他社借り入れの虚偽申告ってバレるの?他社借り入れは審査にどう影響するの?

公開日: 最終更新日:

副業で悩む男性

消費者金融から借り入れを行う場合に、申告の必要があるのが「他社からの借入状況」。

もちろん、この借入状況も返済能力を測るひとつの目安になります。

「他社からの借り入れが多いから、嘘ついちゃおうかな……」と思ったそこのあなた!

残念ですが、嘘は絶対バレます。

この記事ではなぜバレてしまうのか、そしてばれた時のペナルティについてご説明します。

他社借り入れがバレない方法はないの?バレる理由とは

虚偽の申告をした場合でも、他社からの借り入れがバレる可能性は100%です。

どうやっても逃げおおせません。

信用情報が記録されているからバレてしまう

諸費者1人1人に対し、「信用情報」というものが記録されています。

信用情報というのは、個人が行った借り入れや貸付の情報。金融機関が記録して、情報機関に提供し、自社も共有を受けています。

消費者一人ひとりの信用情報を、消費者金融は確認することができるのです。

そのため、嘘をついても100%バレてしまうというわけです。

銀行と消費者金融では加盟している個人信用情報機関が異なる

日本には「JICC(日本信用情報機構)」「CIC」「全国銀行個人信用情報センター」と3つの機関が存在しており、各銀行や貸金業者で加盟している機関は異なります。

例えば消費者金融で申し込みを行った場合、申込者が申し込んだ内容、今後のご利用履歴や返済状況などはJICCに登録される場合が多いです。

これは、各消費者金融のほとんどがJICCに加盟しているからです。

クレジット会社の場合はCICに加盟している会社が多く、銀行の場合は、名前の通り全国銀行個人信用情報センターに加盟している会社が多いです。

個人信用情報機関が異なる会社であれば、他社借入はバレない?

各銀行・貸金業者が加盟している個人信用情報機関が異なると分かれば、ふと考えつくのは「加盟している機関が異なる会社であれば、他社借入はバレないのでは」という点ではないでしょうか?

確かに、各銀行や貸金業者が参照できるのは、加盟している機関の情報だけです。

その為、JICCに加盟している会社がCICや全国銀行個人信用情報センターの信用情報を直接、参照することはできません。

しかし、だからといって他社借入金額がバレないという訳ではありません。

各機関は、「CRIN(クリン)」と呼ばれる相互交流ネットワークによって、申込者の信用情報を共有しています。

その為、仮に異なる機関に加盟している会社に、融資の申し込みをしたとしても、CRINによって情報共有されている為、他社の借入は必ずバレてしまいます。

個人信用情報機関に加盟していない銀行や貸金業者は存在する?

現在、お金の貸し出しを実施している会社は、日本に存在す3つの指定信用情報機関に加盟する事が義務付けられています

その為、大手消費者金融やメガバンク以外の小さな金融機関でも、加盟しなければ法律違反となるため、必ず加盟しています。

しかし、違法業務を行う貸金業者、通称「闇金」は加盟していません。

その為、闇金に他社借入がバレるという事はありませんし、逆に闇金から借入していた過去があるという情報が、銀行や貸金業者にバレるという事はありません。

どうしてわかるのにわざわざ聞くのか

そもそも、どうして消費者金融は他社借り入れの状況を知っているのにわざわざ聞いてくるのでしょうか?

ちなみに、質問項目としては以下のとおりです。

  • 借入の件数
  • 借入の総額
  • 借り入れている機関
  • ローンの種類

消費者金融は借り入れの状況が詳しくわかるようになっているので、わざわざ聞く必要も無いような項目になっています。

 借り入れの状態を消費者が理解しているのかの確認

確認すればわかることをわざわざ聞くのは、確認する手間を省くためではありません。

以下の様な人たちをあぶり出す、という目的で行われています。

  • 自分の借り入れ状況を把握できていない人
  • 虚偽の申告をする人

借入状況を把握できていない、ということは、管理能力が低いひと、ということになりますね。

また、虚偽の申告をする人は、信用ができません。

こんな人達には、お金を貸すわけにはいきません。

他社借り入れに正しい情報を書かないと、審査に不利に働いてしますのです。

他社借り入れは審査にどう影響するの?

