みなと銀行カードローンのメリット・デメリットと審査の流れ【口コミ・評判】

公開日:

「みなと銀行」は、兵庫県神戸市に本社を置く地方銀行です。

今回は、みなと銀行が提供するカードローン商品「Qポートネオ」についてまとめていきます。

みなと銀行カードローンのスペックや特徴、メリット、デメリット、申込から審査までの流れについて知りたい方は、ぜひ当記事を参考にしてみてください。

また、みなと銀行カードローンは「即日融資ができるのか」についても解説しています。

審査の甘い銀行カードローンはある?審査基準・難易度・通るコツを分析

みなと銀行カードローンのスペック

まずは、みなと銀行カードローン「Qポートネオ」のスペックについてまとめていきます。

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」
申し込み可能金額  10万円~800万円以内
借入利率(年利率) 年率4.5%~14.0%
契約期間 1年間 (原則として自動更新)
使用用途 自由 (事業性資金は除く)
借入方法 Qポートネオ専用ローンカードを使用して、以下のATMから借入を行う

  • みなと銀行ATM
  • コンビニATM(セブン銀行・ローソン・イーネット)
  • 銀行ATM(提携金融機関、ゆうちょ銀行、イオン銀行)
返済方法 Qポートネオ専用ローンカードを使用して、上記ATMから、ローン口座へ直接入金する
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス(株)
口座開設 不要
担保・保証人の有無 不要

みなと銀行カードローンのスペックは上記のようになっています。

借入限度額は「800万円」となっており、他の地方銀行カードローンと比較しても同等の金額となっています。

みなと銀行カードローンでは、審査に通過したら「ローンカード」が発行され、そのローンカードを使って、ATMで借入・返済を行うことになります。
そのため、カードローン利用のために口座を開設する必要はありません。

みなと銀行カードローンの申込み条件

みなと銀行カードローンの申込条件は、以下のようになっています。

  • 契約時の年齢が満20歳以上65歳以下の方
  • 安定した収入のある方
  • 日本国籍を有する、または永住許可を受けている外国人の方
  • 保証会社の保証が受けられる方

以上の条件を満たしていれば、みなと銀行カードローンに申込することが可能です。

保証会社に注意

ただし、「保証会社の保証を受けられる方」という条件には注意しましょう。

みなと銀行カードローンの保証会社は「SMBCコンシューマーファイナンス」です。

過去に、「SMBCコンシューマーファイナンス」が保証会社となっているカードローンを利用したことがあり、その時に「返済の延滞」などの「金融事故」を起こしている場合は、審査に落とされてしまう可能性が高いです。

専業主婦やアルバイトの人は申し込み可能?

みなと銀行カードローンでは、安定した収入があれば、専業主婦やパート・アルバイトの方でも申し込みが可能とされています。

カードローンによっては、専業主婦やアルバイトの方の申し込みが制限されているケースもあるので、この点は非常に魅力的と言えます。

みなと銀行カードローンは即日融資できる?

ここからは、当記事の本題ともいうべきポイントです。

みなと銀行カードローンは即日融資ができるのかについて解説していきます。

みなと銀行カードローンでは即日融資が不可能

結論を先に述べると、みなと銀行カードローンで即日融資を利用することはできません。

これは、みなと銀行に限ったことではなく、すべての銀行カードローンでは現在、即日融資が実質不可能となっている状況です。

そのため、「できるだけ即日でお金を借りたい」と考えている方には、みなと銀行カードローンどころか、銀行カードローンはあまり向いていないと言えます。

なぜ銀行カードローンは即日融資が禁止なのか?

近年、お金を手軽に借りることができる手段が増えてきたことで、返済能力が無い人にまで融資を行ってしまうケースが増えてしまいました。

金融庁は、この返済能力のない「多重債務者」の増加を問題視しており、2018年1月から、すべての銀行に対して規制をかけることにしました。

この規制によって、一定額の借入を希望する申込者は「収入証明書」の提出が求められるようになり、融資審査も厳しくなったことで、銀行カードローンでは、実質即日融資ができなくなりました。

みなと銀行カードローンのメリット・デメリット

ここでは、みなと銀行カードローンのメリットとデメリットの両方を紹介します。
みなと銀行カードローンの利用を検討されている方は、メリット・デメリットを参考に、自分自身に適したカードローンなのか判断するようにしてください。

