算で赤字であっても、事業自体に問題が無ければ融資をしてもらえる可能性があります。

多くの銀行では、赤字決算の場合には融資を行わないことが多いのですが、ビジネクストでは事業の将来性を鑑みて融資をするかどうかを決定します。
その為、赤字が有っても諦めず相談してみましょう。

ビジネクストは赤字でも審査に通る?即日融資は可能?

自分の目的に応じて借入先を選ぼう

借入先は、銀行、消費者金融と様々です。また、銀行でもメガバンクと地方銀行で違いがあります。

即日融資を受けたいのか、返済を考慮して低金利で借りたいのかによって、借入先が変わってきます。自分の目的に合った借入先を選ぶようにしましょう。