来店不要で即日融資可能なキャッシングを教えます!

公開日:

ネットでキャッシングする女性

最近では来店不要で契約できるキャッシングが増えており、即日融資に対応しているところも少なくありません。

そこで今回は来店不要で即日融資に対応しているキャッシングの中で、おすすめの業者をご紹介!

各キャッシングの特徴も合わせて紹介していくので、あなたの状況に合わせて選んでみてください。

WEB完結のキャッシングならSMBCモビット

モビット

金利 3.0%~18.0%
審査時間 10秒簡易審査
申し込み方法 ネット・自動契約機・電話・郵送
遅延損害金 20.0%
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
限度額 800万円

来店不要のWEB完結で契約したいなら、SMBCモビットがおすすめです。

SMBCモビットでは特定の条件を満たしていれば、完全WEB完結で即日融資を受けることができるからです。

電話連絡や郵送物も一切ないので、家族と同居している方にもおすすめです。

SMBCモビットのキャッシングについては、こちらの記事でさらに詳細に解説しているのでご参照ください。

モビットの審査の流れとメリット・デメリット

WEB完結申し込みが利用できる条件

  • 三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っている
  • 会社が発行する社会保険証か組合が発行する組合保険証を持っている

SMBCモビットのWEB完結申し込みは、上記2つの条件を満たしていれば申し込むことができます。

提携先の銀行口座を持っていれば、銀行側の情報で本人確認を行えるので、本人確認の手間を省くことができます。

また会社に在籍していることを保険証で確認することで、勤務先への電話確認を省略しているのです。

そのため国民健康保険に加入しているフリーターの方や、自営業の方はWEB完結申し込みを利用できないのでご注意ください。

SMBCモビットのWEB完結申し込みは、こちらの記事でも詳しく解説しているのでご参照ください。

モビットで即日融資を受ける条件や手順を徹底解説!最短30分審査

少額キャッシングなら新生銀行カードローン「レイク」

新生銀行カードローンレイク

金利 4.5%~18.0%
審査時間 最短30分
申し込み方法 ネット・自動契約機・電話・郵送
遅延損害金 20.0%
返済方式 残高スライドリボルビング方式
限度額 500万円

少額キャッシングを受けたい方は、新生銀行カードローン「レイク」がおすすめです。

レイクには2つの無利息期間サービスがあり、借入額5万円未満であれば、最大180日間無利息となるからです。

一か月1万円ずつ返済しても、利息が1円も発生しないのは助かるサービスです。

レイクの詳細はこちらのページでも詳しく解説しています。

新生銀行カードローンレイクの審査の流れと審査基準・落ちる人の特徴

カードレス契約なら来店不要で利用可能

新生銀行カードローン「レイク」のカードレス契約であれば、契約書面などすべて公式サイトからダウンロードでき、ローンカードの発行なしで融資を受けることができます。

借入は振込融資のみとなりますが、自宅へカードを送ってほしくない方にもおすすめです。

契約後は指定の口座へ振り込み融資を行ってくれますが、15:00を過ぎると口座に反映されるのはよく営業日以降となります。

即日振込を希望する方は、なるべく早めに申し込み手続きを済ませておきましょう。

確実に審査に通りたいならアコム!

アコム

金利 3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
申し込み方法 ネット・自動契約機・電話・郵送
遅延損害金 20.0%
返済方式 定率リボルビング方式
限度額 800万円

確実にキャッシングの審査に通りたいのであれば、大手消費者金融の中ではアコムがおすすめです。

アコムは他の大手消費者金融(プロミス・アイフル・モビット)と比べて、審査通過率が最も高いからです。

少しでも審査に通る確率を上げたいなら、アコムに申し込んだ方がいいでしょう。

アコムの詳細についてはこちらのページをご参照ください。

アコム審査の流れと金利や返済を徹底解説!

