レイクALSAは総量規制の対象?年収の1/3以上借入できない?

公開日:

レイクALSAを利用する時に把握しておきたいのが総量規制というものです。

この制度が適用されるかどうかで借り入れにおいて大きな違い発生します。

今回は総量規制についての基本的な内容とレイクALSAがその対象となるかどうかについてご説明します。

総量規制とは?

総量規制とは、「貸金業者は利用者の年収等の3分の1を超える金額を貸し出してはならない」という法律です。

たとえば年収300万の人がカードローンで借り入れを受ける時、設定される限度額の上限は100万円になります。

どんなに利用実績が良くても、増額申請を行っても、収入が増えない限りは限度額が上がることもありません。

この総量規制の対象となるのは個人向けの融資のみとなっており、事業性資金の貸し付けには適用されません。

総量規制は合計の借入額で適用される

複数の金融機関から借り入れを行っている場合、総量規制は「全ての借り入れの合計が年収の3分の1を超えているかどうか」で判定されます。

たとえば年収300万円の人が消費者金融A社と借り入れ限度額60万円で契約していたとします。

この場合、たとえAさんが50万円借りていなくても総量規制では60万円まで利用していると見なされます。

60万円を借りようと思えば実際に借りることができるからです。

したがって、他の消費者金融B社と新たに契約しようと考えた時、B者での借り入れ限度額は、A社と合わせて収入の3分の1、つまり合計100万円にまで制限されます。

つまり、どんなに審査の評価が良くてもB社での借り入れ限度額は100万円から60万円を差し引いた40万円になるのです。

当然、もしA社から総量規制ギリギリの100万円を借りていた場合は、B社から新たに借り入れることはできません。

総量規制の対象外

送料規制を受けるのは貸金業法の下で貸し出しを行う金融会社やクレジットカード会社のキャッシングサービスです。

銀行には貸金業法ではなく銀行法が適用されるため、総量規制の対象外となります。

したがって銀行が扱っているカードローンや住宅ローン、自動車ローンなどを利用しても総量規制の影響を受けることはありません。

またクレジットカードでの支払い料金も総量規制には含まれません。

総量規制対象外のおすすめカードローンはこちら!審査は甘い?おまとめローンの場合は?

レイクALSAは総量規制の対象?

ではレイクALSAは総量規制の影響を受けるのか?という点ですが、結論から申し上げると、レイクALSAは総量規制の対象となります。

レイクALSAを運営しているのは、新生フィナンシャル株式会社という貸金業者ですので貸金業法が適用されるからです。

したがって、レイクALSAから年収の3分の1を超える借り入れはできませんし、他の消費者金融などから既に借り入れを行っている場合はその額の分、限度額が制限されることになります。

総量規制の対象外だったレイク

一時期、レイク名の付くカードローン商品が総量規制の対象外となっていたことがあります。

新生フィナンシャル株式会社は、2011年から2018年3月まで個人向け融資事業を一部親会社である新生銀行に譲渡していたことがあり、その間、新生銀行は「新生銀行カードローンレイク」というカードローンサービスを行っていたのです。

銀行には貸金業法が適用されませんので、この商品は総量規制の対象外でした。

しかし現在、新生銀行のカードローンは「スマートカードローンプラス」という名前で一本化され、レイクと名の付くカードローンは新生フィナンシャル株式会社のレイクALSAのみとなっています。

比較的最近の話ですので、レイクが消費者金融か銀行カードローンか混乱している方もいるかもしれません。

現在は100%消費者金融のカードローンだと考えて頂ければ大丈夫です。

総量規制のメリット

レイクALSAが総量規制の対象となり、借り入れ額が制限されることをデメリットと感じる方もいるかもしれません。

しかしこれは、過度の借り入れを法律が防いでくれるというメリットでもあるのです。

そもそも総量規制は、それまで増加の一途にあった多重債務の防止策として施行されました。

実際、金融庁の調査によると、2010年に総量規制が施行された当時、5社以上から借金をしている多重債務者が70万人いましたが、2016年には8万人にまで減少しています。

加えて多重債務が原因とみられる自殺者や自己破産の件数も約半分にまで減っているのです。

借り入れ額を自動的にセーブしてくれるという視点からみれば、総量規制は有益な制度だと考えられるのです。

総量規制を超えて借り入れを行うには

法律上、例外的に総量規制の枠を超えて消費者金融から借り入れが可能な場合もあります。

以下が主な例外貸付けですが、実際の利用はかなり難しいと考えられます。

配偶者貸し付け

法律上、夫婦のどちらかが借り入れをする時は、夫婦の合算年収の3分の1まで借り入れるとされています。

たとえば、夫の年収が600万円、妻の年収が300万円だとします。

妻の年収だけを考えれば、妻は100万円までしか借り入れることができません。

しかし夫の年収が600万円あるので、妻の年収と合わせると900万円になります。

よって、実際は900万円の3分1となる300万円まで借り入れることができるのです。

ただしこの場合は夫婦関係の証明および夫の同意が必要となります。

なおこの配偶者貸し付けは、専業主婦(夫)でも利用することができます。

レイクALSAでは利用不可

しかし、実際にこの配偶者貸付を行っている業者は多くありません。

この制度を適用するには、手続きが煩雑になる上に、収入に見合わない貸し出しを行うことになるので、返済が滞るリスクも高くなります。

配偶者は連帯保証人になるわけではないので、返済の保証もありません。したがって、配偶者貸し付けは貸し出す側にはデメリットの方が大きいのです。

レイクALSAに問い合わせたところ、やはり配偶者貸付は行っていないとのことです。

そもそもレイクALSA専業主婦(夫)は契約の対象外となっています。

自身の収入を超えた借り入れをしたい場合は専業主婦用のサービスを提供している他社カードローンを利用するか、素直に配偶者の名義で契約する方が確実でしょう。

こちらの方が後々のトラブルに発展する可能性も少ないです。

レイクALSAの審査の流れ!金利・返済・レイクとの違いを解説

緊急時の貸付

またもう1つの例外として、特定緊急貸付というものがあります。

病気や災害、急な冠婚葬祭など、緊急性があり社会通念上正当な理由があると認められる場合には、総量規制を超える借り入れができるという制度です。

しかし、この制度が認められるのは本当に緊急な事態に限られます。

適用基準も非常にあいまいですので、実際に適用されるケースはほとんど無いでしょう。

こちらもレイクALSAに問い合わせたところ、総量規制内での利用を第一にお願いしているという回答でした。

総量規制を回避するなら銀行カードローン

以上のようにレイクALSAを利用する以上、総量規制を超えて借り入れをすることは非常に難しいと考えられます。

もし規制以上の借り入れをしたいなら銀行カードローンを利用するという手があります。

前述したように銀行には貸金業法ではなく銀行法が適用されるため総量規制の対象外となるからです。

消費者金融のカードローンと比較して金利が低いという利点もあります。

レイクALSA系列でしたら新生銀行がカードローンを行っていますので、そちらを検討してみると良いでしょう。

まとめ

以上、レイクALSAの総量規制についてご説明しました。

レイクは一時期新生銀行がカードローンとして扱っていたものの、現在は消費者金融の商品となっているため総量規制が適用されています。

借り入れに制限がつくのはデメリットとも考えられますが、借りすぎを防いでくれるストッパーと捉えることもできるのではないでしょうか。