じぶん銀行カードローンは即日融資不可に!最短で融資を受ける方法

公開日: 最終更新日:

時間を気にする女性

※この記事は2018年2月に修正済みです。

即日融資を受けられる点と、土日でも審査の回答が受けられる点が人気のじぶん銀行カードローンですが、2018年1月から即日融資ができなくなりました。

これを受けて、他の審査ルールも変更されるのでは?という憶測を呼んでいますが、実際のところは定かではありません。

ただ、じぶん銀行カードローンの低金利(上限年17.5%)ATM手数料完全無料といったメリットはそのままなので、即日融資ができなくなったからといって借り入れの選択肢から除外してしまうのは少しもったいないです。

そこで今回は、じぶん銀行カードローンの融資をできるだけ短期間で受けるためにはどうすれば良いかを解説していきます。

じぶん銀行カードローンの審査・金利・返済情報まとめ

じぶん銀行が即日融資できなくなった理由とは?

反社会組織のカードローン申し込み

2018年1月から、じぶん銀行だけでなく全ての銀行カードローンで即日融資ができなくなってしまいました。

ただ、本当に全ての銀行がそうなのか、100%即日融資できないのかなどは、銀行側が詳しい事情を開示しているわけではないので、かなり曖昧です。

こうなった主な原因としては、反社会組織からの借り入れを阻止するために警察のデータベース照合を取り入れるようになり、その分だけ審査時間が延びるのが理由といわれています。

従来、銀行カードローンは保証会社(じぶん銀行の場合はアコム)に審査を丸投げしており、申し込み者のステータスを銀行側は全く把握しないままお金を貸していました。

近年、銀行は反社会組織への規制を強化していたので、こうした対応はある意味自然とも考えられます。

ただ、これは一般の方に対する審査基準が厳しくなったというわけでは決してなく、あくまでブラックな人達への規制という意味合いのようです。

ネット銀行も即日融資ができない方向へ

”銀行カードローン”が即日融資不可になったということは、当然じぶん銀行や楽天銀行のカードローンもこれに当てはまります。

ただしこれは銀行法などで決められた明確な改正ではないので、どこまで本当かはわかりません。

「すでに土日の審査はストップしている」など、さまざまな憶測を呼んでいますが、銀行内部の一部の人間しか知り得ないので確かめるのは困難です。

即日融資が難しくなったというのは本当でしょうが、あまりさまざまな情報を混同してしまうのも危険です。

じぶん銀行の融資条件と内容

それでは、即日では融資が降りなくても、できるだけ早くじぶん銀行から融資を受けるにはどうすれば良いのでしょうか。

それを紹介する前に、まずはじぶん銀行のカードローンの内容条件について見ていきましょう。

利用条件
  • 契約時の年齢が満20歳以上70歳未満
  • 安定継続した収入がある
  • アコムの保証を受けられる
使い道 事業用資金を除いて自由な用途で利用可
借入上限額 【通常・au限定割(誰でも)】
10万円以上800万円以下
【通常・au限定割(借り換え)】
100万円800万円以下
利用期間 1年(期間終了後、審査の上自動更新)
金利 【通常】
年2.2%~17.5%
【au限定割(誰でも)】
年2.1%~17.4%
【au限定割(借り換え)】
年1.7%~12.5%
遅延損害金 借入金額×年18%÷365×遅延日数
借入方法
  1. ATMでの借入
  2. 振込サービス
返済方法
  1. ATM返済
  2. 自動支払返済
担保 不要
保証人・保証料 不要
利用手数料 無料

au限定割とは?

上記の表を見て気になるのが、au限定割という言葉でしょう。

au限定割

じぶん銀行はauと三菱UFJ銀行の共同出資で運営されているので、このようなauユーザーに対する優遇制度をとっています。

auユーザーであれば、上記のように審査申し込みがスムーズにできるだけでなく、金利が以下のように安くなります。

au限定割 借り換えコース 年1.7%~12.5%
au限定割 誰でもコース 年2.1%~17.4%

通常でも上限金利年17.5%と消費者金融よりもお得ですが、スマホと合わせて使うことで更にお得になりますよ!

 

必要書類

必要書類に関しても、口座をすでに持っている人と、持っていない人で変わってきます。

  • じぶん銀行の口座を持っている場合…提出書類なし
  • じぶん銀行の口座を持っていない場合…本人確認書類の提出

本人確認書類として使えるのは以下のものです。

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • パスポート

また、本人確認書類とは別に、収入証明書が必要になる場合もあります。

50万円以上の融資を受ける場合や、他社からの融資をすでに受けている場合は、提出が必要になることが多いですよ。

【収入証明書】

  • 源泉徴収書
  • 住民税課税決定通知書
  • 住民課税証明書
  • 給与明細(最新のもの3ヶ月分)

個人事業者の場合

  • 確定申告書(税務署の印があるもの)

必要書類を準備しておくことで、融資までの行動をスピーディーに行うことができますよ。

じぶん銀行の融資の流れを紹介

次に、融資の流れをみていきましょう!

