J.Score(ジェイスコア)で審査落ちをする理由と落ちた際の対処法

公開日:

ジェイスコアの審査を通過しなければお金は借りられません。審査基準は厳しく、銀行カードローンクラスの審査が行われています。

さらにジェイスコアでは新しい方法で審査を行っているため、他のカードローンなどの審査基準よりも厳しく判断される場合があります。

ジェイスコアの審査を通過できない方もかなり多く、審査を通過するために色々な工夫をしたいと考える方もいるでしょう。

しかし、ジェイスコアの審査を通過するためには真実を伝えなければならないのです。

この記事ではジェイスコアの審査について説明します。

ジェイスコアの審査の特徴とは?

ジェイスコアの審査は、何といってもスコアを計算して審査を行っている部分です。

仮審査に該当する部分をスコアによって数字を計算し、計算によって表示された数字を基に審査を通過できるのか判断しています。

このAIスコア・レンディングというシステムを採用しているジェイスコアでは、申込みを行うユーザーも審査を通過できるのかわかりやすく判断できる材料があります。

スコアによって表示されている数字により、最終的に審査を通過できるのか判断します。

スコアが一定の基準を超えていない人は審査を通過できず、一定の基準を超えている場合は本審査で一般的なローンと同じような審査が行われます。

一定のスコアを持たなければ、普通の審査すら行わずに審査に落とすのがジェイスコアの特徴です。

とにかく審査を通過したいと考えている方は、ジェイスコアを通過できるように、様々な質問に答えなければなりません。

この質問の結果によって、最終的にジェイスコアで審査を通過できるのかが判断されるのです。

AIスコア・レンディングで人格を診断

AIスコア・レンディングを採用しているジェイスコアは、スコアによって人格がどうなっているのかを判断しています。

一見何気ない質問のように感じられるものも、全てジェイスコアが気になっている情報として処理しており、最終的にAIスコア・レンディングによって点数が表示されるのです。

様々な質問に回答していくだけで、AIスコア・レンディングで現在のスコアが提示される仕組みです。

スコアは質問にいい回答を行っていれば上昇し、悪い回答をしている場合は下がってしまいます。

いい回答をしっかり行わないと、人格という部分で良くないと思われてしまい、ジェイスコアの審査は通過できなくなります。

人格を質問によって判断しているジェイスコアは、これまでにない審査方法によって点数化を行っています。

そしてこの点数化した内容を基にして、ジェイスコアが審査を通過してもいいのか判断しています。

ジェイスコアの所属はみずほフィナンシャルグループ

ジェイスコアはみずほフィナンシャルグループに所属しています。

つまりみずほ銀行の傘下に加わっている会社です。

実際にみずほ銀行がジェイスコアに関連するリリースを提示する場合もあり、みずほフィナンシャルグループでも非常につながりの深いをジェイスコアは持っています。

みずほ銀行が提供している新しい融資の方法と考えてもいいでしょう。

ジェイスコアはみずほフィナンシャルグループがこれまでにない審査方法によって、そしてこれまでとは異なるような融資の方法を提供し、確実に安心できる融資という部分を実現しているのです。

みずほフィナンシャルグループがバックで会社を支えているジェイスコアは、倒産などの心配は基本的にありません。安心して審査を受け、融資を得られる会社なのです。

スコアが600点以上でも審査に落ちる?

AIスコア・レンディングによって600点以上を確保している人も、実は審査に落とされる場合があります。

600点というのは仮審査を通過するための点数であり、本審査によって問題が起きている場合は審査に落とされてしまいます。

600点という数字は本当に大事なものですが、600点を超えている場合でも危険と判断されている人は審査に落とされます。

ジェイスコアとしては、AIが提示しているスコアはとても重要と判断していますが、点数以上に自社による判断が優先されます。

従ってAIスコア・レンディングで600点以上を確保している人も、問題があれば審査に落とされてしまうのです。

スコアはあくまで審査通過の目安

点数によって審査を通過できると思っている方は、スコアというものが審査通過の目安に過ぎないと考えを改めてください。

ジェイスコアは、AIスコア・レンディングで600点以上を確保しないと審査を通過できないという基準は持っていますが、ジェイスコアが最終的に審査の判断を下して融資を行うか決めているのです。

