モビット

公開日: 最終更新日:

モビットはすべての手続きをPC・スマートフォンからWEB完結で終わらせることができるため、急いでお金を借りたい方にもおすすめです。全国に自動契約機を設置しているので、契約が終わればすぐにカード発行することもできます。

ただし銀行と比較すると金利は高いため、借りすぎには注意しましょう。ちょっとした融資が必要というときにぴったりのキャッシングです。

モビットの商品情報

モビット

金利 3.0%~18.0%
審査時間 10秒簡易審査
申し込み方法 ネット・自動契約機・電話・郵送
遅延損害金 20.0%
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
限度額 800万円
登録番号 関東財務局長(6)第01239号
会社名 株式会社モビット
本社 東京都新宿区西新宿2丁目4番1号 新宿NSビル10F

申し込み条件

  • 申し込み時の年齢が満20歳から69歳の方
  • 安定した収入のある方(パート・アルバイト・自営業の方も可)

モビットの申し込みの流れ

モビットはPC・スマートフォンからWEB完結・ネット・自動契約機・電話・郵送と申し込み方法は多様です。今回はその中でも早く融資を受けられる申し込みを紹介していきます。

WEB完結申し込み

PC・スマートフォンからWEB完結申し込みであれば、審査が終わり次第すぐに融資を受けることができます。カード発行もなく、最速で融資が受けられる申し込み方法です。利用できるのであればWEB完結申し込みを利用した方がいいでしょう。

WEB完結申し込みの詳細(記事の下部にジャンプします)

PC・スマートフォンからWEB完結申し込みの特徴
  • ネット上ですべての手続きが完結
  • 電話連絡なしで申し込み可能
  • 別途申し込み条件があるので注意

⇒PC・スマートフォンからWEB完結の条件(記事の下部にジャンプします)

ネット申し込み

ネット申し込みの場合、融資を受けたあとに契約書類を返送することで、すべての手続きが完了します。契約書を返送しなければ契約解除となるため忘れないようにしましょう。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

ネット申し込みの詳細(記事の下部にジャンプします)

ネット申し込みの特徴
  • 誰でも利用可能
  • 振込・カード発行によって即日融資が可能
  • 書類はWEBアップロードで提出できる

自動契約機申し込み

モビット自動契約機申し込みの流れ

モビットの自動契約機では、10秒簡易審査が終わればすぐにカードが発行されます。拘束時間が短いため、忙しい方にもぴったりの申し込み方法です。

自動契約機申し込みの詳細(記事の下部にジャンプします)

自動契約機申し込みの特徴
  • その場でカード発行可能
  • ネット申し込み後にカード発行も可能
  • 全国に700台以上設置

PC・スマートフォンからWEB完結で即日融資が可能

モビットはPC・スマートフォンからWEB完結で即日融資を受けられるため、急にお金が必要になったときにも便利です。仕事の合間をぬって申し込みを済ませ、銀行口座へ即日振込を受けることもできます。

ただしPC・スマートフォンからWEB完結申し込みを利用するには条件があるため、あなたでも利用できるか申し込み前に確認しておきましょう。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

PC・スマートフォンからWEB完結が利用できる条件

  • 社会保険証(組合保険証)を持っていること
  • 三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っていること

モビットのPC・スマートフォンからWEB完結申し込みでは、電話確認も行いません。そのため会社に在籍しているか確かめるために、社会保険証を確認しています。国民保険に加入しているアルバイトやパートの方は、PC・スマートフォンからWEB完結で申し込みではできないのでご注意ください。

またPC・スマートフォンからWEB完結ではカードを発行しないため、振込融資が基本となります。そのため振込先の金融機関も指定されているのです。PC・スマートフォンからWEB完結を利用したい方は、事前に三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を開設しておきましょう。

通常のネット申し込みでも即日融資が可能

モビットではWEB完結だけでなく、通常のネット申し込みでも即日融資は受けられます。しかし電話連絡なしのWEB完結申し込みとは異なり、通常のネット申し込みでは勤務先へ在籍確認があるのでご注意ください。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

在籍確認では何が訊かれるの?

