無人契約機から申し込むと審査が甘い?カードローン審査に落ちたらどうすればいい?

公開日:

大手の消費者金融は、無人契約機を街に配置しています。無人契約機の中に人はいませんが、契約を担当する機械が準備されています。

消費者金融との契約を行う際には、用意されている無人契約機を使って手続きを行い、審査を通過できればローンカードを発行させられます。

ローンカードの発行までに時間はかかりません。無人契約機ではカードを発行する機能が準備されているので、カードをすぐにでも発行したいと考える方にも最適なサービスです。

この記事では無人契約機について紹介するほか、無人契約機の審査が他に比べて甘くなっているのかを説明します。

自動契約機(無人契約機)とは?手続きの流れ・営業時間・使い方の疑問を解決

無人契約機とは?どんな仕組み?

無人契約機は、タッチパネル式の機械を利用して契約を行う方法です。

申込みを行うユーザーは、タッチパネルによって操作を行い、必要な項目を入力して送信します。

送信されたデータは契約する消費者金融の会社に伝わり、情報を確認して審査を行うという方法です。

審査についてはリアルタイムで行われます。無人契約機に入って契約を行う場合、契約が完了するまでは外に出られません。

従って契約が完了するか、審査に落とされるという通知が無人契約機から出ない限り、外に出てはいけません。

無人契約機にスタッフはいません。スタッフとの連絡を行う場合は備え付けの電話を利用して行います。

電話を利用してスタッフに相談を行ったり、逆にスタッフから問い合わせが来た時に対応する形で審査は進められます。

最終的に審査を通過して消費者金融のローンカードを発行し、融資を受けるまでは無人契約機で行える手続きです。

スタッフが遠くから審査を行う無人店舗

スタッフは消費者金融の社内で手続きを行ったり、審査の判断を行います。

スタッフは無人契約機には一切入らず、無人契約機から得られているデータを基にして最終的な判断を下します。従ってスタッフの顔を見て審査を受けるという方法は無人契約機では採用されません。

無人契約機を利用する場合、スタッフは遠くから無人契約機によって送信されているデータや情報を確認しています。

この情報を確認した後、審査に必要な項目に問題がないかを踏まえて、最終的に審査の判断を下します。

スタッフが下した判断はタッチパネルによって送信され、最終的に審査を通過できる人にはローンカードを発行できる方法などを紹介しています。

無人契約機はアコムの店舗名称!自由契約機と言うことも

無人契約機というのはアコムの店舗名称として利用されています。

アコムが無人契約機という名称で登録しており、それに追随して他社が無人契約機を提供するようになりました。

アコムが店舗の名称として付けていた無人契約機ですが、自動契約機と呼ばれる場合もあります。これは自動的に情報を送信して審査を行ってくれるためで、名称としては間違っていません。

ただ、正式な名称は無人契約機ですので、自動契約機というのは間違いではないものの、正式な名称としては異なるものと考えてください。

困ったときに相談したい場合は無人契約機という名称を利用したほうがスムーズに話は進む場合もあります。

アコムの自動契約機「むじんくん」を使って即日融資!営業時間や手続きの流れは?

無人契約機で審査を受けるにはどうすればいい?

無人契約機で審査を受けたいと考える方は、無人契約機のルールを知らなければなりません。

ルールを知らないまま入店して審査を受けても、審査を通過できなかったり、そもそも無人契約機のを利用できないという問題もあります。

確実に審査を通過して融資を受けたいなら、消費者金融が提供している無人契約機のルールを理解しておきましょう。

業者ごとに無人契約機の営業時間は異なる

無人契約機は、用意している業者ごとに営業時間が異なります。

無人契約機を用意している代表的な消費者金融のアコムとプロミスでは、無人契約機の営業時間は変わります。

無人契約機と言っても、全ての業者が同じ営業時間で提供しているのではなく、会社ごとに異なる時間で営業しているのです。

ここで気を付けたいポイントとしては、営業時間外に来店しても無人契約機は使えない点です。

無人契約機は営業時間の中で利用しなければ審査を受けられません。すぐにでも審査を受けたいという気持ちはあるかもしれませんが、インターネットからの申込みと異なり、24時間無人契約機が稼働しているわけではありません。

営業時間の確認はしっかりと行ってください。

中には平日と土日の営業時間が異なる無人契約機もあります。無人契約機の営業時間は業者のホームページ等に記されていますので、其の情報を基にして来店するようにしましょう。

各種書類の持参が必要

無人契約機は必要な書類を持っていなければ審査を受けられません。

無人契約機で情報を入力する前には、本人確認のための書類を提出しなければならないのです。本人確認書類は必ず持っていくようにしてください。

また、収入証明書についても同様で、提出が必要と判断された方は無人契約機で提出しなければなりません。

提出できなかった場合は審査を行えないと判断されて審査に落とされる可能性があります。収入証明書についてもしっかりと準備して、必要であれば提出を速やかに行ってください。