スコアというものは審査の中でも仮審査を点数化しているものと考えていいでしょう。

仮審査の結果は最終的に本審査にはあまり影響しない場合があり、本審査の内容を優先して審査結果を決める業者が多いのです。

ジェイスコアも点数によって審査を受けられる人という判断は行っていますが、最終的な判断は本審査で行われます。

スコアが必要最低限の600点に達している人でも、審査に落とされる可能性があります。

審査を通過するためには、一般的なカードローン審査を通過できるくらいの基準を満たさなければなりません。

審査基準は銀行カードローンと同じという声も

ジェイスコアが行っている審査基準は、大体銀行カードローンと同じようなものです。

銀行カードローンは消費者金融よりも審査の基準が厳しく、審査を通過できない人も出てしまいます。

みずほフィナンシャルグループがバックにいるジェイスコアでは、審査基準はみずほ銀行のカードローンと似たイメージと考えておきましょう。

みずほ銀行カードローンの審査に落ちる理由は?審査基準と口コミ・通過のコツを紹介!

みずほ銀行のカードローンは審査基準が厳しく、消費者金融で審査を通過できる方も審査に落とされる場合があります。

同じような審査をジェイスコアでも行っており、消費者金融で審査を通過できる方も落とされる場合があります。

審査基準が銀行カードローンに近い状態だと考えると、消費者金融でギリギリ審査を通過できる方はかなり厳しい状況で、もう少し努力をして審査を通過できる状況を作ったほうがいいでしょう。

ジェイスコアは信用情報機関CICに加盟

ジェイスコアは信用情報機関に加盟している会社です。

加盟している会社は大手のCICで、信用情報についてはCICが提供している情報を基にして確認しています。

ジェイスコアが点数化したスコアによって審査をすべて判断しているのではありません。

最終的にジェイスコアの審査は信用情報や借金の額、提供されている収入証明書の数字などを判断して、本当に問題がないものかチェックしているのです。

融資を行ってもいいと判断された場合のみ、ジェイスコアがお金を融資してくれます。

信用情報は他社と同じように確認されており、CICに記載されている情報が審査判断の参考になります。

もし悪い情報が掲載されていた場合、審査に落とされる可能性は劇的に高まってしまいます。

過去の借金やローン延滞が登録される

CICには過去の借金について情報が残されています。

残されている情報は借金で借りている金額、返済が既に終わっているかの情報などです。

過去の情報は全てCICに残されているので、今までに借りたお金はほぼ全てCICによって情報管理がされていると考えてください。

借金で問題を起こしている人は、過去の遅延についても情報が残されています。

遅延している回数も簡単にわかりますし、延滞によって返済が遅れているという内容もCICではすべて把握しています。

ジェイスコアはこのCICから提供されている信用情報をすべて活用して、最終的に審査の判断を行っているのです。

事故情報が残っていると審査落ちの可能性大

いい情報だけがCICに残されているのではなく、CICでは悪い情報を多く残しています。

いい情報よりも悪い情報の方が目立つくらい、悪い情報はしっかりとCICでは残し続けているのです。

特に金融事故に該当している情報は、審査落ちの可能性が非常に高いので気を付けてください。

過去に返済を遅延しており迷惑をかけていた場合、債務整理等を行って返済すらしっかりとできていない状況を作っている人は、信用情報を確認された段階で審査に落とされてしまいます。