しっかりと流れを理解することで、スムーズに手続きをすすめることができます。

STEP1|まずは申し込み!

まずは申し込みをしていきましょう。

じぶん銀行のサイトから登録フォームへの記入を行っていきます。

申し込み自体はWEBで365日行っています。早めに申し込んでおくといいでしょう。

また、じぶん銀行の口座を持っている場合は、必要な項目も少なくなって簡単申込が可能です。

WEB申し込みの流れ

じぶん銀行トップページ

じぶん銀行のカードローン公式ページに入ると、上部にボタンがあります。このうちの「新規お申込み」をクリックすれば、申し込みスタートです。

じぶん銀行申し込み画面

最初に、じぶん銀行口座を持っているか、au IDを持っているかを問われます。au IDを持っていれば個人情報の記入を省略できるので、スムーズかつミスなく申し込みができます。

auのスマホを利用している方は、積極的にIDを活用していきましょう。

じぶん銀行のお客様情報①

その後、個人情報の同意をチェックすると、以上のような記入フォームが別タグで開きます。

この「情報入力(1)」で記入する情報は以下の通りです。

  1. お客さま情報入力(氏名、生年月日、性別)
  2. ご自宅情報の入力(所在地、連絡先)
  3. ご職業(勤務者/勤務者※出向・派遣/専業主婦/年金受給者)
  4. パスワード・暗証番号の設定

こちらの情報を全て記入すると、次に「情報入力(2)」へジャンプします。
じぶん銀行の情報入力②

こちらの入力内容が審査のキモとなるので、間違いのないように慎重に記入していきましょう。

記入の項目は、以下の通りです。

  1. 配偶者・旧姓の有無
  2. 住まいの状況・家賃・入居年月・世帯数など
  3. お勤め先情報(雇用形態、社名・業種、会社規模、保険種、入社年月、年収、収入形態など)
  4. 他社借り入れの有無
  5. 返済方法

こちらを全て記入すれば、申し込みは完了です。あとはじぶん銀行からの連絡を待ちましょう。

STEP2|審査結果がメールまたは電話で届く

申し込みをしたら、審査結果がメールか電話で届きます。

審査の過程で、会社に在籍確認の電話がかかってきますので、注意しておきましょうね。

その際、銀行名ではなく個人名で連絡をしてもらいたい場合は事前に連絡をしておきましょう。

STEP3|契約手続きもメールや電話で完了

契約手続きに関しても、メールや電話で完了です!

口座を持っている場合

じぶん銀行のカードローンをもっていれば 、ここでの本人確認書類のアップロードは不要です。

また、これにて契約は完了!ここまでの手順を14:00までにしっかりと終わらせれば、即日融資が可能になります。

じぶん銀行の口座を持っていない場合

口座を持っていない場合はここで必要書類を提出します。

必要書類はWEBで提出できます。来店の手間がありませんね。家でも外でも、どこでも申し込みOKなのがうれしいところです。

STEP4|口座振り込みを申し込み!

最後に口座振り込みを申し込んでいきましょう!

じぶん銀行の口座の口座を持っていない場合は、ここまでの手続きを14:00までに終わらせましょう。

ちなみに、ローンカードが届くまでにはだいたい1週間前後かかります。

じぶん銀行は最短で融資できる!口座があれば土日も可能

じぶん銀行は即日融資ができなくなってしまいましたが、それでも短期間での融資が可能です。

口座を持っていれば、土日でも最短融資が可能となります。

auユーザーなら0.1%の年率優遇があるなど、独自のサービス展開をしていますね。

じぶん銀行はお問い合わせの電話も設置しているので、手続きで迷うことがあればこちらに相談をしましょう!

名称 電話番号 受付可能時間
じぶん銀行ローンセンター 0120-926-800 平日9:00~20;00
土日祝9:00~17:00

じぶん銀行は使いこなせばおトクなカードローンになります。auのスマホを使っているなら、更におすすめできますよ。
→じぶん銀行カードローンの審査・金利・返済情報まとめ

じぶん銀行カードローンの最短融資を確実に受けるコツ

じぶん銀行カードローンは上記の流れで申し込みをおこなえば、最短で融資を受けることができます。

しかし、審査スピードは申込者がコントロールできない部分があるので、必ずしも最短融資を受けられるとは限りません。

特に、あなた自身の収入や信用情報が審査の当落線上ギリギリにいる場合は、審査に時間がかかってしまいがちです。つまり、高収入で過去にクレカの延滞がない方は、審査がすぐに終わるので最短融資を受けやすくなります。

ただ、同じスペックでもちょっとした工夫をするかどうかで、審査の完了時間は大幅に早まります。ここからは、そんな審査をすぐ終わらせて最短で融資を受けるコツを紹介していきます。

