収入証明書不要なカードローン8社を徹底比較!

公開日: 最終更新日:

カードローン審査には収入証明書の提出が必要なものもあります。

収入証明書の提出があると届くまで時間がかかってしまいますし、個人情報の流出も心配です。

給与明細を紙でもらっていないという方は、審査が終わるまで余分な手続きが必要になり、審査落ちの可能性も高まります。

カードローンの中では収入証明書が不要なものもあります。不安な方はこうしたところに申し込むことをおすすめします。

今回は、収入証明書不要のカードローンはどこか、そのなかでのおすすめはどれかを紹介していきます。

収入証明書不要なカードローンと不要になる条件を紹介!

収入証明書不要のおすすめカードローンランキング!

1位 楽天銀行カードローン

金利 1.9%~14.5%
審査時間
申し込み方法 ネット・電話・郵送
申し込み条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳以上62歳以下の方
  • 日本国内に居住している方
  • 会社に勤務しており、毎月安定した収入のある方
  • 楽天カード・セディナ株式会社の保証を受けられる方
収入証明書 300万円以下の借入なら不要
遅延損害金 19.9%
返済方式 残高スライドリボルビング方式
限度額 最大800万円
会社名 楽天銀行株式会社
本社 東京都世田谷区玉川1-14-1楽天クリムゾンハウス

楽天銀行カードローンは、金利の安さと楽天ユーザーならお得に利用できる点が大きな魅力です。

収入証明書の提出条件が借入300万円超を借りた時なので、ほとんどの方は提出する必要がありません。

楽天のサービスを長年愛用してきた方なら審査で優遇してくれる可能性も高いので、かなりおすすめですよ!

2位 イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローン

金利 年3.8%~13.8%
審査時間 最短翌営業日
収入証明書 300万円以下の借入なら不要
ネット申込

イオン銀行カードローンはネットバンクということもあり、完全WEB完結でスピーディに審査を終わらせることができます。

金利がかなり低く、まとまった額の借入ならかなりお得に利用できます。

こちらも300万円以下の借入なら収入証明書を提出する必要がありません。

3位 オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

申し込み条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳から69歳未満の方
  • 原則的に毎月安定した収入のある方
  • 国内に在住している方
  • オリックス・クレジット株式会社、新生フィナンシャル株式会社から保証を受けられる方
金利 1.7%~17.8%
限度額 最高800万円
申し込み方法
  • PC
  • スマホ
  • タブレット
審査時間 最短当日
審査回答方法
  • メール
  • 電話
申し込みにかかる時間 10分~15分
借り入れ方法
  • 振込融資
  • ネットキャッシング
  • 電話
返済方法
  • 口座引落
  • ATM返済
  • 振込返済
最低返済額 毎月7000円から
必要書類
  • 本人確認書類(氏名・現住所・生年月日が確認できるもの)
  • 収入証明書
収入証明書 300万円以下の借入なら不要
提携ATM
  • 主要コンビニATM
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 西日本シティ銀行
  • ゆうちょ銀行
遅延損害金 借入利率+2.1%

オリックス銀行カードローンは、上限金利が年17.8%と、銀行の中ではトップクラスに金利が高くなっています。

その分利息が高くて返済が大変ですが、審査には通りやすいです。

最大融資額が800万円と高めで、収入証明書も300万円まで不要なので、高額借入をしたい人は特におすすめですよ。

4位 プロミス

金利 4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
申し込み条件
  •  申し込み時の年齢が20歳~69歳の方
  • 本人に安定した収入がある方
収入証明書 50万円以下の借入なら不要
必要書類
  •  運転免許証など
  • 収入証明書
無利息期間  初回借入の翌日から30日間

プロミスは上限金利が年17.8%と、消費者金融の中ではトップクラスで低金利のカードローンです。

初回借入の翌日から30日間は無利息でお金を借りられるので、この間に完済してしまえば利息0です。

生活費が少し足りないときに少額借入をすると非常にお得に利用できるローンです。

5位 アコム

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
収入証明書 50万円以下の借入なら不要
遅延損害金 年率20.0%
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間・返済回数 9年7カ月・1回~100回
担保・保証人 なし

アコムもプロミスと同じように無利息期間が30日間ついたお得なカードローンです。

アコム、プロミス、アイフルの3つの中では最も審査に通りやすいと評判で、初めてキャッシング利用をする方に勧めることも多いです。

全国に設置されている自動契約機「むじんくん」を使えば、最短30分で即日融資を受けることができますよ!

6位 アイフル

アイフル新0円バナー

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
収入証明書 50万円以下の借り入れなら不要
申し込み条件 申し込み時の年齢が満20歳を超える方
定期的な収入と返済能力が認められる方
アイフルの審査基準を満たしている方
即日融資  可能

アイフルもプロミス、アコムとともに大手3社に数えられる消費者金融です。

最近スペックの見直しがあり、より借りやすくなりました。

女性でも安心して借りられる「レディースアイフル」というサービスも提供しているので、一度試してみてはいかがでしょうか!

7位 ノーローン

実質年率 4.9%~18.0%
審査時間 最短20分
限度額 300万円
収入証明書 50万円以下の借入なら不要
申し込み方法
  • ネット申し込み
  • 電話
  • 郵送
  • 来店
無人契約機
手数料 108円~216円
提携ATM
  • コンビニ
  • 銀行
女性向けローン

ノーローンは新生銀行グループのシンキという会社が提供する消費者金融カードローンです。

目立ったスペックの特徴はないですが、7日間まで何度も使える無利息サービスが大きな魅力です。

給料日前など決まったタイミングでお金に困るという方は、長期でローンを借りるよりノーローンを給料1週間前で借りるという工夫をするとかなりお得ですよ!