在籍確認といっても、会社で細かく情報が訊かれることはありません。簡単な本人確認が済めばすぐに終わるので、会社で個人的な電話をしたくない方でも何とか対応できると思います。

また本人以外が電話に出た場合、モビットでは決して会社名を名乗りません。貸金業法によって、第三者に個人の借金に関する情報を知らせてはならないと定められているからです。そのため在籍確認で借金がばれるのではと不安な方もご安心ください。

自動契約機はすぐにカードローン発行

モビットの自動契約機は初めての申し込みでも、すぐにカードが発行されるため、拘束される時間が短いのが特徴です。他の自動契約機では1時間近く拘束されてしまうので、日中は仕事で忙しいという人は利用することができません。その点モビットの自動契約機は拘束時間が短いため、空いた時間で手軽に申し込むことができます。

ネット申し込みと併用すると便利

まずはネット申し込みから審査を終わらせておくことで、自動契約機で即座にカードを受け取ることができます。カードが郵送されるまで待っていれば2~3日程度かかってしまいますが、自動契約機でカードを発行すれば数分でカードを受け取ることができます。

また自動契約機でカードを発行を済ませておけば、自宅へカードが郵送されることもないため、家族に借金がばれる心配もありません。家族に内緒でモビットを利用している方にもおすすめです。

モビットの返済について

ここからはモビットの返済について解説していきます。お金を借りた際には必ず返済をしなくてはいけません。人によって適した返済方法は異なるので、申し込み前に必ず確認しておきましょう。

返済日は都合に合わせて選択可能

モビットの返済日は5日・15日・25日・末日の中から、申し込み時に選ぶことができます。給料日直後に設定しておけば、返済間近になって困ることはないでしょう。口座振替で返済する場合でも、上記の日程の中から希望する日にちを選択することができます。

毎月の返済額はどうやって決まる?

モビットでは借入後残高スライド元利定額返済方式を採用しており、返済日時点での借入残高に応じて毎月の返済額が変動します。借り入れ残高が大きくなると毎月の返済額も高くなるので、借りすぎには注意しましょう。

モビットの返済方法について

モビットンの返済方法は3種類あります。方法によっては手数料が発生してしまうので気をつけてください。

口座振替

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を開設している方であれば、口座振替で返済を済ませることができます。口座振替では返済期日になると自動的に引き落とし返済を行ってくれるため、うっかり返済期日を忘れてしまうことがなく安心です。

銀行振込

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っていない方でも、普段利用している銀行口座から振込返済が可能です。しかし振込返済では毎回手数料が発生してしまうので、出来れば他の返済方法がおすすめです。

提携ATM

モビットは全国に約13万台以上(2016年10月現在)の提携ATMがあり、提携ATMから返済を行うことも可能です。しかし提携ATMを利用した場合、時間帯や金融機関によっては手数料が発生するので、なるべく手数料が発生しないATMを利用するようにしましょう。

提携ATM一覧
三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 セブン銀行 イオン銀行
プロミス セゾン 第三銀行 福岡銀行
親和銀行 熊本銀行 E net ローソン
ゆうちょ銀行 北洋銀行 北海道銀行 みちのく銀行
仙台銀行 常陽銀行 足利銀行 栃木銀行
群馬銀行 武蔵野銀行 千葉銀行 京葉銀行
横浜銀行 第四銀行 北陸銀行 大垣共立銀行
十六銀行 スルガ銀行 中京銀行 百五銀行
京都銀行 池田泉州銀行 但馬銀行 南都銀行
紀陽銀行 トマト銀行 もみじ銀行 西京銀行
百十四銀行 西日本シティ銀行 宮崎銀行 信用金庫

モビットの金利は3.0%~18.0%と平均的

モビットの金利は3.0%~18.0%と大手消費者金融の中では平均的な数字です。アコムと同じ金利設定なので、業界内ではそこまで高いというわけではありません。ただし銀行カードローンと比較すると、やはり金利は割高な印象を受けます。

モビットから50万円を1カ月借りた場合の利息は?

モビットから50万円を借りて1カ月経った場合、利息は7,397円になります。50万円の場合、毎月の返済は1万6,000円となるので、最低返済額を支払った場合、元金は8,603円しか減らないことになります。返済額の約半分は利息に消えてしまうので、完済するのはかなり大変だと思った方がいいでしょう。

早く完済したい、利息を出来るだけ安く抑えたいという方は、積極的に追加返済を行うことをおすすめします。

モビットの限度額は800万円と消費者金融では高め!

モビットの限度額は800万円と業界内では高めです。しかしモビットには総量規制が適用されるため、原則的に年収の1/3以上借り入れはできません。つまり限度額800万円まで融資を受けるには、年収が2400万円必要になるというわけです。

限度額いっぱいまで借りられる顧客は滅多にいないので、消費者金融業者を選ぶ際には、限度額はあまり気にしなくていいでしょう。

限度額の増額をするには?

