おまとめローンとは?

借金がかさんで困っているという方にはおまとめローンがおすすめです。
おまとめローンとは複数の債務を一つにまとめることで効率よく返済を進めるもので、手間も金利もおまとめローンであれば節約することができます。
本来、総量規制の関係から貸金業者ではおまとめローンを組むことは出来ませんでしたが、消費者金融でも債権者にメリットがある場合には認められるようになっています。


おまとめローンのメリットについて

おまとめローンのメリットとは、簡単にいえば債務をお得に返済出来るという点にあります。
消費者金融などからお金を借りる際には利息が発生しますが、この利息はあらかじめ定められている金利に則って計算されます。
また、一般的に金利は申請した融資限度額によって変動し、高い限度額であれば金利は安くなり、低い限度額であれば金利は高く設定されています。
そのため、お金を借りる際には、低額の融資をいくつも利用するよりも、一つのところから一つにまとめて借り入れた方がお得ということです。
しかし、実際には一つの業者から何十万円も借りようとするのは難しく、気がついたら複数の業者から小口の融資を受けていたという状況がほとんどです。
そこで、便利なのが小口の融資を一つにまとめてくれるおまとめローン。
少額の融資たちを一本化することによって従来よりもかなり低い金利で返済を進めることができます。
また、中には返済計画を一緒に考えてくれる業者や、個別の返済プランを用意している業者もあるので、返済が厳しい状況にある方はぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。


総量規制と消費者金融の関係について

総量規制というのは消費者金融などの貸金業者に定められたルールで、年収の3分の1以上の融資を行うことが出来ないという決まりです。
そのため、消費者金融ではおまとめローンを行うことが出来ないとされていました。
しかし、総量規制では債務者に一方的なメリットがある場合には適用されないという特例があり、上記で説明したおまとめローンの仕組みは、まさしく債務者に一方的なメリットがある融資というわけです。
そのため、消費者金融でもおまとめローンを取り扱っている業者は多く存在しており、銀行カードローンの審査に落ちた場合にはこちらがおすすめです。


おまとめは銀行と消費者金融どっち?

おまとめローンは消費者金融でも取り扱われていますが、金利という点で考えるのであれば銀行カードローンがおすすめです。
おまとめローンで債務を一本化したからといって、借金の総額自体に変動があるわけではありません。
そのため、早く返済するためには少しでも金利が安いものを利用した方がお得でしょう。
しかし、銀行から多額の融資を受けるというのは簡単なことではなく、特に債務を抱えた状態での申請であればかなり難しいといえるでしょう。
そこで、もし万が一銀行の審査に落ちてしまった場合には、消費者金融のおまとめローンを利用するといった工夫が必要です。
消費者金融のおまとめローンの金利は、銀行カードローンと比べると若干高めになっていますが、債務者が有利になるように金利設定されているので、そのまま返済するよりも確実にお得に返済を進めることができるでしょう。
また、消費者金融では即日でのおまとめローンも行なっているので、急いで債務を一本化したいという方にもおすすめです。


おまとめ審査に通りやすくなるコツをご紹介!

おまとめローンの審査は通常の融資と比べて厳し目になっています。
ただ単純に金額が大きくなるといったことも要因の一つですが、複数の業者からお金を借りているというのは信用力も下がってしまうでしょう。
また、金利も低めでなければ意味がないので、業者からするとリスクが高くメリットが少ない商品といえます。
そのため、おまとめローンの審査では、まず確実に返済することが出来るというアピールをするようにしましょう。
年収や勤務先などの収入状況を細かく説明して、業者からの信頼を勝ち取るだけでなく、今後の返済プランなども入念に準備しておくようにしましょう。
また、近年のキャッシングやカードローンではネット申し込みが当たり前となっていますが、おまとめローンの場合には直接業者とコンタクトを取るのもおすすめです。
結局、融資を行うかどうか審査の結果を決めるのは人間なので、直接交渉することによって成功率を上げることが出来るかもしれません。
とにかく、おまとめローンでは返済する意欲があるということをアピールするように心がけましょう。

意外と審査で見られている借金の理由!

審査の際には借金を作った理由というのも見られているので注意が必要です。
イメージ的にはギャンブルなどより、生活費のために…といった理由のほうが審査に通りやすいと思われるかもしれませんが、実際には生活費のためにお金を借りたというと、返済能力がないと見做されてしまうこともあるので、借金を作った理由というのにも注意しなくてはいけません。