じぶん銀行カードローンの保証会社はどこ?保証会社が審査に与える影響

公開日:

銀行カードローンには保証会社は付きものです。

それはじぶん銀行カードローンでも同じこと。

じぶん銀行カードローンでお金を借りようと思った時、まずは保証会社による保証を受けなければならないのです。

保証会社がどこの会社であろうと、個人信用があれば全く気にする必要はないのですが、お金を借りる銀行の保証会社がどこなのかは知っておきたいですよね。

なので、今回はじぶん銀行カードローンの保証会社がどこなのかに合わせて銀行カードローンと保証会社の関係性について解説していこうと思います。

じぶん銀行カードローンの保証会社とは?

じぶん銀行カードローンの保証会社は大手消費者金融である‘アコム’になります。

なぜ、アコムなのかと言うと、じぶん銀行カードローンの立ち上げには三菱UFJ銀行が深く関わっていたという経緯があるため、三菱UFJフィナンシャルグループであるアコムに保証業務をお願いしているといった経緯があるようですね。

なので、他銀行と同様に銀行カードローンの事実上の審査は保証会社が行っているので、じぶん銀行カードローンに関しては、保証会社であるアコムの審査を通らなければいけないということなんです。

保証会社であるアコムは、じぶん銀行カードローンの会員が返済不能となった場合に、会員に代わって借りたお金をじぶん銀行に返済しないといけないので、アコムの審査を受ける必要があるというわけです。

アコムが保証会社になっているからアコムとも契約するの?と勘違いしてしまう人がいるかもしれませんが、決してそういうわけではありません。

保証委託契約はじぶん銀行と保証会社の間で契約が行われているので、基本的に借主は、保証会社の存在を気にしなくでも大丈夫です。

なので、保証会社がアコムだからと言って、アコムと会員が直接的に関わることは問題なく返済をしている内は、まずないでしょう。

保証会社は審査にどのような影響を与えるのか

じぶん銀行カードローンの審査を通るためには、保証会社の審査に通らなければ融資を受けることはできません。

じぶん銀行カードローンを利用していた会員が返済不能となった場合にアコムがその借金を一括返済しないといけないわけですからね。

だからこそ、じぶん銀行と保証会社であるアコムの関係は密接でなおかつ保証会社がカードローンの審査を行っているということなんです。

借金の肩代わりをするのが保証会社になるわけですから当たり前といえば当たり前ですね。

また、銀行カードローンに申し込む条件の中に‘保証会社の保証を受けること’とあります。

そのことから考えてみても、保証会社からの保証を受けることができないということは、保証会社の審査に通らないのと同じことです。

このことからも安易に予想がつくように、カードローンの審査は保証会社が行っているということなんですね。

そもそも、何で銀行も審査能力があるにも関わらず保証会社に審査をお願いしているのでしょうか?

それは、銀行自体が積極的に審査を行うよりも、無担保無保証の審査ノウハウを銀行よりも多く持っている保証会社に一任した方が、より確実に優良な顧客を選択できるからです。

さらには、保証会社に審査を任せることによって、審査を通した以上の責任を持ってもらいたいという考えもあるのでしょう。

保証会社の審査は厳しいの?

保証会社は、銀行カードローンのいわば保証人になるわけですから、審査基準をあまりにも低く設定してしまうとその分借金の肩代わりが増えてしまう状況は好ましくありません。

アコムは大手消費者金融の中でもわりと審査基準が低いとも言われています。

しかしながら、銀行カードローンの会員が借金を返せなくなった場合、その借金を一括返済しないといけないので、消費者金融での審査基準と銀行カードローンでの審査基準は同じものにはならないということです。

もちろん銀行から無料で審査業務を受けているわけではないとしても、審査基準を下げてしまうことで銀行からもらっている手数料があったとしても保証事業として成り立たなくなってしまう可能性があります。

銀行カードローンの審査が厳しいと言われているのは、審査を保証会社が行うからであって、銀行が審査を厳しくしているわけではないということです。

その理屈から考えると、じぶん銀行カードローンの保証会社がアコムだからと言っても審査が甘くなると期待するのはやめたほうがいいでしょう。

なぜ保証会社が必要なのか

保証会社の大きな役割の一つが代位弁済になります。

これは、保証会社が融資の審査を行い、審査を通せばその責任は保証会社にとってもらおうということですね。

銀行側ばかりが優位なような気もしますが、そこは無料で行っているわけではなく銀行と保証会社が保証委託契約を結んでいることから、保証会社は銀行からお金を貰っているんですね。

