アコムの審査は学生でも通る?親・学校・バイト先にバレない?

公開日:

ゼミの合宿やサークルの費用など、学生にはバイト代以上のお金が必要となるシーンがいくつか存在します。

親に相談して費用を援助してもらう方法もありますが、お金の使い道を親に説明するよりも自分の力でお金を用意する方が早道と考える学生もいるでしょう。

自力でお金を用意する選択肢の一つとして、アコムのカードローンを使う方法があります。

学生でも審査に通過できるのか、そして親や学校、バイト先に知られずにお金を借りることができるのかについて、申込みのコツを含めて詳しく解説します。

アコムのカードローン【審査・金利・返済・口コミ】

アコムは20歳以上の学生でも利用可能!

アコムの貸付条件では、20歳以上で安定した収入と返済能力があることが求められています。

安定した収入といえば正社員をイメージしがちですが、アルバイトやパートで働いている人でも、毎月の勤務日数や時間数に大きなばらつきがなければ安定して収入を得ていると考えることができます。

雇用形態によって申込み資格の制限を設けていないため、アルバイトや派遣社員として働く人もアコムに申込みが可能です。

また、貸付条件を満たす限り、就いている職業に制限がありません。アコム公式サイトのFAQにも、アコムの基準を満たせば学生でも契約可能と明記されています。

したがって、何らかの形で収入を得ている20歳以上の人であれば、学生でもアコムのカードローンを利用することが可能です。

安定したバイト収入があることが前提

お金を借りた後は、所定の最低返済額を期日に遅れることなく返済していくことが求められます。

アコムでは契約当初に借りた金額(借入金額)に応じた最低返済額が決められていて、契約極度額30万円以下の場合には借入金額の4.2%以上、契約極度額30万円超であれば借入金額の3.0%以上を返済する必要があります(いずれも、千円未満の端数は切り上げ)。

例えば、契約極度額30万円の人が契約当初に20万円を借りた場合、毎回の最低返済額は9千円です。

借入残高が減っても最低返済額は変わりませんが、アコムに申請することで現在の借入残高に応じた最低返済額に変更してもらうことができます。

また、最長の返済期間や回数も決められていて、契約極度額30万円以下の場合は最終借入日から最長3年(31回)、契約極度額30万円超であれば最長4年11か月(51回)です。

この期間をもとに最低返済額が決められている関係もあり、長期間にわたって返済を続けられるだけの安定したバイト収入があることが契約の前提といえます。

未成年の学生はアコムの利用NG!まずは親に相談してみよう

アコムの貸付条件で20歳以上と決められていることから、未成年(20歳未満)の学生は安定した収入があってもアコムを利用することができません。

未成年者は社会経験が浅く、場面に応じた適切な判断が行えない可能性があると考えられているからです。

未成年者の契約行為には法定代理人(親権者)の同意が必要であることと、法定代理人の同意がない契約は取消可能であることが民法で定められていますが、親権者同伴での契約でない限り、本当に親権者が契約に同意しているかの確証は得にくいです。

また、契約が取消になった場合は借りたお金のうち手元に残っている分だけを返還すれば足りるとされていることから、貸し倒れリスクが高まることになります。

20歳以上の人との契約と比べると慎重な手続きが必要になることから、アコムでは未成年者の契約を受け入れていないものと考えられます。

未成年の学生でまとまったお金が必要となった場合は、まず親に相談するのがおすすめです。ヤミ金には決して手を出してはいけません。

学生は友達よりアコムから借りるほうが安心?その理由とは

友達からお金を借りる場合、借金の申込みから完済まで人間関係へのリスクが伴います。

まず、借りた金額や返済期限を明確にするために借用書を交わそうとした場合、律儀な人だと評価される可能性がある反面、面倒だと言われてお金を貸してもらえなくなったり、友達関係に距離感が出たりすることがあります。

