イオン銀行「ネットフリーローン」は借り換え・おまとめに最適!その理由は?

公開日:

イオン銀行はネットで利用できるフリーローンを提供しています。フリーローンは色々な用途に使えるメリットを持っており、ローンの中でも気軽に使えます。

ネットフリーローンは、インターネットで契約できるメリットを持っているほか、高い限度額が期待できる良さもあります。

これからネットフリーローンを契約したいと考えている方のために、ここではイオン銀行が提供しているネットフリーローンについて紹介します。

また、審査についても紹介し、審査落ちが起こらないようにする対策も取り上げます。

フリーローンは即日融資できる?今日中に借りたい人必見!

イオン銀行「ネットフリーローン」の基本情報

イオン銀行のネットフリーローンの基本情報をまずは紹介しましょう。

限度額 10万円~700万円
金利 3.8%~13.5%
返済方法 毎月元利均等方式
遅延損害金 14.6%
担保・保証人 不要
手数料 事務手数料2,700円
保証会社 オリックス・クレジット(株)

以上の契約内容でネットフリーローンを利用します。

フリーローンの中でも高い限度額を確保しているのはもちろんですが、低金利で借りられるメリットを持っています。ただ、遅延損害金もありますので、返済ができない問題は起こさないようにしましょう。

担保や保証人はフリーローン特有の不要としています。契約時には手数料を取られてしまうので、手数料まで含めてしっかりと考えてください。

審査を行う保証会社はオリックス・クレジットという会社が担当します。オリックスグループにある会社で、保証会社として高い信頼性を持っています。

イオン銀行ではありますが、審査を主に担当しているのはオリックス系列だと考えておきましょう。

イオン銀行カードローンのメリット・デメリット【審査・返済・口コミ】

イオン銀行「ネットフリーローン」が借り換え・おまとめ向きの理由

ネットフリーローンが借り換えやおまとめ向きとされているのは、色々な理由がまとめる際にメリットを与えているためです。

ここからはその理由について紹介するほか、実際に使ったときのメリット等も説明します。

何といっても一番のメリットは、ネットフリーローンがおまとめや借り換えに向いている商品設定をしている点です。

限度額の高さや金利の低さをしっかり作りだしているので、まとめる際には非常に便利な設定です。これがもし金利も限度額も落とされているようなら、借り換えやおまとめにはあまり向いていない商品に変わっていたでしょう。

さらに信頼できる会社が提供しているため、ネットフリーローンでしっかり借りられるメリットを持っています。

信頼できない会社から借りるよりも、高い信頼性を持っている銀行から借りることで、安心感を得られるのです。

より安心してフリーローンを利用したいと考えている方には、とても使いやすい会社でしょう。

フリーローンで作った借金は借り換えローンを使って減らそう!

借入限度額が高く金利が低いので複数借入もおまとめできる!

借入限度額は最大で700万円まで準備しています。

フリーローンの中には300万円程度までしか限度額を確保していない会社もある中、ネットフリーローンは700万円まで借りられるメリットを持っています。

フリーローンとしてはかなり使いやすい限度額ですし、借り換えやおまとめ目的で利用する場合、多くの借金をまとめられるのです。

しかも低金利で借りられる良さがあります。

低金利で借りなければ借り換えやおまとめとして使うメリットは全くありませんが、金利が3.8%~13.5%に設定されているネットフリーローンなら、低金利で借りられます。

