みずほ銀行カードローンの審査を落ちてしまうのはなぜ?

公開日:

落ち込む男性

みずほ銀行カードローンは、銀行系カードローンであるので、消費者金融よりも審査は厳しくなっています

そのため審査に落ちてしまったという人も少なくないです。

また、審査を通過しても、希望の限度額通りいかなかったりすることもあるんです。

そこで今回は、みずほ銀行カードローンに落ちる理由と、今後の審査に通過するためのコツについて紹介します!

みずほ銀行カードローンの審査に落ちてしまった人、これから審査を受ける人は参考にしてください。

みずほ銀行カードローンを土日・祝日に利用する方法ってあるの?

みずほ銀行カードローンの商品情報

金利 2.0~14.0%
審査時間 最短翌営業日
申込方法 ネット・店頭・郵送・電話
遅延損害金 19.9%
返済方式 残高スライド方式
限度額 800万円

みずほ銀行カードローンは審査が厳しい

みずほ銀行カードローンは業界内でも金利が低いことが特徴の1つです。

最高でも14%の低金利で融資を受けられるため、その分審査は厳しくなっています。

しかし、申込者は学生やアルバイト、派遣社員であっても審査に通ることは可能です。

融資額を多くしすぎないようにしたり、毎月安定した収入があれば、誰でも審査に通ることは可能なんです。

みずほ銀行カードローンの審査に落ちる理由

返済能力がないと判断された

キャッシングの審査に落ちてしまった人は、自分の返済能力を見直しましょう

雇用形態がアルバイトや契約社員であると、いつ収入がなくなるかわかりません。

また、正社員であっても、給料から返済プランが立たないほどの金額をキャッシングをしようとしても、返済能力がないと判断されてしまいます。

勤続年数が短すぎる

勤続年数が短いと、キャッシングの審査で不利になってしまうことがあります。

アルバイトや派遣でも融資を受けることが可能なみずほ銀行カードローンですが、半年未満であったりすると、いつ退職するかわからないと判断され、審査では不利になってしまうのです。

特に新卒の方などは、3年以内に退職する人が3人に1人の割合で離職しているというデータが出ています。

離職率が高く、年収も低くなり審査では不利になってしまうんです。

しかし、勤続年数が短かったとしても、必ず審査に落ちるわけではないです。他の要因との兼ね合いで審査に通りづらくなると覚えておきましょう。

他社からの借入が多い

みずほ銀行カードローン以外からの借り入れが多いと、審査を通過しづらくなってしまうんです。

消費者金融に課せられている総量規制はないのですが、それでも申込み時点で年収の1/3を超える借り入れがあると、審査には通ることは難しいのです。

他社からの借り入れを隠して申し込もうとしても、金融機関間で共有されている信用情報によって情報は漏れてしまいます。

もし複数の金融機関から借り入れを行っている場合、おまとめローンなどを利用して、全ての借入額を1つにまとめてしまいましょう。

信用情報に傷がついている

過去のキャッシング情報や、カードの利用履歴、支払いの延滞などが信用情報として金融機関には保管されています。

過去にトラブルを起こしていたり、信用情報に傷が残るようなことをしてしまっている場合は、みずほ銀行カードローンの審査で落ちてしまうんです。

過去にローンの延滞・滞納をしたことがある

過去にみずほ銀行カードローンに限らず、延滞・滞納をしたことがある方は、審査の際に不利になってしまいます。

1~2回、返済日を忘れてうっかり延滞してしまった場合などは、あまり審査に大きな影響を及ぼすことはありませんが、意図的に何度も延滞を繰り返している人は信用力を落としてしまいます。

また、現在ローンの延滞や滞納をしている人は、ほぼ確実に審査に通りません。このような情報は全て金融機関は把握しています。

さらに、2カ月以上の延滞をすると、強制的に契約解除となってしまい、数年間はブラックリストに名前が載ってしまい審査に通らなくなるので注意してください。

申込情報に不備があった

申込時に記入した住所や勤務先から変更があったのに、それを伝えない場合、審査には通ることができません。

それらの情報は在籍確認によって確認され、申込情報に不備があったと判断されます。

そのようなことがないように、申込時から変更があった場合は、伝えるようにしましょう。

みずほ銀行カードローンの審査に通るためには

ここから、みずほ銀行カードローンの審査に通るためにはどうしたらいいのかを紹介します。

これから融資を申し込もうと考えている人は参考にしてください。

勤続年数を長くする

勤続年数が短すぎると審査に不利になってしまいます。

なので、融資の申込みを1年間遅らせて、信用実績をつくることで審査に通過しやすくなるのです。

入社して間もない時期ではなく、ある程度勤続年数を積んでから申し込むようにしましょう。

信用情報をきれいにしておく

クレジットカードの支払いや、その他ローンの支払などは、返済期間中に遅延なく返済するようにしましょう。

小さな積み重ねかもしれませんが、確実に自分の信用情報が上がり、みずほ銀行カードローンの審査でも通りやすくなるはずです!

限度額を必要最低限に設定する

申込時に設定する限度額を、必要最低限に設定することで審査を通過しやすくなります。

高額な限度額を設定してしまうと、当然審査も厳しくなってしまいます。

逆に、限度額が低いと、貸し付ける銀行側もリスクが低くなり、審査を通過しやすくなるんです。

あらかじめ本当に必用な額を把握して、その分のお金だけを借り入れるようにしましょう。

みずほ銀行カードローンの審査に落ちてしまったら

もしみずほ銀行カードローンの審査に落ちてしまっても、すぐに他の金融機関に融資の申込みは行わないでください。

申し込んだ情報も金融機関は把握しているため、自分の印象が悪くなってしまいます。

上記に述べた審査に通るために必用なことをこなし、みずほ銀行カードローンの審査に通れるようにしましょう!