関西アーバン銀行カードローンの保証会社はどこ?審査基準は厳しい?

公開日: 最終更新日:

関西アーバン銀行カードローンの保証会社はどこ?審査基準は厳しい?

関西アーバン銀行カードローンの保証会社は、大手消費者金融「プロミス」を運営するSMBCコンシューマーファイナンスです。

銀行カードローンは、保証会社の審査にも通らなければ融資を受けることはできないため、融資の可否には保証会社の審査基準も大きく反映します。

そこで今回は関西アーバン銀行カードローンの保証会社について解説していきます。

銀行カードローンと保証会社の関係性とは?

まずは銀行カードローンと保証会社の関係について、簡単に説明していきます。

保証会社とは万が一債務者が返済できなくなった場合、代わりに銀行へと代位弁済を行う会社を指します。

銀行カードローンは保証人・担保不要で利用できますが、その代わりに保証会社が保証を行っているのです。

保証会社は債務者の保証人代わりとなる代わりに、銀行側から保証料を受け取っています。

銀行が支払う保証代金は、実はカードローンの金利に含まれているため、実際には顧客が保証料を負担していることになります。

また保証会社が代位弁済を行った場合、債権は保証会社のものとなり、銀行の代わりの保証会社が取り立てを行います。

無事借金を回収することができれば、保証料+債権を保証会社は得ることができるのです。

保証会社を利用するには審査が必要

保証会社を利用することで、銀行側は踏み倒しが起きても損することはありません。

そのため銀行カードローンの審査に通るには、保証会社を利用できることが絶対条件です。

しかし保証会社としては、すべての債務者を保証していたのでは、損失が増えて商売になりません。

返済不可能な人の保証をしてしまった場合、代位弁済をしても債権を回収することができず、損をしてしまうからです。

こういった理由から、保証会社では保証を行う前に必ず審査を行っており、保証審査に通らない限り、銀行カードローンを利用することはできないのです。

関西アーバン銀行カードローンの場合、保証会社だけでなく銀行側も審査を行っています。

しかし保証会社の審査に通ることができれば、審査にはほとんど通ると考えていいでしょう。

保証会社が加わるとすべての信用情報機関の情報が使える

関西アーバン銀行は、全国個人信用情報センターにしか加盟していないため、すべての信用情報機関の情報を見ることはできません。

しかし保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンスは、JICCとCICと呼ばれる信用情報機関に加盟しており、これにより国内主要信用情報機関すべての情報を使って、審査が行えるようになっています。

銀行カードローンが保証会社を利用するのは、リスク軽減だけでなく、もれなく審査を行うためでもあるのです。

保証会社SMBCコンシューマーファイナンスの審査は厳しい?

記事の冒頭でも書きましたが、関西アーバン銀行カードローンの保証会社は、大手消費者金融であるSMBCコンシューマーファイナンスです。

SMBCコンシューマーファイナンスは、長年個人向け無担保融資を行ってきた会社なので、審査スピードは業界トップレベルです。

自社のカードローンであれば、最短30分で審査を終わらせることができます。

しかし審査基準は甘いとは決していえません。

実際にSMBCコンシューマーファイナンスが運営するプロミスは、大手消費者金融3社(アコム・アイフル・プロミス)の中で、ここ数年審査通過率が一番低い時期が続いています。

※他社2つの金利が年率18%であるのに対し、プロミスの上限金利が17.8%と低いことも、大きく影響しています。

そのため申込情報や信用情報に問題があれば、審査には落とされてしまうと考えていいでしょう。

過去にプロミスを利用したことがある人は要注意

過去にプロミスを利用したことがある方は、審査で不利になる可能性があるので注意しましょう。

特に返済の延滞・滞納をしてしまった方は、保証審査ではかなり不利になってしまいます。

返済を延滞・滞納した記録は、信用情報であれば数年経てば記録が消えるようになっています。

しかし自社内の顧客情報は、半永久的に記録されるので、時間が経ってもSMBCコンシューマーファイナンスの審査には悪影響を及ぼしてしまいます。

利用していたときよりも、年収がアップした方や、信用実績を積み上げている方であれば審査には通りますが、不利になることは覚えておきましょう。

SMBCコンシューマーファイナンスから在籍確認はある?

保証審査でも在籍確認が行われる可能性はあります。

申込情報や信用情報を調べて、在籍確認が必要だと判断されると、勤務先へ電話で確認が行われます。

しかしSMBCコンシューマーファイナンスからの電話の場合、会社名を名乗らずに担当者の個人名で電話が掛かってくるので、社内に借金がバレる可能性は低いと考えていいでしょう。

場合によっては、関西アーバン銀行とSMBCコンシューマーファイナンスから、在籍確認の電話が掛かる可能性もあるのでご注意ください。

関西アーバン銀行カードローンの審査に落ちてしまった方は?

関西アーバン銀行カードローンの審査に落ちてしまった方は、SMBCコンシューマーファイナンスが保証会社の銀行カードローンは避けるようにしましょう。

銀行カードローンの審査に落ちてしまったときには、保証会社の審査に通らなかった可能性が高いからです。

同じSMBCコンシューマーファイナンスが保証会社を行う銀行カードローンへ申し込んでも、再び審査に落とされる可能性が高いのでご注意ください。