ネットキャッシングとは?審査・金利・評判で選んだ即日融資カードローン

公開日: 最終更新日:

スマホをいじる男性

日中仕事があるから店舗まで行くのはちょっと…。人の目が気になるから、できればネットで手続きを終わらせたい…。

そんな方にはネットキャッシングに対応している金融機関がおすすめです!

申し込みから実際に借り入れるまで、ネット上で手続きを終わらせることができるのでとっても便利です。

中には即日融資に対応しているネットキャッシングもあるので、急いでお金が必要になったときにもおすすめ!

このページでは来店不要&即日融資のおすすめネットキャッシングと、ネットキャッシングのメリットやデメリットを解説していきます。

目次

プロミス

プロミス

金利 4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
審査対応時間 9:00~21:00
限度額 最大500万円

プロミスでは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている方であれば、24時間365日即日振込に対応しています。

通常の金融機関であれば、15:00以降に振込融資を依頼しても、口座に反映されるのは翌営業日以降になってしまいます。

瞬フリサービスであれば、土日でも夜間でもリアルタイムで口座に振込が反映されるので、急な出費でピンチのときにも大変便利なのです。

アイフル

金利 3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
審査対応時間 9:00~21:00
限度額 最大800万円

アイフルではネットから申し込んだあとに、急いでいる人専用のフリーダイヤルへ電話することで、審査を早く終わらせることができます。

【アイフル・お急ぎの方専用フリーダイヤル】

電話番号 営業時間
0120-337-137 9:00~21:00

電話はできるけど、店舗まで行く時間はないという方におすすめのネットキャッシングです。申し込みから最短1時間で融資を受けることができるので、お急ぎの方にはおすすめです。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン-200-200-20170606

金利 4.0%~14.5%
審査時間 最短当日
審査対応時間 9:00~21:00
限度額 最大800万円

手軽に銀行からネットキャッシングを受けたいという方には、三井住友銀行カードローンをおすすめしています。

消費者金融と同様に審査時間は最短30分で終わるので、即日融資を受けたい方にもおすすめです。

また審査も21:00まで結果回答しているので、仕事終わりにしか申し込みできないという方にも助かります。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローン

金利 1.9%~14.5%
審査時間 最短当日
審査対応時間
限度額 最大800万円

サービスが充実しているネットキャッシングといえば、楽天銀行カードローンです。

入会するだけで楽天ポイントを大量にゲットできるので、楽天を普段から利用している方におすすめしています。

ただし即日審査は行っていますが、即日融資には対応していないので注意しましょう。初めての申し込みであれば、2~3日程度は時間がかかると考えていいでしょう。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

金利 1.7%~17.8%
審査時間 最短当日
審査対応時間
限度額 最大800万円

大手ネット銀行であるオリックス銀行カードローンは、最短即日審査に対応しており、銀行カードローンの中では審査に通りやすいと評判です。

ただし初めての申し込みでは、融資まで最短でも2~3日かかるため、あらかじめ申し込みを済ませておくことをおすすめします。

ジャパンネット銀行の口座を持っていれば、24時間即日振込を受けられるので、前もって開設しておくことをおすすめします。

ソニー銀行カードローン

ソニー銀行カードローン

金利 2.5%~13.8%
審査時間 最短当日
審査対応時間
限度額 最大800万円

ソニー銀行カードローンは、低金利とスピード融資が人気のネットキャッシングです。

初めての借入であれば、ソニー銀行以外の口座に振り込みが可能なので、急いでお金を借りたい方にもおすすめしています。

上限金利13.8%と非常に低いので、少額融資を手軽に受けたいという方にもおすすめしています。

ソニー銀行カードローンは即日融資可能?最短で借り入れる方法まとめ

ジャパンネット銀行カードローン

ジャパンネット銀行

金利 2.5%~18.0%
審査時間 最短60分
審査対応時間
限度額 最大1000万円

ジャパンネット銀行のカードローンは、ネット申し込みから最短60分の審査でスピード融資が可能です。

最大1000万円まで融資を受けることもできるので、他社からの借り換えなどあらゆる用途におすすめです。

また初めて利用する方には最大30日間の無利息期間サービスも行っているので、利息をお得に抑えたい方にもおすすめです。

ジャパンネット銀行は即日融資可能?最短の借り入れ方法は?

じぶん銀行カードローン

じぶん銀行カードローン

金利 2.4%~17.5%
審査時間 最短当日
審査対応時間
限度額 最大800万円

じぶん銀行カードローンはネットバンクとauの提携で出来たキャッシングサービスです。

新興銀行が提供していることもあり、メガバンクなどとは一風変わったサービス・審査基準が設けられていると評判です。

auユーザーなら金利が最大0.5%お得になったり、手続きを全てスマホで出来たりと、若者に魅力のサービスがいくつもついているので、一度じっくりスペックを調べてみるのがおすすめです!

