サラ金とは?審査の工程や銀行との違いを徹底解説!

公開日: 最終更新日:

サラ金を説明する女性

サラ金という言葉を聞いて、プラスの印象を抱く人はあまりいません。またサラ金について正しく理解している人はもっと少ないものです。中にはサラ金とヤミ金を混同している人さえいます。

そこで今回はサラ金とはどういったものなのか、キャッシングの知識がない方にも分かりやすく解説していきます。この記事を読む前と読んだあとでは、サラ金に対する意識は全く違ったものになっているでしょう。

サラ金を利用したいけれど仕組みが分からないというあなた、この記事ではサラ金審査の工程も細かく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

サラ金とは?

サラ金とは「サラリーマン金融」の略で、サラリーマンなどの個人に対し無担保で融資を行う金融サービスです。一昔前はサラリーマンの利用者が圧倒的に多かったのに対し、最近では学生や主婦などの利用者も増えているようです。

最近では銀行でもカードローンなど個人向け融資を行っていますが、それまで個人が気軽にお金を借りるとなると、サラ金を利用するしかありませんでした。サラ金と聞けば悪い印象を抱く人が多いですが、元々はお金に困った人が、簡単にお金を借りられる画期的なサービスとして誕生したのです。

消費者金融とは違うの?

消費者金融とサラ金のあいだに明確な違いがあるわけではありません。消費者金融という呼び方は、サラ金という言葉の印象が悪いために消費者金融会社が広めたものなのです。そのためサラ金という言葉は消費者金融を指していると考えて間違いありません。

ただし、人によっては消費者金融は大手の業者、サラ金は中小の消費者金融と分けていることもあります。

銀行との違いは?

銀行とサラ金との一番の違いは、適用される法律が違うということです。サラ金(消費者金融)は貸金業法の対象ですが、銀行は銀行法の対象となります。貸金業法では総量規制など貸付に関するルールが厳しく設定されているので、サラ金(消費者金融)の方が貸付できる金額に限りがあります。

サービス面でいえば、銀行の行うカードローンは審査が厳しいぶん金利が低く、サラ金は審査に通りやすいぶん金利が高いという違いもあります。

総量規制について

貸金業法で定められている総量規制は、年収の1/3を超える貸付を原則的に禁じる決まりです。総量規制導入前は多重債務者が続出して、サラ金からの借金が社会問題にまで発展しました。しかし総量規制が導入されたことにより、2016年には多重債務者の数はピーク時の1/15まで減少したのです。

ただし総量規制は年収によって貸付金額が制限されるため、年収の低い方では借り入れが難しくなりました。また貸付できる金額に制限ができたので、サラ金業界全体の貸付残高も一気に減少することになりました。

ヤミ金との違いとは?

サラ金は国や都道府県から正規の認可を受けている金融機関であるのに対し、ヤミ金はどこからも認可を受けていない違法業者です。法律によって債務者は手厚く保護されていますが、ヤミ金は法律を守らないので債務者を厳しく追い詰めます。

ヤミ金からの違法な金利や取り立てに追い込まれて、毎年多くの人たちが人生を狂わされています。お金に困っているからといって、ヤミ金にだけは絶対手を出してはいけません

主なサラ金業者一覧

ここからは国・都道府県から認可を受けている主なサラ金業者を紹介していきます。ここで紹介しているサラ金業者はすべて正規の業者なので、安心して利用できます。しかし最近では正規のサラ金を偽って勧誘している悪徳業者もあるので、騙されないように注意しましょう。サラ金を利用する前に、ここで紹介している貸金業者登録番号が記載されているか確認することをおすすめします。

大手サラ金業者

ここで紹介されたサラ金業者は、全国で利用できる大手消費者金融です。テレビCMなどで宣伝も行っているため、名前を知っている方も多いのではないでしょうか。大手のサラ金は法定金利よりもかなり低い金利で融資を行っているので、利息だけがどんどん膨らんでいくという恐れもありません。また最近の大手消費者金融では、初めて利用する方には無利息期間サービスを行っています。無利息期間中に完済すれば利息はかからないので、一時的な融資には大手サラ金業者がおすすめです。

