審査なしのカードローンは危険!審査に通ることをまず考えよう

公開日: 最終更新日:

どうしてもお金が必要な時、審査なしでも融資が受けられる業者を利用したくなるかもしれません。

しかし、審査なしで融資を受けることには大変な危険が伴うことをご存知でしたか?

藁にもすがる思いでお金を借りたとしても、審査なしの業者から借りたお金は返済できなくなってしまうリスクもあるのです。

そこで、今回は審査なしで融資を受けてしまう前に知っておきたい情報をまとめました。

審査なしで融資を受けることの危険性や、カードローンの審査に通るために気をつけたいポイントを解説します。

審査なしのカードローンはどこ?審査なしで融資を受ける方法をご紹介

審査なしで融資を受けるのは危険!その理由は?

なぜ、審査なしで融資を受けるのは危険が伴うのでしょうか?

実は、金融機関の中でも、きちんと国の許可を受けている業者と、許可を受けない状態で違法に運営されている業者の二つがあるのです。

そのため、審査なしで融資ができることを宣伝している業者は、基本的に国の許可を受けていない危険性が高くなっています。

それでは、審査なしの金融業者は具体的にどのように危険なのでしょうか?

また、通常行われる審査はどのようなものなのでしょうか?これらのポイントについて詳しく見ていきましょう。

カードローンの審査基準と審査に落ちる人の特徴を徹底解説!これを読めばカードローン審査のすべてが分かる!

国が認める正規の貸金業者は全て審査がある

テレビコマーシャルでよく見かけるような、有名な貸金業者は、当然のことながら国が認めた正規の業者となっています。

表立って宣伝しているようなカードローン会社であれば、まず間違いなく合法で運営されている組織と考えて大丈夫です。

正規の貸金業者は、金利の設定から返済期限の日数、そして返済が遅れてしまった際の取り立ての方法などが、すべて合法的な範囲で行われます。

審査を行うことによって、利用する人が借金をきちんと返済する能力があるかどうかを確認しているため、健全に運営されているのが特徴です。

正規のカードローン業者がきちんと審査を行う理由は、返済能力のない人にお金を貸してしまった場合、業者側が貸したお金を回収できなくなってしまうリスクが大きいということです。

貸金業者は、お金を貸した利用者から、返済時に支払われる利息分によってビジネスを回しています。

そのため、もし貸したお金が返ってこなくなってしまった場合、新たな利用者にお金を貸すことができなくなったり、組織の運営維持費が払えなくなったりしてしまうのです。

正規の貸金業者は、自社のビジネスを守るという意味でも、確実に審査を行うようになっています。

さらに、自社の利益のためだけでなく、利用者自身が困らないように安全に利用してもらうということも審査が行われる目的の一つです。

もし、借りたお金を返せない状態になってしまった場合、その利用者は最終的に自己破産という道を選ばざるを得なくなってしまいます。

自己破産を行った場合、利用者はそれまでに借りていた借金の返済義務がなくなるため、貸金業者は貸したお金を回収できなくなるのです。

そして、自己破産した利用者はブラックリストに載るため、それ以降少なくとも5年から10年間はあらたに借り入れを行うことができなくなります。

このように、返済能力のない人にお金を貸し付けてしまうと、借り入れできないブラックリストの人が増えてしまい結果的に業界全体の不利益にもつながってしまうのです。

そのため、正規の貸金業者は必ず審査を行って利用者の返済能力を確認するようになっています。

審査なしのヤミ金は法外な高金利で貸し付けてくる

それでは、審査なしでもお金を貸し付けることをうたっている違法な業者はどのようなことをしているのでしょうか?

これらの違法な業者は、いわゆる「ヤミ金」と呼ばれるものです。

ヤミ金では、政府の許可を取らずに違法に運営しているため、通常の貸金業者の設定からは比較にならないほど高い利息をつけてお金を貸しています。

法外な高金利の例としては、10日間で1割の利息や、10日間で5割といったものまで様々です。

いずれの場合も、計画的に返済することが最初から不可能なほど高い金利が設定されています。

ヤミ金業者は、返済能力がない人に対してもお金を貸します。そして、脅しなどの違法性の高い手段を使って、限界までお金を搾り取ろうとするのです。

ヤミ金業者の特徴は、法外な高金利だけではありません。お金が必要な利用者の弱みを握ったら、それをとことん利用します。

たとえば、ヤミ金を利用する際には、通常の貸金業者に登録するのと同様に住所や電話番号などの個人情報の登録が必要です。

通常の貸金業者であれば、これらの情報は顧客管理のために利用するだけですが、ヤミ金業者は違います。

自宅の住所まで取り立てのために押しかけたり、夜遅くや早朝などの時間にインターホンを鳴らしたりといった、嫌がらせをすることもあるのです。

本来、これらの違法な業者を利用した場合、法的には借金を返済する義務はないのですが、ありとあらゆる脅しの手段を使われるうちに正常な判断ができなくなってしまうのです。