住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローン

金利 2.49%~14.79%
審査時間 最短当日
審査対応時間
限度額 最大1200万円

住信SBIネット銀行カードローンは、何より限度額の高さと金利の低さが印象的です。

その分審査は厳しいですがとにかく便利でお得なので、収入や信用情報のクリーンさに自信がある方は積極的にチャレンジしましょう。

住信SBIネット銀行カードローンはスタンダードコースの他にプレミアムコースというものもあり、金利がより低くなっていてよりお得です。詳しくはこちらの記事をご覧ください!

住信SBIネット銀行カードローンの審査の流れ【金利・返済・申し込み条件】

ネットキャッシングって具体的にはどういうサービス?

ネットキャッシングとは、その名の通りインターネット環境にアクセスできる端末(PC・スマートフォンなど)から手続きを行うだけで、指定の口座に希望融資額を振り込んでもらえるサービスです。

新規で申し込む場合、申し込み・書類提出・審査などの手続き済ませなければなりませんが、最近では申し込みから融資まで当日中に終わらせることができるネットキャッシングも増えていきます。

また消費者金融や銀行カードローンだけでなく、キャッシング機能がついたクレジットカードでも、ネットキャッシングサービスに対応している業者もあります。

ただしクレジットカード会社の場合、審査に時間がかかってしまうので、新規申込で即日融資を受けたいのであれば、消費者金融や銀行カードローンのネットキャッシングサービスをおすすめします。

家族にばれたくないならカードレスのネットキャッシングがおすすめ

キャッシングを利用したいけれど、絶対に家族にはばれたくない!

そんな方にはカードレスのネットキャッシングがおすすめです。

消費者金融や銀行カードローンの場合、ネット申し込みから契約した場合、自宅へとローンカードが郵送されてしまいます。

届け名には会社名を記載しないなど、各金融機関工夫はしていますが、万が一家族が開けてしまえばキャッシングを利用していることがバレてしまいます。

そのためプロミスやSMBCモビットなど、カード発行なしで利用できるカードレスのネットキャッシングがおすすめなのです。

ネットキャッシングをすればカードが届かなくても即日融資できる!

消費者金融から最短で融資を受けるためには、WEB申し込み➝自動契約機で契約という流れを踏むのが一般的です。

即日融資に対応している消費者金融一覧!即日融資を受ける条件・口コミまとめ

これは、自動契約機についているカード発券機から契約後10分ほどでカードを受け取ることができ、その足でATM利用ができるからです。

WEB完結申し込みは便利ですが、ローンカードが郵送で届くのでATMが利用できるまでに数日かかってしまいました。

ただ、ネットキャッシングが利用できるのであれば、WEBで契約をした後、カードがなくてもお金を借りることができます。

最近は新しいネット銀行も増えてきている!

近年は実店舗を持たず、ネット上で運営しているネット銀行も数を増やしてきています。

実店舗を持たない分コストを削減することができ、インターネットを利用した新しいサービスも魅力の一つです。

たとえば携帯電話で有名なKDDIと三菱UFJ銀行が設立した「じぶん銀行」は、auユーザーであれば金利が引き下げられるといった、新しいサービスも導入しています。

その他に、都市銀行より低金利で融資を行うソニー銀行や、無利息サービスのあるジャパンネット銀行など、最近ではそれぞれ特色を持ったネット銀行が増えてきています。

銀行のネットキャッシングを利用したいと考えている方は、ぜひネット銀行も選択肢の一つとして考えてみてください。

ネットキャッシングのメリット

ここからはネットキャッシングのメリットについて解説していきます。

ネットキャッシングは自宅にいながら融資を受けられるというメリット以外にも、業者によって様々なメリットがあるのでぜひ参考にしてください。

手数料がかからないケースが多い

ネットキャッシングであれば、手数料無料で融資を受けられるケースが多いのも特徴です。

ATMを利用して融資を受けると、毎回108円~216円程度手数料が取られます。

一度や二度であれば大したことないですが、毎回ATMを利用するとなると、発生する手数料も高くなるので無視はできません。

小まめに借り入れと返済を繰り返すという方は、ネットキャッシングの方がおすすめです。

好きなタイミングで借り入れできる

ネットキャッシングは、インターネット環境さえあれば、いつでも自由に借り入れできます。

そのため仕事の合間のちょっとした空き時間でも、手軽に融資を受けることができます。

勤務先や自宅の近くにATMがないという方は、ネットキャッシングであらかじめ融資を受けておき、時間のあるときにお金を引き落とすといいでしょう。

ネットキャッシングのほうが申し込み・借り入れ時は安全?

