レイクALSAの増額にはデメリットも!追加でお金を借りたいときの対処法

公開日:

レイクALSA

レイクALSAは、増額を自分の意思で依頼できるカードローンです。この会社では、増額の申請を受けた後、審査を行って最終的に増額できる人だけに利用限度額の増額を行っています。

しかし、増額の申請に落ちてしまうと、色々な問題に直面します。もし増額を行いたいと考えている方は、1度増額に失敗した際のデメリットについて知っておきましょう。

レイクALSAへ増額を依頼した場合の流れ

レイクALSAに増額の依頼を行った場合の流れと、どのような手続きが行われているのかを説明します。

ちなみに、レイクALSAの増額申し込みから、審査に通るまでの流れは以下の通りです。

  1. 利用者からの増額依頼
  2. 保証会社が審査を行う
  3. 増額に関する合否判断
  4. 利用限度額の増額を行う

1.利用者からの増額依頼

レイクALSAでは、利用者が増額の依頼を出さない限り、基本的には利用限度額を増やしてくれません。従って、現時点で利用しているカードローンに不満を抱えているのであれば、利用限度額を増やしたほうがいいのです。

利用限度額を増やすためには、レイクALSAの会員ページにアクセスします。

会員ページには、増額を行うためのページが大々的に表示されていて、もし利用限度額を増やしたいと考えているならば、ここをクリックしてほしいという感じでページが作られています。まずは指示されている通りにページをクリックしてください。

ページに入ると、増額の依頼内容が掲載されています。どれくらいの増額を希望しているのかを記入して申し込みを行います。

この金額があまりにも大きい場合には、申し込みを行われた時点で審査に落とされる可能性もあります。なるべく自分が利用限度額を増やせる範囲を考えて、数字を決めるようにしてください。

記入した数字と申込内容に不備がなければ、最終的に増額依頼の申し込みを確定させます。その後はレイクALSAの保証会社に審査を行ってもらいます。

2.保証会社が審査を行う

審査を行っているレイクALSAは、まず収入証明書の提出を求めてきます。

収入証明書を出すことができなかった場合は、利用限度額の増額には応じてくれません。必ず収入証明書を出すようにしてください。

収入証明書が確認できれば、レイクALSAは審査を行います。

現時点で申し込み時点よりも収入が増えているのかを確認すると同時に、これまでレイクALSAを利用している状況などを踏まえて、最終的に利用限度額を増額できるのかを決定します。

ただ、審査の内容は厳しいため、なかなか増額ができないまま審査に落とされてしまう人も多くいます。

これは、増額という判断がカードローンの発行に比べて難しい方法であるためです。

レイクALSAとしても、カードローンを多く利用してくれるのはいいことですが、逆に利用してくれるものの返済されないという問題に直面する恐れがあります。この返済されない問題を避けるために、レイクALSAでは厳しい審査の対応を行っています。

3.増額に関する合否判断

増額ができるのかの判断をメールで送信します。メールによって増額ができる人には、最終的にどれくらいの利用限度額に変更されるのかを示して、確認を取ったうえで利用限度額の増額を行います。

審査に落とされている方には、審査を通過できなかったことを示しています。審査落ちのメールが届いた時点で、利用限度額の増額は行えません。

4.実際に利用限度額の増額を行う

メールが届いてからすぐに、利用限度額の増額が行われているわけではありません。一定の時間が経過してから、レイクALSAが手続きを行って利用限度額を増やしています。

利用者からの確認が行われてから増額に踏み切るケースが多く、増額が行われている際にはメールが送信されます。

レイクALSAの増額審査に落とされた場合のデメリット

レイクALSAでは、増額の審査を行った段階で、審査に落とされるユーザーに厳しい措置を取っています。

もし審査に落とされてしまったのであれば、以下のデメリットを受ける可能性があります。

利用限度額が下げられる恐れもある

レイクALSAの増額審査では、増額できる人には増額の依頼を出していますが、逆に増額できないと判断している人に、利用限度額の減額という措置を取る場合もあります。

この連絡は、審査に落とされたことに加えて、減額することを示すメールが届きます。

審査の結果、これ以上は利用限度額を維持できないと判断して、最適な利用限度額に修正されてしまうのです。

特に収入証明書の内容から、収入が安定して得られていない、収入の金額が申込時よりも圧倒的に少ないなどの問題があるようならば、利用限度額の減額という措置を取られる恐れもあります。

カードローンの利用停止措置を取られる

審査では、レイクALSAを利用している人が、過去にどのような問題を起こしているのかも確かめています。ここでは、カードローンを利用している状況を、過去のデータや信用情報機関などを通じて確認しています。