また、友達にも生活がある関係上、返済期限前でも全額返済を求められれば応じざるを得ない場面も考えられます。

全額返済に応じられない場合、約束違反をする人だという評価が他人に伝わって、自分と友達との関係だけでなく周囲の人間関係にも影響が出てしまう恐れも考えられます。

完済できた場合も、お金を貸した側は「助けた」と意識し、お金を借りた側は引け目を感じることで上下関係ができてしまうケースもあるようです。

一方、アコムでお金を借りる場合は書面で契約(金銭消費貸借契約)を結び、借入金額と返済金額も取引履歴で明確化されるため、口約束のような「言った・言わない」のトラブルを回避することが可能です。人間関係に影響を及ぼすこともありません。

したがって、20歳以上の学生であれば友達からお金を借りるよりもアコムで借りた方が安心といえます。

30日間以内に返済すれば利息0で借りられる!

初めてアコムを契約する人を対象に、契約日から30日間金利(利息)0円サービスを実施しています。

初回返済日を待たずにアコムやコンビニのATMで随時返済ができるので、30日以内に全額返済できれば利息0円でお金を借りることができ、貸付利率年18.0%であれば1万円あたり約150円分の利息が浮くことになります。

金利0円サービスを受けるためには、2つの条件があります。

1つ目は、契約時に各回の返済期日を「35日ごと」に設定することです。口座振替や毎月1回の指定日返済を選択した場合は、金利0円サービスが適用されません。

2つ目は、契約日の翌日から30日以内に融資を受けることです。契約日の翌日以降の借入ではサービス期間が短くなる他、契約日から31日を経過すると借入の翌日から所定の金利が発生します。

プライバシー保護を徹底しているので誰かにバレる心配がない!

アコムでは、公式サイトや契約書等で個人情報保護方針が明確にされています。

また、個人情報の漏洩や改変を防止するための安全管理措置も徹底的に実施されていて、2004年6月以降はプライバシーマーク使用許諾事業者の認定を受けています。

借金に関する事柄はプライバシーであるとアコムでは認識していて、電話連絡の際はすべて個人名を名乗り、申込者又は契約者本人であることが確認できてから初めてアコムの社名が明かされます。

たとえ家族や職場の上司が「アコムか?」と尋ねても、社名を明かすことはありません。

自宅に契約書やカードが郵送される場合でも、「ACサービスセンター」と書かれた封筒が用いられるので、アコムからの郵便物だと他人にばれないよう配慮されています。

ただし、長期間返済を延滞した場合にはアコムの社名が明記された郵便物が届き、他人に借金がばれる可能性が高まる点に留意が必要です。

アコムの審査には在籍確認がある!バイト先にバレないコツ

アコムの審査では、電話による勤務先への在籍確認が必ず行われます。

電話は必ず個人名で行われますが、バイト先に借金関係の電話だとバレないようにするコツを3つご紹介します。

1つ目は、在籍確認の日時を指定することです。

電話に応答した人が「いません」と言ってしまった場合、アコムでは「バイト先に在籍していない」と判断するため、在籍確認が成立せず審査に落ちてしまいます。

申込者が勤務している時間帯に電話を入れてもらうことが、確実に在籍確認を受けるためには大切です。

2つ目は、名乗ってもらう個人名を指定してもらうことです。

電話の相手が事前にわかれば、自分宛に取次いでもらうよう周囲に頼むことができ、状況によっては「席を外している」と伝えてもらうことも可能です。

自分の苗字を指定することで、親からの電話だと装うことができるメリットも考えられます。

3つ目は、バイト先での電話対応を率先して行うことです。

在籍確認の電話を自分で取るチャンスにもつながり、仕事の電話を装いつつ在籍確認を完了させることも可能です。

アコムは在籍確認の電話なしでもキャッシングが出来る!?

