消費者金融おすすめランキング!審査・金利・無利息で比較!

公開日: 最終更新日:

消費者金融を比較する女性

消費者金融を利用したいけれど、どの業者に申し込めばいいのかお悩みのあなた!

このページでは金利・審査の通りやすさ・無利息期間サービスで消費者金融を比較し、それぞれランキング形式で紹介しています。

初めて消費者金融を利用する方でも、きっとあなたの要望に応える消費者金融を見つけることができるはずです。

金利の低い!おすすめ消費者金融ランキング

1位 プロミス

プロミス

金利 4.5%~17.8%
限度額 500万円
遅延損害金 20.0%
無利息期間 最大30日間

プロミスの上限金利は実質年率17.8%と、大手消費者金融の中では最も低金利!

返済期間が長期化する場合、少しの金利の違いでも、結果的に支払う利息には大きな差が生まれます。

少しでも利息を安く抑えたいなら、上限金利の低いプロミスへの申し込みをおすすめします。

プロミスのカードローン基本情報【審査・金利・返済】

2位 キャッシングのフタバ

キャッシングフタバ

金利 14.959%~17.950%
限度額 50万円
遅延損害金 20.0%
無利息期間 最大30日間

大手消費者金融の上限金利は18.0%が一般的ですが、キャッシングのフタバでは上限金利17.950%で融資を行っています。

僅かですが他の消費者金融より金利は低いので、安心して借りることができます。

大手と比べると知名度は低いので、「本当に大丈夫なの?」と不安に思うかもしれませんが、東京都知事から認可された正規の貸金業者なのでご安心ください。

キャッシングのフタバ基本情報【審査・金利・返済】

3位 アコム

アコム

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
遅延損害金 20.0%
無利息期間 最大30日間

アコムの上限金利は18.0%と消費者金融の中では平均的ですが、下限金利は年率3.0%と銀行カードローン並みに低金利なのが特徴です。

限度額が高くなるほど下限金利に近づいていくため、大口融資を考えている人にはアコムがおすすめです。

しかしアコムを含めて消費者金融は総量規制の対象となるので、年収の1/3を超える限度額を設定することはできないのでご注意ください。

アコムのカードローン【審査・金利・返済】

3位 モビット

モビット

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
遅延損害金 20.0%
無利息期間

アコムと同様にモビットは下限金利は実質年率3.0%と、銀行カードローン並みに低金利です。

しかしアコムと同じく総量規制の対象となるので、限度額の上限である800万円の融資を受けるには、年収が2400万円以上必要となります。

モビットの詳細情報

基準金利は消費者金融より銀行カードローンが低い

基準金利でみると、消費者金融よりも銀行カードローンの方が低金利です。

上限金利、下限金利ともに銀行カードローンの方が低いことが多いので、長期的な返済を考えている人は銀行カードローンがおすすめです。

しかし消費者金融には無利息期間サービスがあり、最初の数日間は利息が発生しません。

そのため短期に完済できるのであれば、消費者金融のカードローンの方がお得なケースが多いです。

また銀行カードローンは金利が低い代わりに審査基準が厳しいので、銀行の審査に通らない人は消費者金融を利用するしかありません。

審査の甘い!おすすめ消費者金融ランキング

1位 フクホー

フクホー

フクホーは大手消費者金融と比べると知名度は低いですが、審査基準は甘いので大手の審査に落ちた人にもおすすめです。

他社から借り入れがある方や、過去に返済の延滞をして信用情報に傷がついている方でも、融資を受けることが可能です。

ネット申し込みから全国対応しているので、お金に困ったときには相談してみるといいでしょう。

フクホーのキャッシング基本情報【審査・金利・返済】

2位 キャレント

キャレント

キャレントはここ10年で生まれたばかりの新規消費者金融ですが、ネット申し込みから簡単に借りることができると人気を集めています。

