レイクカード発行方法を解説!契約後最短2日で自宅に届く!

公開日:

レイクは2017年2月からカードレス取引が可能となり、レイクカードを使わなくてもATM利用ができるようになりました。

2018年4月から消費者金融のレイクALSAになった後もカード無しとカード有りの2通りから選ぶことができますが、カードレス取引をメインでするにせよ、一応レイクカードは持っておきたいという方は今も多いです。

また、後述しますがレイクカードを持っていると、様々なメリットがあるのでおすすめです。

ここからは、レイクカードを発行するメリットと、家族にバレず発行する方法の2点について詳しく解説していきます!

レイクは即日融資が不可能に!最短の借入方法と審査の流れ・メリット

レイクカードを発行すれば返済がスムーズにできる!

レイクが言うカードレス取引とは、返済を自動引き落しにする方法のことです。

返済を銀行口座から自動引き落としにすると、返済日の融通が利かなくなり不便でもあります。

反面、レイクカードを持っていればATMに挿入することで随時、返済が出来るので、以下のようなやり方も可能になります。

  • 返済日を自由に指定できる
  • 繰上げ返済を自由に行える
  • 延滞しそうになった時に猶予を受けやすい

ここからは、それぞれのメリットについて、詳しく解説していきます。

返済日を自由に指定できる

銀行引き落としを選ぶと、毎月決まった日(14日か17日)しか返済期限に設定することはできません。

ただ、これだと給料日との兼ね合い上、返済がしにくいという方も多いでしょう。

一方、レイクカードを持っていれば自分のタイミングで返済ができるので、毎月給料日の直後を返済期限とすることもできます。

ちょっとしたことのように思えますが、滞りなく返済をしていく上では返済期限の設定は非常に重要です。

繰上げ返済を自由に行える

毎月最低限の金額を返済するのが、約定返済です。

約定返済はカードローンを利用する際の義務であり、毎月遅れずに返済する必要があります。

約定返済とは別に、いつでも自由に金額を設定して出来るのが繰上げ返済(追加返済)です。

約定返済は元金+利息の返済に充てられるのに対し、繰上げ返済はダイレクトに元金の返済に充てられます。

元金が0になったら完済なので、トータルの利息をかなり減らすことができますよ!

延滞しそうになった時に猶予を受けやすい

万が一返済期限に間に合わなそうなら、いち早くレイクに連絡をして、猶予をもらうなどの対策をする必要があります。

これをしないと延滞日数×利率の高額な遅延損害金を請求されるようになります。

ただこの場合、銀行の自動引き落としに返済方法を設定していると、融通が利きにくいですが、レイクカードを使ったATM返済であれば、返済日を数日ずらすといったことも簡単にできます。

レイクカードは契約後2~3日で自宅に郵送される

レイクカードは契約から2~3日で自宅に郵送されます。

通常の郵送ではなく、本人限定受取郵便(特定事項伝達型)で届くので、本人の直接受け取りしか取得することはできません。

家族が間違って受け取ってしまうことはないので安心してください。

また、受取時には運転免許証などの本人確認書類を提示する必要があります。

配達希望日時の指定も可能

レイクカードはレイクか日本郵便に問い合わせれば、希望の日時を指定することができます。

日本郵便のサイトによると、以下の5つの時間帯から1つを選べます。

  • 8:00~12:00
  • 12:00~14:00
  • 14:00~17:00
  • 17:00~19:00
  • 19:00~21:00

なるべく家族がいない時間に届けて欲しいものですが、より細かい時間の指定はできないので注意しましょう。

自動契約機を使えばレイクカードをバレずに発行できる

レイクの自動契約機は、近くにカード発券機が備え付けられています。

契約から10分後にここからレイクカードが自動発行されるので、そのまま誰にも見られずカード受取が可能です。

1人1人に届くカードではないですが、特に受け取り後は手続きなどもせずにそのままATM利用ができます。

※レイクの自動契約機の詳しい使い方はこちら!
レイクALSAの自動契約機を使って即日融資!営業時間や手続きの流れは?

カードレス取引を希望したはずがレイクカードが届くことも…

レイクカードの発行の有無は、契約時にチェックをして決めます。

インターネット契約の場合は、「カードレス」をしっかりチェックしないとカードが郵送されてしまうので注意しましょう。

もし誤って「カードレス」にチェックし忘れた場合は、早めにレイクに連絡をすることで郵送を取り消すことができます!

レイクALSAはレイクカード無しでもATM返済ができる!

レイクALSA

新生銀行カードローン「レイク」は2018年4月から消費者金融カードローン「レイクALSA」に生まれ変わりました。

新生銀行レイクのスペックはそのままで、最短即日融資も可能になりました。

また、レイクALSAには「e-アルサ」という公式アプリがリリースされています。

e-アルサはQRコードを表示できますが、これをセブン銀行ATMにかざせばローンカードの挿入なしでも借入が可能です。

e-アルサを使った借入の流れは、以下の通りです。

  1. e-アルサにログインし、トップページ左下の「お借入れ」をタップ
  2. バーコードが表示されるので、ATM画面からQRコードを読み取る
  3. セブン銀行ATMのTOPにある「スマートフォンでの取引」ボタンを押す
  4. QRコード読み取り後、企業番号がe-アルサ内に表示される
  5. 企業番号をATMの入力画面に入力し、「確認」ボタンを押す
  6. ATMのガイドに従って入力

e-アルサは公式サイトからダウンロードできる

e-アルサ

e-アルサは、レイクALSAの公式サイトからダウンロードすることができます。

レイクALSAはカードレスで借入ができるだけでなく、そこから審査申し込み、書類のアップロード提出もすることができます。

e-アルサの詳しい使い方はこちらにまとめています!ぜひお読みください!

レイクALSAは最短即日融資!公式アプリ「e-アルサ」を活用しよう

レイクカード発行時は家族バレに注意!

レイクカードを発行することで、ATMを使って自由に返済ができるというメリットがあります。

しかし、発行されたカードは自宅に届くので、家族にバレてしまうリスクもあります。

いくら本人限定受取郵便(特定事項伝達型)だとはいえ、そんな厳重な荷物が自宅に届けば怪しまれて当然でしょう。

レイクカードを郵送受け取りにしてしまえば、家族バレを完璧に防ぐことはできません。

なるべくなら、自動契約機を使ってカードを受け取るようにしましょう。