千葉銀行カードローンの審査に落ちる7つの理由と落ちた時の対処法

公開日:

千葉銀行にも多目的に融資を行っているカードローンがあります。

カードローンを利用すると、お金に困っている時に融資が受けられて、必要としているところにお金を使えるようになります。

千葉銀行カードローンは、多くの方に利用されている商品でもあります。

ただ、誰でも千葉銀行カードローンを利用できるわけではありません。審査に落とされてしまい、カードローンを利用できない人も出てしまうのです。

カードローンを利用したいと考えている方は、千葉銀行の審査をしっかり通過できるようにしましょう。

この記事では千葉銀行カードローンの審査に落とされてしまう理由について説明します。

千葉銀行カードローンでは即日融資可能?条件と方法を紹介

千葉銀行カードローンの審査に落ちる7つの理由

千葉銀行カードローンでは、一定の理由を付けて審査に落とされる可能性があります。

審査に落とされてしまう場合、該当している理由に引っかかり、カードローンを利用できないと判断される場合が多いのです。

特に気を付けたい理由としては、以下の7つがあります。

  • 千葉銀行が求める収入に達していない
  • 千葉銀行の商品で他に問題を起こしている
  • 他社の借入額や件数が多い
  • 仕事を始めてから間もない
  • 20歳以上65歳未満の年齢制限をクリアできない
  • 対象エリアに住んでいない
  • 信用情報に問題があった

以上の7つが千葉銀行カードローンの審査に落とされやすい理由です。

この理由はなぜ審査に落とされてしまうのか詳しく説明します。

千葉銀行が求める収入に達していない

千葉銀行カードローンは、明確にこれくらいの収入を確保してくださいという項目を掲載していません。

一定の収入額というのは非公表なので、どれくらいの収入を確保していればカードローンを発行できるのか気になるところでしょう。

千葉銀行カードローンでは、アルバイトやパートの方でも発行できるように、限度額を最低で10万円、最大で800万円まで準備しています。

10万円の限度額でもいいから利用したいと考えている場合、千葉銀行カードローンに必要な収入は大体100万円です。つまり100万円を稼げれば、千葉銀行カードローンの審査を通過できるのです。

しかし、希望している限度額に対して収入が足りない場合、審査に落とされる場合があります。

100万円の収入しかないのに、50万円程度の限度額を希望している場合、基本的には審査に落とされてしまいます。

これは千葉銀行が求めている収入に達していないため、カードローンを利用できないと判断されているのです。

限度額に対して必要な年収をしっかり確保しているかどうかが重要で、千葉銀行カードローンを使うなら最低でも100万円以上の収入を確保して、限度額を収入に対して多すぎないように調整するといいでしょう。

千葉銀行の商品で他に問題を起こしている

過去に千葉銀行のローン等を利用して問題を起こしている場合、千葉銀行ではこれ以上の借入を認めさせないと判断しており、どのような場合でも審査に落とすようにしています。

ローンの遅延や滞納が続いていた場合や、審査中に問題を起こして千葉銀行側に不利益を与えるような行動を取った場合など、千葉銀行から事実上のブラックとして扱われる人は、審査を通過できなくなります。