限度額が低くても高くても、しっかりと低金利に設定される商品ですので、消費者金融のおまとめローンなどを利用するよりも返済額を抑えられる良さが得られます。

複数の借入を持っている場合でも、高い限度額と低金利によって、確実に返済額を抑えられるメリットを得られます。

しっかりとおまとめや借り換えに対応できる商品として提供されているため、これからまとめたいと思っている方にはとても使いやすい商品となるのです。

おまとめローンを利用すべき人の条件!おすすめの業者と審査に通るコツ

来店不要!ネットで手続きができるので利用がカンタン

もう1つのメリットは来店しなくてもいい点です。フリーローンの多くは来店しないと契約できないなどの問題を抱えており、契約するまでに多くの時間がかかってしまいます。

しかし契約するまでに来店しなくてもいいため、自分の都合が悪くても自宅で契約が完了するのです。

これは負担を軽減してくれるほか、忙しい人でもネットフリーローンを契約できる良さがあります。

銀行へ来店して契約する方法は確かにいい方法です。相談できる相手がいますし、書類への記載などわからないところは説明してもらえます。

しかし来店できる時間は平日だけで、しかも銀行は15時を過ぎると全く対応してくれません。

従って来店したいと考えても、空いている時間を確保できないためフリーローンの相談をしづらい点があります。

しかしイオン銀行が提供しているネットフリーローンであれば、ネットで全ての契約が可能です。

ネットで契約を完了させておけば、忙しいタイミングでもローンを契約できるのです。しかもあらゆる処理はイオン銀行側が行ってくれるため、自分でやらないといけない処理があまり多くありません。

契約が完了するまで、あまり時間を必要としないのもいいところでしょう。

本当に気軽に借りたいと思っているなら、ネットフリーローンを検討しておくのもいい方法です。ネットだけで契約できるのは相当なメリットと言えるでしょう。

イオン銀行「ネットフリーローン」は口座開設が必須

イオン銀行が提供するネットフリーローンは確かにいい商品ですが、1つだけ問題点があります。

それはイオン銀行の口座が必須なところです。

フリーローンの中には口座開設をしなくてもいい会社もありますが、イオン銀行はお金を借りる場合に口座開設が必要とされており、イオン銀行の口座を作らなければなりません。

イオン銀行の口座を作成するのは決して難しいものではありません。

簡単に契約できるケースが多いですし、口座作成程度なら収入をあまり持っていない人でも契約できるでしょう。

ただ問題となるのは口座開設にかかる時間があまりにも長い点で、フリーローンの契約までに多くの時間を使ってしまいます。

これから契約したいと考える方は、口座開設を事前に済ませておく、もしくは口座開設を含めてネットフリーローンの契約までにかかる時間を試算しておくといいでしょう。

イオン銀行の口座を開設するまで2~3週間はかかる

イオン銀行の口座開設には2週間程度かかります。

この2週間というのはスムーズに口座開設ができる場合の話であり、忙しいタイミングだとかなりの時間が必要です。

場合によっては3週間以上経過しても口座開設が完了していないなど、多くの時間がかかってしまいます。

ネットバンクは全体的に口座開設に時間がかかる傾向もあります。

イオン銀行は他のネットバンクよりも多少時間がかかってしまうため、すぐに口座開設ができるわけではないと考えておきましょう。

時期によっては1か月近くもかかってようやく口座開設される場合もあるので、急ぎの用でフリーローンを使いたい際は気を付けておきましょう。

既に口座がある方も入金まで5日程度かかるので注意

イオン銀行と契約している方も、入金までにかかる時間がかなり長いので気を付けてください。

消費者金融と同じように、契約したらすぐに振り込んでくれるというわけではありません。

ネットフリーローンは、入金までに5日程度が必要で、時期によっては1週間を超える場合もあります。かなり長い時間が必要な点に気を付けておきましょう。

口座を持っていたとしても、フリーローンを契約が完了してから振込までには色々な手続きが必要です。

イオン銀行側が手続きを早く進めてくれるのはいいことですが、それでも多くの時間がかかってしまいます。

既に口座を持っている人も、審査等の時間までを考えてフリーローンの利用を検討してください。

すぐに借りられるという考えは捨てて、契約してゆっくりと借りるローンだと考えて契約してください。気軽に借りられるのはメリットですが、借りるまでの時間は多くなるので気を付けておきましょう。

