収入証明書不要のカードローンに嘘の年収で申し込むとバレてしまう理由

公開日:

カードローンは収入証明書が不要される限度額もあります。収入証明書の提出を嫌だと考えているなら、収入証明書を出さなくてもいい限度額で審査を受けたほうがいいでしょう。

これにより短時間で審査を完了させられるほか、自分の収入を知られる心配がありません。

しかし、収入証明書は突然提出を要求される場合もあります。本来なら提出しなくてもいいはずなのに、保証会社が要求したために限度額に関係なく提出を求められるのです。

このようなケースの場合、自分の内容に怪しいと判断されている部分が多数あると考えてください。

収入証明書不要なカードローンと不要になる条件を紹介!

カードローンは原則50万円未満の借入では収入証明書不要

カードローンは原則として50万円未満までの限度額で作成する場合、収入証明書を不要としています。

カードローンによっては100万円、200万円まで収入証明書を出さなくてもいいところがありますので、まずはカードローンのホームページ等を見て、どれくらいの限度額までなら収入証明書は必要ないのかしっかり確認しておきましょう。

消費者金融を中心に、50万円までなら収入証明書を出さなくても借りられるようにする会社はあります。

限度額が低い場合、収入の確認をしなくてもある程度信用は得られると判断しているほか、低い限度額にわざわざ収入証明書を確認して、様々な部分をチェックする必要もないのです。

従って50万円未満の限度額であれば、収入証明書は提出しなくても大丈夫です。

会社から要求されない限り、収入証明書の提出は行わなくても構いません。提出してくださいと言われてから準備をしても問題はないでしょう。

特に低い限度額であれば、収入証明書を準備していなくても審査が完了するケースは多くあるので、まずは小さい限度額から申込を開始し、審査を通過するように考えるといいでしょう。

銀行カードローンも収入証明書の提出を求めるようになった

銀行カードローンは、収入証明書の提出をしなくても借りられる時期がありました。もちろん高額の借入となれば、銀行側が書類の提出を求めるケースが多くあるのですが、以前は確認作業に時間がかかるという理由から、収入証明書の提出がなくてもカードローンの契約ができたのです。

しかし、その時代は終わりを告げ、現在は収入証明書の提出を求められてしまいます。

収入証明書の提出が必要な理由として、本当に信用できるのかしっかり確認しておかないと危ないと判断されているためです。

収入証明書を出さないで審査を通過させた結果、場合によっては嘘をついている人を見抜けないまま審査が終わってしまい、カードローンでお金を借りて返済されない問題が起きるかもしれません。こうした問題を踏まえて、銀行もカードローン審査で収入証明書を求めています。

収入証明書を出さなければならない銀行カードローンは多くなっています。提出しなくてもいい限度額が高くなっている会社でも、色々な理由を告げて収入証明書を出すように求められるケースがあるため、しっかりと考えておきましょう。

複数社からの借入額が100万円を超える場合も収入証明書の提出が必要

限度額が50万円未満に設定した場合でも、他社の借入額が100万円を超えていると収入証明書を求められてしまいます。理由としては、信用できるか不安に感じられる点が多いため、収入証明書で本当に返済能力を持っている確認しておきたいからです。

カードローンを提供する会社としては、他社から借りている金額がどれくらい残っているかにより、審査の状況を変えています。

多少の借入であれば普通通りの審査を続ける傾向があるものの、他社借入が100万円を超えているようなら危ないと判断し、収入証明書で信用度の確認を取ります。

収入証明書を見れば、本当に収入を持っているかの判断ができるからです。

1社から100万円を借りている人も危ないのですが、2社以上の会社から100万円以上の金額を借りている場合も非常に危険です。

この場合は収入証明書の提出を確実に求められてしまい、50万円未満の限度が鵜を希望しても収入証明書の提出義務が生じてしまいます。

収入証明書不要なカードローン8社を徹底比較!