過去に問題を起こしている方は、千葉銀行カードローンを利用できないので気を付けておきましょう。

他社の借入額や件数が多い

他社で借りている金額や件数は、千葉銀行カードローンの申込みの際にはしっかり掲載し、申告しなければなりません。

申告しなければわからないと思われがちですが、実際には千葉銀行側が色々な情報を仕入れていますので、すぐに他社の借入金額や件数は把握できます。

他社の借入金額が多すぎる場合、もしくは他社借入件数が多すぎる場合は、貸しても返ってこないと判断されます。

どれくらい収入を持っていたとしても、他社借入金額と件数だけで審査に落とされる可能性は非常に高いのです。

金額は年収の3割以上、件数は4件以上に該当すると千葉銀行カードローンの審査を通過できません。

安心して審査を通過したいのであれば、借りている金額は年収の2割程度まで抑えると同時に、借入件数については2件以内に抑えることが望ましいでしょう。

仕事を始めてから間もない

転職をしている方もこの理由に該当します。

仕事を始めて間もない場合、試用期間中に契約を切られる可能性があるため、安定した収入を得られないのではないかと思われています。

従って試用期間が経過するまでは、千葉銀行カードローンの審査を通過できません。

さらに、千葉銀行側はより安定した収入をもらえる状況を考えており、収入を安定して得られていると判断される1年以上の仕事を望んでいます。

1年未満の仕事年数だと、審査に落とされる可能性が高くなるので、より多くの年数は仕事を続けたほうがいいでしょう。

転職によって仕事の年数がリセットされると、千葉銀行カードローンの審査を通過できない場合もあります。

同じ仕事を長く続けていないと、審査を通過できる可能性は低くなってしまうのです。

20歳以上65歳未満の年齢制限をクリアできない

千葉銀行カードローンは、20歳以上で65歳未満の方が利用できます。対象年齢に該当していない人は、仕事をしていた場合でも審査に落とされてしまいます。

学生が20歳未満で千葉銀行カードローンの審査を受けたり、65歳以上の高齢の方が審査を受けると無条件で審査に落とされてしまいます。

審査を通過するには該当する年齢かどうかもしっかり確かめてください。

対象エリアに住んでいない

千葉銀行カードローンは、千葉県外の方でも利用できるカードローンです。しかし、対象エリアに該当していない人からの申込みは受け付けていません。

該当しているエリアは、インターネットからの申込みを希望する場合、以下の通りです。

  • 千葉県全域
  • 東京都全域
  • 茨城県全域
  • 埼玉県全域
  • 神奈川県横浜市、川崎市

以上の地域が千葉銀行カードローンを発行できるエリアです。該当していないエリアの人は、千葉銀行カードローンを利用したいと考えても利用できません。

対象のエリアに居ない人の審査は、住所地を確認された時点で落とされてしまいます。

対象エリアに住んでいない人は千葉銀行カードローンを諦めるしかありません。

信用情報に問題があった

現時点で信用情報機関に掲載されている情報に問題があり、千葉銀行カードローンを利用できないと判断された場合は審査に落とされてしまいます。

借金の滞納をしていた場合、債務整理によって返済金額を減額、または自己破産で借金をすべて帳消しにしている場合は、一定の期間が経過しなければ信用情報が削除されないようにルールが設定されています。

一定の期間が経過しなかった場合、千葉銀行カードローンの審査を受けても信用情報に問題があると判断され、審査を通過できません。

審査を通過したい場合は、信用情報から悪い情報が消えるまで待たなければなりません。

千葉銀行カードローンの審査基準は甘い?厳しい?

千葉銀行カードローンは、消費者金融に比べると審査はかなり厳しい会社です。その理由は消費者金融系よりも金利が低く設定されているためです。

金利というのは、ただ返済する金額を抑える役割を持っているわけではありません。実は審査の厳しさを示すための要素でもあります。

消費者金融と銀行では、審査基準がかなり違うのですが、金利を見るとその理由が簡単にわかります。

現在千葉銀行カードローンが採用している金利は、1.7%から14.8%です。一方で消費者金融のアコムは3.0%から18.0%に金利を設定しています。

金利の数字は明らかにアコムの方が高く、最大で3%以上の差が開いています。

金利が高いというのは、それだけ返済額を増やす要因となり、ユーザーは返済額を多くして対応しなければなりません。これは審査基準を甘くする代わりに、返済額を増やしてもらおうという思いが含まれており、消費者金融系の審査は甘くなっているのです。

一方で千葉銀行カードローンは金利が消費者金融よりも低く設定されています。

低金利で貸す代わりに、ユーザーには審査を厳しくして、本当に貸してもいいのかしっかりと判断しています。従って千葉銀行カードローンの審査は、消費者金融に比べると厳しい傾向があるのです。