大手消費者金融の審査通過率

キャッシング 審査通過率
アコム 47.20%※2017年10月時点
プロミス 46.40%※2017年9月時点
アイフル 46.40%※2017年10月時点

↑の表は大手消費者金融の審査通過率をまとめたものです。

貸金業法の改正以来、消費者金融の審査通過率は激減し、50%を切るようになりました。

以前であれば80%近くの人が審査に通っていたことと比べると、かなり審査基準は厳しくなっているといえます。

申込情報・信用情報・提出書類、いずれかに不備があれば審査に落ちてしまうのでご注意ください。

消費者金融の審査基準については、こちらの記事でもっと詳しく解説しています。

消費者金融の審査基準を徹底解説!審査に落ちる人・通るコツ

最短で借り入れしたいならプロミスがおすすめ

プロミス

金利 4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
申し込み方法 ネット・自動契約機・電話・郵送
遅延損害金 20.0%
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
限度額 500万円

最短で借り入れしたいのであれば、プロミスがおすすめです。

プロミスは審査にかかる時間が短く、借り入れまでスムーズに手続きを終わらせることができます。

もちろん来店不要のWEB完結申し込みにも対応しているので、自宅にいながら最短でお金が必要な方にはプロミスがおすすめです。

プロミスの詳細情報や、最短で融資を受ける方法はこちらの記事で解説しています。

アプリローンなら最短1時間で融資可能

プロミスのアプリローンであれば、来店不要で最短1時間融資が可能です。

ローン専用のアプリをダウンロードしてプロミスに申し込み、スマホのカメラで必要書類をアップロードすれば、簡単に契約できます。

アプリローンではスマホを使って、全国のセブン銀行から借り入れできるようになり、ローンカードも必要ありません。

急にお金が必要になったときには大変便利なサービスです。

来店不要のキャッシングなら振込融資が基本

来店不要のキャッシングを利用するなら、借入は振込融資が基本となります。

そのため15:00を過ぎると、基本的に当日中に融資を受けることができなくなるので注意しましょう。

また土日も銀行同士のネットワークが稼働していないため、振込融資を依頼しても当日中にお金は反映されません。

ローンカードが手元にあれば、提携ATMから随時借り入れできるようになるので、振込だけでは不安な方はローンカードを発行してもらうようにしましょう。

中には24時間振込融資可能なキャッシングも!

キャッシングの中には、24時間振込融資に対応しているところもあります。

たとえばアコムであれば、楽天銀行口座が振込先の場合、24時間即日振込が可能となります。

またプロミスでも、三井住友銀行かジャパンネット銀行が振込先の場合、24時間瞬時に振込可能な「瞬フリサービス」があるのでおすすめです。

夜間でも急に口座にお金が必要になることが多い方は、24時間振込融資可能なキャッシングを選ぶといいでしょう。

必要書類の提出やカード発行はどうなるの?

来店不要のキャッシングの場合、必要書類の提出はスマホのカメラなどで撮影して、WEB上にアップロードする形が多いです。

PCからの申し込みであれば、備え付けのカメラやデジカメで撮影して、データをアップロードする形となります。

またローンカードを発行する場合、基本的に自宅へ郵送されることになります。

本人受取で郵送される場合がほとんどなので、家族が間違えて受け取ることはないですが、「何の郵送物?」と疑われるリスクもあるのでご注意ください。

基本的に消費者金融では一般的に知られている社名ではなく、関連会社の社名で郵送物は送られますが、ネットで調べられるとすぐにばれてしまいます。

自宅へ郵送して欲しくないなら自動契約機がおすすめ

自宅へ郵送物を送って欲しくない方は、自動契約機でローンカードを発行しておくことをおすすめします。

自動契約機のあるキャッシングでは、ネットから申し込みと審査まで終わらせておき、自動契約機でカード発行だけ済ませることも可能です。

自動契約機で一から申し込む場合、1時間程度店舗の中に拘束されることになります。

ネット申し込みと併用すれば、5分程度でローンカードを発行できるので、時間も有効活用することができるのです。

自動契約機でローンカードを発行したい方は、あらかじめネットから申し込んでおくことをおすすめします。