サラリーローンとは?安全に借りられるおすすめはどこ?

公開日: 最終更新日:

最近の若い方はあまり聞く機会も無いかも知れませんが、少し前までは「サラリーローン」が多くの方に利用されていました。

でも、最近聞くことが少なくなってしまったのは何故でしょうか?

「サラリーローン」とは何なのか?そして今現在はどうなっているのかを皆さんに解説させていただきます!

当サイトがおすすめする安全&早く借りられるサラリーローンはこちら↓

ダイレクトワン

サラリーローンとは今でいう「消費者金融」「サラ金」のこと!

「サラリーローン」とは簡単に言えば「給与所得者向けのローン」となります。

原則的に無担保無保証で契約が行なえ、申込みをされた方の信用を審査され融資するかどうかが決定されます。

借入出来る額は最大でも数百万程度のことが多く、普通に生活を送る方にとっては充分な額ですが小口融資に分類されます。

ここまで書いただけでも多くの方は「それって・・・」と何かを思いつくかもし知れません。

そうです!サラリーローンとはいわゆる「サラ金」であり、今現在では「消費者金融」や「消費者金融カードローン」などと呼ばれているものなのです。

昔のサラリーローンは金利が高かったり取り立てが厳しかったりとマイナスのイメージがあったのが事実ですが、国や融資を行う側が金利を含めてきちんとしたルール作りを行い、一般の方が安心して利用出来る様になったことをきっかけに新たに消費者金融やカードローンという呼び名を使う様になったのです。

使いやすくなったのに昔のイメージのままで、使うのをためらわれていては勿体無いですよね。

銀行のカードローンとはちょっと違います

「消費者金融カードローン」と聞いた時に「銀行にもカードローンあるよね?」って思った方もいらっしゃいますよね。

確かにカードローンを取り扱っている銀行もあります。

それらは「銀行カードローン」などと呼ばれていますが、サラリーローン(消費者金融)と銀行は似ている様で幾つかの違いがあるんです。

適用される法律が違う

銀行は銀行法に従って運営されていて、消費者金融は賃金業法という法律の元で運営されています。

つまり、2つはお金を貸すという同じ行為はしていても全く違うモノなんです。

消費者金融は総量規制の対象

消費者金融は総量規制の対象となり銀行は対象外なのですが、影響は借入れする際の限度額に現れます。

この法律の対象となった場合は「年収の3分の1までしか融資が行なえない」のです。

ですから年収300万円の方なら100万円までしか消費者金融で借入れすることが出来ないということになります。

年収の3分の1までしか借りられないのは、デメリットに感じてしまうかも知れないのですが実際は違います。

一般家庭で問題なく返済出来る額までしか融資してはいけないと考えられ産まれた総量規制は、借入を行う方を守る為のルールなのです。

年収500万円の方が気軽に500万円借りられたとしたら、その時は良くても返済に苦労するのは確実だと思いませんか?

ある意味で総量規制の対象であることは、借り過ぎを防ぐ安心感にも繋がるんです。

他にも収入証明書の提出が必要かどうかという違いがあるのですが、50万円以上の限度額を希望した場合必ず収入証明書の提出が求められる消費者金融と同じ様に、法律で定められてはいない銀行も最近では収入証明書の提出を求める様になっています。

ですので、その差はなくなってきているのです。

銀行カードローンとサラリーローンはどっちが便利?

総量規制のことやイメージ的にサラリーローンよりも銀行カードローンの方が優秀に思われがちなのですが、融資までのスピードやサービス内容、利便性の高さではサラリーローンの方が勝っている点も多くあります。

決して銀行カードローンに劣るものではありません。

サラリーローンは安全・安心?

実際に使った経験の無い方からすると「何となく不安」であったり「信用出来ない」という思いがあるかも知れません。

それはそれで仕方のないことなのですが、サラリーローンを多くの方が利用しているという事実があります。

金融庁の調べでは20人に1人の方が消費者金融などを利用して借入を行っているそうです。

この現在の日本の人口は1.3億人を少し下回るくらいですが、仮に1.3億人とすれば650万人もの人が利用していることになるのです。

他にも成人の4人の1人は利用した経験があるというデータも存在します。

実はサラリーローンの大手には銀行が・・・

でも「利用者が多い=安全ではない!」とおっしゃる方もいるはずですし、それは確かに正論です。では、どこで借りるのなら安心・安全だと思いますか?

きっとこの質問に対する答えで1番多いのは「銀行」ではないでしょうか。

確かに色々としっかりしたルールがありトラブルも無さそうに感じますよね。

だけど、ちょっと待ってください!みなさんは実は大手サラリーローンの多くには運営・母体に銀行が入っているということをご存知ですか?

消費者金融 グループ会社
アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ
プロミス 三井住友銀行グループ
ノーローン 新生銀行グループ
SMBCモビット 三井住友銀行グループ

上に記したサラリーローンは大手消費者金融として誰もが知っている名前ばかりだと思います。

そして、全てが銀行に関わっているグループ企業に含まれています。

有名どころとしては他にアイフルがありますが、アイフルは銀行や関連するグループに属していません。ですが東証一部上場の超が付くほどの一流企業です。

この情報を知るとサラリーローンに対する不安感もかなり少なくりませんか?

