みずほ銀行カードローンの審査結果が来ない!考えられる理由と対処法

公開日:

金利 2.0~14.0%
審査時間 最短翌営業日
申込方法 ネット・店頭・郵送・電話
遅延損害金 19.9%
返済方式 残高スライド方式
限度額 10万円~800万円

みずほ銀行のカードローンの申し込みをしたものの、いつまで経っても審査結果が来ない人がいます。

時間が経過すればするほど、不安に襲われてしまう人も少なくありません。では、審査結果がすぐに来ない理由は一体どのようなものなのでしょうか。

審査に時間がかかる人は何らかの問題が発生している可能性があるのです。審査結果がなぜ来ないのか、考えられる理由について詳しく解説していきます。また、対処法についても触れていきます。

みずほ銀行カードローンは即日融資が不可に!最短での融資方法を紹介
みずほ銀行カードローンの審査に落ちる理由は?審査基準と口コミ・通過のコツを紹介!

みずほ銀行の審査結果はメールで連絡される

みずほ銀行カードローンの審査は、申し込んでから審査結果がくるまでに数日かかると言われています。

みずほ銀行では、即日利用が難しく、審査に時間がかかる特徴がありますので、急いでいる時には利用することができないのが難点と言えるでしょう。

審査結果が分かるまでにはおおよそ2日程度かかると言われています。

申し込みの際に公式サイトか電話を利用して行う場合、審査に必要な情報を登録することになるのですが、この項目は約48種類あります。入力した内容を元に仮審査が行われ、貸付の可否を判断していくのです。

その後、申し込み内容が正しいかどうかを判断する審査が行われます。身分証明書や収入証明書と照らし合わせが行われていくのですが、一番時間がかかるのがこの段階と言われているのです。

一人一人担当者がしっかり確認する為、どうしても時間が掛かってしまいます。その後、本審査に入っていくことになります。

全ての審査が終われば、メールにて審査結果が送信されてきます。

みずほ銀行の審査時間はどれくらいかかる?他の銀行カードローンと比べても早い?

みずほ銀行は審査不通過でも必ず結果通知が来る!

みずほ銀行のカードローンでは、審査に通らなかった場合でも必ず結果が送信されます。

その為、連絡が来ないから審査に落ちたということにはなりません。

ですが、すぐに送信されないと不安になってしまう人も少なくなく、審査に落ちてしまったと考えてしまう人もいるでしょう。

審査結果が送られてこないということは、何らかの理由によって審査が遅れていることが考えられます。

書類の不備や申込者のスペックなどの借りたい側の理由以外にも、銀行での手続き上の遅延といった事情も考えられます。

その為、不安ではありますが、結果が送られてくるまで待つ必要があるのです。

審査通過の場合はメールの後に電話が来る

審査に通った場合は、メールで審査結果が送られてきた後に担当者から電話が来ます。メールだけで終わるということはありません。

必ず電話がかかってきて、申し込みの意思確認を行います。例えば、自分ではない人が勝手に申し込みを行うなどのトラブルを回避する為にも、本人の意思で申し込みを行ったのかを確認する必要があるからです。

申し込みをしたという事実確認を行う為だけの電話と言っても過言ではありませんので、審査結果がメールで届いたら電話に出られるように対処しておくことが大切です。

周囲の人間にバレたくないという人は、なるべく人から離れた場所で待機していましょう。

電話に出られなかった場合は、折り返しこちらから電話をすることもできます。

その際には、何日に申し込みをし、審査結果がいつ送られてきたのかを伝えられるように準備しておいてください。

意思確認の猶予はくれないので要注意

みずほ銀行のカードローンでは、申し込みをしてから本当に利用するかの意思確認までの時間はあまりありません。

審査結果がメールで届き、その後の電話での意思確認を行う段階で即決することができなければ、審査が通ったとしても白紙に戻されてしまう可能性があります。

必要事項を入力したり、必要書類を用意するなど事前に準備をしていたものの、いざカードローンを利用するとなると怖気づいてしまうという人がいますが、せっかく審査に通過しても本人の意思が確認できない以上、それ以降の処理を行うことはできません。

その為、審査前に自分の意思を確認しておく必要があります。

もし、迷いがある場合は猶予時間を貰えないか確認してみましょう。また猶予をもらう場合は短期間にしておくことも大切です。

みずほ銀行の利用が長いと審査時間が早い!

