すぐにお金を借りたい人はレイクの即日融資におまかせ!おすすめの理由と契約手順

公開日: 最終更新日:

生活をしていると、どうしてもすぐにお金が必要な場面がでてきます。

そういうときは、カードローンでお金を借りるというのも一つの手段です。

もちろん金融機関にお金を借りずにしのぎきれるならそちらのほうがいいです。しかし、どうしても工面ができないという時もありますよね。

新生銀行カードローン「レイク」では、即日融資を受けることができます。

すぐにお金が必要だ!という方には非常におすすめですよ。

「レイク」が即日融資利用におすすめの理由

数あるキャッシング会社のなかでも、即日利用したいならばレイクは非常におすすめです。おすすめな理由とし以下が挙げられます。

  • 審査が比較的早い
  • 他行の口座でも即日振り込みが可能
  • 自動契約機を利用すれば22時まで即日対応

なかなか魅力的ですよね。それぞれについて詳しく説明していきますね。

レイクは審査が比較的早い

新生銀行カードローンレイクは、比較的に審査時間がかからないことで評判です。

WEBで申し込んだ場合、仮審査の結果が申し込んですぐにわかるようになっています。なんと、最短で10秒。仮審査とはいえ早いですよね。

もちろん、混み具合や審査の状況によりますが、最短1時間借り入れも可能になっています。

消費者金融の審査基準を徹底解説!審査に落ちる人・通るコツ

14:00までなら他行の口座でも即日振り込みが可能

銀行系カードローンの場合、その銀行の口座にしか即日振り込み不可能、という場合がよくあります。

しかし、新生銀行のカードローンである「レイク」では、新生銀行の口座がなくても即日で振り込みがOKです。

いますぐにお金が借りたい!という場合に口座をわざわざ作っている暇なんてないもの。他行の口座にも振り込みが可能なレイクは、忙しいあなたにはぴったりです。

自動契約機を利用すれば22時まで即日対応

一般的なカードローンでは、登録前の場合は正午くらいまでに契約を終わらせないと即日対応は不可能です。

しかし、レイクの場合は、22時までに契約を完了させれば即日でお金を借りることができるんです。

これは、レイクの自動契約機でカードを発行する場合に限るので注意しましょう。振り込みの場合は14:00までに申し込みと必要書類の確認を完了させる必要がありますよ。

レイクで即日融資を受ける手順を紹介

即日融資を受けるまでの流れをご紹介いたします。

WEBで申し込みを行う

まずは、WEBで申し込みしましょう。スマホでもパソコンでも申し込みが可能ですよ。入力フォームに必要な情報を打ち込んでいきましょう。

申し込み完了画面に仮審査結果表示

入力が終わって申し込み完了画面が表示されると、仮審査の結果が表示されます。仮審査自体はすぐに終わって、だいたい1分程度で終わります。

早ければ10秒で終わるのがうれしいですね。

在籍確認の電話

審査の過程では在籍確認の電話がかかってきます。在籍確認というのは、本当に本人が会社に勤めているのかを知るために重要なことです。

電話じゃなくても良いんじゃないの?と思うかもしれませんが、即日融資のための手っ取り早い方法が電話なので仕方ないですよね。

本人確認書類提出

本人確認書類を提出します。これもネットで簡単に申し込むことが可能ですよ。

提出方法はアプリ・メール・FAXから選べます。

家にいるままで提出が出来るのがうれしいですね。その上、アプリやメールなら、スマホやパソコンで申し込んだついでに提出ができます。

申し込みに必要な書類

レイクの申し込みに必要な書類は、「本人確認証明書」と「収入証明書」の2つです。どんなものが対象になるかをまとめておきますね。

  1. 本人確認書類
    • 運転免許証
    • 健康保険証+公共料金の領収書or住民票の写しor印鑑登録証明書
    • パスポート
    • マイナンバーカード(個人番号カード)
    • 在留カード
    • 特別永住者証明書
  2. 収入証明書
    • 源泉徴収票
    • 住民税決定通知書
    • 納税通知書
    • 所得(課税)証明書
    • 給与明細書※氏名、発行年月、月収が明記されているもの。

    どれも直近のものにかぎります。

結構対応しているものが多いですよね。

スムーズに融資を受けるためには、これらの書類の準備をしっかりとしておくことが重要です。そもそも持っていなかったり、無くしたりしていたら、すぐに再発行するのも大変ですものね。

収入証明書に関しては、契約額によっては不要な場合もあります。

振り込み融資orカード発行

レイクには自動契約機があります。そのため、「口座への振り込み融資」と「自動契約機でのカード発行」から、融資方法を選ぶことができます。

どちらを選んだらいいかな?と思ったら、以下の条件で考えておくと良いでしょう。

  • 13時までに申し込めたら振り込み融資
  • 13時過ぎたら自動契約機でカードを発行

時間に余裕をもって申し込めるならば振り込み融資、契約が14:00に間に合わなそうなら自動契約機を利用しましょう。

13時までに申し込みが出来るなら振り込みの方がカンタン

ネットで即日振り込み融資をしてもらうためには、14:00までに契約を完了させる必要があります。レイクの契約にはだいたい1時間程度はかかるので、13時までの申し込みは必須です。

基本的には振り込み融資のほうが、必要書類を持ち歩いたり、自動契約機まで出向く必要がないので楽ちんです。

13時までに余裕をもって申し込みができるのならば、いつでもどこでも契約が完了する振り込み融資を使ったほうが便利でしょう。

13時を過ぎてしまっても自動契約機を利用すれば即日融資可能

一方、13時を過ぎてしまった!という場合は自動契約機を利用するようにしましょう。

自動契約機まで行くのは面倒かもしれないですが、時間的に余裕ができるので、焦らず即日融資を受けられます。

WEBで申し込む前に自動契約機を利用することももちろん可能ですが、審査待ちの時間など拘束されます。

できるだけ手間を減らすためにも、申し込みだけでも済ませていった方がいいでしょう。

ATMでお金を引き出す

ここまで来たら、もうお金を引き出すだけです。設定した振り込み口座のキャッシュカードか、レイクのローンカードでATMから引き出しましょう。

たった1時間程度で、お金がなくて困っている状態から開放されます。ほっと一安心ですね。

レイクは夕方でも最短即日融資が可能!

いかがでしたでしょうか?レイクは即日融資が比較的しやすい金融機関で、手続きも結構簡単でしたよね。

また、レイクなら夕方になってしまっても借りられるので、本当に困っている人の味方です。

お金がなくて困った!できるだけ早くほしい!そんな方は、レイクの利用を検討してみてくださいね。

新生銀行カードローン「レイク」の詳細はこちら