アイフルのATMは営業時間に注意して利用しよう!設置場所・手数料も解説

公開日:

アイフルはATMを利用しても借りられます。

ATMを使えば、営業時間の間であればローンカードを使っていつでも借りられるので、お金を借りたいと思っている方はローンカードを持ってATMまで行きましょう。

ただ、ATMは営業時間が限られています。ATMの営業時間を過ぎてしまうと翌日まで借りられませんので、早めに来店するように心がけましょう。

この記事ではアイフルが提供しているATMの営業時間や提携しているATMについて説明します。

アイフルのATMはどこに置いてあるのか

アイフルのATMは自動契約機を置いている無人店舗、もしくはスタッフがアイフルの手続き等を担当している有人店舗に置かれています。

この2つの店舗だけでアイフルが提供するATMは配置されていて、アイフルの店舗以外では専門のATMは使えません。

アイフル自体は日本全国で無人店舗を作っていますが、その無人店舗の中にATMを設置しています。

アイフルの自動契約機(無人契約機)「てまいらず」を使って即日融資!営業時間や手続きの流れは?

ローンカードを発行してすぐに借りられるよう、カードを挿入して借りられるATMをどの店舗にも置いています。

無人契約機で契約を行った場合でも、有人店舗で契約してカードを発行してもらった場合でも、ATMを使えばお金を借りられるのです。

ATMはアイフルが営業している店舗の数だけ置かれており、日本全国どこでも利用できます。

ただ、営業時間が限られているので、アイフルATMを使う場合は営業時間に気を付けておきましょう。

アイフルATMの営業時間

アイフルATMが営業している時間は、7時から23時までです。

この時間を超えてしまった場合はアイフルのATMは使えません。次の日の7時まで待たなければならないのです。

営業時間に土日祝日は全く関係ありません。土日祝日でも同じ時間帯でお金を借りられるので、アイフルのATMを見つければ営業時間内でいつでも借りられます。

借りるためにはローンカードを持っていなければならず、ローンカードを挿入しない限り基本的にはお金を借りられない仕組みが採用されています。

アイフルには有人店舗もありますが、有人店舗は営業している時間が10時から18時と決められています。

この時間内にATMを見つけて利用すればアイフルからお金を借りられますが、営業時間が経過すると有人店舗は閉店してしまうので、無人店舗にあるATMを探さなければなりません。

アイフルの提携ATMはどの会社が使えるの?

アイフルのATMが見つからない、アイフルの無人店舗すらかなり遠い場所にあるので困っていると考える方は、アイフルが提携しているATMを探してください。

アイフルは色々な会社と提携を行っていて、提携しているATMでもお金を借りられる仕組みです。

提携しているATMというのは、コンビニATMや銀行のATMです。

すべてのATMと提携をしているわけではなく、一部の会社に限って提携しています。

ここからは提携している会社について説明します。

セブン銀行ATM

セブン銀行が提供しているATMで、アイフルの借入や返済が可能です。

セブン銀行のATMはセブンイレブンに配置されているほか、イトーヨーカドーにも配置されています。また、セブン銀行と提携している店舗がATMを配置しているケースもあります。

セブン銀行は比較的有名な銀行で、アイフル以外の消費者金融とも提携を行っています。

アイフルの借入もローンカードを挿入すると簡単に手続きができる仕組みですので、アイフルATMを見つけられない場合はセブン銀行を探すといいでしょう。

ローソンのATM

ローソンが店舗に配置しているATMでもお金を借りられます。

ローソンも多くの消費者金融と契約を行っていて、アイフルとも契約してローンの借入と返済が可能です。

比較的多くの店舗が営業しているローソンも、ATMでアイフルが使えるのはとても便利です。

E-net(ファミリーマート)

