レイクALSAの審査では在籍確認が必要?電話内容と流れを解説

公開日:

レイクALSAでは契約時の審査において在籍確認が実施されています。

一般的な方法は勤務先へ電話連絡です。

今回はレイクALSAが在籍確認を行う理由、電話内容と流れ、在籍確認に伴う注意点についてご説明します。

レイクALSAが在籍確認を行う理由

在籍確認とは、カードローンの申込者が申告通りの勤務先に勤めているかどうかを確認する作業です。わざわざ確認するのには大事な意味があるからです。

返済能力の確認

レイクALSAに限らずカードローンの契約では、原則として審査の際に在籍確認が必ず行われています。

その理由は返済能力の確認です。貸金業で最も避けるべきことの1つは、貸し倒れによる損失です。

したがって契約の際には返済するだけの安定した収入源があるかどうかは重要な判断材料となります。

そして多くの場合、収入源の大部分は勤務先からの給料ですので、どこに勤めているか、本当に勤めているかを入念にチェックするのです。

もちろん、在籍確認の前段階で申込み内容や信用情報機関に登録されている個人情報を参照して勤務先は確認されます。

しかし申込み内容はあくまで自主申告であり、信用情報機関に登録されているのは過去の情報です。

したがって現在の勤務先を確実に把握できるよう、在籍確認を行うのです。

総量規制の問題

さらに言えば、レイクALSAのような消費者金融の会社は総量規制という法律の対象となります。

これは「貸金業者は対象の年収の3分の1を超える貸し付けを行ってはならない」というものです(銀行は対象外)。

この法律を破ると営業停止など重大な行政処分を受ける可能性があります。

したがって審査においては対象の収入を十分に吟味する必要があるのです。

そして、前述したように利用者の多くは、収入の大部分が勤務先からの給与ですので、在籍確認には総量規制を超えた貸し付けを行わないように万全を期す意味合いもあるのです。

レイクALSAの在籍確認の内容

在籍確認が行われるのは審査の中でも後半の方です。

カードローンの審査では、まず申込み内容から契約が可能かどうかの仮審査が行われます。

その結果、契約に問題がないと判断された場合、その次に申込み内容に間違いや虚偽がないかどうか確認する本審査に移ります。

この本審査の一環として在籍確認が行われることになります。

したがって在籍確認が行われる段階では、申込み内容に不備や虚偽がない限り本審査に通る可能性も高いと考えることができます。

在籍確認の電話の流れ

先述したように、在籍確認は基本的に勤務先への電話連絡によって行われます。

職場に連絡が入ると聞くと身構えてしまう方もいるかもしれませんが、実際はあっという間に終わります。

相手が会社名を名乗ることはない

在籍確認では、レイクALSAの電話担当者が勤務先に電話をすることになりますが、この際「レイクALSA」「新生フィナンシャル株式会社(運営元)」などの身元がわかってしまうような名乗り方をすることはありません。

担当者の個人名で電話が入ります。

その点は安心して良いでしょう。

なお職場にばれたくないからといって全く関係のない会社や組織の名前でかけてもらうことはできません。

レイクALSAの審査の流れ!金利・返済・レイクとの違いを解説

電話の内容は非常にシンプル

電話の目的はあくまでも、申込者がその職場に本当に勤めているかどうかの確認だけです。

したがって、電話そのものはあっという間に終わります。

電話では最初に「〇〇(担当者の個人名)と申しますが〇〇様(申込者の名前)はいらっしゃいますでしょうか?」というように聞きますので、申込者が直接電話に出ていればそのまま在籍確認終了となります。

ただ実際には職場の他の誰かが取ることも多いでしょう。

その場合でも電話を取った方が本人に電話を回せば問題ありませんし、たとえその場にいなくても「〇〇はただいま席を外しています」というように、在籍していることが把握できるよう電話を取った方が対応してくれれば、レイクALSAは申込者が在籍していることを確認できますので、確認は終了です。