保証業務委託は審査業務だけの依頼ではなく、それよりも大きな役割として焦げ付いたカードローン会員の借金を保証会社が返済するところにあります。

通常であれば、保証会社がカードローン会員の借金の肩代わりをするのは、カードローンの返済が滞って3か月目を超えた時点だと言われています。保証会社がカードローン会員に変わって借金を全額返済しなければいけないこのことを代位弁済と言います。

これはじぶん銀行カードローンに限らず、多くの銀行では保証会社から代位弁済をしてもらうことによって安心した貸付が実現できているというわけなんですね。

保証会社が借金を支払っても借金は残るもの

保証会社が借金を一括返済したからと言っても勘違いしてはいけないのが‘借金返済の義務がなくなったわけではない’ということです。

保証会社が代位弁済を行うと、今までは債権者がじぶん銀行カードローンだったのに対して今度は保証会社が債務者の立場になるということなんです。

つまり、借金の返済が銀行から保証会社に変更になるということです。

先ほども解説したように、保証会社が代位弁済をするのは返済が滞ってから3か月を超えた時点になります。

つまりそれは、長期滞納者として金融事故になってしまったということですね。

金融事故になるとブラックになるということなので、金融機関からお金を借りることもできなくなりますし、クレジットカードの発行や更新、各種ローンを組むことができなくなってしまいます。当然ながら保証会社からの請求も厳しいものになってしまうでしょう。

銀行に比べると保証会社からの請求の方が厳しいと言われています。

債権者が銀行から保証会社に変更になった時点で、借主に連絡があり、支払い期限を過ぎている返済額を一括で支払うよう求めてくることでしょう。

ここで慌てて分割返済の相談をしたとしてもそれは無理な可能性が高いです。

銀行カードローンの返済を滞納していたくらいなので、保証会社の返済を分割にしたところでしっかりと返済するかどうか分からないですからね。

その時点での信用は完全にないものとして厳しい請求がくることは覚悟しておいた方がいいでしょうね。

知っておきたい社内ブラックの存在

通常、返済を長期的に延滞してしまうと債務整理を行うか、信用情報に事故情報として登録されてしまいます。

いわゆるブラックリストに載ってしまうわけですね。

通常、このブラックリストは、5~7年程すれば事故情報と共に抹消されますが、信用情報とは別に社内ブラックと呼ばれているものがあることは知っておいた方がいいかもしれません。

この社内ブックとは、会社のデータベースの中で、自社のカードローンやクレジットカードでの何かしらのトラブルがあった人の情報を登録することを指します。

どこのお店でもブラックリストを独自で作っているようにカード会社も独自で社内ブラックとして危険自分を登録しているんですね。

しかも気を付けたいのが、通常のブラックリストであれば、時間の経過ととともに事故情報は抹消されます。

しかしながら、社内ブラックは時間がいくら経過したとしてもその情報は抹消されないといった特徴があります。

つまり、いつまでもその情報が社内に残るということです。

一度でも消費者金融や信販会社とトラブルを起こしてしまうと、その系列のサービスは受けられなくなってしまうと思っていた方がいいでしょう。

また、過去に消費者金融や信販会社とトラブルを起こしてしまった場合、そのいずれかが銀行カードローンの保証会社だった時に審査に通るのが難しくなります。

審査の時、保証会社の過去のデータは必ず照会されますので、その中で社内ブラックだったのが見つかってしまうと、いくら安定した収入があったり、かなりの年月が過ぎていたとしても審査に落とされてしまう可能性があることは理解しておいた方がいいでしょう。

まとめ

じぶん銀行カードローンの保証会社はアコムになります。保証会社は主に

  • 審査業務
  • 代位弁済

の2つの業務を銀行から手数料を貰う代わりに行っているんですね。

銀行カードローンの会員が返済できなくなってしまうとその返済を保証会社が一括して支払うため、保証会社の審査はより慎重に行われるというわけです。

この理屈を知っていれば、銀行カードローンの審査が厳しいと言われているのも納得できますね。

銀行と保証会社の関係はこのように密接に関わっていることは理解しておきたいものです。

じぶん銀行カードローンの審査・金利・返済情報まとめ