消費者金融の審査に申し込むと他社からの借入もバレてしまうの?

公開日:

審査のことを心配する男性

消費者金融でキャッシングの審査を申し込む際に心配なのは「他社借入額」ではないか思います。

しかし、他社借入額の申告は自己申告ですので、申し込みの際に借入金額を少なくかいたりしても大丈夫なのでは?と思っている人も少なからずいるようです。

では、仮に審査申し込みの際、借入金額で虚偽の申告を行ったらバレてしまうのか、またバレたらなにかペナルティがあるかなどを紹介したいと思います。

審査で他社借入金額はバレる

消費者金融に限らず、銀行・クレジット会社などに融資の申し込みをした場合、申込者の情報は「個人信用情報機関」といわれる場所に登録されてしまいます。

登録されている情報は、主に申込書に記載した個人情報、ご利用履歴、現在の借入残高、事故情報などが主に上げられます。

これらの情報を消費者金融の審査担当者は参照する事が可能ですので、申込者が現在抱えている負債や、他社からの借入は残念ながらバレてしまいます。

銀行と消費者金融では加盟している個人信用情報機関が異なる

日本には「JICC(日本信用情報機構)」「CIC」「全国銀行個人信用情報センター」と3つの機関が存在しており、各銀行や貸金業者で加盟している機関は異なります。

例えば消費者金融で申し込みを行った場合、申込者が申し込んだ内容、今後のご利用履歴や返済状況などはJICCに登録される場合が多いです。

これは、各消費者金融のほとんどがJICCに加盟しているからです。

クレジット会社の場合はCICに加盟している会社が多く、銀行の場合は、名前の通り全国銀行個人信用情報センターに加盟している会社が多いです。

個人信用情報機関が異なる会社であれば、他社借入はバレない?

各銀行・貸金業者が加盟している個人信用情報機関が異なると分かれば、ふと考えつくのは「加盟している機関が異なる会社であれば、他社借入はバレないのでは」という点ではないでしょうか?

確かに、各銀行や貸金業者が参照できるのは、加盟している機関の情報だけです。

その為、JICCに加盟している会社がCICや全国銀行個人信用情報センターの信用情報を直接、参照することはできません。

しかし、だからといって他社借入金額がバレないという訳ではありません。

各機関は、「CRIN(クリン)」と呼ばれる相互交流ネットワークによって、申込者の信用情報を共有しています。

その為、仮に異なる機関に加盟している会社に、融資の申し込みをしたとしても、CRINによって情報共有されている為、他社の借入は必ずバレてしまいます。

個人信用情報機関に加盟していない銀行や貸金業者は存在する?

現在、お金の貸し出しを実施している会社は、日本に存在す3つの指定信用情報機関に加盟する事が義務付けられています

その為、大手消費者金融やメガバンク以外の小さな金融機関でも、加盟しなければ法律違反となるため、必ず加盟しています。

しかし、違法業務を行う貸金業者、通称「闇金」は加盟していません。

その為、闇金に他社借入がバレるという事はありませんし、逆に闇金から借入していた過去があるという情報が、銀行や貸金業者にバレるという事はありません。

虚偽の申告がバレた場合のペナルティはある?

他社借入があるにもかかわらず、申込みの際に他社の借入は無い、または実際の借入金額より少ない額を申告した場合、審査通過率が極端に下がるだけで、法的処置を行うといったペナルティは存在しません。

しかし、嘘の申告は信用情報を大幅に下げてしまいます

例えば、100万円の借入をしている人が正直に他社借入件数と借入額を正直に申告して申し込んだ場合と、100万円の借金をしているにもかかわらず、虚偽の他社借入件数や借入額を申告した場合では、圧倒的に前者のほうが審査通過率は高いと言えます。

また、悪意がなく、ただ単に間違えて申告してしまった、現在の借入状況がしっかり把握できておらず、大体の借入状況を申告したという場合でも、個人信用情報機関に登録されている情報と大きく異なっている場合は、虚偽と判断され、審査に落とされてしまいますので、申込みの際は、申込書に記載した情報に誤りはないか?記載した情報は正確か?などをしっかりと考えて行うのが良いでしょう。

他社と契約はしているけど借入はしてない場合、他社借入件数は0件で大丈夫?

他の消費者金融と契約をしているが、実際に借入をしている訳ではない、または完済して今は使っていないという場合、現在借入残高をしている会社の数だけを申込書に記載するという人が多いようですが、仮に借入残高が0件でも、契約をしている会社の件数はバレますし、審査で虚偽と判断されてしまう場合がほとんどですので、注意してください。

まとめ

他社借入金額がバレたくないと考える人が多いかと思いますが、各銀行や消費者金融などは、個人信用情報機関から、申込者の借入件数・残高を参照する事ができる為、これがバレずに審査通過するという事はありません。

また、仮に虚偽の申告をした場合、ペナルティが課せられるという事はありませんが、正直に申告する人に比べて圧倒的に審査通過率が下がりますので、申込みの際は正直に申告するのが無難と言えるでしょう。