みなと銀行カードローンのメリット

みなと銀行カードローンのメリットとしては、以下のようなポイントが挙げられます。

  • 口座開設が不要
  • 借入限度額が800万円
  •  専業主婦やパート・アルバイトの方でも申込可能
口座開設が不要

みなと銀行カードローンでは、カードローンを利用するためだけに口座を開設する必要がありません。

「Qポートネオ」では、「ローンカード」を利用してATMから借入・返済を行うため、専用口座を開設する必要が無いのです。

カードローン利用を開始するための面倒な手間を省くことができます。

借入限度額が800万円

みなと銀行カードローンの借入限度額は「800万円」と、大手銀行カードローンと同等の限度額が設定されています。

「できるだけたくさん借り入れしたい」という方にもおすすめできます。

専業主婦やパート・アルバイトの方でも申込可能

みなと銀行カードローンでは、安定した収入があれば、専業主婦やパート・アルバイトの方でも申込が可能となっているのも、メリットの一つと言えます。

カードローンによっては、「専業主婦」は申込が認められていない場合もあるので、「自分はカードローンの申込が認められているか不安」という方でも、安心して申込することができます。

みなと銀行カードローンのデメリット

次に、みなと銀行カードローンのデメリットをご紹介します。

  •  ローンカードが発行される
  •  返済を忘れる危険がある
ローンカードが発行される

みなと銀行カードローンのデメリットの一つが「ローンカードが発行されてしまう」という点です。

ローンカードが発行されると、申込時に入力した住所宛てにローンカードが送付されてきます。
この時、ローンカードの送付先が「自宅」で、自分以外の家族(配偶者など)がローンカードを受け取ってしまうことで、他人にカードローンを利用していることが知られてしまうケースが考えられます。

自宅に配偶者や両親、子供がいる方は、みなと銀行カードローンでは「ローンカード」が発行され、それが自宅に送付されてくることを、あらかじめ頭に入れておく必要があります。

返済を忘れる危険がある

みなと銀行カードローンでは、借入・返済の両方とも「ATM」を利用して行います。
このことが原因で、「返済日をうっかり忘れていて、返済を延滞してしまった」という問題が起こるかもしれません。

返済をし忘れたり、延滞してしまったりするのは非常に危険です。
そのため、「自分の返済日はいつか」「いくら返済しなければいけないのか」というったことを、事前に確認しておく必要があります。

みなと銀行カードローンの審査の流れ

ここからは、みなと銀行カードローンの申込から審査までの流れについて説明していきます。

申込から審査の流れは、以下のように進みます。
ちなみに今回は、インターネットから申込する流れをご紹介していきます。

  1. WEBで申込手続きを行う
  2. 審査
  3. 審査結果を受け取る
  4. 契約手続き
  5. ローンカードの発行

WEBで申込手続きを行う

まずは、WEBで申込手続きをしていきましょう。
ちなみに、申込はWEB以外に「電話・郵送・FAX」でも可能です。

WEB申し込みでは、「申込者情報」や「勤め先」「希望借入額」などの入力を行っていきます。
希望借入額が「50万円」を超える場合には、「収入証明書」の提出が必要となります。

審査

申込が完了したら、みなと銀行と保証会社による「審査」が行われます。

過去に金融事故を起こしたことが原因で「ブラックリスト」になっている方は、審査で落とされてしまいます。

また、この審査の段階で「在籍確認」の電話も届きます。
在籍確認はほとんど確実に行われるので、あらかじめ用意しておきましょう。

審査結果を受け取る

審査が完了したら、審査結果が「電話」によって通知されます。

審査結果が通知されるまでには、およそ「2~3日」かかります。
カードローンを申し込んだタイミングが休日だったりすると、在籍確認がスムーズに行われず、審査結果が通知されるまでに時間がかかってしまう場合があります。

契約手続き

審査に無事通過したら、みなと銀行から契約書などが同封された「郵送物」が送付されてきます。

契約書を記入し、本人確認書類のコピーと同封してみなと銀行に返送します。

ローンカードの発行

契約手続きが無事完了したら、ローンカードが発行され、自宅に郵送されます。
ローンカードを受け取ったら、借入することが可能です。

契約手続きに関わる郵送や、ローンカードの発行・郵送などに時間がかかるため、申込からカードローンを利用開始できるまで、およそ「10日~1週間」ほどの時間がかかります。

みなと銀行カードローンの金利

みなと銀行の「金利」についてもう少し詳しく見ていきます。
カードローンを利用する際、金利がどのくらいに設定されているのかをしっかり理解しておくことは非常に重要です。

みなと銀行カードローンの「金利」を表で確認

みなと銀行カードローンでは、借入額に応じて金利が変化します。

借入限度額 金利
10万円以上100万円以下 年率14.0%
110万円以上200万円以下 年率10.0%
210万円以上300万円以下 年率8.0%
310万円以上400万円以下 年率7.0%
410万円以上500万円以下 年率6.0%
510万円以上600万円以下  年率5.5%
610万円以上700万円以下 年率5.0%
710万円以上800万円以下 年率4.5%

金利は年率4.5%~14.0%の間で推移します。

他の地方銀行カードローン金利と比較!