中小サラ金業者

  • フタバ(東京都知事(1)第31502号・日本貸金業協会会員第000034号)
  • キャレント(東京都知事(2)第31399号)
  • アロー(登録番号:愛知県知事(3)第04195号・日本貸金業協会会員 第005786号)
  • AZ株式会社(京都府知事(3)第03407号・日本貸金業協会会員 第005562号)
  • エイワ(関東財務局長(11)第00154号・日本貸金業協会会員 第001053号)
  • ダイレクトワン(東海財務局長(11)第00027号・日本貸金業協会会員 第003633号 )
  • 日本保証(関東財務局長(11)第01509号・日本貸金業協会会員 第002268号)
  • シンキ「ノーローン」(関東財務局長(11)第01188号・日本貸金業協会会員 第002762号)など

サラ金業者は全国各地にありますが、ここで紹介した業者は全国から利用することができます。国や都道府県からきちんと認可を受けているため、違法な金利で貸付が行われることはありません。ただし中小のサラ金業者は大手と比べて金利が高い傾向にあるので、申込む前に金利はきちんと確認しておきましょう。一般的に大手よりも審査に通りやすいので、大手のサラ金の審査に通らない方が利用するものと覚えておきましょう。

また当サイト「消費者金融審査攻略」では、各サラ金業者の詳細ページも用意しています。詳細が気になる方はぜひリンクをクリックしてください。

過去に営業していた主なサラ金業者

武富士

1966年創業、テレビCMなどサラ金のイメージ向上につとめ、90年代から2000年代にかけて最大手の消費者金融でした。しかし2000年代後半からは過払い金の返還請求の増加などで業績が悪化。2010年には上場廃止にまで追い込まれました。その後、事業は日本保証へと受け継がれ、今では不動産担保金融のみを運営しています。

三洋信販「ポケットバンク」

1959年に福岡県にて三洋信販として創業し、消費者金融サービス「ポケットバンク」を全国に展開させていきました。しかし2006年に貸金業法の違反(顧客取引履歴の改ざん)があったとして、全営業店営業停止命令が下されました。その後プロミスを運営するSMBCコンシューマーファイナンスに買収され、三洋信販は解散することになりました。

ディック(アイク)

1975年に大阪市で創業したサラ金業者です。いち早くオンラインサービスなどに力を入れていましたが、2008年には親会社のシティグループが事業縮小を発表。同年に新規貸付を停止し、現在では返済のみを受け付けています。

サラ金の審査の流れは?

ここからは一般的なサラ金業者が行う審査の流れを紹介していきます。業者によって微妙に流れは異なりますが、大まか流れを掴むことで安心して利用できるでしょう。

サラ金の審査は、上記の6つのステップで進んでいきます。大手サラ金であれば最短30分で審査は終わるので、すぐにお金が必要なときにも助かります。ここからは審査の各工程について細かく解説していきます。

申し込み

大手消費者金融であれば、ネット・自動契約機・電話・FAXなどあらゆる方法で申し込みが可能です。中小のサラ金であれば店舗数も少ないため、ネットか電話で申し込む場合が殆どと考えていいでしょう。

申し込みでは業者が審査を行う際に必要な情報を入力していきます。無担保で信用を基に貸付を行うため、審査は事細かな情報を基に行われます。個人情報を業者に渡すのは不安な気持ちもありますが、正規の貸金業者であれば悪用されることはないのでご安心ください。

申し込みで記入する情報

  • 氏名
  • 住所
  • 年齢
  • 勤務先
  • 連絡先
  • 年収
  • 家族構成
  • 居住形態
  • 他社借入の有無など

サラ金の申し込みでは、主に上記の内容を記入します。申し込み情報に誤りがあれば、審査に落とされる可能性もあるので注意しましょう。また年収などつい水増しして申し込みたくなりますが、業者にばれるとすぐに審査に落とされてしまいます。信用情報の記録から申し込みの嘘はばれてしまうので、正直に申請するようにしましょう。