他社借入を隠しても信用情報機関からの開示でバレる

他社借入というのは、申込情報に記入するだけで確認されます。同時に本当にこの情報は正しいのか、信用情報機関の開示を通じて確認しています。

もし他社借入を申込情報に記入していなかった場合でも、信用情報機関から情報を得られればすぐにわかるのです。

信用情報機関には、他社借入に関連する情報も全て残されています。情報を確認した会社側は、他社借入を持っているのに嘘をついている場合、審査に落とすようにします。

理由は虚偽の記載をしており、貸し出せる信用度がないと判断されるからです。従って他社借入の金額をごまかしてはいけません。

正しい数字を記載して、本当に貸してもいいのか判断してもらうことが銀行カードローンでは大事です。

消費者金融でも同じですが、他社借入に関して嘘をつかないようにしてください。そして本当の情報を見てもらいつつ、最終的な判断を審査で行ってもらうのです。

収入証明書不要でも嘘の年収を記入しちゃダメ!その理由は?

収入証明書を出さなくていいと書かれていても、嘘の年収を記載してはいけません。

年収をごまかす行為は信用度を失う原因となってしまいますし、何よりもカードローンを提供する会社は大体の年収を把握しており、嘘の情報は全て見抜けるようにしています。

当然ですが嘘をついていると、収入を偽ったとして審査に落とされてしまいます。

カードローン業者というのは、多くの担当者が仕事をしています。

同時に仕事をしている年数などによって、ある程度経験を積んで収入に関連する項目を推測できるのです。色々な情報が企業や本人から開示され、その内容を踏まえて最終的に年収が本当の数字なのか判断しています。

仮に嘘をついた場合でも、カードローン業者の担当者に見抜かれる可能性は非常に高いのです。

そして嘘をついていると判断されれば、信用できないという判断を受けて審査に落とされてしまい、カードローンでは借りられません。

いい会社から借りられるチャンスを一気に失うため、収入証明書が不要とされても年収をごまかす行為は避けましょう。

在籍確認した勤務先の資本金や社員数でだいたいの収入がわかる

在籍確認というのは、企業で仕事をしているか判断するだけの行為ですが、実際には別の側面もあります。

確認しているのは本人が仕事をしているかだけでなく、勤務先の資本金や社員数などにより、どれくらいの収入を得られるのか判断しています。もちろん推測の域ですので、本当の収入とずれが生じるケースもあります。

あまり資本金が多くない会社で年収がとても高いというのはあり得ないことです。

資本金が少ない場合は、基本的にあまり収入面も多くならないと判断されており、大体の年収を把握できるのです。さらに社員数も少ないとなれば、少数の社員で仕事をしている小さい企業と判断し、あまり年収面では多くないと推測されます。

こうした確認作業を通じて、本当に収入がタダさいいのかしっかり判断し、最終的な審査結果につながるのです。

在籍確認というのは、ただ企業で仕事をしているかどうかの判断だけではなく、収入面での情報を知るためにも必要なのです。

信用情報機関にもだいたいの収入が登録されている

信用情報機関を通じて情報を得る方法もあります。

この場合は、信用情報機関に掲載されている大体の年収を基にして判断します。もちろん掲載されている情報が間違っている可能性もありますが、似たような会社の規模などから年収を算出できる場合が多く、間違いはほぼ起こりません。

信用情報に書かれている情報から、本当に申込時に書かれている年収が正しいのか判断します。

明らかに年収にずれが生じているようなら、これは嘘をついている可能性があると判断し、収入証明書提出を求める場合があるのです。

収入証明書不要のはずが収入証明書の提出を求められることも

色々な問題を踏まえて、収入証明書を出すように求められる場合があります。

先ほども説明した通り、虚偽の記載と判断される場合はもちろんのこと、年収面であまり多くないのではないかと判断される場合、更には他社借入等が多い場合など、確認したほうがいいと判断される人は収入証明書を求められてしまいます。

収入証明書を出すように求められた場合、申込者は怪しい判断を受けていると考えてください。何かの情報に怪しい部分があり、収入証明書を出さなければ審査を通過できないようにしているのです。

つまり収入証明書が不要とされているのに提出を求められた時点で、かなり審査では厳しい状況に追い込まれていると考えましょう。

もちろん収入証明書は提出したほうがいいですし、速やかに出しておくようにしてください。

収入証明書を出さなかった段階で審査に落とされてしまい、今後カードローンの利用ができない場合もあるのです。

保証会社が「怪しい」と感じた段階で収入証明書提出を要求できる

カードローンの審査を主に担当しているのは保証会社です。保証会社は色々な情報を通じて本当にカードローンで貸してもいいのか確認していますが、審査の段階で怪しいと感じられる場合、収入証明書を出すように求められます。