イオン銀行「ネットフリーローン」を利用する際の注意点

ネットフリーローンは確かにいい商品ですが、イオン銀行が提供するローンとしては色々な注意点を持った商品です。

特にこれから利用する方は、振込のタイミングはもちろんのこと、返済を含めてしっかり考えてから契約したほうがいいでしょう。

フリーローンという商品の性質上、これまでカードローンを中心に契約している人には扱いが違うところで混乱しがちです。

簡単に契約できるという部分も含めて、フリーローンはカードローンとはかなり違います。振り込まれるタイミングはもちろんのこと、返済時の対応なども考えないと、大きな失敗が起きてしまいます。

ここから紹介する注意点をしっかり守っていれば、最終的にネットフリーローンを使ったときに問題が起こる可能性は低くなるでしょう。

誤った考え方などを捨てて、本当に必要な情報を踏まえてネットフリーローンを考えてください。

フリーローンの審査基準は甘い?厳しい?カードローンとの比較と審査に落ちた人の特徴

振込は初回の1度だけなので注意

カードローンは何度も借りられるメリットを持っているため、つい最初はあまり多く借りないように考えるでしょう。

しかしネットフリーローンの場合、振込は初回の1回だけです。

つまり最初の1回で必要な金額を借りなければ、完済して再度契約するまで振込が受けられないのです。

フリーローンの場合、カードローンと違い限度額の扱いが違います。

カードローンは限度額までなら何度も借りられますし、自由に借りるタイミングを作れます。

しかしフリーローンの場合、限度額は融資できる金額のことで、借りられるタイミングは初回の融資だけです。

後からもっと借りたいと思っても、フリーローンだと対応してくれません。つまり最初の段階でフリーローンからお金を借りて、必要な金額を確保しなければなりません。

基本的には自分が希望している金額を限度額に設定してもらい、フリーローンで融資してもらいましょう。

間違ってもカードローンのように後から増やせるという考えは持たないようにして、1回で必要な金額をしっかり借りましょう。

申し込み前に返済シミュレーションを必ず試そう

フリーローンの返済は非常に大変で、場合によっては返済がスムーズにできず、毎月の返済が終わらない問題もあります。

一応増額返済等はネットフリーローンに用意されていますが、後から増額返済を考えるのはかなり遅いのです。

最初の段階から返済シミュレーションを通じて、返済期間がどれくらい必要なのかしっかり考えてください。

借りられるのは最初の1回だけなので、余計な借入について考える必要はありません。

返済シミュレーションを通じて、最初に借りられる金額がどのような機関で完済できるのか、何度もシミュレーションを使って考えましょう。

特に返済額を変えると返済期間がどのように変わっていくか確認しておかないと、最適な返済額を見つけられない場合もあります。

シミュレーションはイオン銀行でも準備していますし、他のホームページを利用する方法でも構いません。

とにかく返済をしっかりと考えるためにも、できる限りフリーローンの契約前にシミュレーションを試してください。

インターネットバンキングを使いこなそう

イオン銀行はネット上で様々な手続きが可能です。

同時にネットバンキングを利用した返済などもしっかり準備しており、よりネットフリーローンを使いやすくするサービスが備わっています。

せっかく用意してくれた口座を使わないのはもったいないので、用意されている口座も含めてしっかりと使いこなすようにしましょう。

口座の中にはフリーローンの返済を助けてくれるサービスのほか、返済状況を確認できる明細なども準備されています。

できる限りイオン銀行を返済口座として指定し、毎月の返済状況をしっかり確認するようにしてください。

同時に返済額が足りているか、毎月のチェックも欠かさず行いましょう。

増額手続き等もネットバンキングを通じて可能となりますので、もし返済額を増やしたいと考えるならネットバンキングを使い、必要な手続きを取ってください。

これだけで返済がかなり楽になります。

イオン銀行「ネットフリーローン」の審査はどこを見られる

