収入証明書不要のカードローン・消費者金融と不要になる条件を紹介!

公開日: 最終更新日:

書類をみる女性

消費者金融のキャッシングや、銀行カードローンでは、各社収入証明書が必要となる条件が異なります。

そのため人によっては収入証明書不要で借り入れできることもあれば、申し込み時に収入証明書の提出が求められることもあります。

そこで今回は収入証明書不要の消費者金融やカードローン、また収入証明書不要で借り入れできる条件を紹介していきます。

目次

消費者金融の審査では収入証明書の提出が必要

消費者金融の審査では、一定の金額以上から収入証明書が必要となります。

融資額が大きくなるとそれだけ返済リスクが高くなるため、収入がどの程度あるのか正確に把握しなければならないからです。

また消費者金融の場合、貸金業法の総量規制によって融資額が一定を超えると、収入証明書の提出が義務付けられています。

借入総額が1社からの借入で50万円、他社を含めて合計100万円を超える場合、収入証明書を確認しなければ融資を行うことができません。

収入証明書の提出が求められるようになったのは総量規制導入のため

2010年6月に貸金業法が改正され、総量規制制度が導入されました。

これは、他社の借り入れを含めて年収の3分の1以上の借り入れを禁止するという制度で、過剰借り入れによる自己破産を防ぐ意図がありました。

法改正以降、借入希望額が年収の3分の1を超えていないかどうかを確かめるために、収入証明書がもとめられるようになったのです。

カードローンによっては100万円まで収入証明書不要の場合も

カードローン名 収入証明書が必要な条件
アコム 限度額50万円を超える場合
プロミス 限度額50万円を超える場合
※レイク 限度額100万円を超える場合
バンクイック 限度額100万円を超える場合
アイフル 限度額50万円を超える場合

※レイクは2018年4月からレイクalsaに生まれ変わりました。

レイクALSAの審査の流れ!金利・返済・レイクとの違いを解説

こちらは、大手消費者金融の収入証明書必要条件をまとめたものです。

基本的には限度額が50万を超える場合に証明書を提出するようになりますが、レイクやバンクイックは100万円を超えなければ証明書の要請はありません。

このように、会社によって証明書の提出条件は異なりますが、基本的には50万以上で提出すると考えて良いでしょう。

収入証明書として認められる書類

給与明細 会社から発行される給与明細。※3ヶ月分必要な場合もある
源泉徴収票の写し 会社員であれば会社が配布、個人事業主は正当な手続きで作成
確定申告書の写し 正当な手続きを基に作成
住民税決定通知書の写し 納税先から交付
課税証明書の写し 区役所で発行可能

