みずほ銀行カードローンの審査基準は厳しいの?

公開日:

みずほ銀行カードローンを利用しようと思っても、審査を通過しないと融資をしてもらうことはできません。

では、みずほ銀行カードローンの審査基準は厳しいのか?その基準について詳しく紹介していきます。

これからみずほ銀行カードローンを利用しようと考えている人はぜひこの記事を読んで、事前知識をつけておいてください。

三井住友銀行カードローンの審査基準・審査の流れを解説

みずほ銀行カードローンの商品情報

金利 2.0~14.0%
審査時間 最短翌営業日
申込方法 ネット・店頭・郵送・電話
遅延損害金 19.9%
返済方式 残高スライド方式
限度額 800万円

申込み条件

みずほ銀行カードローンは、20歳~66歳未満で、収入が安定していれば誰でも申込むことができます。

また、みずほ銀行の口座を持っておく必用はありません。その場合は、口座開設取引が必用になります。

みずほ銀行カードローンの審査基準は厳しい?

みずほ銀行カードローンの審査基準については、公表されていないので確実にはわかりません。

しかし、安定した収入があれば、アルバイトや契約社員であっても審査を通過することができます。

消費者金融ほどの甘さはありませんが、審査が厳しいというわけではなさそうです。

しかし、収入が低い人が審査を通過したとしても、高額な融資は受けることができません。

学生などは、限度額30万円程度で収まることが多いようです。

審査で見られるポイント

みずほ銀行カードローンの審査は、保証会社である株式会社オリエントコーポレーションが行います。

そこで、審査で見られる条件をいくつか紹介します。

申込者の信用情報

信用情報とは、信用情報機関が所有している、個人データであり、クレジットカードの返済履歴や、過去のカードローンなどのことです。

みずほ銀行カードローンの審査には、この信用情報をもとに申込者の審査が行われます。

例えば、カードローンやクレジットカードの支払いを長期間滞納した場合、その情報は5年間保管されてしまいます。

できるだけ滞納などはしないようにしましょう。

収入証明書類による収入情報

みずほ銀行カードローンの申込時に収入証明書類を提出しなくてはいけません。

申込者がどれだけの収入を得ているのかを確認して、融資額を決めるからです。

他社から借入をしているか

みずほ銀行カードローン以外にも借入をしているか必ずチェックされます。

嘘をついても、金融機関には記録された情報があるのですぐにバレてしまいます。

消費者金融には、賃金業法で総量規制という規制がかけられています。これは、収入の3分の1以上の融資をしてはいけないという規制です。

しかし、銀行カードローンは総量規制の対象外なんです。

しかし、他社から収入の3分の1以上の借入がある場合などは、審査に通過することは難しくなってしまいます。

また、少額ずつでも3社以上からの借入がある場合などは、審査に通過しにくくなってしまうので、そのような場合はおまとめローンなどを利用して、借入先を1つにまとめてしまいましょう。

勤務先の状況が審査に関わる

同じ年収であっても、一部上昇している企業に務めているAさんと、中小企業に努めているBさんでは、融資額に差が出ることがあります。

このように、審査基準は収入状況だけでなく、さまざま存在するんです。

雇用形態が関係する

みずほ銀行カードローンでは、派遣やアルバイトでも審査を通過することができますが、正社員である人よりは限度額が引き下げられてしまうなどのデメリットがあります。

例え収入が同じであっても、いつ収入源がなくなってしまうかわからない状況の雇用形態では、多額の融資を受けられないんです。

利用限度額は毎年更新される

みずほ銀行カードローンでは、年に一度契約が見直されます。

毎月継続的に返済が行われていたり、延滞をせずに返済していると、限度額が引き上げられるなどの見返りがあります。

逆に、長期間返済が遅れていたり、催促に応じなかったりすると、契約が解約され、みずほ銀行の口座を凍結されてしまう可能性があるんです。

融資を受けたら、計画的に返済するようにしましょう。

在籍確認は必ず行われる

みずほ銀行カードローンを申し込んだ後に、在籍確認が行われます。この在籍確認も審査の基準の1つなんです。

申込時に提出された職場に、本人が本当に勤務しているのか、勤務状況などをこの在籍確認で審査されます。

この在籍確認に応じなかった場合は、審査に通過することができません。

融資額は少額に設定する

確実に審査を通過するためには、融資額を低めに設定することです。

例え300万円の収入があるとしても、最初から100万円融資してほしいと申し込んでも、審査を通過できる可能性が低いです。

また、融資したお金の使い道を明確にしておきましょう。

なにも目的がないのに融資を申し込んだり、そのお金が本当に必用でない場合は、審査を通過することが難しいです。

融資してもらったお金で、なにをするのか、またそのお金の返済プランはあるのかを明確にしておきましょう。