なお、提出は無人契約機に読み取るという方法で行います。

無人契約機には書類の読み取り機能も準備されているので、この機能を使えば簡単に本人確認や収入の確認が行えます。

無人契約機で審査を申し込む流れ

無人契約機は、審査の流れをしっかりと理解して、間違えないように気を付けてください。

インターネットによる申込などと異なり、実は順番が少し違います。実際に無人契約機を利用する場合、審査を受ける方法については以下の順番で行われます。

  • 本人確認を行う
  • タッチパネルによる情報記入
  • 審査を行う
  • 審査結果が通知される

以上の流れで行います。

他の方法と異なる点として、本人確認を最初に行わなければなりません。

つまり本人確認書類を出せなかった場合は無人契約機で情報を入力させることもできないのです。

一方で収入証明書は、情報入力が終わった後、必要であれば要求されます。収入証明書を提出する流れは他の方法と変わりません。

タッチパネルによる情報入力が完了すると、審査のためにしばらく待たされます。

審査の間は無人契約機の中で過ごすこととなり、勝手に外出してはいけません。

場合によっては審査中に連絡が入る可能性もありますので、電話がかかってきたら速やかに電話に出て、必要な項目について説明しましょう。

審査結果が公表され、問題なく利用できると判断された場合は、そのままローンカードの発行手続きを行い、備え付けのATMに挿入するとお金を借りられます。

タッチパネルで記入する項目

タッチパネルで記入する項目は、まず個人情報の入力が行われます。

個人情報は要求されている内容であれば全て入力しなければなりません。1つでも抜けていると、無人契約機の入力が進まないように作られていますので、入力漏れがないことを確認して審査を進めてください。

次に会社に関連する情報を入力します。

仕事をしている状況は審査では重要な項目です。この審査に必要な会社に関連する情報も、漏れなく入力しなければなりません。

会社に関わる情報が不足している場合や、電話番号等の不備があると入力が進められないように作られています。

最後に借金などの借入に関連する情報を入力します。現時点で借金を抱えている方は情報を提供しなければなりません。また、希望している限度額などもここで入力します。

以上の項目をすべて入力すると、タッチパネルによる入力内容が全て終了となり、確認の画面が表示されます。

確認画面でも問題がないと判断されれば無人契約機から情報が消費者金融の業者に送られます。

審査中に備え付け電話から追加質問が来ることも

入力した内容で審査を進められればいいのですが、稀に審査中に電話が入り、追加で質問に答えてもらうようにお願いされるケースがあります。

この場合は電話で伝えられるないように速やかに答えなければなりません。

インターネットによる申込の場合、おかしいと思われる内容は電話で本人から聞き出すように消費者金融では対策を取っています。

同じことを無人契約機からも行っており、何かおかしいと思われる場合は審査中に電話連絡が入ります。

この場合、電話は備え付けの電話によって行われますので、携帯電話等に連絡が入るわけではありません。

備え付けの電話に出ない場合や、備え付けの電話に出ても質問内容に問題があると判断されれば審査に落とされてしまいます。

必ず備え付けの電話に出るようにして、質問内容には問題なく丁寧に答えるようにしてください。

無人契約機から審査を受けると通りやすいって本当?

無人契約機から審査を受けると消費者金融の審査を通過しやすいという噂が飛び交っています。

この噂に乗って、多くの人が無人契約機から審査を受けているのですが、実は全く審査基準というのは変わらないのです。

無人契約機から審査を受けた時だけ甘くしている場合、他で行っている審査基準が何のために用意されているのかわからなくなり、多くの方が無人契約機で審査を受けるでしょう。

インターネットによる申込みが主体となった現代で、無人契約機は審査が甘いことが事実なのであれば、そもそもインターネットによる申込みは増えていないはずです。

実際に審査を受ければわかりますが、無人契約機の審査も他とは全く変わりません。同じような基準で審査を受けるという部分に気を付けて、しっかりとした審査通過基準を満たすようにしましょう。

審査基準に変化は全くない

インターネットによる審査を受けた場合も、無人契約機の審査を受けた場合も、審査を行っているのは同じ会社です。

そして、同じ会社が同じ審査基準によって審査を行い、最終的に審査を通過できるのかを判断しているのです。

従って審査基準に変化はなく、同じような審査基準で全ての審査は行われています。

審査のぶれというのはあるかもしれませんが、審査基準は明確なマニュアル等が用意されており、その判断によって全ての社員が同じ内容で審査を行っています。

従って無人契約機の審査だけ甘いとか、インターネットの審査は厳しいといった問題は基本的にありません。

挙動が監視される分落ちる可能性は高くなる

無人契約機の審査を受ける場合は、もしかしたら審査の挙動等を見られたことで、審査に落とされる可能性が高まるかもしれません。

消費者金融としては、信頼できる挙動の人であれば審査を通過したいと思っているのですが、明らかに挙動がおかしいと判断される人は審査を通過できず、落とす可能性もあります。

特にタッチパネルによる情報がおかしく記入されている、電話連絡を入れても速やかに電話に出てくれないなどの問題があると、この人はおかしいと思われてしまいます。

おかしいと判断される項目が1つでも生じている場合、審査に落とされる可能性は高くなるのです。

無人契約機は、しっかりとした審査が行われます。正しい挙動で審査を受けないと、いつの間にか審査に落とされる可能性が出てしまいます。

無人契約機から審査を受けて落ちた!次に取るべき行動は?