イオン銀行の審査では、様々な要素を確認して最終的にローンを利用させてもいいのかチェックしています。

ただ、重視している項目もあれば、あまり重視していない項目もありますので、全ての項目をかなり綺麗に揃えなければならないというわけではありません。

基本的には個人情報の確認、会社で仕事をしている状況の確認、そして収入と希望している限度額が釣り合っているかの検討が行われます。

同時に過去に他社で借りている状況なども含めて、本当に貸してもいいのか審査で確認されています。問題があればその時点で審査に落とされます。

これから紹介する審査の重要項目をしっかり理解して、確実に審査を通過できるように調整しておくといいでしょう。

特に収入面と過去の利用状況、そして他社借入件数と金額には気を付けてください。

フリーローンの審査難易度を比較!審査に通りやすいフリーローンはどこ?

最も重視されるのは申込者自身の収入

一番重要なポイントとして扱われるのは収入です。収入をしっかり持っていない人は審査に落とされてしまいますし、フリーローンと契約しても返済されないと判断されやすいのです。

さらに収入が足りないと限度額がしっかり確保されない場合もあり、必要な限度額が得られないケースも発生します。

収入はとても大事な数字ですし、収入が足りないと判断されるだけで非常に厳しい判断を下されやすくなります。

できる限り契約する限度額よりも年収が3倍以上準備されている状況を作って、確実に返済能力を持っているように見せましょう。

年収よりも希望する限度額が高いと確実に審査落ちなので注意してください。

過去に返済の滞納があった場合は要注意

他社も含めて、過去に返済の滞納を起こしている人はかなり注意したほうがいいでしょう。

滞納が1つでもあると、イオン銀行は返済されない可能性が高いと判断してしまい、審査に落とされる可能性が高くなってしまいます。

返済の滞納というのは、信用情報機関に掲載されています。

信用情報はイオン銀行が確認しているほか、保証会社のオリックス・クレジットも確認しています。

そして危ない情報が1つでも残されているようなら、その時点で返済の問題があると判断し、審査に落とすという結論を出します。

主に問題となるのは返済の滞納ですが、他にも債務整理を実施して借金額を減額している、破産してからあまり期間が経っていない場合は審査に落とされます。

銀行に不利益を与える行為が1つでも見つかれば、審査通過はかなり厳しいと考えてください。

借入が5社以上ある場合はおまとめ出来ない可能性が高い

他社借入金額や件数も非常に重要な項目です。

他社借入件数が多ければ多いほど危険な状態となり、借りている金額もかなり多いと審査に落とされる可能性が高まります。

特に気を付けたいのが、他社借入件数が5件を超えている場合です。

おまとめローンとして使う場合、他社借入件数はかなり重要です。

借りている会社の数が3件以上あると、本人の収入や過去の利用状況次第では審査に落とされる確率が出てしまいます。

そして5件以上に達するとほぼ審査に落とされてしまいます。

5件以上のおまとめはリスクが高いと判断されるほか、多重債務をまた引き起こすリスクがあるため、イオン銀行が審査を通過できないと判断します。

また、借りている額も700万円の限度額を超えるような場合は審査に落とされます。おまとめローンとしてまとめきれる金額を超えていると判断されるのが主な理由です。

借入件数も大事ですが、借りている金額も多すぎると審査落ちがあるので注意してください。

イオン銀行ユーザーならネットフリーローンはおすすめ!それ以外は時間がかかるので注意

イオン銀行ユーザーであれば、提供されるネットフリーローンはとても使いやすいでしょう。

少し時間はかかってしまいますが、低金利で高い限度額を狙えるなどのメリットがあるからです。

従ってイオン銀行の口座を持っている人は、フリーローンを考えるならイオン銀行がおすすめです。

しかし、イオン銀行の口座を持っていない人はかなり時間がかかってしまいます。

もし使うのであれば、1ヶ月近く利用までにかかると想定して、しっかり計画を立ててから利用してください。

短期間で利用するような計画だけは立てないようにしましょう。