借入とは?ローンとどこが違う?

公開日:


お金を借りるためにネットなどを調べていると、「借入」という言葉や「ローン」という言葉が出てきます。

この2つの言葉、同じような意味で使われているようなのですが、同じものなのでしょうか?それとも、全く別物なのでしょうか?

今回は、実はあまりよく判っていない、借入とローンについてご紹介していきましょう。

カードローンの審査基準と審査に落ちる人の特徴を徹底解説!これを読めばカードローン審査のすべてが分かる!

借入とローンの違いとは?

借入とローン、違いがあるのでしょうか?同じ意味にも思えてしまうこの2つの言葉は、本来はどのような意味で、どんな時に使う言葉なのでしょうか?

借入はお金を借りる行為全般を指す

借入とは、「借り入れ」「借入れ」とも表記されることがありますが、どれも意味は同じです。お金を借りる側が、お金を貸す側に対して使う借金の事を「借入」と言うのです。

つまり、銀行や消費者金融などの金融業者や、事業向け融資などを行っている公的機関など、お金を貸す側が「借入」という言葉を使うことはありません。使うとしたら「お客様のお借入金の残高は・・・」など、借りる側の立場に立った時くらいです。

国語辞書などで「借入」を調べると、お金だけでなく、品物を借りることもその意味に含まれています。ですが、一般社会では「借入」と言えばお金のことを指して言うのです。

借金の事を借入というのではなく、借金をする行為の事を借入と言います。この部分も、混同しやすく間違えやすい部分でもあるのです。

間接金融も借入(借金)と言える

間接融資とは、お金を借りたい人と、お金を持っている人の間に金融機関が入り、お金を持っている人の預貯金や保険、債券、証券などから資金を集めて、お金を借りたい人に金融機関の責任において貸し付けるというものです。

この場合のお金を借りる人というのは、企業で有りまた国や公的機関などです。そして、お金を貸す側は個人なのです。

この間接融資では、金融機関が貸し手と借り手の間に入り、その責任のすべてを金融機関が負うこととなりますので、例えば借り手が返済出来なくなった場合には、金融機関が貸し手に全額弁済することとなります。

借り手と貸し手の間に金融機関が入っているだけで、貸し手と借り手の間での金銭の貸し借りがある状況には変わりがありませんので、これも「借入」の1つで、借りたお金は借金なのです。

ローンは特定の目的のために借り入れる行為

ローンとは、特定の目的のために金融機関からお金を借りる行為の一つですので、借入の1つと言えます。よく勘違いをされる方も居るのですが、ローンも借金の1つで、ローンで借りたお金は借入金なのです。

だから、ローンも借入という行為の1つなのです。

借入は行為・ローンは商品と認識しよう

ここまでのご説明で、「借入」というのは、借金をする行為の事だということはお分かり頂けたと思います。ローンも借入行為の1つというご説明もしました。では、ローンとは何なのでしょうか?

ローンとは、貸付、融資、貸金などを指し、お金を貸す行為ではなく、その商品と覚えておくと分かり易いでしょう。お金を貸す行為は「貸付」「融資」という言葉が別にあり、それぞれに意味も違います。

ですが、ローンはそれら融資や貸付も全て含めた言葉で、金融機関では商品の名前として使っているのです。

銀行員も混同していることが多いので注意

実は、銀行員の中にもローンと借入を混同していることがあるのです。また、借入と貸付、借入と融資を混同していることもあり、借り手側も混同していることがあるので、銀行員の説明だけでは理解できないこともあるようです。

お金を借りる場合にも、お金を貸す場合にも、借入、貸付、融資、ローン等、借金に係る用語の違いや意味について、知っておく必要があるのです。

そうでなければ、騙されてしまったり、勘違いしている銀行マンの説明を理解できなかったりと、自分にとって不利益なことになる可能性もあるのです。

ローンと一口にいっても様々な種類があるので注意

ここまでのご説明で、借入とローンの違いはご理解いただけたと思います。では、ローンという商品にはどんなものがあるのでしょうか?