ネットキャッシングの申し込み・借り入れで利用するページにはほぼ全て暗号化技術(SSL)対応となっています。

ページアドレスが「https://」というように、httpのあとにsが付いていれば、暗号化されていることになります。

家のPCから一人で手続きをすれば暗証番号を盗み見られることも、ローンカードを紛失する心配もないですし、SSL対応なら安全に利用できます。

ネットキャッシングのデメリット

わざわざ店頭窓口や自動契約機に足を運ばずとも、PCやスマートフォンがあれば、いつでもどこでもお金を借入する事ができるというメリットがありますが、その逆に、デメリットも存在しています。

実際にネットキャッシングを申込む前に、しっかりとデメリットの部分も理解したうえで、利用するかどうかを検討して下さい。

ネットキャッシングのデメリットは以下のものが挙げられます。

即日融資に対応している時間帯が短い

審査対応時間を9:00~21:00と長く設定している消費者金融がほとんどですが、ネットキャッシングの場合は、銀行の営業時間も関係してくる為、大体14:00までに振込手続きを行わなければ、即日融資に対応してくれないという場合がほとんどです。

しかし、各消費者金融が指定する口座によっては24時間365日ネットキャッシングに対応している場合があります。

例えば、アコムの場合は楽天銀行の口座、プロミスの場合は三井住友銀行の口座、またはジャパンネット銀行の口座が24時間365日、ネットキャッシングに対応しています。

ここで紹介した以外にも即日融資が可能な業者はたくさんあります。興味のある方はぜひ当サイト内にある特集記事をご覧ください。
即日融資で借りる方法まとめ!【カードローン・無職・専業主婦・多重債務者】

手続きが簡単なため、借入しすぎてしまうリスクがある

発行されたキャッシングカードでATMからお金を引き落とす従来のキャッシングよりも、ネットキャッシングは、スマートフォンから簡単な手続きを行うだけで借入ができる為、ついつい借入し過ぎてしまうというリスクが伴います。

その為、ネットキャッシングを申込む際は、必要最小限の限度額を希望する事をお勧めします。

一般的なネットキャッシングの審査の流れ

ここからは一般的なネットキャッシングの審査の流れを紹介していきます。

最近のネットキャッシングは書類提出もネット上で済ませることができるので非常に手軽です。

ネットキャッシングの申し込みから契約・融資までの流れは、以下の通りです。

  • 申し込み
  • 書類提出
  • 審査
  • 契約
  • 借入

今回はそれぞれの手続き内容などを詳しく紹介していきます。

なお、審査の流れはプロミスを例にして紹介していきます。商品によっては流れが若干異なる場合もあるので注意しましょう。

ネット申し込み

ネットからの申し込みは、以下の2パターンに分かれます。

  1. 公式サイトのフォームから申し込み
  2. 公式アプリをダウンロードして申し込み

公式アプリから申し込みができ、契約後にカードレス取引で利用可能なのはプロミス、SMBCモビット、レイクALSAの3社です。

その他、ほとんどの消費者金融は公式サイトの申し込みフォームから必要事項を記入して審査を受けるようになります。

ネットキャッシングの申し込みに必要な情報

申し込み先によっても異なりますが、ネットキャッシングの審査申し込みでは以下のような項目を入力して送信します。

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • 勤務先
  • 年収
  • 勤続年数
  • 他社借入
  • 希望限度額など