審査

基本的に審査のあいだは何もすることはありません。大手サラ金であれば審査は最短で30分、中小のサラ金では1時間~数日時間がかかる場合もあります。急いでお金を借りたい方は即日審査に対応している業者を選びましょう。

サラ金の審査では、申し込み情報や提出された書類、信用情報の確認が行われます。いずれも問題がなければ、年収が低くても審査には通るのでご安心ください。年収は貸付金額を左右するだけで、低いから審査に通らなくなるということはありません。

必要書類の提出

申し込みが終われば身分証明書などの必要書類を提出します。先に仮審査が行われるケースもありますが、申し込みが終わったら書類を提出すると覚えておきましょう。審査をスムーズに終わらせたいのであれば、事前に必要書類を用意しておくといいでしょう。

大手消費者金融であればスマホのアプリなどで書類提出を終わらせることができるので便利です。郵送でしか提出できない業者は、即日融資に対応していないので注意しましょう。

一般的なサラ金で必要な書類

  • 身分証明書・・・基本的に必要
  • 収入証明書・・・1社から50万円、他社含め借入総額100万円を超える場合
  • 永住権を証明する書類・・・外国籍の方で申し込む場合
  • 配偶者の同意書・・・専業主婦が申し込む場合

一般的なサラ金では限度額が50万円以内であれば、身分証明書だけで申し込みできます。しかし一社から50万円、他社含めて借入総額が100万円を超える場合には、収入証明書の提出が義務付けられています。これは貸金業法に基づく総量規制で定められていることなので、従わなければ融資を受けることはできません。該当する方は申し込む前に収入証明書を用意しておきましょう。

在籍確認と本人確認の電話

一般的なサラ金では、申し込み者の勤務先へ在籍確認の電話をかけます。審査において安定した収入があるかどうかは一番重要なポイントなので、勤務先に嘘がないか確認されるのです。

在籍確認では、担当者が個人名を名乗って電話をかけてきます。決して第三者に会社名を名乗ることはないので、職場の人たちに在籍確認の電話だとばれる心配はありません。貸金業法では業者が第三者に借金の有無をばらすことは固く禁じられています。そのため在籍確認でも最大限ばれないように配慮してくれるのです。

また在籍確認以外にも、申し込み時に記入された連絡先へと本人確認の電話があります。最終的な意思確認も兼ねているので、質問には正確に答えるようにしましょう。

信用情報確認は何をする?

信用情報とは信用情報機関に登録されている情報のことで、過去に他のローン商品を利用した際の記録などが保存されています。そのため過去に返済の延滞などトラブルを起こした方は、信用情報に記録が残るので審査は不利となるのです。信用情報は一定期間経てば記録が消えるようになっているので、心当たりのある方はしばらく申し込みを待った方がいいかもしれません。

本人を特定するための情報

  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 勤務先
  • 性別
  • 住所
  • 勤務先電話番号
  • 運転免許証の記号

信用情報には過去に他のローンへ申し込んだ際の、申し込み情報が記録されています。信用情報に記録されている情報から、氏名・住所・勤務先に変更があった場合、別途必要書類の提出が求められる可能性があります。サラ金の審査において一番重点的に見られる部分です。

契約内容に関する情報(記録期間5年)

  • 会員名
  • 契約の種類
  • 契約日
  • 貸付日
  • 契約金額
  • 貸付金額
  • 保証額

過去、もしくは現在利用中のローン契約に関する情報が記録されています。あまりにも借入額が多かったり、現在も他社から借入があったりすると、サラ金の審査では当然不利になります。

返済状況に関する情報(記録期間5年)

  • 入金
  • 延滞
  • 残高金額
  • 完済日

過去に行われたローンの返済記録が保存されています。ここに延滞の記録があるとサラ金の審査はかなり不利となります。延滞記録は5年間消えないため、これからお金を借りようと考えている方は、延滞しないように気をつけましょう。