みずほ銀行をすでに利用しているという人や口座を持っているという人は、個人情報が共有されているので審査時間が短くなる傾向があります。

みずほ銀行側とカードローン担当でのやりとりがスムーズになる為、個人情報の確認が早いのが特徴です。

もし、いざという時にカードローンを利用したいと考えているのであれば、事前にみずほ銀行で口座を開設しておくという方法もあります。

口座を開設する段階で個人情報が登録されますので、面倒な手続きが必要ありません。

また、長年みずほ銀行を利用している場合も審査時間が早いという特徴があります。

これは信用情報として反映されやすいからと言えるでしょう。

スムーズに利用を開始したいという人は、みずほ銀行の利用から始めてみてください。また、その際に口座を開設しておくことが大切です。

逆に審査でマイナスとなることもあるので注意

みずほ銀行の利用をしている方が審査時間が早く済むと言いましたが、逆に審査に不利になってしまうことがありますので注意しましょう。

例えば、みずほ銀行の他のサービスでトラブルを起こした経験があったり、何らかの要因がある場合はそのことがネックとなり、カードローンの審査にも影響を及ぼしてしまう可能性があるのです。

みずほ銀行をすでに利用している場合、過去に何かトラブルがなかったか確認してみましょう。

思い当たることがあれば、それが原因となり、審査時間を取られている可能性があります。

みずほ銀行の審査結果は平均7~10営業日後に届く

みずほ銀行のカードローンでは、本審査に時間がかかります。

通常では、仮審査の後に本人確認を行う為、在籍確認をします。職場に電話をし、本当に働いているのかを確認する必要がある為です。

これはこちら側がやめてほしいと言ってもキャンセルできません。電話連絡をし、在籍確認が取れ次第、本審査へと移ります。

融資可能と判断された人にどれぐらいの貸付が可能なのかを判断する為に必要な審査であり、この部分が一番時間がかかる工程です。

限度額を決めたり、金利を決める必要がある為、申込者の収入状況や借入希望額などを考慮し、審査を行っていきます。

全手続きの中でも一番時間を必要としています。その為、仮審査が終わったからとすぐに利用することはできないのです。

早く融資してもらいたい人にとってはこの時間が一番長く感じるのではないでしょうか。

かかる時間を他社の都市銀行カードローンと比較

審査にどれぐらいの差があるのか、都市銀行カードローンと比較していきましょう。

三井住友銀行カードローンもみずほ銀行同様に審査に時間がかかります。

最短何日という表記が無い為、一概には言えませんが申し込みから融資可能になるまで数日から1週間程度かかると言われています。

三井住友銀行カードローンの即日融資の方法と流れ

審査が早いと言われている三菱UFJ銀行バンクイックですら最短翌営業日とされていますので、即日融資は難しいようです。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は即日融資が不可に!最短融資の方法は?

それから、りそなカードローンですが、クイックカードローンの審査は最短で2時間とされています。

プレミアムカードローンの審査でも最短当日中とされているので、相当審査が早いという特徴があります。

審査にどれぐらいの時間をかけるのかは銀行によって異なりますので、自分のニーズに合わせて使い分けるというのも一つの方法です。

りそな銀行カードローンは即日融資可能?最短借り入れ方法を教えます

3営業日経っても審査結果の通知が来ない!考えられる理由は?