このような危険な目に合わないためにも、きちんと審査を行っている正規の貸金業者からお金を借りるようにしましょう。

即日融資対応の安全な闇金(ヤミ金)はどこ?口コミ・評判まとめ【即日融資の窓口に注意!】

意外と簡単な対策でカードローン審査に通るかもしれない

ここまで、きちんと審査を受けてお金を借りることの大切さについて解説してきました。

それでは、カードローンの審査に通るためにはどのような条件が必要なのでしょうか?実は、簡単な対策をするだけで、今現在カードローンの審査に通らない人であっても、きちんと融資を受けられるかもしれません。

それでは、カードローンの審査に通るためにはどのようなことをすればよいのでしょうか?以下、具体的な対策方法を確認していきましょう。

まずは審査に通らない原因を探ろう

まず行うべきチェックは、現状カードローンの審査に通らなかった場合、その原因が何なのかということです。

最近は、申し込んでから数日以内で、融資可能かどうかをチェックできる業者が増えていますので、まだカードローンの審査に申し込んでいない場合はまず、申し込みを行ってみてください。

そして、審査に落ちてしまった場合、以下のようなポイントをチェックしてみましょう。

まず、収入の状況についてです。

カードローン審査でもっとも重要視されるポイントは、現在の収入となっています。

直近2ヶ月分の給与明細など、客観的に収入を証明できる資料が揃っていない場合、審査に通ることが難しくなってしまいます。

また、収入を定期的に得られている人であっても、その額が少額な場合には、融資を受けられないこともあるので注意しましょう。

具体的な年収の制限については、各カードローン業者で基準が異なる上、公開されていないので一概には言えません。

しかし、家賃や食費などを払って生活をおくるのが難しいような収入の場合、カードローンの審査に通る確率は低くなってしまいます。

そして、収入と同時に見られるポイントが、職の有無です。

もし、現在無職の人の場合は、カードローンの審査に通ることが難しくなります。

職業についていない人は、定期的な収入を得られません。そのため、返済能力が不十分だとみなされてしまうのです。

ただし、一部には例外もあります。無職であっても、配偶者に安定的な収入がある専業主婦または主夫の場合には、審査に通ることもあります。

ブラック状態で審査が通らない時の対処法

それでは、過去のカードローン利用に信用を失ってしまうような出来事があり、ブラックリストに載ってしまった場合はどうすればよいのでしょうか?

この時、注意すべきポイントは、ブラックリストでも融資可能とうたっている貸金業者は決して利用しないことです。

ブラックリストに入っていてもお金を貸してくれる業者は、前述の違法なヤミ金業者である危険性が高いからです。

そうではなく、適切な対処方法でブラックリストに入ってしまった後の信用回復に取り組むことが大事になります。

それでは、カードローン利用がブラック化してしまったあとの対処方法について、詳しく見ていきましょう。

消費者金融の審査はブラックでもOK?ブラックリストの審査対策

ブラック状態の原因を探って期間を空ける

カードローン利用や審査が断られてしまうブラック状態になった場合、まずはその原因を探ってください。

カードローンを過去に利用していて、思い当たる出来事がある場合には問題ありませんが、もし心当たりが全くないのにも関わらずブラック化してしまっている場合、最悪カードローンを不正利用されているかもしれません。

通常であれば、本人のものと考えられない高額な融資が短期間に連続したりすると、業者から確認の連絡が入ることが多いです。

そのため、不正利用されている危険性は低くはありますが、ゼロではないため注意してください。

ブラック状態になってしまった原因がはっきりした場合、基本的には期間を空けて待つことが有効です。

ブラック状態を解除するような行動はほぼないと考えてください。改めてカードローン業者を利用できるようになるためには、それ相応の期間待つことが必要になります。

正規の中小サラ金の審査を受ける

カードローン利用についてブラック化してしまった後にできる対策としてもう一つ上げられるのが、正規の中小サラ金の審査を受けることです。

大手のカードローン業者の審査に通らなかった人であっても、中小サラ金の審査であれば通ることもあります。

中小サラ金は、テレビコマーシャルなどでよく見かける大手の貸金業者と比べると知名度が低いため、審査をある程度緩くすることで大手に対抗する戦略を取っています。

大手のカードローン業者を利用できなかった人を対象に、比較的ゆるい審査でお金を貸すことでビジネスを行っているのです。

ただし、中小サラ金は知名度が低い業者が多いため、一見して正規の手続きを経て合法的に運営されているカードローン業者なのかどうか区別がつきにくいデメリットがあります。