ただ、他の銀行系カードローンと比較して審査が厳しいわけではありません。楽天のカードローンが1.9%から14.5%で提供していることを考えると、その金利とおぼ同じ数字で千葉銀行カードローンも提供していると考えられます。

楽天カードローンが審査をかなり厳しくしているわけではありませんので、大体同じ程度の審査を行っていると考えてください。

千葉銀行カードローンの審査に通る4つのコツ

どうしても千葉銀行カードローンの審査を通過したいと考えている方は、千葉銀行カードローンの審査を安全に通過できる状況を作らなければなりません。

審査を通過するために必要な要素について、これから詳しく説明します。

安定した収入を確保する

何よりも審査を通過したいと考える方は、安定した収入を確保しなければなりません。

100万円程度の年収でも一応審査は通過できるのですが、より高い限度額を確保したいと考える場合、最低でも300万円程度の年収を確保したほうがいいでしょう。

年収が足りないと限度額も下げられてしまいます。

より多くの金額を限度額として確保しなければ、金利も高くなってしまいます。低金利で多くの金額を借りられるカードローンを利用したほうが、返済の負担はかなり抑えられます。

できる限り多くの年収を確保して、より多くの限度額を得ること、そして金利を下げられるように努力したほうがいいでしょう。

また年収は不安定な状況では審査を通過できません。毎月安定した収入を確保できる仕事を1年以上続けることも忘れないでください。

借金を抱えている人は返済する

借金を抱えている場合、借金を抱えている状態では審査を通過できない場合があります。

仮に審査を通過できたとしても、限度額がかなり低く設定されてしまい、千葉銀行カードローンで借りられる金額は大きく減ってしまいます。

そこで借金を審査前に返済して、残されている借入金額を減らします。できれば借金は全額返済したほうが望ましいのですが、全額返済ができないと判断される場合は、極力借金を返済して大きく減らしてください。

借金を減らすだけでも千葉銀行カードローンの審査を通過できる可能性は高くなります。

借入件数についても同様で、なるべく借入件数を抑えるように心がけてください。

多重債務状態の人は、まず返済できる借金から返して多重債務を解消したほうが安心して審査を通過できるでしょう。

対象エリアと年齢を守る

千葉銀行カードローンは対象エリアに住んでいない人、年齢制限から外れている人は審査を通過できません。

審査を通過したいと考える方は、対象エリアに移住して生活を続け、年齢制限から外れないタイミングで審査を受けてください。

特に神奈川県の方は注意が必要です。

対象とされているエリアは横浜市と川崎市だけで、他の市町村に住んでいる場合は審査に落とされてしまうので、もし千葉銀行カードローンを利用したいのであれば引っ越し等を考えてもいいでしょう。

信用情報をチェックする

自分の信用情報がどのように掲載されているのか、確認する方法も実はあります。

信用情報機関にお願いすると、お金を払って信用情報が閲覧できます。この情報を確認して、本当に審査を通過できると確信してから、千葉銀行カードローンの審査を受ける方法が望ましいのです。

信用情報には、過去の借金に関連している情報が全て掲載されています。

この情報をすべて確認しておけば、悪い情報がいくつ残されているのか、そしていい情報がいくつ掲載されているのかもわかります。

悪い情報が1つでも残されている状態は危ないと判断し、情報が消えるまで待ってから千葉銀行カードローンの審査を受けるように心がけてください。

何も悪い情報がなければ、千葉銀行カードローンの審査を受けても大丈夫です。収入と仕事の状況、カードローンを発行できる対象と認められれば審査を通過できるでしょう。

千葉銀行カードローンの審査に落ちた人におすすめの対処法

千葉銀行カードローンの審査を通過しようと思ったけどできなかった人、カードローンを利用したいと考えていたのに対象エリアに入っていなかった人は、別の方法を利用してお金を借りるといいでしょう。

