審査の甘い銀行カードローンはある?審査基準・難易度・通るコツを分析

公開日: 最終更新日:

カードローンは、銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものの2種類に大きく分かれます。

金利は消費者金融が平均で年18.0%前後なのに対し、銀行カードローンは年15.0%以下とかなりお得です。

また、貸金業者からお金を借りるより、信頼性の高い銀行から借りたほうが安心ですよね。

ただ、銀行カードローンを利用する際に気になるのが、審査の難しさ。今回は、果たして銀行カードローンの審査は甘いのか?厳しいのか?主婦やアルバイトでも借りれる銀行カードローンはどこかを解説していきます。

審査の甘い銀行カードローンなんて存在しない!消費者金融より審査基準は厳しい

結論から言うと、審査の甘い銀行カードローンというのは存在しません。消費者金融に比べて、銀行カードローンの審査基準は厳しく設定されています。

銀行カードローンの審査が厳しい理由は、以下の2つです。

  • 金利が低いから
  • 審査が甘いと本店業務に影響が出るから

まず前述の通り、銀行カードローンは消費者金融に比べて低金利です。利用者にとっては嬉しいですが、低金利で利息が少ないということは、すなわち金融機関の利益が少ないということです。

低金利の銀行カードローンは消費者金融よりも未返済のまま逃げられた時のダメージが大きいので、審査でお金に余裕があり、信頼できる人をより厳しく選別します。

そのため、相対的に審査が厳しいというわけですね。

また、銀行は多額のお金を扱うわけですから、信用が第一です。もしカードローン審査が甘く、反社会勢力や犯罪者にお金を貸してしまえば、銀行の評判は著しく下がり、キャッシング以外の業務にも悪影響を及ぼします。

利益と信用という2つの点から、銀行は審査基準を厳しく設定しているのです。

銀行カードローンの審査は実は甘い?審査で見られるポイント

銀行カードローンの審査は、前述の通り消費者金融に比べて厳しいです。

ただ、そもそも、銀行カードローンの審査通過率は半数以下と低めですが、審査に落ちる人は過去に借入の延滞がある、無職で借金を抱えているというケースがほとんどです。

審査の対策をすれば、そこまで通過が難しいわけではありません。以下のポイントを意識して、準備をおこなっていきましょう!

審査で見られるのは収入(返済能力)と信用情報の2点

カードローンの審査では、収入信用情報が重要視されます。

特に審査結果に大きく影響するのが収入です。低収入だとお金を貸しても返済できないので、当然といえば当然ですね。

もちろん、高収入であればあるほど審査に有利ですが、100~300万円と低年収でも借入額が少なく、毎月の返済を余裕を持ってできるなら、審査に通ることができます。

返済能力は単純に収入が高いか低いかではなく、借入額とのバランスが重要です。

次に見られるのが信用情報です。

信用情報とは、主に以下の項目を指します。

  • 過去の借金(債務整理)の有無
  • クレジットカード・カードローンの延滞の有無
  • 他社借入の有無

これらの情報は信用情報機関に登録されており、金融業者は審査時に申請して開示を受けることができます。

延滞が過去にあると、信用できない人と見なされ審査に落ちる確率が高くなるので注意しましょう。

勤続年数が1年未満だとカードローン審査に落ちやすいので注意

銀行カードローンの審査では年収が高いか低いかだけでなく、収入が安定しているかもチェックされます。

その基準になるのが勤続年数で、審査に確実に通るためには最低でも1年以上、できれば3年以上というのが前提となります。

3年以上勤続しているということは、あなたの収入が安定しているのはもちろん、勤務先が安定成長している証明にもなります。

また、勤続先の規模(資本金、従業員数など)も銀行カードローンの申し込み時に記入しますが、これも数が大きければ大きいほど、審査に通過しやすくなります。

他社借入件数・金額が多いほど審査に通りにくい

前述の通り、銀行カードローンの審査では、他社からの借入の有無もチェックされます。

同時に借りている件数が多いと審査に通りにくくなるので注意しましょう。

何社からの同時借入が許容されるかは銀行によっても違いますが、過去の事例・口コミから判断するに、3社借り入れ中の新規申し込みは、基本的にどこの銀行でも審査に落ちるようです。

すでに複数社から借入がある方は、まず1社分を完済してから新規申し込みをするか、おまとめローンを使って借入を一本化するのがおすすめです。

申し込みで嘘をつかない

当然ですが、銀行カードローンの申し込みに嘘の記載があれば、審査に無条件で落ちます。

実は、前述の信用情報機関は金融履歴の他に個人情報や年収情報も保管してあるので、あからさまな嘘をついてもすぐにバレてしまうのです。

「じゃあ、あからさまじゃない程度に嘘をつけばバレないの?」と思ってしまいますが、年収をほんのちょっと水増ししたところで審査が不通過→通過となることはありません。

審査時に気になる点があれば、保証会社から電話が来て、申し込み情報の真偽の確認や証明書類の提出を求められます。これによって申し込み時の嘘がバレると、今後一切の金融サービスが利用できなくなる可能性もあるので注意しましょう。