「有名で利用者が多く、銀行グループであったり上場企業である場所」なら安心安全と言って間違いありません。

もちろん中小の消費者金融にも安全で優良なサービスを行う場所もたくさんありますが、安心感を求めるなら大手を選べば確実ですね。

どんな人が借りられる?どんな条件で借りられる?

さて、いよいよサラリーローンに申し込もうと思った時に「私って申込んでも良い人なの?」とか「金利とかどうなってるの?」とふと我に帰るかも知れないですね。

でも安心してください。サラリーローンは多くの方が利用しやすい条件になっているのですから。ここでは貸付条件について少しだけ解説します。

普通に働いている成人なら大丈夫!

貸付の対象となるのは選んだ借入先に対して多少の違いはあるものの、「20歳以上で安定した収入を得ていて、返済能力があると認められる方」という感じになっています。

この中で気になるのは「安定した収入」と「返済能力」ですが、収入に関しては定期的な収入を得ている方でそれを証明出来れば問題ありません。

決して正社員などという意味ではなく、アルバイト・パート・派遣社員など働き方は問いませんし職場への在籍確認などがキチンと取れるのであれば職種も問われることはまずありません。

返済能力については、過去の借入や分割払いで支払いを遅らせるなどのトラブルを起こしていたり、すでに他社から融資を受けていてこれ以上貸すのは難しいとは判断されなければ大丈夫です。

サラリーローンはどこでも金利に大きな差は無い?

貸付条件で誰もが気になるのは借入限度額と金利です。

大手のサラリーローン数社の最大限度額と金利をリストにしてみると以下の様になります。

業者名 限度額 金利
アイフル 800万円 3.0%~18.0%
アコム 800万円 3.0%~18.0%
プロミス 500万円 4.5%~17.8%
ノーローン 300万円 4.9%~18.0%
SMBCモビット 800万円 3.0%~18.0%

最大限度額は300万円から800万円と大きな違いがある様に見えます。

ですがサラリーローンが総量規制の対象となることを考えると300万円を借りるのには年収900万円が必要となります。

これはちょっと普通に働く方から考えると難しい年収ですよね。

800万円の限度額となると年収2400万円ですから、最大限度額は300万円でも充分と言えます。

金利で差が見えるのは下限の数値なのですが、金利は限度額が高くなると低く設定される傾向があります。

つまり下限金利が設定されるには最大限度額近くまで借りられる様にならなくてはいけません。

これもまたまた難しいですよね。

逆に上限金利はほぼ同じに見えますが、プロミスだけが若干低くなっています。

でも、少しの差でも長く使っている間に思ったより大きな差になって利息として現れることもありますので、金利だけを見ればプロミスが優秀とも考えられます。

今イチオシのサラリーローンはコレ!!

どのサラリーローンを選ぶべきかは、これから借入を行う皆さん次第です。それは各社に特徴があり何を求めるかで選ぶべき場所が変わってくるからです。
ただ独断と偏見を持っておすすめするのなら以下の3つを推させていただきます!!

総合力のプロミス!

まずはプロミスです。

このサラリーローンは上記した通り上限金利で他を一歩リードしています。

金利は利息に直結しますから低くて困ることはありません。

初めて借入を行う方のほとんどは上限金利が適用されますので、そこが低い場所を選ぶのは重要です。

さらにプロミスで初めて契約を行った方は30日間の無利息期間が適用可能です。

また、ポイントサービスもお得感抜群です。

書類提出や毎月の会員サイトへのログインなどで貯まるポイントを消費して、無利息期間の適用や一定期間ATMの手数料無料化などがが行なえます。

さらにさらに条件を満たすことで各種施設で優待サービスが受けられる「おとくらぶ」もあります。

幾つものメリットがあるプロミスは誰にでもおすすめ出来る場所です。

WEB完結のSMBCモビット!

モビットのウリはなんと言っても「WEB完結申込」です。

「三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行」に口座を持っていればWEB完結が利用可能です。

申込みから契約まで全てネット上で行なえ、借入もネットからとなります。

「本人確認などの電話なし・契約書類を含め書類の電子化によって郵送物なし」ですので、モビットはこっそり借りるには最適な場所なんです。

何度でも無利息のノーローン!

ノーローンでは最初の1週間は無利息となります。

他社なら30日間と長い場所もあるのにたった1週間なんて思われるかも知れませんが、ノーローンの凄さは無利息期間が何度でも使えることです。

完済した翌づき以降であれば、借入後1週間の利息は0円。上手く使えば何回でも利息0円で借入が行なえてしまうんです!

まとめ

実はサラリーローンはみなさんの身近に今も消費者金融として存在していました。

そして消費者金融は銀行カーロドーンよりも速さや便利さで勝ります。

大手であれば初めてでも怖がる必要もありません。

それを知った今こそサラリーローンに申し込んで便利に使い生活を豊かにするタイミングなのかも知れませんよ。