既にローンを利用している方なら、ある程度分かっているかと思いますが、簡単にご説明していきます。

何を担保にするかでローンの種類は変わる

ローンは、担保にするものによってまた、利用目的によって種類が異なります。

実は、ローンは借入の1つなのですが、その利用目的が概ね定められている借入なのです。その為、以下のような商品名で、銀行などで紹介されています。

名称 目的
住宅ローン マンション購入、住宅購入、住宅新築、リフォームなど、住宅の購入や建築にかかる費用
マイカーローン 自動車購入資金
学資ローン 幼稚園から利用できるものもあり、子供の学業に必要となる教育費
ビジネスローン 個人事業主や法人などに向けた事業資金
フリーローン 事業目的以外で、結婚式の費用、旅行資金、保険適用外の手術費など

フリーローンやビジネスローンなどの場合、無担保で借りられるものもあります。

また、これらのローンは銀行だけでなく、消費者金融、農協、信用金庫のほか、公的機関などもありますし、大手企業や役所などの場合には、職員向けに社内ローンなどを扱っている場合もあります。

また、これらローンに必要となる担保も、貸す側によって違いがあります。

例えば住宅ローンの場合は、その新築の住宅や購入したマンションなどがそのまま担保となることもあり、ローンを支払えなくなると自宅から出ていくことになります。

カードローンのように少額をこまめに借りる無担保ローンもある

フリーローンやビジネスローンのほか、カードローンの様に少額をこまめに借りる場合には、無担保で借りられるものもあります。

特にカードローンの場合には、無担保で、保証人も必要がありませんので、簡単に利用できてしまいます。

ローンの借入=借金

住宅ローンや学資ローン、マイカーローン等、多くの銀行や農協など、テレビCMでその商品を紹介していますので、知っている方も多く、割と手軽に利用できるイメージがあります。

特に、自動車購入時には分割払いをしていることが多いようですが、実はこの分割払いがマイカーローンということもあるのです。

マイカーローンは、銀行などの金融機関で取り扱っている商品なのですが、その多くは自動車のディーラーと提携しており、銀行でローンを組む手間を省いてそのままディーラーで分割払いを申し込んでしまいます。この時に、ディーラーが提携している銀行のローンを使っている可能性もあるのです。

こちらにローンを使っている意識はありませんので、借金をしているというイメージはありません。ですが、これも立派な借金なのです。

マイカーローンも含め、ローンと名のつく商品は全て、自分のある目的を達成するために金融機関などからお金を借りているのです。そして、契約書を交わしその契約内容に基づいて、毎月定額を返済しています。

契約内容などを良く見て頂ければ判ると思いますが、しっかりと利率が書かれているはずです。その利率に応じて利息を上乗せした金額を返済していますので、完済時の返済額がローンを組んだ時の金額よりも高くなっているはずです。

ローンは、担保を準備すれば簡単に利用できるイメージがあり、気軽に申し込みをする方も多いようですが、「ローン」というのは商品名であって、その商品を利用する行為は全て「借金」をするということなのです。

借金をまとめたい…簡単にできるおまとめ方法とおすすめの業者

期限までに完済すればその後の影響は少ない

ローンは、借金の1つですので、借り手側には返済義務が生じます。

ローンを組んだ時の契約書にも、返済計画が明記され、何時までに完済するかということまで決められているのです。

もし、返済を怠った場合、また、期日までに全額完済できなかった場合など、どうなってしまうのでしょうか?