完全なWEB完結申し込みで、平日14:00までに申し込めば即日融資を受けることができるので、確実にお金が必要なときにおすすめです。

担保・保証人不要、信用実績のない方でも融資を行っているので、大手の審査に落ちた人にもおすすめです。

キャレントの基本情報

3位 AZ株式会社

AZ株式会社

AZ株式会社は上限金利20.0%と大手よりも金利は高いですが、その分審査基準の甘いおすすめ消費者金融です。

多重債務で困っている方でも、AZ株式会社であれば融資を受けられる可能性があります。

過去に債務整理をしたことがある方でも、現状の経済状況を考慮して柔軟に審査してもらえます。

AZ株式会社のキャッシング基本情報【審査・金利・返済】

大手消費者金融より中小サラ金の方が審査は甘い!

大手消費者金融よりも、中小のサラ金業者の方が審査基準は甘くなります。

アコムやプロミスなど、大手の消費者金融では審査通過率は50%を下回っており、新規申込のうち約半数は審査に落とされています。

中小のサラ金業者は、大手に落ちた人を相手に融資を行わなければならないので、必然的に審査基準は甘くなっていくのです。

そのため銀行カードローンの審査に落ちたら大手消費者金融、大手の審査に落ちたら中小のサラ金業者に申し込むのが一般的です。

無利息期間で選ぶ!おすすめ消費者金融ランキング

1位 プロミス

プロミス

プロミスでは初めて利用する人を対象に、30日間の無利息期間サービスを行っています。

他社であれば契約日の翌日から適用されるケースが多いですが、プロミスでは借入日の翌日から30日間無利息なので、せっかくの無利息期間を無駄にすることもありません。

また会員ポイントを貯めることで、再び無利息期間を利用できるので、長期的に返済しようと考えている人にもおすすめです。

プロミスのカードローン基本情報【審査・金利・返済】

2位 ノーローン

ノーローン

ノーローンは何度でも利用できる無利息期間サービスが人気です。

完済するたびに翌月の借入から最初の1週間は無利息となるので、毎回1週間以内に返済しておけば、利息を1円も支払わずに済むのです。

給料日前で金欠になることが多い方は、ノーローンの無利息期間を活用してください。

ノーローンからお金を借りるまでの流れ【金利・審査・口コミ】

3位 アイフル

アイフル

アイフルでも初めて利用する人を対象に、30日間の無利息期間サービスを行っています。

しかしアイフルの場合、契約日の翌日から無利息期間が適用されてしまうので、契約後はなるべく早く借り入れしましょう。

アイフルは顧客対応に定評があるので、初めて消費者金融を利用する方にもおすすめしています。

アイフルでお金を借りる方法・審査基準や審査に落ちる理由を解説

短期キャッシングなら無利息期間のある消費者金融

給料日まであと3日だけど、一万円だけ欲しい…。

というように、返済する目処が立っている短期のキャッシングであれば、無利息期間のある消費者金融がおすすめです。

無利息期間内に完済し終われば、利息を支払う必要もないので銀行カードローンよりもお得になります。

消費者金融を選ぶ際には、返済期間を考えて実際に発生する利息を考えることが大切です。

2018年1月から銀行カードローンの審査は厳しくなる

2018年の1月から、銀行カードローンでは審査基準の厳重化のため、審査システムが大きく変わることが発表されました。

従来までは銀行と保証会社が審査を行い、信用情報機関の記録をチェックするだけで審査は終わっていました。

しかし今後は警察とともに第三の審査機関を設立し、警察のデータベースを使ってさらに詳しく顧客情報を調べるようになるのです。

その結果、銀行カードローンでは即日融資が原則不可能となり、融資に最短でも2~3日はかかるようになりました。

また銀行カードローンの過剰貸し付けによって、13年ぶりに自己破産の申請数が増加したことも合わせて、各社の審査基準は厳しくなることが予想されています。

今後は銀行カードローンの審査に通るのはさらに難しくなるため、手軽に融資を受けたいのであれば、消費者金融をおすすめしています。

銀行カードローンは即日融資停止へ!今後は審査に1週間程度かかる見通し