アイフルは即日振込可能?土日の振込はいつ反映される?

公開日:

アイフル

アイフルの借入方法には、ローンカードを利用したATMでの借入方法(カードローン)と、自分の銀行口座に希望額を振り込んでもらえる借入方法(振込キャッシング)の2パターンが存在しています。

一般にはローンカードを利用した借入方法が浸透していますが、最近ではカードレスでアイフルから融資が受けられるという利便性から、振込キャッシングも人気を集めています。

今回は、そんなアイフルの振込キャッシングについて、即日振込サービスの有無や、利用する上での注意点などを解説していきます。

アイフルは何時まで即日融資できる?審査を最短で終わらせる方法

アイフルは基本的に即日振込が可能!

アイフルでは、カードローンでも振込キャッシングでも審査の時間は最短30分としており、その審査の速さから、どちらの借入方法でも即日での融資を可能としています。

また、アイフルの振込キャッシングに関しては、契約から借入まで全てインターネット上で完結する事ができる「Web完結」に対応している為、アイフルの店舗や自動契約機などに足を運ぶ必要はなく、アイフルのカードが郵送される事もありません。

その為、郵送物を避けたい人や急いでいるけど忙しい人、安全面を考慮してなるべくローンカードを所有したくない人など、アイフルの振込キャッシングは様々な人のニーズに対応しています。

アイフル最速.biz 最速最短でお金を借りるならアイフル!その理由は?

即日振込が可能なのは何時までに申し込んだ場合?

アイフルの振込キャッシングは、ローンカードのように営業しているATMがあればすぐに借入できるというものではなく、まず必ず指定の銀行口座にお金を振り込んでもらう必要があります。

要するに、アイフルで即日振込を受ける場合は、アイフルの審査時間ではなく、銀行側の営業時間を考慮して申し込み手続きを行わなければいけないという事です。

その為、アイフルのカードローンでは即日融資が可能な時間でも、振込キャッシングでは対応できないという可能性か出てきますので注意して下さい。

アイフルは土日も即日審査・即日融資できる!自動契約機を使おう

即日振込を希望する場合は14時10分までに契約手続きを終える

アイフルのカードローンで即日融資を受ける場合、アイフルの審査回答時間9:00~21:00の間に審査結果を受け、自動契約機または店舗窓口にてローンカードを受け取る事で即日融資が可能となります。

一方、振込キャッシングで即日振込を受ける場合、アイフルの審査回答時間だけではなく、振込先である銀行の営業時間も考慮した上で申し込み手続きを行わなければなりません。

基本、銀行の営業時間は9:00~15:00までとなっており、この営業時間を考慮して、アイフルでは振込の受付時間を14時10分までとしています。

その為、アイフルで即日振込を受ける場合は、振込の受付時間までに審査、契約手続きを行う必要があります。

14時10分までに振込キャッシングの依頼ができれば、15時までに銀行口座へ振り込んでもらう事ができますが、14時以降の依頼となった場合は、即日振込をアイフルから受ける事はできず、銀行の翌営業日に振込が反映される事となります。

土日に申し込むと即日振込できないので注意!

アイフルの場合、カードローンであれば土日でも即日発行を受ける方法がありますが、即日振込の場合は残念ながら土日に対応してもらう事はできません。

その為、土日に急遽お金が必要となった人に対しては、アイフルの振込キャッシングは向いていないサービスとなります。

なお、アイフルが土日の即日振込に対応していない理由は以下の通りです。

振込先の銀行が休みだと振込が即日反映されない

先述しましたが、アイフルの振込キャッシングはアイフルの営業時間ではなく、銀行の営業時間に左右されやすいサービスの類です。

その為、例えアイフルの審査が土日でも行っているという場合であっても、実際に振込の反映を行う銀行側が営業していなければ即日振込を行う事はできません。

そして銀行は基本、土日祝が休業日となりますので、銀行の休業日にアイフルへ振込キャッシングを申し込んだとしても、その振込が反映されるのは銀行側の翌営業日となります。

また、土日祝でなくても銀行側が何らかの理由で休業しているという可能性もありますので、平日であっても当日に自身の口座がある銀行が営業しているかどうかを確認するようにしましょう。