これは収入証明書を不要としている限度額だったとしても、会社の判断で要求できるのです。

収入証明書を出すように求められた場合、保証会社が収入証明書を出さないと審査を通過させない判断をしているのです。

つまり信用がないと判断されており、色々な部分で問題を抱えていると考えましょう。求められた場合は、速やかに収入証明書を出し、保証会社から信用を得られるようにしてください。

「聞いてなかったから提出できない」という言い訳は通用しない

収入証明書を出すように求めるのは電話口が多く、基本的にメールで出すように求めるケースはありません。つまり収入証明書を出すように連絡した場合、本人が聞いていなかったという問題は起こらないのです。

それでもなお聞いていなかったから提出できないと言い訳しても、当然ですがその言い訳は通用しません。

会社側は収入証明書を出すように電話で伝えており、本人にしっかり連絡を入れているのです。それなのに提出しないというのは、収入欄などに問題があり、提出して嘘をついている可能性が高いと思われています。

提出できない理由はほぼ通用しないと考えてください。

それだけ重要な項目は電話などによってしっかり伝えており、聞いていないという言い訳が通用しないようにしているのです。そして確実に収入証明書を出すように、提出されるまで何度も連絡を入れて必要だと告げてきます。

申込者はしっかり対応し、収入証明書を出さなければ審査は通過できません。

嘘の年収で申し込んだのがバレるとどうなる?

嘘の年収で申込んだ場合、信用がないと判断されます。

信用のない人にカードローンでお金を貸す行為はできないため、カードローンの審査に落とされるケースが多くなります。多少のずれであれば限度額を下げて審査を通過する場合もありますが、このケースはかなり稀なことと考えてください。

カードローンの利用条件として、保証会社の信用を受けられる人と書かれています。カードローンの審査を担当する保証会社が収入の偽装で駄目だと伝えた場合、この時点で保証会社から保証される状況ではありません。つまりカードローンの利用条件は満たされないので審査に落とされます。

さらにカードローンの申込みで嘘をつき、業務を妨害したと判断されます。業務を妨害する行為はカードローン業者にとって非常に厄介な問題です。

これ以上の申込みを避けるため、カードローン審査を通過できないブラック扱いとする場合もあります。

現在申し込み中のカードローンは問答無用で審査落ち

申込み中のカードローンは、問答無用で審査落ちの連絡が入ります。

どのような理由があったとしても、収入を偽っていた時点で信用できないと判断し、審査落ちの連絡が妥当と判断されます。

例え収入や他社借入からカードローンの審査を通過できる場合でも、偽装という項目だけで審査に落とされるのです。

本来なら審査を通過していたのに、カードローン会社に伝えた収入が嘘だっただけで審査に落とされます。

こうした状況は非常に厳しいかもしれませんが、そもそも保証会社に対して嘘をついている時点で言い訳は通用しません。どのような状況でも審査落ちとなり、カードローンは使えません。

ケースによっては二度とカードローン審査に通らないことも

あまりにも悪質な偽装を行った人は、これ以上カードローン審査を通過させるのは危険と判断され、カードローン審査を通過できないようにブラック扱いとします。ブラック扱いになると、その時点で審査を通過できなくなり、申込みをしてから数分で審査落ちの連絡を受けてしまいます。

ブラック扱いとなれば信用情報を通じて他社にも知られてしまいます。他社でも危ない人と判断されるため、申込みをしていない会社からも事実上のブラック扱いとなります。そして審査を受けられなくなり、カードローンを使えなくなってしまうのです。

悪質な偽装は非常に危険ですし、今後のカードローン利用が不可能となる可能性が非常に高くなります。

嘘をついて将来的に危険な状況に追い込まれないよう、収入はしっかりした金額を示しておきましょう。

申込時に記入する年収は明細通りである必要はない

申込時に記入する年収は、収入証明書の明細通りでなくても問題ありません。

ある程度の目安として記載すれば審査には影響なしと判断されていますので、少し増やしておく程度なら問題ありません。ただ大きく増やしてしまうと、収入の偽装と判断されて審査に落とされます。

