おまとめローンを利用すべき人の条件!正しい活用方法をご紹介!

公開日: 最終更新日:

お金で悩むカップル

借金の返済が苦しくなってきた方には、おまとめローンがおすすめです。

借金を一本化することで、毎月の利息を下げて返済を楽にすることができます。

しかし借金の状況によっては、おまとめローンを使うことで損をするケースもあります。

また人によっておまとめローンの活用方法は異なるので、利用する前にしっかり調べておきましょう。

このページではおまとめローンを利用すべき人の条件や、正しい活用方法を紹介しています。

おまとめローンを利用すべき人の条件

まずはおまとめローンを利用すべき人の条件を紹介していきます。

一つでも当てはまった方は、続きで紹介している活用法を参考にして、御まとめローンの利用を本格的に検討してください。

3社以上から借り入れがある

現時点で3社以上から借金をしている方は、おまとめローンを利用した方が返済は楽になります。

なぜならカードローンやキャッシングでは、貸付額が高くなるほど金利は高くなっていくからです。

そのため3社に分けて借金するよりも、1社にまとめた方が金利は低くなり、利息も抑えることができます。

カードローンやキャッシングでは、1社に集中して借り入れた方が、利息を安く抑えることができるのです。

3社以上から借金をしている方は、おまとめローン、または限度額の増額をして借金を1社にまとめるようにしましょう。

金利の異なる借金を抱えている

金利の異なる借金を抱えている方は、低金利の方へ一本化した方がいいでしょう。

低金利の金融機関からまだ借りられるのであれば、追加借り入れをして、金利の高い方の借金を返済しましょう。

また全額返済することができなくても、一部の借り入れを低金利の金融機関へ回すだけで、返済はかなり楽になるはずです。

可能であれば低金利の金融機関へ、追加融資できないか相談してみるといいでしょう。

消費者金融を利用している

消費者金融は銀行などと比べると、どうしても金利は高くなります。

以下の表は大手消費者金融と、銀行カードローンの金利を比較したものです。

このように一部のカードローンを除いて、消費者金融よりも銀行カードローンの方が金利は低いのです。

そのため消費者金融から借金をしている方は、銀行カードローンへの借り換え・おまとめをおすすめします。

クレジットカードのリボ払いを利用している

クレジットカードのリボ払いを利用している方は、カードローンへ借り換え・おまとめをした方がお得です。

一般的にリボ払いでは実質年率18.0%の金利が設定されており、これは消費者金融の最も高い金利と変わらない数字です。

そのためクレジットカードのリボ払いの支払いを続けるよりは、カードローンから追加借り入れをして、リボ払いの残高を返済した方がお得になります。

おまとめローンの中にはリボ払いへの返済を禁じているところが多いですが、上記のように通常のカードローンを利用すれば、簡単に借り換え・おまとめを済ませることができます。

おまとめローンの正しい活用方法

ここからはおまとめローンの正しい活用方法を、順を追って説明していきます。

低金利のおまとめローン・カードローンを探す

まずは今利用している金融機関よりも、低金利のカードローンを探していきます。

そのため基本的には消費者金融ではなく、銀行をおまとめ先にした方がいいでしょう。

主な低金利のカードローンは以下の通りです。

  • 住信SBIネット銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン

またおまとめなら東京スター銀行の「おまとめローン」もおすすめです。

しかし金利の低いカードローンは、審査基準も厳しくなってしまうため、審査に通るか不安な方は金利の高いカードローンや、消費者金融も検討しておきましょう。

またすでに金利の低いカードローンと契約している方は、増額申し込みをしておまとめしてもいいでしょう。

現在の利息とおまとめ後の利息を計算

カードローン・おまとめローンへ申し込む前に、まずは現在の利息とおまとめ後の利息を計算しておきましょう。

そこで確実に利息が安くなることを確認してから、借金の一本化への手続きを進めていくことが重要です。

気をつけて欲しいのが、おまとめ後の利息は適用されるであろう金利を基に計算しなくてはならないということです。

上記で説明した通り、カードローンは限度額によって適用される金利は大きく異なります。

そのためあなたが要望する限度額に適用される金利を基に金利を計算して、具体的にどれくらいお得になるのか確かめるようにしてください。

毎月の返済額も確認しておこう

おまとめローンでは、利息だけでなく毎月の返済額も確認しておくことが大切です。

毎月の返済のせいで生活が苦しいという方は、毎月の返済額を減らすことを第一に考えてもいいでしょう。

また利息と毎月の返済額を基に、最終的に支払う利息も計算しておくことをおすすめします。

返済額の低い金融機関へおまとめした場合、返済期間が長引いて、結果的に支払う利息が高くなることもあるからです。

返済額が減ってある程度余裕のある方は、最低返済額だけを支払うのではなく、追加でいくらか繰上げ返済していくことも大切です。

おまとめローンの審査に通る対策を練る

おまとめローンを利用する上で、最も重要なのが審査に通ることです。

すでに借金をしている状態なので、当然まっさらな状態で融資を申し込む人と比べると、審査に通る確率は低くなってしまいます。

そのため審査が不安な方は、申し込む前に審査に通るための対策を練っておくことをおすすめします。

ということで、ここかはらおまとめローンの審査を有利に進めるための対策を紹介していきます。

おまとめローンの審査を有利に進める方法

延滞なく返済をして信用実績を積む

おまとめローンの利用を考えている方は、今の時点から延滞なく返済を続けて、信用実績を積み上げるようにしましょう。

カードローンやキャッシングは延滞せずに返済を続けることで、金融機関からの信用実績を積み上げることができます。

たとえ一度審査に落ちてしまった方でも、信用実績を積むことで次の審査には通る可能性もあるのです。

また返済を延滞した記録は、一定期間経てば消えるようになっているので、延滞が原因で審査に落ちたと思う方は、少し待ってから申し込んでみるといいでしょう。

収入証明書を用意する

おまとめローンへ申し込む際には、収入証明書を必ず提出するようにしましょう。

きちんと安定した収入があると証明できれば、金融機関の審査はかなり有利になります。

また消費者金融から50万円以上(他社含めて100万円以上)融資を受ける場合には、収入証明書の提出が絶対なので、忘れずに用意しておきましょう。

消費者金融のおまとめローン専用商品に申し込む

銀行の審査に通らないのであれば、消費者金融のおまとめローン専用商品をおすすめします。

通常、消費者金融は総量規制の対象となっているので、年収の1/3を超える融資を受けることはできません。

しかしおまとめローン専用商品であれば、総量規制の対象外で融資を受けることができるのです。

そのため銀行のおまとめローン審査に通らない方は、消費者金融のおまとめローン専用商品を利用しましょう。

ただし申し込む前に利息や返済額が安くなるか、確かめることをお忘れなく。