8位 レイクALSA

申し込み方法
  • WEB
  • 電話
  • 自動契約機
利用者の条件
  • 満20歳~70歳以下(更新は70歳まで)
  • 永住許可を持つ外国人
資金の使途 原則自由
ご利用限度額 最大500万円(1万円単位)
収入証明書 50万円以下の借入なら不要
借入利率 年4.5%~18.0%
借入方法
  • ATM振込
  • 電話申し込み
  • WEB申し込み
返済方法
  • レイクか提携ATMに振込
  • 指定口座から振替
  • 口座へ振込送金
  • コンビニ収納(延滞時に限る)
返済額 直近の借り入れ残高を基準に設定
返済期日
  1. 申し込み者の指定日
  2. レイクが指定の日(振替のみ)

レイクALSAは2018年4月からサービスが始まった消費者金融カードローンです。

昔の新生銀行カードローン「レイク」は2018年以降、即日融資ができなくなっていましたが、レイクALSAは即日融資が可能です。

無利息期間サービスが2種類から選ぶことができ、特に最大180日間の無利息サービスは独自のものですよ。

収入証明書が完全に不要なわけではないので注意

収入証明書不要のおすすめカードローンを紹介しましたが、これらのローンは「収入証明書完全不要」とうたっているわけではないので注意しましょう。

消費者金融カードローンは50万円以上の初回借入を希望する場合、ほぼ全て収入証明書の提出が必要となります。

長年ローンを利用した実績がないので、高額借入を希望した方を厳正に審査する必要があるのです。

実際は50~100万円のような高額の借入を希望しても、10万円ほどに抑えられてしまうことがほとんどです。

そのため、上で挙げたような消費者金融カードローンは実質収入証明書不要といえるわけです。

その一方で、SMBCモビットは借入額に関わらず収入証明書の提出を求められるので注意しましょう。

他社借入との合計が100万円を超える場合も提出が必要

消費者金融カードローンは、他社のカードローン借り換えと新規の借入希望額が合わせて100万円を超える場合にも収入証明書の提出が必要となります。

この2つの提出要件は貸金業法によって定められています。そのため、収入証明書をチェックせずに審査に通すと、業者は法律違反になってしまうのです。

ただこれは貸金業法の規定であり、銀行法で制限されている銀行カードローンには適用されません。

銀行カードローンのほうが収入証明書の提出条件は甘い

消費者金融は借入額50万円以上で収入証明書の提出が必要でしたが、銀行カードローンは提出が必要な借入額がもっと高くなっています。

以下3つの銀行カードローンは、借入額が300万円以上を超えるまで収入証明書は必要ありません。

  • 楽天銀行カードローン
  • オリックス銀行カードローン
  • イオン銀行カードローン

ただ、全ての銀行カードローンがこうした条件というわけではありません。例えば、りそな銀行のカードローンは借入額50万円以上で収入証明書の提出を要求されます。

銀行は消費者金融と違い、銀行ごとに収入証明書の提出要件を定めています。そのため、条件がバラバラなのです。

少額借入でも収入証明書の提出を要求されるケース

上で紹介した条件を満たしていない。例えば消費者金融から30万円を借りようとしただけなのに、収入証明書の提出を要求されるケースがあります。

キャッシング業者は審査中に不明点を見つけると、申込者に電話で質問をしたり書類の提出を命じたりします。

この時はまだ審査中なので、早めに対応しないといつまでも融資を受けることができません。

では、どんな方が少額借入にもかかわらず収入証明書の提出を頼まれるのでしょうか?

転職したばかりの人は収入証明書の提出を依頼されやすい

比較的多いのは、転職したばかりなど勤続年数が短い方です。

勤続年数が短いと、「その会社の給料で生活している」わけではないかもしれません。貯蓄を切り崩していたり、仕送りをもらっていたりする可能性も十分あります。

そのため、直近数ヶ月分の給与明細から給料の内訳をチェックするのです。

また、勤続年数の短い人ほど離職率は高いので、今後の将来性をチェックする意味でも給与明細を通して企業の安定性を見るのです。

勤続年数が1年に満たない方は十分注意しましょう。

不安定・変わった職業に従事している人も収入証明書の提出を依頼されやすい

タクシーの運転手や美容師、不動産の営業といった、月々の売上によって収入が前後する歩合制の職業も収入証明書の提出を依頼されやすいです。

収入証明書をチェックする目的は、数ヶ月間でどれくらいの収入増減があるかということと、固定給に対して歩合がどれくらいの割合かをチェックするためです。

収入の増減が起こりやすい仕組みなら、今後返済できない月が出てくる可能性が高くなります。

安定して返済できるかチェックする意味でも、収入証明書の提出を要求してくるのです。

申込み時の嘘を疑われた場合

年収を水増しして記入した場合も、収入証明書の提出を依頼されやすいです。

例えば、ある職業の20代の平均月給が30万円だったとして、あなたが50万円もらっているとすれば、保証会社は「怪しい」と思って給与明細と照合しようとします。

結果的に照合できて審査に通れば問題ないですが、嘘を付いている場合はここですぐバレてしまいます。

申込み時の嘘がバレると当然審査には落ちますし、今後他社も含めて二度とローンを借りることができないかもしれません。その点は注意しましょう。

まとめ

収入証明書不要のカードローンを探している方は、以下4つのポイントを抑えておきましょう。

  • 消費者金融は50万円を超える借入で収入証明書の提出が必要
  • 消費者金融は複数借入の合計が100万円を超える場合も提出が必要
  • 銀行カードローンは会社によって提出が必要な要件がバラバラ
  • 少額借入でも収入証明書を求められる可能性がある

借入額を抑えても、収入証明書を100%提出しないようにすることはできません。

もしもの時のために、日頃から給与明細を管理しておきましょう。