もし、レイクALSAで返済遅延などを起こしている方、返済を既に延滞している状態で利用限度額の増額を依頼している方がいるなら、この人は信頼できないと判断されます。

更に、延滞しているにもかかわらず、返済になかなか応じなかった情報が確認できるなら、これ以上カードローンを利用させるべきではないと判断されるのです。

こうして審査の結果、カードローンを利用させるに値しないと判断された場合は、レイクALSAのカードローンは利用停止措置を取られます。

カードローンを利用できなくなった時点で、一括返済を要求されてしまうほか、これ以上の借入はできなくなってしまうのです。

申込が多すぎることで増額を一切認めない措置も

何度も利用限度額の増額を依頼している場合、申込回数が多いと判断して、これ以上の増額は認められないと一方的に告げられることもあります。

特に何度も審査に落とされている人は、信頼できないと判断して増額については一切断ってきます。

もし、審査に何度も落とされていて、利用限度額の増額はできないと言われているなら、これ以上の申し込みは行わないでください。

そのまま申し込みを続けていると、審査に落とされるどころか、カードローンを利用停止の可能性もあります。

レイクALSAで増額審査に落とされてしまう人の特徴

レイクALSAの増額審査は、落とされる人がある程度限られています。どのような人が落とされる対象となっているのか、しっかりと見ておきましょう。

過去に返済をしっかり行っていない

過去にレイクALSAを利用していたことで、延滞を起こしている人は審査に落とされます。返済をしっかり行っていないことで、信頼できないと判断されるためです。

特に延滞を長く行っている人は、利用限度額の増額なんてまず通過できません。

レイクALSAを利用している時に、延滞を起こしているようであれば、増額の依頼は行わないほうがいいのです。申し込みを行ったことで、逆にカードローンの利用停止に踏み切られる可能性があります。

収入が少ない

現在の収入が、カードローンの発行時よりも減っているのであれば、審査に落とされる可能性があります。これは、収入が減っていることによって、これ以上利用限度額を増やせないと判断されるためです。

レイクALSAは、収入の少ない人でも利用できるカードローンですが、増額については一定以上の収入を確保していなければ行えません。

あまりにも収入が少ない人、申し込み時点よりも明らかに収入が減っている人は審査を通過できません。

他社の借入が残っている

他社の借入が残っていて、かなり借金を増やしている人も審査に落とされます。これは信用情報機関を利用すると簡単に確認が取れるので、隠してもすぐにわかってしまいます。

他社の借入が数万円程度であれば、一応利用限度額の増額は行われます。

ただ、かなりの金額を借りていることがわかった場合、もしくは借りている会社の数がかなり多いと判断された場合には、審査に落とされてしまいます。

この項目についても、借りている金額が大きすぎるだけでなく、複数の会社から借りていることが判明すると、カードローンの利用停止措置が取られます。

虚偽の記載が判明した

審査には虚偽の記載は禁物です。レイクALSAでは、虚偽の記載が判明した時点で審査に落としています。しかも、カードローンの利用停止まで考えてしまうので、虚偽の記載は絶対にやめましょう。

特に収入を偽っていたことがわかった場合、他社の借入を偽っていた場合は、審査に落とされる確率が大幅に上がってしまいます。

個人情報等の間違いも審査に落とされる可能性があるので、間違った情報は修正しておきましょう。

レイクALSAの増額審査に落とされた後の対処法

審査に落とされてしまったのであれば、その後の対処法がとても大事です。特にカードローンの利用停止などを受けてしまった場合は、速やかに問題解決に動きましょう。

一定期間しっかり利用する

まずはレイクALSAを使って返済を行い、信頼される情報を増やします。信頼されることが利用限度額の増額には非常に大事なポイントで、もし審査に落とされてしまったのであれば何度も利用して信頼性を高めます。

信頼されるようになれば、増額審査を通過できる可能性があります。

レイクALSAは、過去の利用実績などを踏まえて審査を考えるため、審査を通過できるほどカードローンを利用していれば、落とされてから数ヶ月程度経過した後に利用限度額の増額が認められる可能性もあります。

他社の借入を完済してもう1度審査を受ける

他社の借入を抱えていたことで審査に落とされた場合は、他の会社の借入をすべて返済します。そして、一定の期間を置いてからもう1度増額審査を受けてください。

間違ってもすぐに審査を受けないようにしましょう。

借入がすべて返済されたことがわかれば、利用限度額の増額を認める可能性があります。ただ、審査に落とされてから3ヶ月以上は経過していないと、返済していたとしても審査に落とされる可能性があります。

延滞があれば速やかに返済する

返済を延滞してしまったら、指定されている日程までにすべての金額を返してください。そのまま放置していると遅延損害金の対象となり、どんどん返済額が増えてしまいます。

返済期間が長引きすぎると、レイクALSAから利用停止措置を受けることもあります。カードローンが使えなくなってしまったら、会社側が提示している日程までに、全ての借入を返済しましょう。

レイクALSAの増額審査は落とされると危険!増額案内が来てから受けるのがおすすめ

レイクALSAはとてもいいカードローンでもありますが、増額審査の難易度はかなり高い会社です。そして、審査に落とされてしまうと、次々と問題が発生する恐れもあります。

特にカードローンの利用停止もありますので、危ない状態での申し込みは避けましょう。

できればレイクALSAを何度か利用して返済し、その上で他社からの借入がない状態で収入を増やして、安心して増額審査を通過できる状況が望ましいでしょう。

増額案内がレイクALSAから来たら審査通過の可能性が高い

延滞などもなく、丁寧に利用し続けていると、数か月後にレイクALSAから増額案内が届きます。

ただ、良く勘違いする人がいますが、増額案内は「レイクALSAの優良な利用者」に対して一律で送られるもので、届いたからといって必ずしも審査に通るわけではありません。

逆に言えば、年収が下がった、他社カードローンやクレジットカードで延滞があっても、増額案内は来るということです。

とは言え、増額案内がきた方の審査通過率は高いですし、申し込みのタイミングも図りやすいです。

増額を希望する方は、増額案内を一つの基準にしましょう。