新生銀行カードローン「レイク」の返済日・返済方法・毎月の返済額を徹底解説!

公開日: 最終更新日:

新生銀行カードローン「レイク」は、2018年3月をもってサービスを停止しています。※2018年3月時点の情報

2つの無利息期間で知られる新生銀行カードローン「レイク」は少ない利息で使えるお得な商品です。

ですが、お得であっても返済するのが面倒だったりすると使いやすいカードローンとは言えません。

レイクの返済日・返済方法・毎月の返済額の徹底解説を通して、「レイクの使いやすさ」もチェックしてみましょう!

レイクは返済日も自由に決められる!

皆さんは毎月の返済日はいつが希望ですか?給料日直前だと財布の中身も寂しくなったタイミングで嫌だし、給料日当日だと何だか慌ただしく感じてしまう。

他にも中途半端な日だと返済日自体を忘れそうな気がしますよね。そう考えると「出来れば返済日は給料日の数日後が良い」って思いませんか?

レイクの場合は毎月の返済日をご自身で指定することが出来るんです。だから「給料日の2日後」なんて希望も容易に叶えることが出来ますよ。

ほとんどのカードローンの返済日は、最初から決まっているか幾つかの選択肢から選ぶ形です。

返済日が指定出来るという自由度の高さは、レイクの大きなメリットです。

早目の返済がお得!さらに助かるサービスも!!

レイクでは、ご自身で設定した毎月の返済日の14日前から当月分の返済が行なえます。

早目めにお金を支払った場合、そのお金はまず利息に充てられ残ったお金が元金の返済に充てられます。

利息は借入残高に金利や借入日数をかけるなどして求められますので、早目に元金を減らすことが出来ればその分だけ利息も減らすことに繋がります。

ただ、15日以上前に返済した場合は前月分の追加返済となり当月分とはカウントされませんのでご注意ください。

さらにレイクでは返済日の前後にメールで連絡をくれるサービスも用意されています。これがあれば返済日を忘れてしまう危険が激減しますね。

返済方法は5つから選べる!

  • Web返済
  • レイクATM
  • 自動引落し
  • 提携ATM
  • 銀行振込み

返済方法も自分好みに選べるレイクには、5つも選択肢が用意されています。

「来店不要・手数料無料・深夜でもOK・一括払い可能」があり、求める条件から返済方法を選ぶことが可能です。

次は、それぞれの返済方法の特徴をワンポイントずつご紹介します。

「Web返済」は来店不要で手数料も無料!

パソコン・スマホを使ってのレイクのサイトの会員ページからの手続き、または専用スマホアプリを使って来店不要で原則いつでも返済が行なえます。

利用には指定の金融機関のインターネットバンキングを利用している必要がありますが、利用可能な金融機関は多数ありますのでご安心ください。

一括返済も可能で、朝から夜まで手数料無料な「レイクATM」

レイクATMは年中無休で利用出来て平日と土曜は朝7時30分から深夜24時まで利用可能(第3月曜のみ20時)です。

日祝でも夜22時までOKで手数料もかかりません。

この返済方法の特徴は借入残高の一括返済が行えることです。また手元にカードが無くても「登録電話番号・生年月日・暗証番号」の3つの情報があれば返済が行なえます。

一度設定すれば時間も手間もなく返済忘れも防げる「自動引落し」

自動引落しは給与振込口座を登録しておけば、返済用の口座にお金を振り込む手間を無くせるので返済忘れが防止出来ます。

スマホや郵送でサービスの申し込みが行なえますが、引落し日は毎月14日か27日のどちらかしか選択出来ません。

コンビニ設置の「提携ATM」が無料で使える!

いつも行くコンビニでほぼ24時間365日、気軽に借入や返済の手続きが行なえます。

しかも、手数料はずっと無料ですので使う度に勿体無いお金が発生しません!

セブン銀行・イオン銀行・ゆうちょなどのATMとも提携しています。

銀行振込み

お手持ちの銀行口座からレイクの指定口座へ振込むことでも返済が行なえます。

近くにレイクの提携ATMが無い時には便利です。カード不要で利用可能ですが、所定の手数料が発生しますので注意が必要です。

返済方式も2つから選べます

返済方式は借入残高によって返済額の変動する「残高スライドリボルビング方式」と、ご利用限度額で返済額が決まり借入残高の影響を受けずに定額で返済していく「元利定額リボルビング方式」の2つから選択可能です

残高スライドリボルビング方式は借入額が多い時は多めの返済額となり、借入残高が減っていくと返済額も少なくなるので完済が近づくにつれて負担を感じにくくなります。

元利定額リボルビング方式の場合は、定額ずつ返すことになるので負担も一定で済み返済も比較的早く終わります。

2つの方式それぞれの月額返済額

残高スライドリボルビング方式の返済額
借入残高 毎月の返済額
10万円以下 3000円
10万円~20万円以下 5000円
20万円~30万円 7000円
30万円~40万円 9000円
40万円~50万円 1万2000円
元利定額リボルビング方式の返済額
借入残高 毎月の返済額
10万円以下 3000円
10万円~20万円以下 5000円
20万円~30万円 7000円
30万円~40万円 9000円
40万円~50万円 1万2000円

コツコツと無理無く返せる返済額が嬉しい!

どちらの返済方式でも、一見すると返済額は同じです。確かにリストで見れば同じ様に見えますが、借入残高にかかわらず返済額が一定なのか変動するのかというのが大きな違いです。

どちらにもメリットがあり、どちらを選ぶかは自分次第です。どちらにしても無茶な返済額にはなりませんので、安心して返済計画を建てることが出来ますね。

レイクはどこよりも便利にお得に返済が出来る!

新生銀行カードローン「レイク」がどんな返済方法があり、どれくらいの額ずつ返済するのかはわかったとしても「他社と比べてどうなのか?」というのは比べてみないとわかりませんよね。

ですが、他社と比べてもレイクが便利にお得に返済が進められるということは断言することが出来ます。

その理由は「選択肢の幅広さ」です。返済日も自分の都合で選ぶことが出来て返済方法も5つから便利な方法を選ぶことが出来ます。

さらに返済方式まで選べたりと「自分好みの返済計画を自由に組むことが出来る」のです。

その上で手数料無料で返済手続きが行うことが可能というメリットまであります。

こんな自由でお得な返済が行える場所はそうはありません。

レイクなら「どこよりも便利でお得に」返済を進められ、負担も小さく完済を目指すことが出来ますよ。