土日に即日お金を借りる方法はATM借入のみ

現状、アイフルでは土日に即日融資してもらう方法は24時間営業しているATMを利用して借入ができるカードローンしか対応していません。

ただ、アイフル店舗で契約手続きをする暇がない、または近くにアイフルの店舗がないという状況で土日に即日融資が必要となった場合、アイフルの振込キャッシングの代替案として、「スマホATM」と呼ばれるサービスの利用を視野にいれてみてはいかがでしょうか。

このサービスは申し込みから融資までの手続きを全てWeb上で完結する事ができ、カードの発行も必要ないためアイフルの店舗へ足を運ばずとも即日で融資してもらう事が可能です。

お金の借入はアイフルオリジナルの公式アプリであるスマホATMを利用する事で従来のATMからお金を借入できる仕組みとなっており、土日の即日融資にも対応しています。

アイフルのATMは営業時間に注意して利用しよう!設置場所・手数料も解説

平日に振込依頼をしても反映が遅れることがある

最近では振込依頼から最短10秒で反映といった、実際に振込までの反映時間が短い事を売りにしている消費者金融が増えている中、アイフルでは公式で振込依頼からどれくらいの時間で反映されるかが明記されていません。

ほとんどの場合は、振込依頼が完了してから数分程度で指定の銀行口座に振込額が反映されますが、場合によっては数時間経っても反映されない可能性もあります。

その為、アイフルの即日振込を希望する方で、何としても12時までには振り込んで欲しい等の時間指定がある場合は、希望に添えない結果となる事も考えられますので注意が必要です。

また、アイフルでは14時10分までに振込依頼を行えば基本当日で振り込み手続きを行ってくれますが、申し込み者の混雑や銀行側の反映処理に遅延が生じるなどの理由で反映が翌営業日に回されてしまうという可能性も僅かながらあります。

振込反映時間はケースによってまちまち

アイフルに限らず、消費者金融が取り扱う振込キャッシングにおいて、実際に振込が反映されるまでの時間はケースによって異なります。

何事もなくスムーズに事務手続きが完了すれば振込反映時間はものの数分程度で完了しますし、逆に振込依頼や申し込みなどが混雑していた場合、アイフル側の事務手続きに時間がかかり、振込反映時間は数時間に及ぶ事もあります。

また、振込キャッシングに関しては銀行側の理由で反映が送れるというケースもごく稀ではありますが存在します。

例えば、銀行振込を行う「全国銀行データー通信システム(全銀システム)」との接続にトラブルがあり、振込の反映が大幅に遅延したというケースが実際に存在しており、この場合だと振込はシステムトラブルが解消されるまで反映されません。

いずれの例も稀な事象ではありますが、振込が反映される時間はケースによってそれぞれなので、「何時間以内には振り込まれる」という確証はありません。

確実に即日融資を受けるには審査を早く終わらせるしかない

銀行側のシステムトラブルといったごく稀な事象を除けば、14時10分までに契約手続きを完了する事で、アイフルから即日振込を受けられる可能性が高くなってきます。

しかし、14時10分間際の振込依頼となってしまった場合、申込者の混雑が原因でアイフル側の振込手続きに支障が出てしまい、実際に振込融資が受けられるのは翌営業日になってしまう可能性もある為、14時10分までに振込依頼を行えれば確実に即日振込を受けられるというものでもありません。

その為、確実に振込融資を受けたいという場合であれば、午前中のうちに審査を終わらせて振込依頼を行うのが良いでしょう。

午前中であれば、比較的申込者も少なく、混雑による審査遅延を防ぐ事ができる他、銀行の閉店時間までに猶予を持たせる事もできますので、まず間違いなく即日融資を受ける事が可能となります。

アイフルの審査を早く終わらせるコツ

アイフルでは審査時間を最短30分としていますが、これはあくまで目安の時間であり、申込者の収入や勤続年数、持ち家の有無といった与信判断を行う上で重要な情報「属性」によって審査に掛かる時間が異なります。