勤務態度や業務成績を質問されたりすることはありません。一度確認が取れればこちらから折り返す必要もありません。

職場に知られる可能性は低い

在籍確認において最も避けたいのは、職場にカードローンを申し込んでいることが明らかになることです。

レイクALSAの担当者が在籍確認でカードローンについて話す心配はありません。

後々のトラブルは避けたいですので、むしろ可能な限り悟られないよう配慮してくれます。

しかし、電話を取った人がたまたまカードローンの在籍確認について知っていれば、何となく感づいてしまう可能性も考えられます。

ですがこのような形で在籍確認を行うのはカードローンだけではありません。

住宅ローンや自動車ローン、あるいはクレジットカードの審査でも在籍確認は行われます。

つまりカードローンの在籍確認だと断定することはできないのです。

もし電話の内容について質問されたら、「クレジットカードの審査についてだった」というように答えれば良いでしょう。「あらかじめ電話があるかもしれない」などと伝えておけば、より説得力が高まります。

レイクALSAの在籍確認における注意点

在籍確認は審査の最終段階に実施されます。

したがってこの段階に至った時点で審査を通過する可能性はかなり高いと考えられます。

だからこそ在籍確認でつまずくような事態は避けたいものです。

現在の勤務先をしっかりと記入する

在籍確認での注意点は、実に在籍確認が取れる電話番号で申し込むことです。

在籍確認が取れない場合は、審査に落ちる可能性もあります。

意図しての虚偽申告はもってのほかですが、「大丈夫だろう」と適当に最近まで勤めていた職場などを勤務先にとして記入するのもNGです。

今勤めている職場をしっかりと記入するようにしましょう。

申告した電話番号を変えると審査のやり直しになる

電話連絡は、申込時に記入した電話番号にかけられますが、申し込んだ後に「記入したのとは違う電話番号に連絡してほしい」と申告した場合は、申込み内容が変更されたとみなされ仮審査からやり直しとなってしまいます。

レイクALSAは審査の早さが強みの1つではありますが、もう一度審査をし直すような面倒なことにならないよう、連絡をしても問題ない電話番号を記入するようにしましょう。

連絡先は派遣元か派遣先か

派遣社員や出向社員などの場合、連絡先として記入するのは出先企業か所属する会社か迷うかもしれません。

基本的に収入の根拠となる勤務先を連絡先の電話番号として記入しておくべきですが、そちらの方が在籍確認を取りづらい場合もあります。

このように判断がつきづらいケースは、事前にレイクALSAへ相談しておくか、支障がなければあらかじめ派遣元や出向元に「連絡が来るかもしれない」と連絡しておくと良いでしょう。

レイクALSAは最短即日融資!公式アプリ「e-アルサ」を活用しよう

レイクALSAの電話連絡を避ける方法は?

できることなら職場に電話をして欲しくない人もいるでしょう。

しかし電話連絡による在籍確認は審査における重要なプロセスですので、基本的には欠かすことはできません。

ただレイクALSAでは、在籍確認をしなくても十分に信頼性が確保できると判断された場合など、審査の状況によっては省略されることもあります。

また、諸事情により電話による在籍確認が円滑に行えない場合は、勤務先を証明できる書類で代行することもあります。

しかし、明確な基準が公表されているわけではありませんので、申込者が在籍確認を実施するか否かを完全にコントロールすることはできません。

もしどうしても、職場に電話連絡が行くことに不都合があれば申込時にその旨を申告してみるのも1つの手です。

正当な理由と判断されれば書類等で在籍確認を代行してもらえる可能性はあります。

まとめ

以上、レイクALSAにおける在籍確認の流れ、注意点について説明しました。

繰り返しになりますが、在籍確認は「申告通りの勤務先に本当に勤めているのか」という一点だけを確認するために行われるものなので、過度に心配する必要はありません。

担当者もプロですのでカードローンを仄めかすような発言はしないと考えて良いでしょう。

大切なのは、間違いのない申告をすること、そして堂々と振る舞うことです。