借入希望額を最低限度に下げる

キャッシング審査で最重視されるのが、申し込み者の返済能力です。

返済能力とはカンタンにいえば収入に占める返済額の割合であり、割合が低ければ低いほど審査通過率は高くなります。

例えば、高収入でも借入額が高額であれば審査には通りにくいです。逆に低収入のパート主婦でも返済額が低ければ審査に通る可能性は十分あります。

良く「主婦・フリーターでも審査に通りますか?」という質問が来ますが、雇用形態よりも収入の安定性とバランスが重要ということは理解しておきましょう。

申し込み情報を細かくミスなく記入している

申し込み情報を細かく記入していれば、審査時にチェックの手間が省けてスムーズに進みます。

個人情報などのケアレスミスが審査落ちに直結するわけではないですが、信用情報機関から個人情報を共有してもらい、照らし合わせる手間が省けます。

反面、年収額や勤続年数などを記入する際は、ケタを一つ間違えたりすると審査落ちに直結するので注意しましょう。

勤務先の規模に関する情報は頻繁に変わるので、ケアレスミスが起こりがちです。必ず公式資料をご確認の上で記入しましょう。

2018年以降も即日融資を受けられる!おすすめ消費者金融ランキング

2018年以降、じぶん銀行から即日融資を受けることはできなくなりました。

じぶん銀行はネットバンクということもあり銀行カードローンの中では融資がスムーズですが、それでも当日にお金を借りたい方には向いていません。

一方、消費者金融は2018年以降も即日融資を受けることができます。全体的にじぶん銀行より高金利ですが、大手消費者金融だと最大30日間の無利息期間サービスが付いているので、少額の借り入れならむしろ消費者金融のほうがお得に利用できます。

ここからは、即日融資を希望する方におすすめの消費者金融カードローンをランキング形式で紹介していきます!

1位 プロミス

プロミス

金利 4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
申し込み条件
  •  申し込み時の年齢が20歳~69歳の方
  • 本人に安定した収入がある方
必要書類
  •  運転免許証など
  • 収入証明書
無利息期間  初回借入の翌日から30日間
自動契約機 あり

プロミスは上限金利17.8%という、消費者金融の中では最低レベルの金利を誇ります。

それでもじぶん銀行と比較すると高金利ですが、30日間の無利息サービスがあるので、これを活用すれば利息をかなり減らせます。

全国に自動契約機が設置されており、契約後10分ほどでカードを受け取れるのでおすすめですよ!

2位 SMBCモビット

モビット

金利 3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
申し込み条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳から69歳の方
  • 安定した収入のある方(パート・アルバイト・自営業の方も可)
必要書類
  •  運転免許証など
  • 収入証明書
無利息期間 なし
自動契約機 あり

SMBCモビットは、給与明細の提出を条件に、WEB完結なら電話連絡を省略することができます。

公式サイトに最短即日融資を書かれていても、在籍確認の電話がある場合は営業日にしか融資ができません。

在籍確認がとれないと審査が終わらないので、SMBCモビットが一番審査をスムーズに終わらせられる可能性が高いと考えて良いでしょう。

3位 アコム

アコム

金利 3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
申し込み条件
  •  申し込み時の年齢が20歳~69歳の方
  • 本人に安定した収入がある方
必要書類
  •  運転免許証など
  • 収入証明書
無利息期間  契約日の翌日から30日間
自動契約機 あり

アコムもプロミスと同じく、全国に自動契約機「むじんくん」が設置されており、最短即日融資を受けられます。

電話、来店、ネットなど様々な方法で申し込めるので、はじめてのアコムというキャッチコピーの通りキャッシング初心者におすすめです。

無利息期間サービスを使うタイミングをこちらが選べない(契約翌日から消化がはじまる)ので利用の際は注意しましょう。

4位 アイフル

金利 3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
申し込み条件
  •  申し込み時の年齢が20歳以上の方
  • 本人に安定した収入がある方
必要書類
  •  運転免許証など
  • 収入証明書
無利息期間  契約日の翌日から30日間
自動契約機 あり

アイフルはプロミス・アコムと同じく大手3社に数えられる消費者金融カードローンです。

他2社と比較して目立ったメリットは正直ありませんが、「借りやすい」という口コミは3社の中で最も多いです。

審査落ちが心配な方には、アイフルがおすすめできますよ!

5位 レイクALSA

レイクALSA

金利 年4.5%~18.0%
審査時間 最短30分
申し込み条件
  • 満20歳~70歳以下(更新は70歳まで)
  • 永住許可を持つ外国人
必要書類
  •  運転免許証など
  • 収入証明書
無利息期間
  1. 新規契約日翌日から30日間、借入全額を無利息利用
  2. 新規契約日翌日から180日間、最大5万円を無利息利用
自動契約機 あり

新生銀行カードローン「レイク」2018年以降即日融資ができなくなりましたが、4月からは消費者金融カードローン「レイクALSA」に生まれ変わり、最短での即日融資が可能となりました。

スペックは旧レイクとほぼ変わらず、選べる2つの無利息期間サービスもそのまま利用することができます。カードの発行も旧レイクの自動契約機を使えるのでスピーディですよ!

更に、レイクALSAは公式アプリ「e-アルサ」をリリースしました。これを使えばスマホで撮影した書類をアップロード提出できるので、郵送の手間が省け大幅な時間短縮となります。

カードレス取引も可能になるなど、ネットでより利用しやすくなったので若者に特におすすめです!