金融事故の情報は絶対に残されているものと考えてください。

過去に問題を起こしている人は情報をジェイスコアが確認すると、その時点で審査に落とされてしまいます。

金融事故を起こさないように気を付けることはもちろんですが、金融事故を起こしている人はしばらく待つなどの対策も行いましょう。

急にスコアが下がって審査落ちをした例も

スコアが600点を超えているから審査を通過できると判断していた方も、審査を受けようとしたら急にスコアが下がっていた場合もあります。

AIスコア・レンディングでは、色々な問題点をしっかりとAIが確認しており、AIの判断によって突然点数が下がってしまう問題もあり得るのです。

なぜ突然スコアが下がってしまうのか、そしてスコアが下がってしまう要因はどこにあるのかを詳しく説明します。

虚偽の回答が増えたのが原因

一番の問題は、虚偽の回答を続けていたとAIが判断した場合です。

AIは同じような質問を多く行っていますので、似たような質問を判断材料として利用しています。

似たような質問で別の回答を行っていると、どちらかの質問が虚偽の回答ではないかとAIが把握してしまうのです。

AIが虚偽の回答と判断している内容が多いと、AIスコア・レンディングの判断では悪い回答を続けている突然判断し、スコアが急激に下がってしまいます。

もちろんAIが虚偽の判断ができなかった場合はスコアは下がりませんが、多くの場合はAIが勝手に判断してスコアを下げてしまいます。

虚偽の回答が増えている人は、突然スコアが下がってしまうリスクにも気を付けなければなりません。

スコア落ちのロジックは公開されていない

スコアがどのように落とされるのか、そのロジックは公開されていません。

スコアが下がる要因についてもわからないように隠しているジェイスコアでは、真実を回答することがスコアアップにつながると考えてください。

仮にロジックが公開されたとしても、提供されているロジックに合わせない限りは虚偽の記載では点数を増やせません。

公開されてもほぼ嘘の情報だけで審査を通過するのは困難ですし、後悔されていない状況では更に虚偽の回答では審査を通過できないのです。

ジェイスコアの審査に落ちる人の特徴

ジェイスコアの審査に落とされている人は、何らかの問題を抱えている場合が多いのです。

審査に落とされる悪い内容を抱えたまま審査を付けて、ジェイスコアから信頼されなかったというのが影響しています。

ここからはジェイスコアの審査に落とされてしまう人の特徴を紹介します。

質問回答で嘘をついた

先ほども少し説明しましたが、質問の回答で嘘をつき続けていた場合、スコアが突然低下して審査を通過できない場合があります。

AIが嘘の回答を続けていると判断している人は、スコアが本来の点数よりも大幅に下げられてしまい、審査を通過できなくなります。

質問の回答で嘘をつくのは絶対にやめましょう。審査を通過できない可能性が非常に高くなってしまいます。

本審査の申し込みで嘘をついた

スコアによって審査を受けるのは仮審査に該当する部分です。

その後本審査の申込みが必要で、本審査でジェイスコアの担当者が確認を取って、最終的に審査を通過するか判断しています。

この本審査の申込内容に嘘が発覚した場合、信頼できないと判断されて審査に落とされてしまいます。

ジェイスコアは真実の情報を提供してもらいたいと考えているのに、ユーザー側が嘘をついている状況ではお金を貸せないと思っています。

本審査の申込も嘘をつかないように気を付けてください。

信用情報にキズが付いている

信用情報に問題があり、審査を通過できないと判断されている人もジェイスコアで融資を受けられません。

信用情報はCICの内容を基に判断されますが、CICでは悪い情報が数年間残ったままの状態です。

過去に起こしている問題などが数年間は全て把握できるため、ジェイスコアは過去の信用情報を基に審査に落とされる場合があるのです。

審査に落とされている人は、信用情報に問題を抱えていると判断してください。信用情報が駄目だと思われればしばらく待つなどの対応が必要です。

ソフトバンク関連サービスでトラブルがあった

ジェイスコアはYahoo IDを利用してログインができるなど、ソフトバンクの関連サービスを利用しています。

ソフトバンクのサービスは一見すると審査に関係ないように思われますが、実はソフトバンクの関連サービスでトラブルを起こしている人も審査に落とされてしまいます。

ソフトバンク側から、ユーザーに関連する情報がしっかりと提供される仕組みをジェイスコアが採用しており、ソフトバンクのサービスで起こしている問題などが簡単にわかるようにしています。