その為、14時10分までに契約手続きを完了させれば即日振込を受けられるという考えで、13時頃に申し込みを行っても、申込者の属性が原因で審査に遅れが生じ、即日融資を受けられない可能性がありますので注意して下さい。

また、属性自体に問題が無い場合であっても申し込み内容などによっては審査時間に影響が出てしまい、即日振込を受けられなくなってしまう可能性もありますので、その点の対策はしっかりと行うようにして下さい。

なお、アイフルの審査を早く終わらせる為の対策内容としては以下のようなものが挙げられます。

アイフルの審査基準は?口コミ・評判と審査に落ちた時の対処法を解説

希望限度額を必要最低限まで引き下げる

一般的な収入を得ている人でも、アイフルの申込時にその収入と見合っていない高額な限度額の融資を希望した場合は、審査時間に影響を及ぼす事があり、場合によっては審査落ちという可能性も十分に考えられます。

まず、アイフルを含む各消費者金融などでは「貸金業法」とよばれる法律に沿った営業を義務付けられており、この法律上では融資できる限度額が「年収の3分の1まで」と定められています。

この規制を「総量規制」と呼び、例えるなら年収300万円の方がアイフルからの融資を希望した場合、借入できる限度額は100万円までという事になります。

ただ、ほとんどの消費者金融では、転職などによる年収の減額といったリスクを考慮した限度額を決定しますので、この規制をギリギリ超えない額の融資を希望した場合、与信判断に時間がかかり、審査に時間を有する事もあります。

また、この総量規制は借入残高総額が3分の1を超えてはいけないという法律になっていますので、他社借入をしている人は注意が必要です。

他社借入・同時申し込みをなるべく避ける

各金融機関が提供するローン商品の申込情報や利用状況は、その情報の収集と提供を行う「信用情報機関」という機関に登録される事になります。

審査の際には、必ず信用情報機関の情報が照会されますので、もし他社借入がある、または同時に他のローン商品に申し込んでいるという人は、審査時に必ずアイフル側に知られる情報という事になります。

そして、これらの情報は与信判断を行う上で重要な項目ともなる「信用力」に大きく関わる情報であり、多重債務や同時申込は審査に影響を及ぼす原因となります。

また、契約までは締結していないという場合でも、申込の時点で「申し込んだ」という情報が信用情報機関に登録される事になる為、アイフルの商品に限らず、ローン商品を検討している人は注意すべきポイントの一つです。

申し込みで嘘をつかない

自身の信用情報を少しでも良くしようと申込時に嘘の申告をすれば、審査落ちや一括請求などのリスクに繋がります。

例えば、他社借入額や勤務先などの虚偽申告は審査の時点で必ず発覚しますので、即日振込どころか融資すら受けられません。

雇用形態や収入などの虚偽申告は、審査時にそれを証拠付ける為の書類を提出する必要がほとんど無いため、そのまま通過できてしまう可能性があります。

しかし、契約後に突然収入証明書を求められた場合は収入の虚偽申告が発覚しますし、雇用形態の虚偽は保険証の種類等で発覚する事があります。

もし、契約後に虚偽申告が発覚した場合、借入残高の一括返済を請求されるケースもありますので、アイフルに限らず、金融機関が取り扱う商品の申し込みにおいて嘘をつくのは絶対に避けた方が安全です。

まとめ

アイフルには、銀行口座に希望額を振り込んでもらう事でカードレス融資を可能とした「振込キャッシング」というサービスを取り扱っています。

勿論、即日振込にも対応していますので、カードを受け取る為にアイフルの店舗へ行く暇がない人や、近くにアイフルの店舗が無いという人でも即日で借入する事ができます。

但し、振込キャッシングは銀行側の営業時間に左右されやすいという欠点がある為、その事を考慮しアイフルでは振込受付時間を平日14時10分までとしています。その為、即日振込を希望する場合は、遅くとも14時10分までには契約手続きを完了させなければいけません。

また、振込の受付時間内に契約手続きが完了したとしても、依頼時間が受付時間終了間際だった場合、混雑等が原因で振込の反映が翌営業日に回されるケースもありますので、即日振込を希望の方は、アイフルの審査をできる限り早く終わらせられるよう手続きを行ってください。