派遣のバイトなら派遣元へ在籍確認の電話が来る

派遣会社に登録してアルバイトを行っている場合は、派遣元に在籍確認の電話が来ることになります。

派遣先の方が連絡を取りやすいと考える向きもありますが、申込画面に「派遣社員は派遣元の会社を記入」と明記されているので、派遣先の情報を記載すると虚偽申込みと判断される恐れがあるので要注意です。

複数の拠点がある派遣会社の場合には、自分が登録している拠点の電話番号を申込時に記入すると在籍確認がスムーズです。

本社や別拠点の電話番号を書くと、登録や就業状況の検索に時間がかかるケースがあり、場合によっては「登録や就業を確認できない」と回答されて在籍確認が不成立となることも考えられます。

また、事前申請がなければ在籍確認の電話に応じない派遣会社もあるため、所定の手続きを経て在籍確認をお願いするようにしましょう。

学校・実家に連絡はこないので安心しよう

アコムでは、申込画面に学校名や実家の連絡先を記入する欄が設けられていません。そのため、学校や実家に郵便物が届いたり電話が入ったりしないので安心です。

アコムの審査では、申込者本人に継続かつ安定した収入があるかをチェックポイントとする一方、学校名は審査対象とされていません。

また、貸金業法では契約者(債務者)の自宅や勤務先以外への連絡や、第三者に対して債務者の私生活に関する事実を明らかにすることを禁止しているので、学校への連絡自体が貸金業法違反に問われることになります。

また、自宅外から通学する学生では、契約確認の電話で実家の連絡先を聞かれる場合がありますが、アコムと連絡が取れなくなった場合を除いて実家への連絡は行われません。

一方、親元から通学している学生は申込時に実家の住所を申告することになるため、実家への連絡を回避するためには携帯番号を申告した上、アコム窓口又は自動契約機でカードと契約書を受け取るよう気をつけましょう。

個人名で電話が来るので安心!事前に同僚へ話しておこう

在籍確認の電話は必ず個人名で行われ、申込者本人以外にはアコムの社名を明かすことはありません。

よくある苗字を名乗る傾向にありますが、誰から電話が入るか知っておきたい場合は、名乗ってほしい苗字をアコムにリクエストすると良いでしょう。

また、自分宛に電話があることをあらかじめ同僚や先輩に話しておくと、在籍確認がスムーズです。スマホのバッテリーが切れたので、やむを得ずバイト先に電話してもらったと言い訳するのも、テクニックの一つです。

シフトが入ってない日に連絡が来るかもしれないので注意

アコムでは土日祝日を問わず最短30分で審査結果が回答されるため、基本的には申込当日に在籍確認の電話が行われます。

そのため、シフトに入っていない日に在籍確認の電話が入ることも考えられます。

電話が入った日のメンバー構成によっては個人名の電話が憶測を呼ぶこともあるため、自分が勤務しているタイミングで在籍確認を受けたいものです。

シフトが入っている日に在籍確認の電話を入れてもらうこともできるので、申込み完了後すぐにフリーダイヤルに在籍確認の日時について相談することをおすすめします。

アコムの審査に落ちてしまう学生の特徴

在籍確認の対策が万全でも、毎回5千円~1万円前後の金額を遅れずに返済し続けることができないとアコムに判断されると、審査に落ちてしまいます。

アコムの審査に落ちてしまう学生の、4つの特徴について説明します。

バイト収入が少ない・シフトが月によって大きく違う

アコムに申込む際は年収の申告が必須ですが、親からの仕送り額を含めることはできず、あくまで自分の力で稼いだ金額だけを書くことになります。

複数のバイト先の収入を合算しても構いません。

また、アコムの貸付条件では安定した収入と返済能力を求めているため、次のようなケースでは審査上不利になると考えられます。

まず、毎月のバイト収入自体が少ない場合です。アコム所定の基準で毎月の生活費と学生自身が自由に使える金額を推定しますが、バイト収入が少なければ返済能力に乏しいと判断されて、融資を受けられない可能性があります。

また、年収が多くても、月によってシフトに入る日数や時間数にばらつきがある場合には、収入に不安定要素があると判断されてしまいます。

収入が多い月に貯金をして、収入が少ない月の支出を補うことができると考える人もいますが、申込時にマネープランを申告するわけではないため、アコムとしては申告年収で返済能力と収入の安定性を判断することになります。