審査に通りやすい銀行カードローン!ネットバンク・地銀がおすすめ

楽天銀行カードローン

金利 1.9%~14.5%
審査時間
申し込み方法 ネット・電話・郵送
申し込み条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳以上62歳以下の方
  • 日本国内に居住している方
  • 会社に勤務しており、毎月安定した収入のある方
  • 楽天カード・セディナ株式会社の保証を受けられる方

楽天銀行カードローンは、年収100万円~300万円の方の審査通過口コミが多く、アルバイトや主婦でも通りやすいカードローンとなっています。

楽天銀行は銀行法適用対象の立派な金融機関ですが、ネットバンクということもあり、伝統あるメガバンク・地銀などと審査基準が若干違うのでは?ともいわれています。

このように、公式サイトのトップページで非正規雇用以外の申し込みを受け付けていると書いている銀行カードローンは少なく、彼らが学生や主婦への融資にも力を入れているのがわかりますね。

楽天カードユーザーならより審査が甘くなる?

ただでさえ審査の甘い楽天銀行カードローンですが、あなたが楽天カードのユーザーで、これまで支払いの延滞などがなければ更に審査に通りやすくなります。

前述の通り、過去にクレカの延滞があれば審査に通りにくくなりますが、信用情報機関に登録されている情報はあまり詳しいものではありません。

一方、楽天カードの利用状況は細かく楽天銀行にも共有できるので、延滞すれば他社のクレカで延滞するより審査に悪影響を及ぼしますが、反面、期限を守って利用すれば審査で優遇してくれます。

また、楽天銀行カードローンは借入特典として最大3万円分の楽天スーパーポイントがもらえます。

このポイントを上手に活用できるなら、借入額を3万円減らして返済能力を上げるというのも、審査通過の一つの手です。

限度額の低い地方銀行カードローンは審査が甘いと評判!

審査に通りやすい意外なものが、地方銀行が提供するカードローンです。

銀行名 金利 最大限度額
常陽銀行カードローン 年2.5%~14.8% 800万円
静岡銀行カードローン 年4.0%~14.5% 500万円
千葉銀行カードローン 年4.3%~14.8% 800万円
八十二銀行カードローン 年 5.5%~14.5% 300万円
北海道銀行カードローン 年1.9%~14.95% 800万円

上は主な地銀カードローンですが、ご覧の通り低金利で、限度額も高いものが多いです。

ただ、地銀カードローンは対応エリアが限られており、TVCMを放映しているメガバンクや大手消費者金融よりも知名度が低いので、申込者数は少なく、十分な利益は見込めていません。

大手キャッシング業者は申し込みが多すぎると審査基準を引き上げるという施策を取りますが、地銀カードローンは申込者が少なく、審査基準が安定していると考えられます。

地元の銀行がカードローンを提供していることすら知らない人が多いですが、意外におすすめですよ!

2018年から銀行カードローンの審査基準は厳しくなる!審査に通りたいなら消費者金融がおすすめ

2018年から、銀行カードローンの審査基準は全面的に厳しくなりました。

2017年に過剰借り入れを原因とする自己破産者が増えたのがきっかけで、保証会社に審査を丸投げする従来のシステムが非難されたからです。

改善策として、審査時に警察のデータベースと申し込み情報を照合する手続きが加えられるようになり、即日融資も不可となりました。

2018年以降、即日融資できるカードローンを希望するなら、消費者金融一択となります。

ここからは、2018年以降のキャッシング利用におすすめな消費者金融を紹介していきます!

プロミス

プロミス

プロミスは上限金利が年17.8%と、消費者金融の中ではトップクラスの低金利となっています。

銀行カードローンよりも金利が高いですが、最大30日間の無利息期間サービスがあるので、少額の借り入れであれば銀行から借りるよりもお得です。

全国のコンビニATMと提携しているので返済・借り入れがスムーズですし、近年リリースされたアプリローンを使えば、カードレスでお金を借りることができます!

アイフル

アイフルは上限金利が年18.0%なので、プロミスよりも審査に通過しやすいと考えられます。

金利は高く感じますが、最大30日間の無利息期間サービスも付いているので、金利適用前に完済してしまえば、ただの審査に通りやすいお得なカードローンに早変わりです。

主婦学生からの通過報告も多数よせられているので、初めてのキャッシング利用におすすめですよ!

アコム

アコム

アコムは、最短30分での審査回答、1時間弱での振込が可能な消費者金融です。

ネットで審査に申し込み、自動契約機「むじんくん」で借り入れをおこなえば最短で融資を受けることができます。

審査基準はプロミス、アイフルと大差ありませんが、テレビCMなどの影響もあり、人気はアコムが最も高いです。

多くの方が利用しているという安心感があるので、申し込みやすいのが大きな魅力ですね!

審査のないお金の借り方を選ぶのも1つの手

銀行カードローンは、申込者の収入・信用情報を審査し、通過した方に融資をするという形をとっています。

反面、質屋などは高価な品物を預け、担保にすれば、申込者の性質を問わず、品物の価値に見合った金額を融資してくれます。

お金を借りる→カードローンに申し込むという考えに陥ってしまうと他の方法が見えなくなってしまいがちですが、出来ればさまざまな方法から最適なものを選ぶのがベストです。

こちらにお金を借りる方法は多数まとめてあるので、銀行カードローンも含めて広い視野でご検討ください!