収入証明書として認められる書類は上記の5種類です。

それぞれ発行方法が異なるため、自分が一番用意するのが簡単だと思う書類を用意しましょう。

また会社員の方であれば、会社から発行される書類を提出すればいいですが、自営業の方は自分で用意しなければいけません。

それぞれ発行方法が異なるため、必要になった際には調べてみるといいでしょう。

収入証明書以外で必要な書類

身分証明書 運転免許証・健康保険証・パスポートなど
永住権証明書類 在留カード・特別永住権証明書
経営状況が把握できる書類 収支表など

カードローンの審査で必要な書類は上記の通りです。

少額融資であれば身分証明書さえ持っていれば申し込みできますが、条件によって別途書類が必要となるため、前もって準備しておきましょう。

外国人の方は在留カードや特別永住権証明書。営業主の方は経営状況が把握できる書類が求められるケースが多いです。

収入証明書の取得方法

希望するカードローンでは収入証明書が必要だった場合、諦めて収入証明書を発行した方が早い場合もあります。

ここからは主な収入証明書の取得方法を紹介していきます。

給与明細書

会社に勤めている方であれば、毎月支払われた給与の明細を受け取っているはずです。

給与明細はほとんどの業者で収入証明書として認められるため、大切に保管しておきましょう。

もしすでに破棄してしまったという方は、会社に相談すれば再発行してもらえるはずです。

再発行に対応してもらえないときには他の収入証明書を用意しましょう。

源泉徴収票

会社に勤めている方は年の最後に源泉徴収票が配布されるはずです。

年収が確定してから計算されるため、源泉徴収票が配られるのは年末が年始となります。

源泉徴収票は再発行も可能ですが、所定の書類に必要事項を記入して提出しなければならないので少し面倒です。

課税証明書

住民税を支払っている市区町村であれば課税証明書を発行できます。

ただし課税証明書は前年の年収をもとに作成されているため、記載されている年収は1年~2年前の記録となります。

大幅に年収が上がった方などは最新の年収を証明できる証明書を発行した方がいいでしょう。

自営業者が収入証明書を取得する方法

上で説明したのは、基本的に会社員が収入証明書を取得する方法となります。サラリーマンなら会社に源泉徴収票の発行を請求できるので、よっぽどのことがない限り手間はかかりません。

一方、自営業者の場合は市役所などに出向いて所得証明書を発行してもらう必要などがあります。サラリーマンとは方法が異なるので、これから紹介する主な方法を参考に、カードローン審査前にしっかり書類を揃えておきましょう。

市役所で所得証明書を発行してもらう

所得証明書は、市役所によって収入証明書、課税証明書なども呼ばれる書類で、文字通り所得の証明書類です。

自営業者の方は、こちらを収入証明書としてカードローン審査時に提出するのが最も一般的です。

所得証明書は市役所の市民税課窓口で発行しており、だいたい300円前後の手数料で1枚発行することができます。

税務署で納税証明書を発行してもらう

税務署が発行している納税証明書は、所得金額、収入金額などが記載されている所得税の証明書類となります。

収入に関する細かい項目が記載されているので、所得証明書よりも証明能力は高いです。

ただ、納税証明書を利用する際の注意点として、納税よりも証明書の提出を優先すると、効力がないということが挙げられます。

最新の納税証明書を提出する前に、しっかり納税をしておきましょう。

確定申告がまだの方は金融機関に相談を!

今まで紹介した書類を収入証明書として利用できるのは、あくまで確定申告を済ませていることが前提となります。

自営業者の中には開業したばかりで申告が間に合っていないという方もいますが、基本的にこのケースでは収入証明をすることはできません。

それでも融資を受ける場合は、まず金融機関にお問い合わせ・相談をしてみましょう。

場合によっては、通帳の写しなどを代替とすることもできるようです。

銀行カードローンは収入証明書不要の基準がバラバラ

銀行カードローンは消費者金融とは異なり、銀行法を基準に営業しているため、貸金業法の対象にはなりません。

制度上は収入証明書を確認する必要がないのです。そのため収入証明書が必要となる金額も、自社判断となります。

最近では300万円まで収入証明書不要という銀行が増えていますが、中には500万円まで収入証明書不要の銀行もあります。

収入証明書だけを見ると、消費者金融だから楽というわけにはいかないのです。

確定申告で年収を低めに申請すると審査で不利になる

自営業や個人事業主の方の中には、税金を抑えるために確定申告で年収を低く申請している方もいると思います。

しかし消費者金融・カードローンの審査では、収入証明書に記載されている年収を基に審査が行われます。

そのため年収を低く申請していると、その分審査で不利になってしまうのです。

キャッシングだけでなく、その他のローンでも同様となるので、確定申告は正確な年収で行うことをおすすめします。

収入証明書不要なら申し込みで嘘をついてもばれない?

収入証明書が不要だからとって、申し込みの際に嘘をついてもばれる可能性が高いのでやめましょう。

金融機関は信用情報機関を通して信用情報を共有しています。

信用情報には過去利用したローンに関する情報が記録されており、他のローンに申し込んだ際の申し込み情報も記録されています。

そのため年収などで嘘をついても、過去のデータからすぐにばれてしまいます。

また信用情報には他社からの借り入れ状況なども記録されています。借入の総額を少なく見せようとしても、すぐにばれてしまうのでやめておきましょう。

ただし賃貸の入居審査となれば、保証会社によっては信用情報をチェックできないので、他社からの借り入れがあっても影響しないケースもあります。

ただし怪しまれると収入証明書の提出が求められるため、過度に数字を盛ることだけはやめましょう。

2018年1月から原則全ての銀行カードローンで収入証明書の提出が必要!