営業日から3日が経過しても審査結果が来ない場合は、何かしらの理由があって長引ていると考えてください。

みずほ銀行の審査は長いからと流さずに、2日以上経過した段階で何らかの理由があることを意識しておきましょう。

結果が通知されてから焦っても意味がありません。まず、銀行カードローンで審査が長引いてしまう人には様々な要因が考えられています。

例えば、みずほ銀行側が込み合っていて処理が遅れている場合や審査に時間がかかってしまっているというだけの理由の場合もあります。

その他にも書類の不備があって手続きが完了できないなどの理由も考えることができます。さらに、申込者が当落線上にいるという可能性も否定はできません。

特に落とすかどうか迷っている人に対しては審査が遅れてしまうことがあるというわけです。

どのような理由によって、審査結果が送られてこないかを下記にまとめましたので参考にしてください。

審査の当落線上ギリギリにいる

審査の当落線上にいる場合は、審査が長引いてしまうことがあります。

具体的な理由としては、主に支払い能力を疑われていると考えてください。

融資したお金を返済してもらうことができない可能性があると判断されることで、審査結果がスムーズにいかなくなっているのです。

例えば、申込書に不備がある場合は正確な情報として扱うことができないだけではなく、信用問題としても大きく取り上げられてしまいます。

さらに、年収に対して大きすぎる希望額であることも理由になるでしょう。

年収や利用目的に対しての借入希望額が大きいと返済できるかを問われます。

それから、安定していると言えない経済状況も一因です。

年収が年代的に見て平均より低い場合や、勤続期間が短い場合など安定した収入が見込めない場合も審査が長引く原因と言えます。

年収300万円以内だとなかなか難しいのが現状です。当落線上にいる以上、即決することができない為結果が通知されないと考えることができます。

審査が混み合っている

みずほ銀行では、審査に時間をかけるという特徴がある上に、申込者が多い場合は審査がより遅れてしまう可能性があります。

申込者が多いことで、他の人の審査が優先され、後回しにされてしまっていることもあるのです。

また、月曜日や金曜日などは申込者が多い為、混雑しています。

土日祝日を挟む場合は、より遅れてしまうでしょう。

それから、在籍確認の段階で勤めている会社が休みで確認ができなかったり、連絡ができない状況の場合は、審査が後回しになってしまうことも多いようです。

申込者が多い上に、本審査に進めないとなれば自ずと審査時間が長引いてしまいます。

早く審査をしてもらいたい時には、混雑する月曜日や金曜日を避けるように心掛けてください。

また、休日明けの曜日も混雑が予想されます。

休業日なので審査が行われていない

みずほ銀行は、土日祝日が休業日ですので、この期間であればカードローンの審査も行われません。

その為、当然結果の通知も行われないのです。

木曜に申し込んだとしても、審査が長引いてしまえば、翌週の月曜日以降まで結果が通知されないということも珍しくありません。

その為、どの曜日に申し込んだのかということに注意してください。

通常2日程度で審査結果が送られてくるのが一般的だとしても、休業日を挟んでしまうと1週間以上かかる可能性もあるのです。

大型連休などが重なった時などは注意しましょう。

銀行系のカードローンは審査が長い上に、暦通りに休業しますので、みずほ銀行カードローンを利用したいという人は計画的に申し込みをする必要があります。

審査結果のメールが迷惑フォルダに振り分けられている

みずほ銀行カードローンの審査結果はメールで送信されます。

申し込みをする際に、メールアドレスを入力することになるのですが、この段階でアドレスを間違ってしまえば、いつまで経ってもメールは来ません。

また、迷惑メールフィルターを設定している場合、受信設定にみずほ銀行からのメールアドレスを登録していなければ、弾かれてしまいます。

場合によっては迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうこともあるでしょう。

まずはメールボックスを確認し、みずほ銀行からのメールが届いていないかを確認してみましょう。

実際にこのような事例は多く、よくありがちなミスですので、注意しておいてください。

申し込みをする段階でフィルター管理を行っておきましょう。

消費者金融カードローンなら審査結果が最短30分で届く!

銀行系のカードローンは審査に時間がかかるのが特徴です。

すぐに融資してもらいたい人にとってはこの審査時間がとてもネックとなります。

早急に融資してもらいたいという人は、消費者金融のカードローンを利用してみてください。

消費者金融のカードローンでは、審査がスピーディーで結果もすぐに届きます。

申し込みした時間帯によっては即日融資も難しくありませんので、急いでいる人は消費者金融の利用が良いでしょう。

銀行系のカードローンでも審査を早く行っている銀行もありますが、消費者金融のカードローンに比べると審査時間が長めです。

在籍確認などの時間も有する為、スピーディーさには欠けてしまいます。

希望額が大きい場合は銀行系の方が良いかもしれませんが、少額であれば消費者金融のカードローンでの借入も検討してみましょう。

場所によっては、審査結果が最短30分で届くという消費者金融もあります。自分のニーズに合わせて選ぶことが大切です。

即日融資に対応している消費者金融一覧!即日融資を受ける条件・口コミまとめ