取引事実に関する情報(記録期間5~10年)

  • 債務整理
  • 強制解除
  • 破産申立て
  • 保証履行

債務整理や自己破産をした場合、取引事実に関する情報として記録されます。ここに記録が残っている人は、いわゆるブラックリストと呼ばれる状態になります。ブラックになると大手サラ金の審査には通らなくなるので、借りすぎには注意しましょう。ただし債務整理や自己破産をした記録も、一定期間経てば消えるようになっています。(保存期間は信用情報機関によって異なります)

申し込みに関する情報(記録期間半年)

  • 本人情報
  • 申し込み日
  • 申込んだローン商品の情報

ローン商品に申し込みをしただけでも、記録は残されます。短期間に複数の申し込み記録が残っていると審査は不利になります。、かなりお金に困っていると判断されるからです。一度ローン商品に申込んだ方は、申し込み記録が消えるまで、最低でも半年間は待っておくようにしましょう。

借り入れ

審査が終われば借り入れできるようになります。大手の消費者金融であれば、自動契約機でその場でカード発行を行ったり、すぐに振込融資を受けることができます。中小のサラ金であれば、振込融資が基本と考えていいでしょう。そのため銀行の営業時間を過ぎれば当日中に借り入れできないので、早めに契約を済ませておくようにしましょう。

サラ金の審査は誰でも通る?

サラ金といえば誰でも審査に通るイメージがありますが、大手消費者金融であれば申し込み者の半数は審査に落ちてしまいます。中小のサラ金であれば審査基準は緩いので、他社からすでに借り入れがあるなど、審査が不安な方は中小を利用するといいでしょう。

また過去に長期間の返済の延滞をしたり、債務整理をしたりした方は、ブラックリストに登録されてしまいます。ブラックリストでは大手消費者金融の審査にはまず通らないので、中小のサラ金を利用するようにしましょう。

あまりにも審査の甘いサラ金には注意

ブラックや他社借入OKと過剰に宣伝しているサラ金は、ヤミ金かもしれないので注意しましょう。基本的にサラ金は総量規制があるので、年収の1/3以上借り入れが出来ません。総量規制を守っていない業者は違法なヤミ金なので、利用しないように気をつけましょう。

安心&便利に借りられる大手サラ金業者

続いて大手のサラ金(消費者金融)業者を紹介していきます。中小のサラ金と比べて金利が安く、自動契約機サービスなど充実していますが、審査が厳しいというデメリットもあります。年収が安定しており、信用情報にも問題ないという方におすすめです。

また大手消費者金融であれば、初めて申し込みをする方には無利息期間サービスを行っています。期間中に完済すれば利息を支払う必要もないので、短期融資を考えている方には大手消費者金融がおすすめです。

プロミス

大手消費者金融であるプロミスは上限金利が17.8%と大手の中では最も低いのが特徴です。また初回時に適用される最大30日間の無利息期間だけでなく、ポイントを貯めて無利息期間を再び利用することもできます。短期融資にも長期融資にも向いているカードローンといえるでしょう。

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

ただし利息がお得なぶん、中小のサラ金と比べて審査が厳しいというデメリットがあります。審査通過率も大手の中では最も低いので、すでに他社借入があったり、信用情報に問題があったりすれば、審査に落ちる可能性もあると考えておきましょう。

申し込みはスマホやパソコンからネット申し込みができるほか、全国に設置されている自動契約機からも申し込みできます。最短30分の審査で即日融資を受けられるので急いで借りたい方にもおすすめです。

 金利 4.50%~17.8%
 限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
自動契約機
無利息期間 最大30日間・ポイント制
借り入れ方法 振込/ATM
申し込み方法 PC/スマホ/電話/FAX/郵送/自動契約機
担保・保証人 不要

アイフル

アイフルでは初めて申し込みをする人でも利用しやすいサービスが人気です。自動契約機てまいらずでは、電話で担当者と会話するだけで申し込みを済ませることもできます。

またアイフルでは収入証明書も50万円まで原則不要なので、運転免許証などの身分証明書を用意しておくだけで申し込みを終わらせることができます。手軽に借り入れたい方におすすめのサラ金です。