クレカや携帯料金の滞納を過去にしたことがある

個人信用情報には、クレジットカードやローンの支払状況が最大24か月分、延滞有無の情報が最大5年間登録されるため、延滞情報の登録がある場合には返済能力を慎重にチェックされます。

最近では、毎月の通信料金(携帯料金)と同時に携帯やスマホの機種代金を分割払いするケースが増えています。

実質0円で機種を購入した場合でも、実際には割引前の金額でスマホを購入したものとして割賦払い(個別クレジット)契約が締結されているため、通信料金の延滞と同時に割賦払いも延滞することになり、一定期間を過ぎても支払がない場合は個人信用情報への登録対象となってしまいます。

そのため、携帯料金の滞納がアコムの審査に影響を及ぼす場合があるので注意が必要です。

申込み内容に嘘の記入をした

アコムに申込んだ後、申告内容が事実かどうかを本人確認書類や勤務先への在籍確認によってチェックされます。

チェックの結果と申告内容との間に矛盾点が見つかった場合は、嘘の内容を記入したとみなされて審査に落ちることが考えられます。

本人確認書類では申込者の氏名・住所・生年月日をチェックしますが、実家の住所のまま一人暮らしを続けている場合があります。

この場合、アコムから最新の住所が記載された公共料金の領収書を追加提出するよう求められますが、家賃に光熱水費が含まれている場合には領収書の提出ができません。

親元に公共料金の領収書が届く設定の場合も、速やかな提出が困難であることから、申込み内容の信ぴょう性に疑問を持たれる可能性が出てきます。

また、無職の学生がお金を借りようと、友人に在籍確認時の成りすましを依頼するケースも見受けられますが、電話応対時のニュアンスや氏名・生年月日などの質問を通じて嘘がばれることがあります。

本人からの申込みであると確証が取れなくなるため審査に落ちてしまいます。

希望の限度額が高額すぎた

大学の海外研修やダブルスクールの費用を除き、学費以外に数十万円単位の出費を必要とするシーンは限られてきます。

借りたお金の使い道に制約が設けられていないものの、高額融資を希望した場合には出費の健全性に疑問を持たれ、審査に落ちる可能性が高まります。

特殊詐欺やマルチ商法により多額の現金を詐取される事例もあり、学生への高額融資希望には慎重に対応しているという見方もあるようです。

学生が借りられるのは50万円まで!なるべく低めに設定しよう

学業とアルバイトを両立しながら得られる収入には限りがあることと、貸金業法の総量規制により個人年収の3分の1以上の融資を禁止していることから、学生が借りることができる限界は50万円までといえます。

仮にアコムで50万円の融資が成立した場合は、毎回の返済額は15,000円で、5年前後かけて完済を目指すことになります。

その間に学校卒業や就職など複数のライフイベントを迎え、未確定要素も含まれることから学生のローン限度額は低く抑えられる傾向にあります。

したがって、審査に通るためには低めの限度額を希望することが重要です。
※学生はステータスが低いので、高額を希望しても融資が下りません。

最低の10万円に設定すると審査には通りやすい

借入希望額10万円で審査に通った場合、毎月の最低返済額は5,000円です。

時給1,000円のアルバイトに換算すると5時間分、単発のアルバイト1回で稼ぐことができる金額なので返済のハードルは低いと考えられます。

また、必要最小限の金額を借りようとしているという印象を与えることもでき、10万円の希望であれば比較的審査に通りやすいといえます。

なお、融資希望は1万円から出すことが可能です。

アコムは学生におすすめ!ただし今後の金融サービス利用も考慮しよう

急にお金が必要になった際は、友人等との人間関係に影響を及ぼさずに学生自身の信用でお金を借りられるアコムの利用がおすすめです。

長期間の返済を通じてクレジット・ローンの利用実績を積むことができる反面、返済を延滞すると最大5年間個人信用情報に登録されるため、別のクレジットカードや自動車ローンなどの申込みに困難をきたすケースも考えられます。

アコムを利用する際は、将来の計画を視野に入れた返済プランを立てて、必要最小限の利用にとどめるようにしましょう。

アコムの審査は甘い?厳しい?審査通過率を他社と比較