SMBCモビットの金利を他社と比較!利息を減らす方法は?

公開日: 最終更新日:

お金を持って喜ぶ男性

金利によって返済する金額は大分変わってきます。なぜなら、金利が高いと利息を多く払わなくてはいけないからです。

SMBCモビットの金利(実質年率)は、3.0~18.0%と表示されていますが、この金利は果たして高いのでしょうか?

また、3.0%と18%では大分変わりますよね。

実はほとんどの場合、実質年率は18.0%に設定されるんです。

この記事では、SMBCモビットの金利の決まり方と、競合他社に比べると18.0%はどのくらいの数字なのかを明らかにします。

これからSMBCモビットでお金を借入れしようと考えている方は、ぜひ最後までご覧になってください。

SMBCモビットと他社カードローンの金利を徹底比較!

3.0~18.0%の金利は、競合他社と比較すると高いのか低いのかを紹介します。以下の表にまとめたので御覧ください。

種類 業者名(商品名) 金利(実質年率) 限度額
消費者金融 SMBCモビット 3.0~18.0% 1~800万円
アコム 3.0~18.0% 1~800万円
プロミス 4.5~17.8%% 1~500万円
アイフル 3.0~18.0% 1~800万円
ノーローン 4.9~18.0% 1~300万円
銀行 三菱UFJ銀行カードローンバンクイック 1.8~14.6% 10~500万円
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 10~800万円
みずほ銀行カードローンエグゼクティブプラン 3.0~7.0% 200~1,000万円
りそなプレミアムカードローン 3.5~12.475% 10~800万円
住信SBIネット銀行MR.カードローン(プレミアムコース) 1.59~7.99% 10~1,200万円
新生銀行カードローン レイク 4.5~18.0% 1~500万円

どうでしょうか。SMBCモビットは、他の消費者金融に比べると利用限度額が高いのですが、金利は平均的ですね。

金利が低く設定されているのは銀行ですが、審査が厳しいなどの条件もあるので、難しいですね。

SMBCモビットの金利は初回借入なら実質年率18.0%

初回契約時は、SMBCモビットと利用者の間に信頼関係がありません。

信用情報機関から他社ローンの利用履歴を開示してもらうことはできますが、所詮他社は他社なので、審査には通過させても完全に信頼しているわけではないです。

SMBCモビットの借入がはじめての場合は、金利は18.0%が適用されると考えて良いでしょう。

金利は利息にどう関係しているのか

利息の決まり方にはある式が用いられています。以下がその式です。

借入残高×実質年率÷365日×返済期日までの利用日数

例えば、10万円借りて、30日間利用したとすると、利息は1,479円になるんです。

この式を見てわかるように、金利が低ければ、利息も低くすることが出来るんです。

金利額が多ければ初回借入額は下がる

初回かつ少額の借入なら、適用金利は18.0%となります。

ただ一方で、借入額が多ければその分だけ低い金利が適用されます。

これは利息制限法により定められているものなので、消費者金融は確実に順守しなければいけません。

借入額 上限金利の最大額
10万円未満 年20.0%以下
10~100万円未満 年18.0%以下
100万円以上 年15.0%以下

つまり、初回借入を下げるためには100万円まで借入額を引き上げる必要があるということです。

初回に100万円以上の融資を受けられることはほぼない

よっぽど高収入の方でない限り、初回借入額は10万円~50万円に収束します。

例え希望額を100万円以上にして申し込んでも、限度額を下げられるので注意しましょう。

利息制限法を使った金利引き下げもほぼ不可能ということを考えると、SMBCモビットの初回利用時は金利18.0%のつもりで準備をしていきましょう。

SMBCモビットの高い金利は追加返済でお得に

SMBCモビットの返済方法は、以下の3通りです。

  • 口座振替
  • 銀行振り込み
  • ATMによる返済

SMBCモビットは高めの金利設定となっていますが、返済方法を銀行振り込みかATM返済のどちらかにしておけば、月1回だけでなく自由に追加返済ができます。

ボーナス月など、お金に余裕があるタイミングで追加返済をすれば返済回数が減り、その分だけ利息が減ります。

追加返済をすることでトータルの利息がだいぶ減る(=高い金利をカバーできる)というわけです。

SMBCモビットのメリットを享受しつつ、負担を減らせるという意味で追加返済はかなりおすすめです。

追加返済すれば利息が数十万円お得に!

SMBCモビットで、50万円を借入れ、毎月最小返済額13,000円返済するとします。すると、利息の合計は251,057円です。

利息に25万円も払うなんて、高いですよね。

そこで、返済額を毎月5,000円増やし、18,000円にすると、支払う利息の合計は151,629円になるんです。

5,000円毎月返済額を増やすだけで、利息を約10万円も節約出来るんです。

いかがでしょうか。少しでも毎月の返済額を増やすことが、利息を減らす1番の方法なんです。

また、毎月口座から自動に返済最少額が引き落とされるように設定している場合は、銀行振込やATMから、追加で返済するようにしましょう。

10万円も節約できれば、毎日の生活をもっと豊かにすることが出来ますよ。

SMBCモビットには無利息期間サービスがないので注意

SMBCモビットの金利は上限18.0%で、銀行カードローン(上限年14.5%前後)と比較すれば確かに高金利です。

ただ、同じ消費者金融カードローンのほとんどが条件金利18%となっているので、同業界の中では特別高金利というわけではありません。

ただ、アコムやアイフル、ノーローンといった消費者金融カードローンは無利息期間サービスが利用できるので、上限金利18.0%とは言え、実際の負担はより少額ですし、無利息期間内に完済できればどんな低金利カードローンよりもお得に借入できます。

反面、SMBCモビットには無利息期間サービスが付いていないので、高金利がそのまま利息負担となります。

とにかくお得にお金を借りたい方には、SMBCモビットは向いてないようですね。

SMBCモビットは増枠すれば金利が下がる?

SMBCモビットの借入額が多ければその分金利が下がりますが、これは申し込み時だけでなく、借入途中に増額した場合でも同様です。

増額の申請は、SMBCモビットに電話連絡し、増額審査に申し込めばいつでも可能です。延滞せずにきっちり返済を続けていれば、SMBCモビットから増額案内が送られてくるので、これを目安に増額審査を受けるのも良いでしょう。

増額審査の流れや落ちる人の特徴はこちらに詳しくまとめてあります!

SMBCモビットの増額申請方法について徹底解説!増額審査に通るコツ

限度額を減らされる可能性もあるので注意

増額審査を受けた場合、一度収入や信用情報などを再審査することになります。

上手くいけば限度額が上がり、それに応じて金利が引き下げられますが、新規借入審査では見逃された欠陥が見つかったり、新規借入時から収入が下がっていたりすると、逆に限度額を減らされる可能性もあります。

重要な欠陥が見つかれば契約を途中解除されることもあるので、十分に注意して申し込みましょう。