2018年の1月から、銀行カードローンの審査システムは大きく変わることが発表されました。

金融庁から貸付を制限するように指導されたこともあり、各社審査の際には限度額50万円を超える時点で、収入証明書の提出を求めるように自主規制が導入されるようになったのです。

以前までは限度額300万円まで収入証明書なしで借り入れできる銀行カードローンもありましたが、今後は収入証明書と同様に、限度額50万円超の時点から原則的に収入証明書が必要となります。

また限度額50万円未満であっても収入証明書の提出が求められることもあるので、申し込み時には源泉徴収票など用意しておくことをおすすめします。

収入証明書不要のおすすめカードローン

プロミス

プロミス

収入証明書 50万円まで不要
限度額 500万円まで
即日融資 可能
金利 4.5%~17.8%

プロミスでは50万円まで収入証明書不要で、即日融資を行っています。

初めての申し込みから最大30日の無利息期間サービスも行っており、早期返済すれば利息0円で融資を受けることができます。

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス融資までの流れなどの情報はこちらにまとめてあるので、ぜひ合わせてお読みください!

プロミスは何時まで即日融資ができる?ネット申し込みでも大丈夫?

 

アイフル

収入証明書 50万円まで不要
限度額 800万円まで
即日融資 可能
金利 3.0%~18.0%

アイフルは柔軟な対応が人気の消費者金融業者です。

50万円以上の限度額では収入証明書が必要となりますが、審査スピードなどは柔軟に対応してもらえるため、要望がある方は相談してみるといいでしょう。

※アコムの審査情報はこちらから!

アコムの審査基準を解説!審査に落ちる人の特徴と審査対策まとめ

プロミス申し込み時の収入証明書の取扱については、こちらで詳しく紹介しています!

アイフルは収入証明書の提出は必須なの?借入時の必要書類を一挙紹介!

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

収入証明書 300万円まで不要
限度額 800万円まで
即日融資 可能
金利 1.7%~17.8%

オリックス銀行カードローンは、限度額300万円まで収入証明書は要りません。

また書類提出もWEB上のアップロードで済ませることが出来るため、万が一書類提出を求められたときにも手間がかかりません。

※オリックス銀行の借り入れまでの流れはこちらで解説!

オリックス銀行カードローンからお金を借りるまでの流れを解説

ソニー銀行カードローン

ソニー銀行カードローン

収入証明書 300万円まで不要
限度額 500万円まで
即日融資 可能
金利 2.5%~13.8%

ソニー銀行カードローンは申し込みから最短60分で審査が終わります。

収入証明書は300万円まで不要なので簡単にネット申し込みを終わらせることができます。初回であればソニー銀行以外の口座にも振込融資が可能です。

ソニー銀行カードローンの基本情報【審査・金利・返済】

新生銀行カードローン「レイク」

新生銀行カードローンレイク

収入証明書 50万円まで不要
限度額 500万円まで
即日融資 可能
金利 4.5%~18.0%

新生銀行カードローン「レイク」は、専用のアプリで簡単に書類提出ができます。

収入証明書100万円以上から収入証明書の提出が求められますが、スマホで簡単に終わるので手間がかからず楽に終わります。

レイクの融資に関する情報はこちらにまとめてあるので、ぜひ合わせてお読みください!

レイクは即日融資が不可能に!最短の借入方法と審査の流れ・メリット

ノーローン

ノーローン

収入証明書 50万円まで不要
限度額 500万円まで
即日融資 可能
金利 4.9%~18.0%

ノーローンはレイクと同じ新生銀行グループが提供している消費者金融カードローンで、借入のたびに何度でも利用できる無利息期間サービスが魅力です。

給料日の約1週間前など、決まったタイミングで何度もお金が必要になるという方にノーローンはかなりおすすめですよ!

ノーローンの収入証明書に関する情報は、こちらに詳しくまとめてあります!

ノーローンの収入証明書に使える書類と提出方法!出さないとどうなるの?

融資額に関わらず収入証明書が必要となるカードローン

  • オリックスVIPローンカード
  • オリックスカードレスVIP
  • 東京スター銀行おまとめローン
  • アコム「貸金業法に基づく借り換え専用ローン」
  • プロミス「貸金業法に基づくおまとめローン」
  • アイフル「貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン」

上記のカードローンでは、限度額に関わらず収入証明書の提出が求められます。

借り換えローンやおまとめローンであれば、収入証明書の提出が求められる傾向にあるようです。

あなたが借り換え専用商品を利用しようと考えているのであれば、収入証明書を前もって準備しておきましょう。

収入証明書を提出すれば在籍確認を回避できる?