初めてアイフルを利用する方には、最大30日間の無利息期間サービスも行っています。契約してから30日間は一切利息が発生しないため、利息が不安でサラ金に申し込むのを躊躇している方にもおすすめです。

 金利 4.50%~18.0%
 限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
自動契約機
無利息期間 最大30日間
借り入れ方法 振込/ATM
申し込み方法 PC/スマホ/電話/FAX/郵送/自動契約機
担保・保証人 不要

モビット

モビットは最短10秒簡易審査で手軽に申し込みを終わらせることができます。モビットは10秒簡易審査が終われば自動契約機でカード発行も出来るので、すぐに融資を受けたい方におすすめしています。

またモビットではWEB上の手続きだけで、申し込みから契約まで完結させることができます。家族に借金がばれたくない人などは、WEB完結申し込みで契約まで終わらせることをおすすめします。(WEB完結申し込みを利用するには条件があるので、申し込み前に詳細ページからご確認ください)

限度額も800万円まで対応しているので、幅広い用途に利用できる消費者金融です。

 金利 3.0%~18.0%
 限度額 1~800万円
審査時間 10秒簡易審査
自動契約機
無利息期間
借り入れ方法 振込/ATM
申し込み方法 PC/スマホ/電話/FAX/郵送/自動契約機
担保・保証人 不要

アコム

アコムは2016年から始めて利用する方に30日の無利息期間サービスを始めました。また限度額も800万円まで枠を拡大し、更に便利な消費者金融となりました。
創業から80周年というサラ金の中でも最も歴史のある企業なので、初めての方でも安心して利用できます。
またアコムは大手サラ金業者の中では最も審査通過率が高いので、審査が不安という方にもおすすめしています。

 金利 3.0%~18.0%
 限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
自動契約機
無利息期間
借り入れ方法 振込/ATM
申し込み方法 PC/スマホ/電話/FAX/郵送/自動契約機
担保・保証人 不要

安心して借りられる中小のサラ金業者

ここからは初めてでも安心して借りられる中小のサラ金業者を紹介していきます。大手と比べて知名度は低いですが、貸金業者として認可を受けている正規の業者なので、安心して申し込んでください。すでに他社から借り入れがあって大手の消費者金融の審査に通らないという方は、ここで紹介している中小のサラ金業者がおすすめです。

フタバ

フタバは中小サラ金業者の中では珍しく、初めての利用する方に最大30日間の無利息期間サービスを行っています。通常の金利自体、上限金利は大手消費者金融よりも低いため、利息を安く済ませたい方には特におすすめしています。

ただしフタバ提携しているATMがないので、借り入れには振込融資を受けるしかありません。そのため15:00以降は融資を申し込んでも、翌営業日以降しか口座に反映されません。当日中に融資が必要な方は14:50までにも申し込みを終わらせておくようにしましょう。

全国対応している中小サラ金業者は少ないですが、キャッシングのフタバは昭和38年から営業している老舗消費者金融です。知名度の低いサラ金業者を利用するのが不安という方でも、フタバであれば安心して利用できるのではないでしょうか。

 金利 14.959%~17.950%
 限度額 1~50万円
審査時間 最短当日
自動契約機
無利息期間 最大30日間
借り入れ方法 振込
申し込み方法 PC/スマホ/電話
担保・保証人 不要

アロー

アローは最短45分のスピ―ド審査が人気のサラ金です。中小のサラ金であれば審査に時間がかかっていまいますが、アローであれば大手消費者金融並みのスピードで融資を受けることができます。即日融資を受けたい方にもおすすめのサラ金です。

また貸金業法に基づく借り換えローンも行っており、他社の借金を借り換えることもできます。毎月の返済に苦しんでいる方は積極的に借り換えローンを利用するといいでしょう。