E-netと聞いてもわからない方が多いかと思います。

これはファミリーマートの店舗にあるATMです。ファミリーマートのATMはE-netという名称でサービスを提供しており、アイフルの借入や返済を可能にしています。

手続きの方法は他のATMと変わりません。ファミリーマートに設置されているATMを見つけたら、そこでアイフルの借入ができると考えておきましょう。

イオン銀行ATM

ショッピングモールとして有名なイオンの銀行です。

イオンの店舗に配置されているほか、イオンと提携している店舗がATMを設置しています。

このイオン銀行のATMでも借入と返済が可能です。

三菱UFJ銀行ATM

今までは三菱東京UFJ銀行という名称を使っていましたが、2018年から東京という名称を消しました。

この銀行もアイフルとの提携を行っているので、ATMでカードを入れれば借入と返済が行えます。

西日本シティ銀行ATM

東日本の方にはあまり馴染みのない銀行です。福岡県を中心に店舗を作っている銀行で、主に九州地方でATMを確認できます。

この銀行もアイフルとの提携を行っているため、ATMで借入と返済ができます。

福岡銀行ATM

福岡県を中心に九州地方でATMを見つけられます。

この銀行もATMでアイフルの手続きが可能ですが、返済手続きができないデメリットを持っています。返済は他の銀行やコンビニATMで行ってください。

熊本銀行ATM

熊本県を中心に九州地方で営業している銀行です。こちらの銀行もアイフルと提携しているので、ATMで手続きが可能です。

福岡銀行同様に返済には対応していない点に気を付けてください。

親和銀行ATM

こちらは長崎県の佐世保市を中心として銀行の支店を広げている銀行です。

この銀行もアイフルとの提携を行っていて、ATMでお金の借入や返済ができます。


以上の銀行とコンビニATMでアイフルの借入と返済が可能です。

アイフルと契約している方はATMを使える銀行等をしっかりと確認したうえで、借入や返済の場所を決めるといいでしょう。

提携ATMの営業時間は?24時間利用できるのはどこ?

提携しているATMは、営業時間が異なっています。

すべての銀行ATMが同じような時間帯で営業しているわけではなく、営業している時間をある程度決めてATMを稼働させています。

中には24時間利用できるATMもあります。

実際にATMを利用したいと考える方は、営業している時間を確認してATMまで行ってください。

現在提携しているATMの営業時間をまとめました。

提携ATM 営業時間
セブン銀行 0時から2時、3時から24時(土曜日は23時まで、日曜日は7時から24時)
ローソンATM 24時間営業(メンテナンス作業による利用できない時間あり)
E-net 24時間営業(メンテナンス作業による利用できない時間あり)
  • イオン銀行
  • 三菱UFJ銀行
7時から23時
西日本シティ銀行
  • 平日:7時~23時
  • 休日:8時~21時
  • 福岡銀行
  • 親和銀行
  • 熊本銀行
8時から21時