従ってソフトバンクのサービスで問題を起こしている人も審査を通過できなくなるのです。

審査落ちの最も多い理由は「属性不足」

一番多い理由は属性が足りていないというものです。特に収入という部分が一番ジェイスコアでは引っ掛かる問題です。

属性不足と言われてもピンとこないかもしれませんが、個人情報の中で必要とされている情報が足りていないと判断された場合に起きる問題です。

その中でも収入不足が一番審査落ちの繋がっている問題で、多くの方がその影響を受けています。

ジェイスコアは最低限の収入を示していませんが、スコアでも収入は大きなウエイトを占めています。

場合によっては収入不足でジェイスコアの審査に落とされている場合もありますので、収入を増やすなどの努力は必要です。

ジェイスコアの審査に落ちた時の対処法

ジェイスコアの審査に落とされた場合は、色々な方法で対処して次の審査につなげましょう。

審査を通過できるかは、落とされた後の対処法によってもかなり変わってくるのです。

ここからは審査に落とされた後にできる方法をいくつか紹介します。

一度期間を空ける

ジェイスコアへ連続して申し込みを行っても、審査を通過できない可能性が極めて高いので気を付けたほうがいいでしょう。

審査を通過できないのであれば、1度期間を空けて様子を見てください。

審査落ちを付けている人の中には、かなり前の信用情報に問題が起きていた場合もあります。

少し期間を空けると、信用情報が消されて審査を通過できる状況が生まれるかもしれません。

また、期間を空けて収入の確保を行ったり、仕事の年数を増やすなどの対応を行えば、ジェイスコアの審査を通過できる可能性が高まります。

消費者金融カードローンに申し込む

色々な方法を利用してもジェイスコアの審査を通過できないと判断している人は、消費者金融カードローンへの申込みを検討してください。

ジェイスコアよりも審査基準が緩いため、審査を通過できる可能性が高まります。

ジェイスコアで審査に落とされている方も、消費者金融カードローンなら審査を通過できる可能性があります。

審査を早く通過したいと考えているなら、消費者金融を検討したほうがいいでしょう。

不動産担保ローンを利用する

不動産を準備できる人は、不動産担保ローンを使うと審査を通過できる可能性があります。

不動産を担保として差し出し、何か問題が起きた時はその不動産を売却してローンを支払うという方法であれば、銀行などが信頼できると判断する場合もあります。

不動産担保ローンは不動産の価値が大きく影響しています。不動産の価値が高いと判断されている場合は、審査を通過できる可能性が劇的に高まる他、多くの融資を受けられる場合もあります。

ジェイスコアの審査を通過できない方は1度試してみるといいでしょう。

質屋を利用する

質屋は色々なものを預けてお金を提供してもらえる場所です。

金目のものを提供してお金を出してもらえば、ジェイスコアの審査を通過できない場合も高額な融資を期待できるでしょう。

この方法は融資を受けているわけではありませんので、金融機関の審査をなかなか通過できない方でも利用できます。

どうしてもお金が必要なら検討してもいいでしょう。

ジェイスコアの審査は色々と難しい部分がある

ジェイスコアの審査は簡単に通過できるように思われますが、スコアによる診断と本審査の2つをしっかりと通過しなければ融資は受けられません。

融資を受けるまでには多くの時間がかかる場合もあるので、ジェイスコアの審査を通過したい方はしっかりと考えて行動してください。

特にスコアをしっかりと上昇させること、本審査で虚偽の内容を伝えないことなど、ジェイスコアを信頼させるような審査を受けるようにしてください。

虚偽の回答や記述はジェイスコアの信頼を失ってしまうので、絶対に避けるようにしてください。