無人契約機によって審査を受けたものの、審査に落とされてしまったというケースもあります。

審査に落とされてしまった場合は、同じ無人契約機や同じ業者に審査を受けるのではなく、冷静に考えて次の行動を取るようにしましょう。

ただ、無人契約機の審査に落とされたという情報は多くの業者に出回っています。すぐに他社の審査を受けてしまうと、審査に落とされる可能性は劇的に高まるので気を付けましょう。

店舗を出てすぐに他業者に申込をしない

無人契約機から出て、すぐに他社への申込みを行ってしまうと、審査に落とされる可能性が高まってしまうほか、信用情報の確認で怪しいと考えられて審査を通過できない状況が発生しやすくなります。

信用情報はすぐに更新されており、無人契約機で審査を行った消費者金融が、審査に落とされたという情報を信用情報機関に提供しています。

提供された情報は速やかに更新され、多くの業者が確認できる状況にしています。

店舗を出てすぐに別の無人契約機で審査を受けたり、他の方法で他業者に審査を受けるなどの方法を採用しても、信用情報によっておかしいと判断されてしまいます。

本来であれば審査をすぐに受けるわけがないのに審査を受けているという状況が確認できる場合、他業者の審査にも落とされてしまいます。

同時に危ない人と判断され、また信用情報に悪い情報が残り、どんどん審査を通過できる状況が失われていくのです。

店舗を出てもすぐに審査を受けるような状況は避けましょう。1度家に帰って何が悪かったのか冷静に考えたほうがいいのです。

他の方法を検討する

今の業者では審査を通過できないと判断した場合、まずは冷静に考えて審査を通過するために必要な能力を身に着けましょう。

必要な能力が存在していると判断した場合は、少し間を空けて他の方法で審査を受けてみましょう。

無人契約機で審査を通過できなかった場合でも、インターネットからの申込で審査を通過できる場合があります。

無人契約機の電話連絡等に問題が生じていたために審査に落とされた人は、別の方法で審査を受けて、電話連絡等をしっかりとクリアすればお金を借りられる場合もあるのです。

無人契約機では審査を通過できなかった場合でも、他の方法を検討してネットからの申込みを行うなどの方法に切り替えると、もしかしたら審査通過のチャンスがあるかもしれません。

ただ、収入等に問題が生じていた場合は、先に収入や借金の問題を解決してから審査を受けたほうがいいでしょう。

より審査に通りやすい中小サラ金に申し込む

無人契約機を用意しているのは大手の消費者金融です。

大手の消費者金融では審査を通過できない人は、中小の消費者金融を狙ってみるといいでしょう。

消費者金融はサラ金と呼ばれるケースもありますが、中小のサラ金には審査基準がかなり甘く設定されるところもあります。

審査基準が変われば、大手の消費者金融では無理だった内容でも審査を通過できる可能性があります。

審査を通過したいと考える方は、思い切って中小サラ金に切り替えてみるといいでしょう。

中小のサラ金については、インターネット上に情報が掲載されています。信頼できるサラ金を探して審査を受けてください。

間違っても闇金へ申込むようなことがないように気を付けましょう。

【まとめ】無人契約機で審査を申し込んでも甘くはならない

無人契約機で審査を受けたとしても、審査基準は何ら変わりません。

同じような審査基準で審査が行われるため、無人契約機なら審査を通過しやすいという理由は一切ないのです。

無人契約機の方が甘いという噂は全くの嘘ですので、信用して無人契約機から審査を受けないようにしてください。

無人契約機には無人契約機なりの方法を持ちつつ、インターネットや郵送などと同じような審査基準で正しい審査を行っているのです。

確実に即日融資可能な審査の甘いキャッシングはある?1時間で10万円借りる!

ネット申込後に無人契約機でカードを受け取るのがおすすめ

無人契約機を利用したいと考える方は、ネットの申込みが終わってから無人契約機へ来店するといいでしょう。

無人契約機では即座にカードを発行する機能を持っており、その日のうちにローンカードが発行されます。

ネット申込みでは、カードを受け取るまでにかなりの時間がかかってしまいます。カードを受け取るまでの時間を節約したいと考える方は、ネット申込みが終わって審査を通過した後、無人契約機へ行ってカード発行を行ってください。

これで当日中にお金を借りられるほか、カードが郵送で送られる心配もありません。

なお、カードを発行したいと考える方は、電話連絡の際に無人契約機でカードを発行する意思を告げてください。

告げなかった場合は郵送でカードを送付されるほか、無人契約機でカードを発行できない場合があります。