収入証明書を提出するとなると、マイナスイメージしかないかもしれませんが、収入証明書を提出することで在籍確認を回避できる可能性もあります。

消費者金融としては安定した収入があるか確認できればいいため、収入証明書を提出して安定した収入があることを証明できれば、在籍確認を行う必要もないのです。

収入証明書以外にも、消費者金融によっては会社が発行する健康保険証を提出することで、電話連絡なしで融資を受けることもできます。

このように書類提出をすることで、審査を有利に進めることができるというメリットもあります。

収入証明書不要のカードローン一覧

業者名 必要となる限度額
三井住友銀行カードローン 300万円
みずほ銀行カードローン 200万円
オリックス銀行カードローン 300万円
楽天銀行カードローン 300万円
ジャパンネット銀行カードローン 300万円
新生銀行カードローン「レイク」 100万円
ソニー銀行カードローン 300万円
横浜銀行カードローン 300万円
スルガ銀行カードローン 500万円
静岡銀行カードローン 300万円
北洋銀行カードローン 500万円
りそな銀行カードローン 300万円
東京スター銀行カードローン 100万円
北海道銀行カードローン 500万円
アイフル 50万円
プロミス 50万円
アコム 50万円

クレジットカードのキャッシング枠利用時は収入証明書不要?

クレジットカードのキャッシング利用

クレジットカードの審査では、基本的に収入証明書は必要ありません。

ただしキャッシング枠をつけると、収入証明書の提出が求められるケースもあります。

クレジットカードの場合、ショッピング枠は割賦販売法が適用されます。そのため貸金業法が定める総量規制の対象とはならず、収入証明書の提出も求められないのです。

一方キャッシング枠は現金を融資するということで、貸金業法の対象となり、一定の金額以上では収入証明書が求められます。

またキャッシングはショッピング枠と比べて、返済できなくなるリスクが高いため、年収を確認する業者がほとんどなようです。

よく「消費者金融の審査に落ちた方はクレジットカードのキャッシング枠を使おう!」という記事を見かけますが、カードも収入証明書の提出など、消費者金融と同じ利用条件を求められるので注意しましょう。

おまとめローンの審査は収入証明書不要?

おまとめローンも、1社のみの借入と同様に収入証明書が求められます。

提出が必要となる金額も同じ。つまり2018年1月以降は銀行と消費者金融どちらのおまとめローンを利用したとしても、一本化した融資額が50万円以上になれば、収入証明書が必要となります。

ただ、1社のみの借入時とおまとめローンの借入時で収入証明書提出の条件が必要だからといって、審査基準も同じわけではありません。

50万円以下の借入であれば、収入が低くても返済期限を伸ばせば月の返済は数千円で済むので、よっぽどのことがない限り低収入でも返済可能です。

50万円以上というのは収入証明書を提出する条件というだけで、審査は書類に記載される収入に即しておこなわれます。

ちなみに、2018年2月現在は、通常のカードローン借入より、おまとめローン審査の難易度のほうがグッと厳しくなっています。

まとめ

今回は収入証明書不要で審査に通る方法を紹介しました。

カードローンであれば、限度額によって収入証明書が求められるため、用意できない方は限度額を低めに設定するようにしましょう。

またクレジットカードでは、基本的に収入証明書の提出は求められないためご安心ください。

ただしキャッシング枠があると、収入証明書が必要となるケースがあるので注意しましょう。

最後に賃貸物件では、カード会社が保証会社でない限り、基本的に収入証明書は必要ありません。

収入証明書不要で審査を終わらせたい方は、保証会社に注目してみるといいでしょう。

収入証明書不要で審査に通る方法は色々あるため、ぜひこの記事を参考にして審査に通ってください。

その他に審査が早い即日融資可能なキャッシング業者を探している方は、当サイト内のこちらの特集記事を参考にしてください。当日中に借り入れ可能なカードローンを多数紹介しています。