記入する年収は、下1桁を四捨五入したり、切り上げして綺麗な数字に整えても大丈夫です。多少のずれは仕方ないと担当者も話しているくらいなので、本当に正確な数字を記入しなくてもいいでしょう。

むしろ本当の数字を書いてしまうと、逆に限度額が大きくならないケースもあり、申込者が不利を受ける可能性があるのです。

とりあえず収入欄は目安の数字を記載しておき、現在の収入を綺麗な数字に整えて見せる程度にしてください。無理をして本当の数字を書かなくても審査は通過できるのです。

カードローン担当者も「概算値でOK」と言っている

カードローンの担当者からも、概算値で問題はないと告げらます。

カードローンの担当者としても、あまりにも正確に書かれた数字では限度額の算出等が面倒になってしまうほか、収入証明書を後から確認するため別に概算値でも審査はできると考えています。つまり最初から本当の数字を書く必要はありません。

数字を綺麗に見せる程度のずれであれば、カードローンの担当者も特に気にせずに審査を担当しています。

多少ごまかしたけど不安に感じている方も、安心して審査が終わるのを待ちましょう。

徹底的に正確である必要はない!ただし明らかな嘘はNG

本当に正確な数字を記載する必要はありません。

ちょっとくらい増やしてもいいですし、場合によっては少し減らしても大丈夫でしょう。ただ、大掛かりに増やすような行為は絶対に行ってはいけません。

大掛かりに増やしたと判断されれば、その時点で虚偽の記載と判断され、審査に落とされてしまいます。

収入欄をしっかり記入していたとしても、後から収入証明書の確認をする、もしくは信用情報等からある程度の収入を算出できると判断しているので、逆に審査に時間がかかる恐れもあります。

入力自体も面倒ですので、正確な数字は書かず概算値程度にとどめるといいでしょう。

嘘と認識されない上手な年収の申告方法

年収の申告方法ですが、嘘と思われないようにする手法がいくつかあります。

特にアルバイトの方はこれから伝える方法を利用して年収を申告しておけば、審査を通過しつつ年収をある程度高められる可能性があります。

カードローン審査で困ったら使ってみましょう。

直近2ヶ月のシフトを多めに入れ、それを基に年収換算

収入証明書として認められる書類として、2ヶ月分の給料明細があります。

本来は源泉徴収票を出すのが一般的ですが、アルバイトなどは持っていない可能性があるため、2ヶ月分の給与明細も収入証明書として扱っています。

この2ヶ月分という内容を生かして、年収欄を増やせる可能性があります。

それは2ヶ月の間にシフトを増やして仕事量を多くし、給料を増やすというものです。そして2ヶ月分の給料明細を受け取ったら、この数字を12ヶ月分に換算して年収扱いとします。これで年収が多いように見せられるのです。

給料明細を2ヶ月分見ておけば、同じくらいの収入を毎月受け取っているとカードローン業者も判断しています。

つまり2ヶ月だけ多めに仕事をしておけば、収入を多く持っているように見せられるのです。

アルバイトの方はこの方法を使えば、通常よりも多くの収入を持っている形で審査を受けつつ、虚偽の記載とは見なされません。

固定+歩合給の会社員も同じ手が使える

固定給料と歩合制の給料を受け取っている会社員も上記に記載した方法が採用できます。

この場合は直近2ヶ月分だけ歩合制の給料を増やしておきます。そして2ヶ月の給料明細を受け取り、この数字を基に年収に換算します。後は収入証明書として給料明細を提出するだけです。

歩合制で受け取っている会社員は、歩合制の部分を増やしておけば年収を多く持っているように見せられます。

少し大変な部分はあるかもしれませんが、給料を増やして限度額の高いカードローンを作る際には非常にいい方法です。

収入証明書不要のカードローンも油断は禁物!

収入証明書不要とされているカードローンも、非常に厳しい判断を受け、突然収入証明書を求められるケースがあります。

収入証明書を出さなかった場合や、虚偽の記載だとわかれば、カードローン審査には落とされてしまいます。

年収欄は偽ってしまうと大変な問題も起こりやすいので、収入証明書と年収が違いすぎる状況は避けましょう。どうしても年収を多く見せたいなら、直近2ヶ月は仕事量を増やし、収入を多く持っているように見せる必要があるでしょう。