以上の営業時間が設定されています。ローソンとファミリーマートであれば24時間借入が可能です。

ただ、メンテナンス作業を行う時間帯もあるので、メンテナンス作業が行われている場合は借入ができません。

この中で唯一複雑な営業時間を設けているのがセブン銀行です。

セブン銀行は2時から3時にメンテナンス作業を行っているため借りられません。平日は23時間、休日は土曜日が22時間、日曜日は17時間の間で借りられます。

かなり複雑な営業時間ですので、営業時間を間違える可能性はそれなりに高いATMです。

営業時間をしっかりと確認し、忘れないようにしっかりと手続きを行ってください。

地方銀行は営業している時間がやや短いため、ATMを深夜に見つけてもお金を借りられません。

深夜にATMで借入を行いたいならローソンやファミリーマートを探し、ATMで手続きを行ってください。

提携ATMでかかる手数料について

アイフルが提供しているATMはあらゆる手続きに必要な金額が無料です。

つまりアイフルATMでは余計なお金を取られないメリットを持っています。その一方で提携しているATMを利用する場合、必要な手数料を支払って借入と返済を行います。

アイフルと提携しているATMは、全て共通の手数料を請求されます。

以下が提携ATMの手数料です。

1万円未満の借入や返済を行った場合 108円
1万円以上の借入や返済を行った場合 216円

提携しているATMでは、最低でも108円、多くのお金を支払ったり借りた場合には216円の手数料がかかります。

手数料がきっちりした数字を採用していないのは消費税が絡んでいるためで、消費増税の影響によって手数料が増える可能性もあります。

あまり1万円未満の借入を行う人は多くないので、多くの方が提携しているATMでお金を借りた場合は216円の手数料を支払わなければなりません。

ただ、返済の場合は1万円未満の支払いも発生しやすいため、手数料が108円で抑えられる場合もあります。

提携しているATMでは手数料を取られてしまうので、アイフルを利用する際は手数料を計算に入れたうえで借入や返済を行いましょう。

ATMで出来ることを徹底紹介

提携しているATMで行えるのは借入と返済です。

借入はATMが定めている枚数までお札を引き出せます。

一部ATMは50枚まで、他のATMでも100枚までなどの制限が加えられており、1度の取引で使えるお札の枚数は限られています。

制限を超えないように借入や返済の手続きを行ってください。

提携しているATMでは残高も一応確認できます。

返済時に現時点で残されている残高等を確認して、現時点での返済状況に問題がないのか調べられます。

返済が足りないと思えばATMで返済を追加して返せば、返済額が足りなくて元本が減っていない状況も比較的減らせます。

ATMではアイフルの増額申請や各種手続きといったものはできません。また、アイフルと連絡を取れる電話は提携しているATMには備えられていません。

従ってアイフルに対して何か相談をしたい内容があればスマホやパソコンを使って問い合わせを行うか、スマホで電話をかけて相談してください。

また、ローンカードの紛失や盗難、挿入しても手続き等ができない場合の対応は提携しているATMからは行えません。

その場合は速やかに電話で話をしてオペレーターに対策を聞いてください。

出入金できる額がATMによって違うので要注意

ATMで入金できる金額、出金できる金額は会社によって異なります。

先ほども説明しましたが、引き出せるお札の枚数が限られていて、ATMの限界を超えて引き出せないのです。

出金や入金時に入れられるお札の枚数が異なる点をしっかり把握して、なるべくATMに対応した返済や借入を考えてください。

コンビニATMなどはあまり多くのお札を引き出せない傾向にあります。一方で銀行のATMは100枚まで引き出せる場合もあります。

提携ATMを確認する際は、お札を引き出せる枚数等をしっかりと確認し、なるべく多くの枚数に対応しているATMを使うように心がけましょう。

なお、ATMでは硬貨を使って入金する、出金させる方法は使えません。対応しているお金はお札だけなので気を付けてください。

銀行振込ならATMを使わなくて済む

ATMを使わないでお金を借りる方法は、アイフルが提供しているアプリを使って振り込み手続きを行う方法があります。

アイフルはスマホで借入等を考えている方のために、スマホアプリを作成しました。このスマホアプリで各種手続きが行えるほか、お金を借りる手続きも可能です。

アプリを利用した借入の方法は、アプリにログインしてマイページから借入を選びます。借入の方法として銀行振込という方法を選択し、必要なお金の額を入力すると完了です。

後は指定した口座にお金が入っているかを確認してください。

なお、振込の場合は銀行の振り込み時間を過ぎており、翌営業日に回される場合もあります。

そして返済の手続きはアプリから行えませんので、返済の場合はATMを使うか銀行の引き落とし手続きを行ってください。

アイフルは提携ATMがたくさんあるので便利

アイフルが提供しているATMは非常に多くあります。また、無人店舗だけでなく提携しているATMによって、日本全国どこでもアイフルの借入と返済は行えるのです。

提携ATMは手数料を取られますが、身近にある場所で借入や返済ができるというメリットにより、気軽に借入や返済ができます。

ATMは営業している時間が異なりますので、営業している時間をしっかり調べてから来店してください。

ATMによって営業している時間がかなり違うので、時間を間違えて来店して借りられないという状況は避けるようにしましょう。