金利が高いぶん、大手サラ金よりも審査に通りやすいというのが大きなメリットです。

 金利 15.00%~19.94%
 限度額 1~200万円
審査時間 最短45分
自動契約機
無利息期間
借り入れ方法 振込
申し込み方法 PC/スマホ/電話/FAX/郵送
担保・保証人 不要

キャレント

キャレントは14:00までに契約手続きを終わらせることで即日融資を受けることができます。ネット手続きで当日中に融資を受けることが出来るので、急いで融資を受けたい方におすすめです。

また審査に通るか不安という方のために、キャレントでは3秒で終わる借り入れ診断も行っています。自分が借り入れできるかどうかすぐに知ることが出来るので、サラ金の審査が不安という方はぜひ利用してみてください。

 金利 7.80%~18.0%
 限度額 1~500万円
審査時間 1時間程度
自動契約機
無利息期間
借り入れ方法 振込
申し込み方法 PC/スマホ/電話
担保・保証人 不要

安心&便利&お得に借りられる銀行カードローン

最後に銀行のカードローンを紹介していきます。どうしてもサラ金を利用するのが怖いという方は、銀行を利用するといいでしょう。サラ金と比べて金利が低いので、利息がどんどん膨らんでいくこともありません。ただしアルバイトやパートの方では審査に通りづらいのでご注意ください。

また大手銀行のカードローンであれば、ローンカードが見られたときにも借金しているとばれにくいというメリットもあります。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」はスムーズに申し込みできるカードローンです。消費者金融並みのスピードで融資を受けることができるので、急いでお金を借りたいという方には三菱東京UFJ銀行カードローンがおすすめです。

また銀行では珍しく自動契約機も設置しているので、家族に気付かれずにお金を借りたいときにも便利です。

 金利 1.8%~14.6%
 限度額 10万円~500万円
審査時間
自動契約機
無利息期間
借り入れ方法 振込/ATM
申し込み方法 PC/スマホ/電話/FAX/郵送/自動契約機
担保・保証人 不要

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンでは、プロミスを運営するSMBCコンシューマーファイナンスが審査を行うため、審査時間が最短30分と非常に短いのが特徴です。カードを発行せずに融資を受けられるので、手軽に借り入れまで済ませたい方にもおすすめしています。

 金利 4.0%~14.5%
 限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
自動契約機
無利息期間
借り入れ方法 振込/ATM
申し込み方法 PC/スマホ/電話/FAX/郵送/自動契約機
担保・保証人 不要

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは二つの金利プランを用意しており、幅広い層の人たちが審査に通るよう工夫されています。また銀行カードローンの中では最大の限度額1000万円まで対応しているので、大口融資を希望している方にもおすすめしています。

また上限金利が14.0%と大手銀行カードローンの中では最も低いので、50万円以内の融資では一番お得です。

 金利 3.0%~14..0%
 限度額 1~1000万円
審査時間 最短当日
自動契約機
無利息期間
借り入れ方法 振込/ATM
申し込み方法 PC/スマホ/電話
担保・保証人 不要

サラ金を利用すると今後のローン審査に響く?

サラ金の利用履歴があった場合、審査に与える影響は業者によってさまざまです。利用していること自体にマイナス評価を与える業者もあれば、完済していればプラスにとらえる業者もあります。

審査に与える影響が心配という方は、サラ金を解約して5年間は住宅ローンなどの大型融資の審査は受けないようにしましょう。5年経てば利用履歴が消えるので、他のローン審査に与える影響は無くなります。

まとめ

サラ金に対して悪いイメージを持っている方は多いですが、サラ金について正しい知識を持っていれば、利用したからといって損するわけではありません。

もちろん返済には利息を支払わなければなりませんが、そのぶんお金を借りることで助かる部分が多いはずです。最近では資格を取るための資金調達としてサラ金を利用する方も増えてきています。

お金に困ったときには、サラ金を正しく利用して生活を立て直すという手段も有効です。しかしくれぐれも借りすぎには注意して、利用するようにしましょう。中小のサラ金会社を利用する際には、闇金に騙されることがないように注意しましょう。