実際複数の消費者金融から借り入れをしているときは、審査にどれくらい影響してしまうのでしょうか。

当然ですが、借入金額・借入件数が多いほど審査に通りづらくなります。

一般的に、5社以上から借り入れていると、ほとんど審査に通ることはないと言われています。

それくらい重要な項目だと捉えられているということです。

影響度は借り入れているローンの種類による

審査への影響度は、借り入れているローンの種類によって変わります。

消費者金融の場合は大いに影響を与えますが、銀行系のカードローンの場合はそこまで大きな影響とはなりません。

とはいえ、多額の借り入れをしている場合や、銀行系とはいえ借入件数が多い場合などは、審査に通らなくなってしまう場合があります。

虚偽の申告がバレた場合のペナルティはある?

他社借入があるにもかかわらず、申込みの際に他社の借入は無い、または実際の借入金額より少ない額を申告した場合、審査通過率が極端に下がるだけで、法的処置を行うといったペナルティは存在しません。

しかし、嘘の申告は信用情報を大幅に下げてしまいます

例えば、100万円の借入をしている人が正直に他社借入件数と借入額を正直に申告して申し込んだ場合と、100万円の借金をしているにもかかわらず、虚偽の他社借入件数や借入額を申告した場合では、圧倒的に前者のほうが審査通過率は高いと言えます。

また、悪意がなく、ただ単に間違えて申告してしまった、現在の借入状況がしっかり把握できておらず、大体の借入状況を申告したという場合でも、個人信用情報機関に登録されている情報と大きく異なっている場合は、虚偽と判断され、審査に落とされてしまいますので、申込みの際は、申込書に記載した情報に誤りはないか?記載した情報は正確か?などをしっかりと考えて行うのが良いでしょう。

他社と契約はしているけど借入はしてない場合、他社借入件数は0件で大丈夫?

他の消費者金融と契約をしているが、実際に借入をしている訳ではない、または完済して今は使っていないという場合、現在借入残高をしている会社の数だけを申込書に記載するという人が多いようですが、仮に借入残高が0件でも、契約をしている会社の件数はバレますし、審査で虚偽と判断されてしまう場合がほとんどですので、注意してください。

他社借り入れに記入する必要がないローンもある

他社借り入れの項目に記入する必要がないローンもあります。

例えば、事業性のローン等の場合は、他社借り入れの項目に記入する必要もありません。

他社借り入れの他社とは、「消費者金融」を指しているからです。

他社借り入れの項目に書く必要がないローン一覧

以下のような借り入れの場合は、他社借り入れの欄に記入する必要はありません。

  • 銀行が提供しているローン(含カードローン)
  • クレジットカードのショッピング利用
  • 奨学金
  • 事業性ローン
  • 携帯電話や家電の分割払い
  • 知り合いからの個人的な借入

とはいえ、銀行からの借り入れは書いておいたほうが無難です。

書かないことで「嘘の申告をした」と思われてしまうと損でしょう。

他社借入の欄に「銀行からの借入を含まない」と書いてある場合は書かなくてもOKです!

記入の必要がないのは「総量規制」に関係ないから

銀行系のカードローンや奨学金を他社借り入れに書く必要がないのは、総量規制の対象でないからです。

総量規制の対象になるのは消費者金融のみです。

【総量規制とは】

消費者金融からの借り入れの総量を年収の1/3に規制するもの。

この決まりによって、消費者金融は1/3の貸付をできなくなった。

消費者金融が悪徳だった時代に、消費者を守るためにできた制度。

この決まりにひっかかるかどうかが、消費者金融によって大きな基準となります。

記入しなければならない借り入れ

逆に、記入する必要があるローンは以下の通りです。

  • カードローン
  • フリーローン
  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • クレジットカードのキャッシング利用
  • ブライダルローン

注意しなければならないのは、クレカのキャッシング利用がアウトということ。

ショッピング利用は書かなくてもセーフですが、キャッシングの場合は書かなければなりません。忘れないようにしましょう。

本当のことを言っても審査に通る!不利にならないよう正直に答えよう

他社借り入れが審査に与える影響は大きいと書いてきましたが、他者に借り入れをしているからといって、すぐに落ちるというわけではありません。

1、2件の借り入れの場合はほとんど心配する必要しないで大丈夫です。

嘘をついたり、うっかり書くべきことを書き忘れてしまうほうが、審査に影響してしまいます。

正直に答えるようにしましょう。