イオン銀行教育ローンの審査は甘い?厳しい?審査の流れと注意点

公開日:


イオン銀行教育ローンは、こちら4つのメリットが魅力的な商品となっています。

  • 融資まで来店不要!手続きを全てWEBで完結できる
  • 受験の宿泊費や交通費まで幅広い用途で利用できる
  • インターネットバンキングを使って繰上げ返済をすれば利息を減らせる
  • 担保・保証人が不要

柔軟性が特長のイオン銀行教育ローンですが、審査に通らないことには何の意味もありません。

ここからは、イオン銀行教育ローンの審査にスムーズに通過するコツを紹介していきます。

教育ローンは即日で借りられる?審査時間の短いおすすめローン

イオン銀行教育ローンは2種類!イオンアシストプラン(目的型)のほうが審査に通りやすい

イオン銀行教育ローンには、通常の教育ローンとイオンアシストプラン(目的型)の2種類があります。

まずは、この2つの違いを知ることが大切です。

教育ローン 教育ローン(アシストプラン・目的型)
特徴
  • 申し込みは店舗・郵送のみ
  • 審査・返済で時間がかかりがち
  • ネットから申し込めるのでスピーディ
預金口座 申し込み時に開設手続きが必要 申し込み完了までに開設手続きが必要
借入額 10万円~500万円(1万円単位) 30万円~700万円(10万円単位)
金利
  • 基準金利:年3.8%
  • 最優遇金利:年2.8%
年3.8%~8.8%
借入期間 1~15年 1~8年
資金使途
  • 教育期間に関わる資金
  • 転居先の敷金・礼金
  • 他社の借り換え資金
教育に関わる目的なら原則自由
返済日 毎月1日 毎月27日
手数料 不要 必要(事務手数料が1件につき税込2,700円かかる)

通常の教育ローンは、イオン銀行の口座開設手続きが必要で、加えて学生本人が申し込むことができません。

一方、アシストプランは申込時に口座を持っていなくても審査を受けることができますし、学生本人が申し込むこともできます。

審査に通りやすいのはイオンアシストプラン!ただし金利の高さに注意

上の2つを比較すると、審査に通りやすいのはイオンアシストプランのほうになります。

教育ローンに比べて申し込み条件も緩やかで便利ですし、審査も通りやすいとなれば、イオンアシストプラン一択のように思えますよね。

ただ、注意してほしいのが金利の違いです。

通常の教育ローンは金利が年3.8%(最優遇金利は年2.8%)なのに対し、イオンアシストプランは金利が年3.8%~8.8%となります。つまり、二つのローンは金利が最大で年6.0%も違うということです。

高額の借入をおこなう場合、金利が6%違えば返済額は1,000万円近く違うこともあります。

入学費+年間の学費など、高額費用を借り入れる際は教育ローンを、それ以外の安い費用を借りる際はイオンアシストプランを使うのが良いでしょう。

イオン銀行教育ローンの審査の流れ

イオン銀行教育ローンの審査の流れは、基本的にこちらの5ステップとなります。

  1. WEB申し込み
  2. 審査を受ける
  3. ローン契約書が送付される
  4. 契約書類の返送
  5. 融資

審査結果は申込から最短2、3日程度で来ますが、そこからローン契約書の郵送・返送の時間がかかるため融資までにはトータル2週間ほどかかります。

更に、イオン銀行の口座を持っていない方は口座開設の手続きがあるので、その分時間がかかります。

教育費の支払い期限が1ヵ月を切っている場合は、お早目に手続きを進めることをおすすめします。

イオン銀行教育ローンの融資を最短で受けるコツ

イオン銀行教育ローンの融資を最短で受けるためには、審査を確実に最短で終わらせることが重要になります。

ここからは、イオン銀行教育ローンの融資をスムーズに受けるためのコツを徹底解説していきます!

イオン銀行の口座はできるだけ早く開設する

2種類の教育ローンは、どちらも結果的にはイオン銀行の口座開設が必要になります。

ローンの中には自社の銀行口座を持っていなくても借りれるものが多いので、イオン銀行はそれくらい口座を持っているかどうかを重要視しているということになります。

長年イオン銀行の口座を利用していた方なら、その分イオン銀行との信頼を構築できているので、審査がスムーズになる可能性は高いです。
また、それまでイオン銀行の口座を利用していなかった方も、審査前に開設すれば「こっちはイオン銀行の教育ローンを本命で借りようとしています」という意思を見せることができます。

口座が開設されているかどうかで、2週間ほど期間が変わってきますので注意しましょう。

借入額を最小限に抑えておく

借入額が高額になるほど、申込者に求められる基準は上がり、審査通過も難しくなります。

そのため、希望額は必要最小限に留めておくことをおすすめします。こうすることで審査に通過する確率は上がり、かかる時間もグッと短縮されます。

例えば、学費や入学金だけは教育ローンから借り、その他の教科書代などは自腹で負担するというように、どこを借りて、どこを自己資金で払うかの区別をしっかりしておくのがおすすめです。

借入目的をしっかり決めておく

イオン銀行教育ローンは、2つのプランのどちらも借入目的が具体的でしっかりしていることが重要になります。

学費目的で借りたお金を宿泊費など違う費用に使っていくと、返済できなくなる可能性が高まるのでおすすめできません。

借りた目的をブレずに持っておくためには、最初の申し込み時に借入目的をしっかり説明することが大切になってきます。

当日中にお金を借りたい方は消費者金融カードローンがおすすめ!

イオン銀行教育ローンは審査自体は2、3日で終わりますが、そこから契約手続きに2週間近くかかります。更に口座開設の手続きを入れれば、トータルで1ヶ月近くかかってしまうこともあります。

これだと、急に受験先を増やしてお金が必要になったり、補欠合格をして学費納入期限が差し迫っていたりする場合は融資が間に合いません。

こんな時におすすめなのが、消費者金融カードローンです。

これを使えば、1000万円近い額が申し込んだその日のうち(最短1時間)に融資してもらうことができます。

金利は平均で年18%と高めなのがネックですが、30日間無利息なので、1ヶ月以内に返済できれば利息0で利用できます。

教育ローンと違って用途が自由なので、急な出来事にも柔軟に対応できますよ!

※審査スピードの早いおすすめ消費者金融はこちら!

即日融資に対応している消費者金融一覧!即日融資を受ける条件・口コミまとめ