業者によって申し込みで訊かれる内容は異なりますが、審査で必要な情報以外は入力しなくていいのでご安心ください。

審査

ネットキャッシングでは申し込みが終わればすぐに審査が始まります。

審査では通常のキャッシングと同様に、申し込み情報を基に信用情報の確認が行われます。

ここで問題がなければ審査に通る可能性は高いです。

また業者によっては審査が始まる前に、電話確認や書類提出を行うところもあります。

電話確認

審査に前後して申し込み情報や融資の意思を確認するために、業者から電話確認があります。

また勤務先へ在籍確認が行われる場合もあるので、対応できるように準備しておきましょう。

確認の電話は会社名を名乗らず個人名でかかってくるため、在籍確認の電話があっても借金しているとばれる心配はありません。

書類提出

ネットキャッシングの場合、書類提出もWEB上で終わらせることができるケースが多いです。

本人確認書類などスマホのカメラなどで撮影し、メールに送信するか専用ページにアップロードすることで必要書類を提出できます。

またWEB提出以外にも、FAXや郵送で書類を提出できる業者が殆どです。
ネットキャッシングの審査に必要な書類は以下の2種類です。

  1. 本人証明書類
  2. 収入証明書類

ここからは、それぞれの内容を詳しく説明します。

本人証明書類

本人証明書類は、希望額にかかわらず全員提出が必要です。

本人証明書類として使えるのは、運転免許証がおすすめです。免許番号が載っているので、簡単に本人確認が取れるからです。

運転免許証を持っていない方は、以下の書類も本人証明書類として使えます。

  1. パスポート
  2. 公共料金領収書
  3. 官公庁発行書類
  4. 在留カード
  5. 個人番号カード
  6. 住民基本台帳カード

収入証明書類

収入証明書類は、主に50万円以上の借り入れを希望する場合に提出が必要となります。

収入証明書類として利用できるのは、以下のような書類です。

  1. 源泉徴収票
  2. 給与明細書(直近2ヶ月分)
  3. 住民税決定通知書
  4. 確定申告書
  5. 収支内訳書
  6. 年金証書・年金通知書など

これらの書類のうち、どれか一種類を提出すれば収入証明は完了です。

追加質問にしっかり答えて契約を結ぼう

申し込み情報が審査される間、金融機関から電話がかかってきて審査の質問を追加でされることがあります。

追加でされる質問の内容は「勤務先はどんな会社?」といった記入時の内容を深堀するものから、記入した情報に誤りがないか確認するようなものが多いです。

追加質問にしっかり答えないと審査は終わらないので、この期間中はなるべく電話に出られるようにしておきましょう。

その後、審査通過の連絡が来たら契約を結びます。

契約手続き

審査が終わったあとは、WEB上で契約を済ませることができます。

契約内容や注意事項などよく確認してから同意するようにしましょう。

また業者によってはWEB上で契約手続きをしたあと、後日正式な契約書類が郵送されるパターンもあります。

正式に契約を結ばなければ契約解除となる可能性もあるので、忘れずに署名して返送するようにしましょう。

ネットキャッシングの即日融資は銀行でも可能?

即日融資といえば、消費者金融のイメージが強いですが、銀行カードローンでもネットキャッシングで即日融資してもらう事は可能です。

しかし、金利が低いメガバンクのほとんどは、消費者金融ほどスピーディな契約手続きに対応していません

また、銀行から即日融資してもらうためには、その銀行の口座を既に持っている必要がありますので、即日融資できる銀行は限られてきます。

銀行カードローンは2018年以降即日融資不可に…

今までは銀行カードローンも最短即日で融資を受けることができましたが、2018年以降、即日融資を受けることができなくなっています。

銀行カードローンの審査に警察データベースとの照合手続きが加わったのが理由で、これにより審査にかかる時間が以前より伸びてしまいました。

更に、この手続きが加わったことで、以前よりも審査基準が厳しくなっているのでは?とも言われています。

一方、消費者金融は2018年以降も即日融資に対応しているので、スピーディな融資を求める方は、消費者金融カードローンへの申し込みをおすすめします。

消費者金融おすすめ比較ランキング【2018年】審査・金利・無利息・口コミ

ケータイ・スマホから即日融資でネットキャッシングするなら大手消費者金融がお勧め

最近の大手消費者金融(アコム・プロミス・アイフルなど)は全てケータイ・スマホからのネットキャッシングに対応しており、即日融資も可能です。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

一方、銀行でも即日融資する事は可能ですが、「即日融資が可能」と公言している会社は、そう多くはありません。

金利を重要視するのであれば、銀行のほうが強いですが、もし即日融資を重要視するのであれば、どこの口座でも即日融資してもらう事ができる大手消費者金融がお勧めです。

しかし、消費者金融が24時間365日ネットキャッシングに対応している口座以外だと、大体14:00までに、振込手続きを行わなければ即日融資が、翌営業日繰り越しとなりますので注意して下さい。

まとめ

ネットキャッシングを利用すれば、日中忙しいく店頭窓口や自動契約機に行けない人でも、PCやスマホから簡単に手続きを行うだけで、来店不要かつ即日融資でキャッシングを利用する事が可能です。

しかし、ネットキャッシングは、実際に口座へお金を振り込む銀行の営業時間も関係してくるため、消費者金融が指定する銀行口座以外に即日振込を希望する場合は、最低でも14:00までに全ての手続きを完了させる必要がありますので、注意して下さい。

また、ネットキャッシングを即日融資で利用する場合は、銀行よりも契約手続きがスピーディな消費者金融での申込みをお勧めします。