契約時に設定した限度額では物足りないという方は、限度額の増額を申し込むといいでしょう。限度額を増額する際には再度審査が行われますが、返済状況に問題がなければ増額されると考えていいでしょう。モビットからすると、しっかり返済をする顧客であれば積極的に融資を行いたいのです。

しかし利用期間中に返済の延滞があったり、他社のローン商品の支払いが遅れていたりすると、増額審査に通らない場合があるので注意しましょう。

よくある質問集

Q、即日審査はいつでも受けられますか?

A、月曜日から金曜日で19:00までの申し込みであれば、最短30分の審査で即日融資に対応しています。
それ以降の時間帯や祝日の場合には翌日以降の融資となってしまうので、融資が必要になった際には早めの申込をおすすめしています。
また、インターネット申し込みは24時間いつでも対応しているので、夜中に申し込んで翌日には融資を受けるということも可能です。

Q、「Myモビ」に入会することでどういったメリットがありますか?

A、電話や自動契約機で契約いただいた方が、インターネットサービスをご利用いただくにはMyモビに登録する必要があります。
Myモビに登録すると、申し込みから3分程度で振り込み融資を受けられるだけでなく、明細書も電子サービスとなるのでプライバシーも守ることができます。
もちろん、入会費や年会費も必要ないので、モビットをご利用される方はぜひMyモビにお申し込みください。

Q、すべてのサービスがWEB完結とはどういうこと?

A、モビットではあらゆるサービスがネットからの手続きで利用できます。
申し込みや振り込み融資だけでなく、明細書の受け取りや各種変更手続きなど、来店することなくインターネットで簡単に手続きすることが出来るので、多忙な方にも大変おすすめのカードローンなのです。
また、最近ではモビットでも無人契約機を全国に設置しているので、ネット申し込みに不安を抱いているという方でも安心してご利用いただけます。

Q、返済期日に間に合わなかったらどうなるの?

モビットの返済に遅れてしまった場合、遅延損害金を支払わなくてはいけません。モビットの遅延損害金は年率20.0%で設定されており、延滞期間が長引くほど遅延損害金は高くなっていきます。

また2カ月以上返済に延滞した場合、強制的に契約を解除されてしまいます。契約解除となっても保証会社が債権を引き継ぐので、借金の返済を行わなくてはなりません。また契約解除された記録が信用情報にあると、今後のローン審査に重大な悪影響を及ぼします。クレジットカードの審査など通らなくなってしまうので、返済は延滞しないように気をつけましょう。

モビットの〇✕一覧表

最後にモビットができること、できないことを〇✕形式で一覧にしてまとめて紹介します。

電話確認を回避できる? WEB完結申し込みを利用しましょう
無担保で借り入れできる? 担保・保証人は必要ありません
一括返済はできる? いつでも一括返済で完済できます
学生でも利用できる? アルバイトをしていれば融資OKです
無利息期間サービスはある? × 2016年10月時点ではありません
家族にばれずに借り入れはできる? WEB完結申し込みを利用しましょう

モビットの口コミ

34歳 男性 会社員
三菱東京UFJ銀行の口座を持っていたので、WEB完結申し込みを利用することができました。会社に在籍確認がいくこともなかったので、すごく助かりました。家族にも内緒で利用できたので、お小遣いに困っている世のお父さんがたにもおすすめです。ネットから申し込んで大体1時間ぐらいで融資を受けることができたので、すごくスピーディだと思います。ただ消費者金融ということもあって、ちょっと金利は高いですね。借りすぎに注意しなくてはいけません。
22歳 女性 学生
まだ大学生だったのでお金を借りられるか不安でしたが、モビットは特に理由など追求されることなく簡単にお金を借りることができました。バイト先に在籍確認の電話もなかったみたいなので、よかったです。元々は卒業旅行資金のために利用したのですが、つい買い物とかでも使ってしまうので気をつけなきゃいけないですね。今のところ10万円ぐらい借りていますが、毎月5000円の返済で済んでいるので助かっています。社会人になったらボーナスで一括返済する予定です。
29歳 男性 フリーター
フリーターでも問題なく審査に通ったので助かりました。ただやはりアルバイトだと限度額は低めに設定されるみたいですね。50万円以上の限度額の増額を申し込んでも、審査に落とされています。ただ50万円までであればフリーターでも学生でも融資を受けることができると思いますよ。

モビット