ここで、みなと銀行カードローンの金利と、他の地方銀行カードローンの金利を比較してみましょう。

自分が利用するカードローンについて調べる際に、「金利の低さ」は重要な判断材料の一つとなります。

ここで、みなと銀行カードローンの金利は自分に適しているか、確認してみてください。

地方銀行カードローンの金利比較
みなと銀行カードローン
「Qポートネオ」
 年率4.50%~14.00%
千葉銀行カードローン
「ちばぎんカードローン」
年率1.70%~14.80%
北洋銀行カードローン「スーパーアルカ」 年率1.90%~14.70%
常陽銀行カードローン 年率2.50%~14.80%
横浜銀行カードローン 年率1.90%~14.60%

他の地方銀行カードローンの金利比較してみると、「最低金利」は他の地方銀行カードローンのほうが低く設定されていることが分かります。

そのため、高額の借入が必要という方は、みなと銀行カードローンよりも、最低金利の低い地方銀行カードローンを利用したほうがお得と言えます。

一方で、「最高金利」は14.00%と、今回比較した中では最も低い金利水準になっています。

つまり、10万円程度の少額の借入で十分という方にとっては、みなと銀行カードローンは非常にお得と考えることができます。

みなと銀行カードローンの返済方法

みなと銀行カードローンの「返済方法」について、詳しく解説していきます。

返済方法を正しく理解できていないと、「返済の延滞や滞納」という金融事故を起こす危険性もあるので、ここで確認しておきましょう。

返済はATMを利用する

みなと銀行カードローンの返済は、ATMを利用して行います。

審査通過後に発行される「Qポートネオ専用ローンカード」を使って、毎月の「約定返済日」に、返済用ローン口座へ直接入金するかたちで返済をします。

約定返済と随時返済

「約定返済日」とは、返済金を支払う日のことです。

みなと銀行カードローンの約定返済日は、「毎月7日(休日の場合は翌営業日)」となっています。

また、約定返済とは別に、「随時返済」で返済することも可能です。

随時返済とは、自分のお金に余裕があるときに、返済時の利息金額以上の「希望金額」を返済する方法で、繰越返済とイメージできます。

返済金額

返済金額は、返済時のご利用残高によって変化してきます。

返済日前日の利用残高  返済額
50万円以下 10,000円
51~100万円 20,000円
101~200万円 30,000円
201~300万円 40,000円
301~400万円 50,000円
401~500万円 60,000円
501~600万円 70,000円
601~700万円  80,000円
701~800万円  90,000円

返済に利用できるATM一覧

みなと銀行カードローンの返済時に利用できるATMは以下の通りです。

  •  みなと銀行ATM
  •  セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  •  イーネット
  • ゆうちょ銀行ATM
  •  イオン銀行ATM
  •  みなと銀行所定の提携金融機関ATM

借入・返済ともに、利用時間や利用機関によって手数料が必要となる可能性があります。

みなと銀行カードローンの口コミ・評判

みなと銀行カードローンの口コミや評判について調べてみると、10万円~30万円程度の少額の借入額で利用している方が多い印象です。

また、少額の借入の際は、「金利」が他の地方銀行カードローンよりも低いというポイントに満足している利用者が多いです。

また、WEBから申込ができるため来店する必要が無い、口座開設する必要がないという点において、申込から利用開始まで「無駄な手続き」がない点も魅力となっています。

みなと銀行カードローンの審査に落ちた方におすすめの消費者金融

もし、みなと銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合は、消費者金融カードローンの利用をおすすめします。

消費者金融カードローンは、銀行カードローンよりも「審査通過率」が高く、審査通過率が高い消費者金融では、およそ「2人に1人」が審査に通過します。

また、消費者金融カードローンであれば、即日融資が可能となっている会社もあります。

アコム

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
遅延損害金 年率20.0%
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間・返済回数 9年7カ月・1回~100回
担保・保証人 なし

アコムは、「審査時間最短30分」で即日融資が可能となっている消費者金融です。

初めてアコムを利用する方は、契約日より「30日間」は利息0円となっているので、安心です。

金利も「3.00%~18.00%」と、みなと銀行カードローンよりも低い水準で設定されています。

アコムのカードローン【審査・金利・返済・口コミ】

アイフル

アイフル

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
申し込み条件 申し込み時の年齢が満20歳を超える方
定期的な収入と返済能力が認められる方
アイフルの審査基準を満たしている方
即日融資  可能

アイフルの「キャッシングローン」は、来店不要で、申込みから利用開始まで3ステップで完了できます。

即日融資も可能となっているため、急いでお金を用意したい方に向いています。

50万円以下のご利用なら、収入証明書の提出は原則不要となっています。

金利は「3.00%~18.00%」、借入限度額は「800万円」です。

アイフルの審査基準は?口コミ・評判と審査に落ちた時の対処法を解説

まとめ

今回は、みなと銀行カードローン「Qポートネオ」について、その特徴やメリット・デメリットを解説してきました。

みなと銀行カードローンでは、「即日融資」が不可能となっています。
もし、すぐにお金を用意しなければいけない事情がある場合は、即日融資が可能な「消費者金融カードローン」の利用を検討してみてください。