中小サラ金と思って申し込んだ先が、ヤミ金業者だったというケースも少なくありません。知名度の低い中小サラ金の審査を受ける際には、十分に注意してください。

中小サラ金の中でも、安全に利用できる正規の業者であれば、ネット上での評判も良くなっています。

お金を借り入れる前に、その中小サラ金業者が本当に安全なところなのかどうかを確認するようにしましょう。

サラ金はなぜ危険なのか-金利の高い理由や取り立ての仕組みを解説

他社からの借りすぎが原因で審査が通らない時の対処法

カードローンの審査が通らない原因の一つとして、他社からの借り入れ額が多すぎるということが挙げられます。

複数のカードローン業者から借り入れを行っている場合には、新しいカードローン業者からは融資を受けられないこともあるのです。

そんな時は、以下に紹介する方法で対策を行うことで、審査に通るようになる可能性があります。使えるものがあるかどうか確認してみてください。

おまとめローンで他社借入を一本化する

おまとめローンまたは一本化ローンと呼ばれるシステムを使うと、カードローンの審査に通るようになる可能性があります。

おまとめローンとは、複数のカードローン会社からバラバラの金利で借りているお金を、より金利の低いカードローンに1本化してまとめて返済できるようにする仕組みです。

このおまとめローンの仕組みを使うと、毎月返済しなければならない額が、バラバラで借りていた時よりも少なくなり、返済がしやすくなるのがメリットです。

しかし、注意すべきポイントとして、完済までの期間が長期化するため、最終的に払わなければならない利息分は一本化する前よりも総額として多くなります。

あくまでも、一時しのぎ的な救済のために使うシステムなので、頼りすぎは禁物です。

おまとめローンを利用すべき人の条件!おすすめの業者と審査に通るコツ

銀行カードローンの審査を受ける

銀行カードローンは、消費者禁輸と比較すると低金利で借りられるものが多いため、他社借り入れの件数が多い場合でも審査に通る可能性があります。

また、前述のおまとめローンに対応している銀行カードローンもありますので、他社借り入れの件数や金額の問題でカードローンの審査に落ちてしまったという人は、利用を検討してみてください。

クレジットカードのキャッシング枠を使う

既に利用中のクレジットカードがあり、キャッシング枠が設定されている場合には、カードローンと同様にお金を借りるシステムとして活用できます。

キャッシング枠がいくらあるかは、クレジットカードを契約した時の設定や利用状況によって異なりますので、不明な場合はクレジットカード会社に問い合わせをしましょう。

すでに申し込みがすんでいるクレジットカードのキャッシング枠なら、新たな審査を通さずにATMや電話、ネットからの手続きでお金を借りることが可能です。

収入が低くて審査が通らない時の対処法

収入が低いことは、カードローン審査に大きな影響を与えてしまいます。

そのため、収入自体を増やして返済能力があることを証明できるようにすることが大切です。その具体的な方法をご紹介します。

とりあえずアルバイトを始める

もし、定職に付いていないことで収入が低くなってしまっているような場合には、アルバイトなど働き口を見つけることが大切です。

収入減が確保できない限りは、カードローンの審査に通ることもできないからです。

日給で手渡しのアルバイトなどであれば即日お金が手に入りますが、可能であれば定期的に収入が発生するようなアルバイトをお探しになることをおすすめします。

株やネット収入などは審査にプラスがないので注意

収入を増やす方法には株やネットで稼ぐやり方もあります。

しかし、株やネット収入は、カードローン審査においては収入のプラスとしては認められない場合がほとんどです。

その理由は、株やネット収入は安定的に得られるかどうかがわからず、むしろ損をしてしまう場合もあるからです。

このようなリスクのある収入はカードローン審査にはプラスにならないので注意してください。

申込み条件が合わず審査が通らない時の対処法

最後に、カードローン会社が規定する年齢などに関する制限から、申し込み条件に合わない場合に付いてご紹介します。

以下のような条件にあてはまる場合には、参考にしてください。

60代の方は地銀カードローンなら借りれる可能性大

60代以上の方では、カードローンの審査に断られてしまうことも少なくありません。

しかし、地方銀行カードローンであれば、審査に通る可能性が高いです。

地方銀行のカードローンは、あるエリアに住んでいる人限定で借りられる地域密着型のサービスです。

そのため、該当エリアに住んでいる方であれば、60代以上であっても審査に通る可能性が高くなっています。

カードローンおすすめランキング!審査・金利・限度額で比較!

学生は学生専用ローンの審査を受けよう

もし、あなたが学生の場合は、通常のカードローンではなく、学生専用ローンの審査を受けることをお勧めします。

学生専用ローンは、アルバイトの勤務情報が証明できるものや学生証があると基本的には審査に通ります。

ただし、限度額は一般のカードローンより低く最大で50万円ほど、そして金利は一般的なカードローンよりも高めに設定されているのが特徴です。

学生ローンを利用する際は計画的に返済を行い、信用情報に傷がつかないよう注意してください。

学生でも借りられる銀行カードローンまとめ!いくらまで借りられる?

まずは返済能力を高めることを考えよう

今回は、カードローン審査に通るための方法についてご紹介しました。

基本的には、返済能力が証明できる状態になれば審査に通ります。

審査に通らないような収入状況で借り入れを行ってしまうと、返済できなくなるリスクが高いので、注意してください。

※簡単に収入を得る方法は、こちらにまとめています!

お金稼ぐ方法