モビットの金利は高いのか?競合他社との比較して明らかにします!

公開日:

お金を持って喜ぶ男性

金利によって返済する金額は大分変わってきます。なぜなら、金利が高いと利息を多く払わなくてはいけないからです。

モビットの金利は、3.0~18.0%と表示されていますが、この金利は果たして高いのでしょうか?

また、3.0%と18%では大分変わりますよね。

実は、ほとんどの場合、金利は18.0%に設定されるんです。

この記事では、モビットの金利の決まり方と、競合他社に比べると18.0%はどのくらいの数字なのかを明らかにします。

これからモビットでお金を借入れしようと考えている方は、ぜひ最後までご覧になってください。
アコムでお金を借りたら金利はいくらになる?

モビットの金利はほとんど18.0%!?

自分がモビットでお金を借り入れたら、金利はいくらで設定されると思いますか?

3.0%~18.0%で金利が設定されていますが、実際には18.0%の金利が設定されることがほとんどなんです。

金利は、借入の申込みをし、審査を通過したタイミングで決定されます。

一般的に、カードローンは借入額が少額であるほど金利が高く、借入額が高額なほど低くなるんです。

利用制限法という法律があり、100万円以上の借入の場合、金利の上限は15.0%になります。

しかし、皆さんが消費者金融に借り入れる額は、100万円以下が多く、18.0%の金利が設定されてしまうのです。

金利は利息にどう関係しているのか

利息の決まり方にはある式が用いられています。以下がその式です。

借入残高×実質年率÷365日×返済期日までの利用日数

例えば、10万円借りて、30日間利用したとすると、利息は1,479円になるんです。

この式を見てわかるように、金利が低ければ、利息も低くすることが出来るんです。

金利を低くする方法

モビットでは、利用実績によって限度額を引き上げることが出来ます。限度額を上げることが出来ると、その分金利も低くすることが出来るんです。

先程も説明しましたが、高額な借入には設定できる最高金利が法律で決められています。

少しでも金利を下げるためには、モビットの利用実績を積み、返済もきちんとして、自分の信用力をあげましょう。

ちなみに、モビットの金利で最も低い3.0%の金利は、最大利用限度額800万円に近い金額を借入た場合しか無いんです。

競合他社とモビットの金利

3.0~18.0%の金利は、競合他社と比較すると高いのか低いのかを紹介します。以下の表にまとめたので御覧ください。

種類 業者名(商品名) 金利 限度額
消費者金融 モビット 3.0~18.0% 1~800万円
アコム 3.0~18.0% 1~800万円
プロミス 4.5~17.8%% 1~500万円
アイフル 4.5~18.0% 1,000円~500万円
ノーローン 4.9~18.0% 1~300万円
銀行 三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 1.8~14.6% 10~500万円
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 10~800万円
みずほ銀行カードローンエグゼクティブプラン 3.0~7.0% 200~1,000万円
りそなプレミアムカードローン 3.5~12.475% 10~800万円
住信SBIネット銀行MR.カードローン(プレミアムコース) 1.59~7.99% 10~1,200万円
新生銀行カードローン レイク 4.5~18.0% 1~500万円

どうでしょうか。モビットは、他の消費者金融に比べると利用限度額が高いのですが、金利は平均的ですね。

金利が低く設定されているのは銀行ですが、審査が厳しいなどの条件もあるので、難しいですね。

最小返済金額は借入金額によって決まる

最小返済額は、借り入れる額が多額であればあるほど当然高くなります。

例えば、10万円以下の借入の場合、最小返済額は月4,000円です。

これが、50万円になると、毎月13,000円になるんです。

この金額は、毎月最低でもこの金額は返済してねという金額なので、これよりも多くの金額を一気に返済することも可能なんです。

また、利息を少しでも減らしたい場合は、1円でも多く借入額を返済してしまうことをオススメします。

なぜ返済を早くすると利息が少なくなるのかを説明します。

一回の返済で数千円でも多く返済しよう

モビットで、50万円を借入れ、毎月最小返済額13,000円返済するとします。すると、利息の合計は251,057円です。

利息に25万円も払うなんて、高いですよね。

そこで、返済額を毎月5,000円増やし、18,000円にすると、支払う利息の合計は151,629円になるんです。

5,000円毎月返済額を増やすだけで、利息を約10万円も節約出来るんです。

いかがでしょうか。少しでも毎月の返済額を増やすことが、利息を減らす1番の方法なんです。

また、毎月口座から自動に返済最少額が引き落とされるように設定している場合は、銀行振込やATMから、追加で返済するようにしましょう。

10万円も節約できれば、毎日の生活をもっと豊かにすることが出来ますよ。