担保付ローンを利用する

千葉銀行では担保付ローンも提供しています。

カードローンは無担保のローンですので審査基準がかなり厳しくなっていますが、担保を付けると担保の金額と信頼性によっては審査を通過できる可能性が高くなります。

自分が持っている不動産や土地など、担保として提供できるものがあれば担保付ローンの検討が可能です。

担保を付ける代わりに返済できなかった時のリスクはかなり高くなります。

審査基準を下げる代わりに高いリスクを背負う方法だと理解してから、審査を受けるか検討したほうがいいでしょう。

消費者金融を利用する

対象エリアに住んでいない人、審査を担保付ローンで受けても審査に落とされる可能性がある人は、消費者金融を利用してください。

千葉銀行カードローンよりも審査基準は甘くなっていますし、消費者金融は日本全国どこでも利用できる商品です。

どうしてもすぐに借りたいと思っている方にもいい方法です。消費者金融は即日融資を可能にしています。

当日中に借りたいと考えている方にも消費者金融はおすすめで、すぐに審査を終えられれば当日中の振込、もしくはカード発行による借入が可能です。

審査に落ちた後も即日借りられるおすすめ消費者金融

千葉銀行カードローンの審査に落とされてしまうと、信用情報も少しマイナスの状態となります。

しかし、即日融資を受けられる消費者金融はたくさんあります。その中でもおすすめされる消費者金融を紹介しましょう。

プロミス

金利 4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
申し込み条件
  •  申し込み時の年齢が20歳~69歳の方
  • 本人に安定した収入がある方
必要書類
  •  運転免許証など
  • 収入証明書
無利息期間  初回借入の翌日から30日間

プロミスは消費者金融でも少しだけ低金利で貸している会社です。

最大の金利が17.8%と、他の消費者金融に比べると小さくなっています。

審査基準は他の消費者金融と変わらないので、審査を通過できれば少しだけ返済額を抑えられるメリットもあります。

即日融資に対応している銀行口座も多数あります。三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座を持っていれば、振込による融資がかなり遅くまで受けられます。

プロミスのカードローン基本情報【審査・金利・返済】

アイフル

アイフル

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
申し込み条件 申し込み時の年齢が満20歳を超える方
定期的な収入と返済能力が認められる方
アイフルの審査基準を満たしている方
即日融資  可能

アイフルも審査を早くしている消費者金融です。

アイフルは800万円まで借りられる高い限度額が魅力的です。千葉銀行カードローンの審査を通過できなかった場合でも、同額に近い限度額が期待できるかもしれません。

即日融資も自動契約機によるローンカード発行、もしくは振込で行ってくれます。

やや自動契約機が少ない会社ですので、振込による即日融資を希望したほうがいいかもしれません。

アイフルの審査基準は?口コミ・評判と審査に落ちた時の対処法を解説

アコム

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
遅延損害金 年率20.0%
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間・返済回数 9年7カ月・1回~100回
担保・保証人 なし

消費者金融最大手と言われるアコムは、限度額がアイフルと同じく800万円まで設定されています。

自動契約機の数がアイフルよりも多いため、色々な地域でカードを発行して即日融資を受けられる可能性があります。

アコムは消費者金融でもクレジットカードと兼用できるカードローンを提供していることでも有名で、クレジットカードも一緒にほしい方にお勧めの会社です。

アコムのカードローン【審査・金利・返済・口コミ】

千葉銀行カードローンの審査は消費者金融よりもかなり厳しいと考えよう

収入や借金に関連している項目だけではなく、千葉銀行カードローンでは対象エリアに住んでいないとカードローンが利用できないという難しい部分もあります。

審査を通過したい方は、カードローンに必要な収入を確保しつつ、他社の借入をしないように心がけてください。その上で対象エリアに住んでいれば、千葉銀行カードローンが発行されます。

消費者金融よりも厳しい審査を行っているため、消費者金融と同じような基準で審査を受けると落とされてしまいます。

審査を通過できないと不安に思っている方は、消費者金融等を検討してもいいでしょう。