銀行カードローンは即日融資停止へ!今後は審査に1週間程度かかる見通し

公開日:

銀行カードローンの即日融資が停止へ

2018年の1月から、銀行カードローンの即日融資が停止となることが、全国銀行協会から発表されました。

2017年の4月ごろから、銀行カードローンの過剰貸付や多重債務者の増加が問題視されてきましたが、銀行側が自主規制という形で問題解決に力を入れ始めたようです。

また即日融資の停止だけでなく、家族からの申し出で新規に融資を受けられなくする「貸付自粛制度」も導入されるなど、来年以降銀行カードローンの仕組みは大きく変わりそうです。

このページでは2018年1月から銀行カードローンはどのように変わっていくのか、また即日融資を受けたいならどうすればいいのか解説していきます。

2018年1月以降の銀行カードローンの変更点

  • 銀行カードローンでは即日融資を受けられなくなる
  • 銀行カードローンの審査に警察が介入するようになる
  • 家族の申し出で新規融資を制限する「貸付自粛制度」が導入される

2018年1月からの銀行カードローンの変更点としては、今のところ上記3点の内容が発表されています。

これまで消費者金融のカードローンや、クレジットカードのキャッシングと並んで、手軽にお金を借りられるサービスとして展開していた銀行カードローンですが、来年以降は審査も厳重化され、簡単に借りることはできなくなると考えていいでしょう。

銀行カードローンでは即日融資を受けられなくなる

一番大きな変更点は、銀行カードローンでは即日融資を受けられなくなったことです。

最近ではメガバンクだけでなく、地方銀行のカードローンさえも、ネットから申し込んで即日融資を受けることが可能でした。

消費者金融を保証会社にして審査を代行してもらうことで、消費者金融並みのスピードで融資を行えるようになっていたのです。

審査時間も早く、消費者金融よりも低金利ということで人気を集めていた銀行カードローンですが、今後は一気に需要が下がることが予想されます。

銀行カードローンの審査に警察が介入するようになる

また審査を厳重化するにあたって、今後は銀行カードローンの審査の過程に警察が介入することも発表されました。

これまでは銀行カードローンが新規申込を受け付けた場合、保証会社に申し込み情報を共有して、信用情報機関に申し込み者の情報を問い合わせて審査を行ってきました。

しかし今後は警察との間に、「預金保険機構」と呼ばれる独自の審査機関を設けて、警察のデータベースも使って審査を行うようになります。

信用情報を調べるだけであれば30分程度で審査を終わらせることもできますが、警察のデータベースで個人の情報を調べるとなれば、審査に1日~1週間程度はかかると予想されています。

警察のデータベースで申し込み者の過去の履歴を調べることで、暴力団や反社会的勢力へお金が流れるのを徹底的に排除しようとする狙いがあるようです。

審査基準も厳しくなる?

警察が導入されるといっても、狙いは反社会的勢力への融資の排除です。

そのため一般人は、警察が介入するからといって審査で不利になることはありません。

しかし元々は銀行カードローンの過剰貸付が問題視されたことで、今回の自主規制の動きが始まったことを考えると、各銀行の審査基準は厳しくなると考えていいでしょう。

審査の仕組みが変わるのは2018年の1月からとなっていますが、審査基準自体はすでに厳しくなっている可能性が高いです。

そのため半年前であれば審査に通っていた人でも、今のタイミングで申し込んでは審査に落とされてしまうケースもあります。

信用情報に少しでも問題が見つかれば、融資を受けることはできないと言っていいでしょう。

家族の申し出で新規融資を制限する「貸付自粛制度」が導入される

新たな試みとして、家族からの申し出があった場合に、新規の融資を制限する「貸付自粛制度」が導入されることになりました。

銀行カードローンを利用している人の中では、圧倒的にサラリーマンの割合が多いですが、家族に内緒で借金をしているケースがほとんどです。

家族が知らないうちに銀行カードローンで借金をどんどん作ってしまい、家族が気付いたときには取り返しのつかないことになってしまうこともあります。

そのため銀行カードローンでは、家族から申し出があった場合に、これ以上の融資を制限する新しいルールを設けるようになりました。

多重債務を抱えてしまう人は、深く考えずに借金を作ってしまう傾向があります。

「貸付自粛制度」によって、今後は多重債務者が何割か抑制されることが期待されています。

なぜ銀行カードローンの即日融資は停止されたの?

そもそもなぜ銀行カードローンの即日融資が停止されたかというと、今年になって自己破産を申請する人の数が増加傾向にあることが判明したからです。

一昔前に消費者金融の過剰貸し付けが大きな社会問題となり、2008年に貸金業法が大きく改正されて以来、自己破産の申し立て件数は年々減少傾向にありました。

しかし2017年になって、13年ぶりに自己破産を申し立てる人の数が増加したことが判明し、銀行カードローンが引き金となっていることが明らかになったのです。

このままでは消費者金融の時と同じように大きな社会問題になってしまうと考えた金融庁は、各銀行へと審査の厳重化を指示することになりました。

その結果、収入証明書の提出基準も厳しくなり、来年からは審査制度を見直すことになったのでした。

今後即日融資を受けたいならどうすればいい?

とはいっても、人間生きていれば必ずお金に困る瞬間は訪れます。

しかし銀行カードローンへ申し込んでも即日融資を受けることはできないので、今日中にお金が必要な方は銀行系以外のカードローンへ申し込むしかありません。

当サイトでは↓こちらの記事で即日融資に対応しているカードローンや、今日中にお金を借りる方法をまとめて紹介しています。

即日融資で借りる方法まとめ!【カードローン・無職・専業主婦・多重債務者】

今すぐお金が必要という方は、ぜひこちらの記事を参考にしてください。