無担保の低額ローンなどの場合には、その信用情報に傷がついて、今後ほかの金融機関でローンが組めなかったり、お金が借りられなかったりするだけです。

ですが、住宅ローンやマイカーローン等、有担保ローンの場合には、担保としたモノが差し押さえられてしまいます。

先程も少しご説明しましたが、住宅ローンなどの場合には、購入した住宅やマンション、新築住宅など、現在住んでいる家や土地が担保となっていることが多く、完済できない場合や返済途中、諸事情で返済が滞ってしまった場合などには、この今現在住んでいる住宅を差し押さえられてしまうのです。

マイカーローンなどの場合には、その購入した自動車が担保となっていることもあり、この場合も、担保となっている自動車を差し押さえられてしまいます。

この様に、借金を完済できないと、毎月の返済で生活が苦しくなるだけでなく、折角購入したものもすべて手放さなければならなくなってしまいます。しかも、信用情報にまで完済できなかった事実が記録されてしまいますので、今後の借金にも影響が出てきてしまいます。

ですが、期日までにしっかりと完済出来れば、このように、自宅を手放したり、自動車を手放したりする必要はなく、また信用情報に傷がつくこともありません。

ローンの借入が就職や転職に影響することもほぼない

例えば、学資ローンを利用して大学に進学したとしても、しっかりと返済を行っていればそれが就職に影響することはありません。同時に、住宅ローンやマイカーローンなどが転職に影響することもありません。

確かに、転職する時に、借金の有無を聞く企業も中には有ります。これは、借金の返済が出来ないことで、多重債務になったり、その後犯罪に走ったりと、企業側に悪影響が出ることを懸念してのことです。

とはいえ、「借金はない」と答えたからと言って、その事実を調べるようなことはありません。

例えば、住居が持ち家や分譲マンションの場合には、その購入資金などに住宅ローンを使うのは、ごく一般的なことです。その為、それら住宅ローンを使っているからと言って転職に影響が出ることもないのです。

完済できないと取り立て・会社バレ・自己破産などのリスクがある

但し、カードローンを含め、多くの借金の場合には、返済が滞った場合には個人の登録している電話だけでなく、会社にまで電話をかけてくることがあります。

この電話で、多くの方は「あの人、借金があるんだな」「返済してないな」と、気付いてしまいます。

これら返済を催促する電話の場合、一応借り手側の立場を考慮して、個人名で電話をかけてくれますが、この「個人名で電話をかける」=「金融会社」ということが広く一般に知られているのですから、実はあまり意味がありません。

返済を催促する電話は、その電話に出て返済の相談をしなければ毎日かかってきますし、何度も勤務先に電話が有れば、勤務先にもその情報は知られてしまいます。

しかも、高額なローンの場合には支払いが出来ない場合、担保を取られるだけでなく、その担保の査定額が借入残高よりも少なければ、差額分は返済しなければならず、結果として自己破産申告をすることになってしまうのです。

自己破産をすると、当然その情報は勤務先にも知られてしまいますし、公的にも様々なリスクが待ち受けています。

気軽に借入をするのはNG!返済計画をしっかり立てておこう

テレビCMなどのおかげなのか、また住宅メーカーなどの営業トークが上手いのか、簡単に住宅ローンを利用する方が多く、その後の返済に困った挙句、折角購入した住宅を売り払っているという現実を、何件も目にしてきました。

家が欲しい⇒お金が無い⇒住宅ローンが有るじゃないか⇒じゃあ借りよう

ローンはあくまでも借金です。このような安易な考えでローンを組んでしまうと、将来的に自分の首を絞めてしまうことになるのです
高額なローンは返済にも時間がかかります。住宅ローンなどは35年をかけて返済していかなければならないのです。

今の年齢は?何歳まで働けますか?子供は現在何人いて、何歳でしょうか?将来的に大学審の可能性はあるのでしょうか?大学進学のための学資資金はどのように捻出するのでしょうか?

これら、ご自分とご家族の将来の事も考慮して、ライフプランを盛り込んだ返済計画を立てておかないと、結果として返済が出来なくなり、自宅を手放さなければならないということに。

家族全体にも迷惑をかけてしまいかねませんので、安易にローンを利用するのではなく、借金を背負うのだという意識の元、しっかりとした返済計画を立てておく必要があると認識しておきましょう。

カードローンの返済方法は4種類!メリット・デメリットを解説